就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

【履歴書が売ってる場所まとめ】フリーター就職やアルバイト用の選び方とは?

フリーターから就職活動したり、アルバイトの求人に応募する際には履歴書が必要ですが、実際のところ履歴書はどこで売られているのか、よくわからない方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、履歴書が売っている場所とともに、履歴書の種類や選び方、書き方などをまとめました。履歴書を準備するために必要な情報をチェックして、ぜひ就職活動やアルバイト求人への応募の参考にしてください。正社員になりたい就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

履歴書って採用に影響するの?

就職活動を進めていくにあたり、履歴書が内定に影響するかどうかは気になるところですよね。果たして履歴書の書き方次第で採用・不採用に影響は出るのでしょうか。

結論、たとえ応募条件を満たしていても履歴書は採用に影響することがあります。それも、同じような内容であっても書き方や履歴書の選び方次第で企業に与える印象は大きく変わってきます。

ぜひ、履歴書を甘く見ずに最大限有利に進められるような履歴書選びと作成を行っていきましょう。

履歴書が売ってる場所とは?

まずは履歴書を売っている場所について解説します。履歴書を売っている場所は1ヶ所ではありません。次に挙げていく販売場所の中から、ぜひ自分ですぐに買いに行けそうな場所を探してみましょう。

文房具店

履歴書は文房具に分類されるため、文房具店で入手することができます。文房具店はさまざまな種類の文房具を取り扱っていますが、その中でも履歴書は定番商品です。

ほぼ間違いなく商品を置いているので、確実に購入したい方におすすめの場所です。OA用紙、原稿用紙など用紙類をまとめている売り場に並べられていることが多いでしょう。

なお、大型の文房具店は商品数が多いため、なかなか売り場を見つけられない場合もあります。わからないときにはすぐ店内スタッフに確認した方がスムーズです。

また、規模の小さな文房具店の場合は、売り場はすぐにわかりますが、陳列スペースが限られているため、商品の種類が少ない可能性があります。

とにかくどのような種類でも履歴書であれば良いのか、それとも細かく種類を選んで購入したいのか、自分のスタンスに合わせてどのような規模の文房具店に行くか考えると良いでしょう。

100円均一ショップ

商品の種類が豊富で価格も安い100円均一ショップは非常に人気があるお店です。この100円均一ショップでも履歴書が販売されています。文房具売り場に陳列されているため、商品自体は探しやすいでしょう。

なお、どのような履歴書を取り扱っているかは100円均一ショップそれぞれで異なります。用紙サイズや転職・アルバイト用など、複数の商品を置いている場合が多いので、店頭で確認してみましょう。

また、封筒がセットになっているものや顔写真欄にシールがついたものなど、便利な商品も豊富です。

そして何より、ほぼ100円で履歴書を購入できるという点が大きな魅力と言えます。できる限りコストを安く抑えながら就職活動したいと考えている方にはぴったりの場所です。

なお、規模の小さい100円均一ショップは、陳列している商品数も少ないため、あまり種類が揃っていない可能性もあります。できる限り複数の商品から選択したい場合は、大型店が狙い目です。

コンビニ

コンビニエンスストアでも履歴書が売られています。ペンやノートなど文房具類を陳列しているコーナーに置かれている場合がほとんどです。

ほとんどの店舗で取り扱いがあり、かなりスペースが限られた小規模の店舗でない限りは、確実に置いています。24時間営業しているため、文房具店など、ほかの場所に買いに行く時間がないときに非常に便利です。

また、店舗の数が多く、自宅や仕事場など生活の拠点から近距離にあることから、少し足を伸ばすだけで購入できることもポイントでしょう。

なお、コンビニで扱っている文房具の数はそれほど多くありません。履歴書の種類も大体1種類、多くて2種類程度です。種類を選びながら購入するというよりは、種類はこだわらずなるべく早めに入手したいという方向けの場所だと言えます。

なおあまりに手軽であるため、コンビニで買った履歴書を使用して問題ないのか不安に思う方もいるかもしれません。

コンビニで売っている履歴書もほかの場所で売ってる履歴書と同等のものなので、基本的には問題なく使用できます。ただし、企業側から履歴書の指定がある場合は、コンビニの履歴書が指定に則っているか確認が必要です。

内定獲得率90.1%

スーパー

スーパーと言うと、食品や飲料、生活用品などを販売しているイメージがあるかもしれませんが、履歴書も売っています。生活用品売り場に文房具コーナーが設けられていることが多く、そこに陳列されています。

スーパーで履歴書を購入するメリットは、買い物のついでに入手できることでしょう。履歴書を買うためにほかのお店に行かなくても良いので、時間が節約できて効率的だと言えます。

ただし、スーパーにおいて文房具類はメイン商品ではないため、陳列されている商品の種類はそれほど多くありません。

また、スーパーによっては文房具売り場を設けていない場合もあります。規模の大きなスーパーは文房具コーナーがある可能性が高いですが、小規模スーパーはスペースの関係で文房具の取り扱いがないこともあります。

また、ショッピングモールなど複合的な施設で同じ施設内に文房具を販売する店舗がある場合も、スーパーでは文房具を取り扱っていない可能性があります。売り場が見つからない場合は店内スタッフに確認してみましょう。

ホームセンター

ホームセンターでも履歴書は売られています。文房具売り場として、販売スペースが確保されている場合が多く、品揃えもまずまず豊富です。

文房具店ほどではないにしろ、複数種類の履歴書を取り扱っている場合もあります。適度に種類を選びながら履歴書を購入したいという方にはぴったりです。

また、履歴書を購入する場所としては穴場なので、売切れを心配しなくて良いこともメリットと言えるでしょう。1度にまとめ買いをしたい場合にも適しています。

ただし、コンビニやスーパーほど、どこにでもある店舗というわけではないため、地域によっては履歴書購入のため、少し足を伸ばさなくてはならない可能性もあります。

また、ほかの履歴書を売ってる場所と比較すると、やや営業時間が限られています。何時でも購入できるというわけではないので、突発的に履歴書が必要になった場合は営業時間内に買いに行けるか確認する必要があるでしょう。

各種小売店

百貨店、量販店、個人商店など、各種小売店でも履歴書を取り扱っている場合があります。大型の量販店などの場合、文房具類で1フロア設けている場合もあります。店舗によっては、文房具店以上の品揃えを期待できるでしょう。

また、スーパーのように売り場の中でスペースを少し確保して文房具類を陳列している場合もあります。

どのようなスペースで販売されているかは店舗によって異なるため、わからない場合は入店後すぐに取り扱いがあるか確認してみると良いでしょう。

ネット通販

生活圏内に履歴書を売ってる場所がない場合は、ネット通販で購入するという方法もあります。ネット上の全ての店舗で履歴書が品切れになるということはまずあり得ないため、確実に入手することができます。

また、種類も選べるので自分が本当に欲しい商品を購入できるところもメリットでしょう。ただし、注文してから手元に商品が届くまで少し時間がかかります。どんなに早くても、届くのは注文した翌日以降でしょう。

また、大抵商品の代金とは別に送料がかかります。場合によっては、履歴書本体の価格よりも、送料の方が高いということもあるかもしれません。

通販でほかの品物を購入するときに一緒に履歴書も買ったり、時間の余裕があるときにまとめ買いをしたり、工夫次第で便利に利用できる方法です。

フリーターの就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

履歴書の種類

履歴書は1種類しかないわけではありません。さまざまな種類があるため、購入する場合には選ぶ必要があります。ここでは、履歴書の種類を解説します。

JIS規格

JIS規格とは、「Japan Industrial Standards(日本工業規格)」のことを指します。日本の工業製品などに定められた、国家規格のことです。

JIS規格の履歴書は、国内における最も標準的な履歴書であり、ほかの履歴書のフォーマットを作成する際のベースとしても活用されています。

企業の中には、求人応募の際にJIS規格の履歴書の使用を条件として挙げている場合もあります。また、特に履歴書の種類に関して指定がない場合も、JIS規格を使用すればまず間違いはないでしょう。

履歴書の中身は基本的な構成で、学歴・職歴の欄が大きく、自己PR欄はややコンパクトになっています。特定の箇所に重点を置くような記入の仕方はできませんが、バランス良く内容を記載することができます。

一般用

一般用の履歴書は、基本的な構成はJIS規格のタイプと似ています。ただし、職歴欄がやや小さく、自己PR欄が少し大きめなつくりになっていることが特徴です。

そのほか基本的な内容は全て網羅されているので、幅広く使用できる種類だと言えます。

就職活動用

就職活動用の履歴書は、クラブ活動や得意科目に関する記入欄があるなど、学生の就職活動に便利なつくりになっていることが特徴です。

なお、大学の生協などで販売されている大学指定の履歴書は、大学名が入っているため、出身校がすぐにわかります。ネームバリューを期待できる大学なら、就職活動の際のアピールの1つにもなります。

パート・アルバイト用

パート・アルバイト用の履歴書は、勤務希望の曜日・時間帯などを記入できる欄が設けられている点が大きな特徴です。そのほかの項目に関しては、ほかの種類の履歴書と比較して全体的にコンパクトな傾向にあります。

仕事えらびに迷ったら仕事のプロへの無料相談がおすすめ!

なぜA4サイズとB5サイズがあるのか

履歴書にはA4サイズB5サイズの2種類のサイズがあります。なぜサイズが異なるのか疑問に感じる方も多いでしょう。特に企業側から指定がない限り、原則的にはどちらのサイズを使用しても問題はありません。

ただし、より応募時に適したサイズを選ぶことによって、企業側に好印象を与えられる可能性もあります。ここでは、それぞれのサイズの特徴や適するシーンなどを解説します。

A4サイズはたくさん書きたい人向き!

A4サイズの履歴書は、A3の用紙を2つ折りにしたつくりになっています。B5と比べて用紙が大きい分、全ての記入欄が広いことが特徴です。

記入することが多い方は、A4サイズを選ぶと余裕をもって書くことができるでしょう。また、応募に際してほかに提出書類がある場合は、ほかの書類のサイズに履歴書のサイズを合わせるという方法もあります。

サイズの指定がない限り、書類のサイズがバラバラだからといって直接採用に関わるわけではありません。

ただし、書類の整理をする人事担当からしてみると、書類のサイズが揃っていると整理がしやすく「気遣いができる応募者」と好印象をもつ可能性はあります。

採用の最後の決め手がどんなことになるかわからない以上、できるだけ良い印象を与えておくに越したことはありません。用紙サイズにこだわりがないなら、A4サイズを選んでおいた方が無難だとも言えます。

B5サイズは書くことが少ない人向き!

B5サイズの履歴書は、B4の用紙を2つ折りにしたつくりです。A4サイズの書類や用紙に慣れている方にとっては、少し小さく感じるかもしれません。

特徴としては、用紙が小さめな分、各記入欄もコンパクトであるという点が挙げられます。記入することが多い方にとってこのサイズはスペースが少なく不便だと感じるでしょう。

反対に記入することが少ない方はB5サイズを使用した方が良いでしょう。記入する分量に対し記入欄が大きい場合、履歴書全体がスカスカな印象になってしまい好印象を与えにくいからです。

記入欄自体が小さいB5サイズなら、たとえ書き込む量が少なくともバランス良くみせられるでしょう。


会員が受けられるサービス

ケース別!履歴書の選び方

履歴書には複数の種類・サイズがあると解説してきましたが、それではどのような場面でどのような履歴書を使用するのが適切なのでしょうか。ここでは、ケース別に履歴書の選び方を説明していきます。

フリーターからの就職の場合

フリーターからの就職を目指す場合、履歴書選びのポイントは主に2点です。1つは職歴欄の大きさです。

もしあまり職歴がないようであれば、職歴欄が大きい履歴書ではスカスカに見えてしまうため、スペースがコンパクトなタイプが良いでしょう。反対に、さまざまなフリーター経験がある場合は、職歴欄の広いものを選びしっかり書き込むべきです。

そしてもう1つは自己PR欄です。職歴欄が少ない場合は、自分の仕事の適性に関する根拠となる経験が示せないため、できる限り自己PRを厚くする必要があります。そのため、自己PR欄を大きくつくっているタイプの履歴書が適しています。

反対に、職歴が豊富な場合は、自分がどのような仕事の適性があるのか、職歴からある程度示せるため、職歴欄が大きい分、自己PR欄が少し小さめの履歴書でもバランス良く記入できるでしょう。

これらのことを総合すると、職歴が豊富な方はJIS規格の履歴書を、職歴が少ない方は一般用の履歴書を使用するのが適切だと考えられます。

サイズに関しては企業の指定がなければA4・B5どちらでも良いでしょう。自分が履歴書に記入する分量と、履歴書のサイズのバランスを考えながら選ぶのがおすすめです。

アルバイトの面接に行く場合

アルバイトの求人に応募し、面接に行く場合は、アルバイト用の履歴書を準備していくのがおすすめです。

アルバイト用は、希望の勤務日・時間など、アルバイトならではの記入欄が設けられているため、応募者も書き込みやすく、また、履歴書を見る企業側も確認しやすいなど非常に便利です。

なお、アルバイトの履歴書はB5サイズが多い傾向にあります。特に企業側の指定や、応募者のこだわりがない場合はB5サイズで問題ないでしょう。

それというのも、アルバイトを採用する場合、履歴書の志望動機や自己PRをじっくり確認した上で、採用の可否を判断することはあまりありません。

面接での印象や人となり、希望シフトなどを確認し、履歴書は補足程度になるパターンが多めです。

採用する側があまり必要としていない項目をカットしているため、アルバイト・パート用の履歴書はB5サイズの流通が多く、また、企業もそれで良しとしているのです。

ただし、正社員への登用の可能性が高いアルバイト求人や、正社員登用が前提となっているアルバイト求人に応募する場合は、競争率が高く、企業側も履歴書を重視することが予想されるため、A4サイズにしっかり書き込むことをおすすめします。

あなたの就活を二人三脚で助ける無料サポート

履歴書を郵送する際のポイント

履歴書を郵送で送る場合は、封筒のサイズと履歴書のサイズを合わせる必要があります。基本的には、「角型2号」または「角型A4号」と呼ばれるサイズの封筒を使用するのがベターです。

このサイズであれば、A4・B5どちらの履歴書も、デフォルトの2つ折り状態のまま、それ以上折らずに封入することができます。なお、「長形3号」など、履歴書サイズより小さめの封筒に、履歴書を折って入れるのは避けた方が良いでしょう。

折り目のついた履歴書は読みづらく、また、ほかの書類と合わせて整理しにくいなどさまざまなデメリットがあり、あまり印象が良くありません。

封筒サイズが小さい方が郵送料金が節約できるため、できる限りコンパクトな状態で送りたいと考えるかもしれませんが、些細なことで印象が左右し、採用に影響してしまったら損です。

これは必要経費と割り切り、しっかり大きめの封筒に入れましょう。また、履歴書と封筒があまりにもジャストサイズだと、企業側が開封時に封筒と一緒に履歴書もカットしてしまう恐れがあります。

封筒に入れる際、少し中にスペースができるよう、サイズのバランスを考えながら履歴書を選びましょう。


会員が受けられるサービス_2

採用されやすい履歴書の書き方!

履歴書の書き方1つで採用の可否が変わる可能性もあります。それではどのような履歴書なら採用の可能性が高まるのでしょうか。採用されやすい履歴書の書き方を解説していきます。

履歴書は基本、手書きがおすすめ

まずは履歴書の見た目のポイントからです。現在は、パソコンなどで履歴書に印字することも可能ですが、できる限り手書きで記入することをおすすめします。

印象の話になりますが、機械の文字より、手書きの文字の方が人間性が感じられるものです。なお、いくら手書きであっても雑な文字で書かれた履歴書は反対にイメージダウンしてしまいます。

1つ1つ丁寧な文字でしっかり記入することで、誠実な人間性を伝えることができるでしょう。

履歴書はきれいなものが絶対

また、履歴書を破ったり汚損したりするのは厳禁です。用紙にしわが多いのも良くありません。きれいな履歴書はそれだけでしっかりした人物だという印象を与えます。履歴書用紙は粗末に扱わず、きれいな状態を保ちましょう。

なお、記入時に間違ったからと言って、修正液を使用するのはおすすめできません。重要な書類は基本的に修正液の使用はNGです。

記入ミスをした場合は新しい履歴書を用意し書き直すのが無難です。もし予備がなくどうしても新しいものを用意できないなら、二重線で見え消しし、上から訂正印を押すなどの対応が良いでしょう。

志望動機はポジティブに!

内容の記入に関して、どの職種でも共通して大切なポイントもいくつかあります。1つは志望動機です。履歴書を書く際、どのような志望動機なら企業側に好印象を与えられるか悩む方は多いでしょう。

ポイントは「ネガティブなイメージで記入しないこと」です。例えば転職をする際「前の会社があまりにも待遇が悪く、早く辞めたくて転職を志望しました」と書いたとします。

非常に後ろ向きなイメージを感じないでしょうか。実際にそうだったとしても、書き方1つで印象はかなり変わってくるものです。

「より自分に合った環境で仕事をしたいと考えていたところ、貴社の求人を拝見し、貴社でなら自分の経験や適性をさらに活かしながら働けると思い志望しました」という書き方なら、大分ポジティブな印象になります。

どのような理由であれ、できる限り前向きな理由から求人に応募しているのだと、相手が思うような書き方をしましょう。

会社が求めている人材像にマッチしているとアピール

会社がどのような人材を欲しているのかをしっかり読み取り、自分がその人材像にマッチしているのだとアピールすることも大切なポイントです。

例えば、企業が即戦力になるような経験豊富な人材が欲しいと考えている場合、全く業界未経験の方が応募しても採用されるのは難しいでしょう。

反対に、経験は全く不問でやる気を1番に買うという企業であれば、どれだけ輝かしい経験をアピールしても、大きな熱意のある未経験者が採用される可能性もあります。

つまり、企業が欲しいと考えている人材像を的確にとらえ、そのような人材を採用するために重視するであろう履歴書の項目を厚く記入することで、採用される可能性が高まるということです。

職歴欄を充実させる

自分がどのような求人に応募するかによって、履歴書の書き方を工夫することもポイントと言えます。例えば転職する場合は、まず職歴の部分を充実させることが大切です。

全く社会人としての経験がない新卒と異なり、転職者の採用を予定している企業は、ある程度社会に慣れ仕事のことがわかる人物を求めています。

そのため、自分がこれまでの職場でどのような仕事をしてきたのか、これまでの社会人経験の中でどのようなことを学び、どのような知識・スキルを身に付けたのかをアピールすることが大切です。

そのためには、職歴をしっかり記入する必要があります。別添の職務経歴書と内容をリンクさせながら、会社名だけでなく、どのような業界のどのような部署で何の業務を担当していたのかが明確でなければなりません。

自己PRでは自分の特性をアピール

さらに、自己PR欄ではこれまでの職務経験を踏まえながら自分の特性をアピールすべきです。例えば経理担当の経験があるなら、数字に強いことがアピールできます。

営業担当だったのであれば、多数の顧客とやり取りをしてきたことからコミュニケーション能力の高さをアピールできます。

「自分に合った仕事は?」おまかせで仕事のプロに無料相談!

【リンク】フリーターからの脱出!正社員になるための履歴書や職務経歴書の書き方とは

経済的な不安や雇用の不安定さから、正社員になりたいと考えているフリーターの方は多くいらっしゃるでしょう。

就職活動においてはまず履歴書職務経歴書を提出し、書類選考に通ったら面接に進むことが一般的です。

しかし就活をしていく中では書類だけで落とされてしまい、なぜ落ちてしまったのかわからずにもやもやしている方もいらっしゃることでしょう。

応募書類に不備があったり内容が薄かったりすると、面接にたどり着けぬまま落ちてしまうことが多々あるのです。

履歴書や職務経歴書がその企業の採用者が初めて自分の内面を「表面的」に知る重大なタイミングだからこそ、これらの応募書類に書くべきことや理想の書き方などを知っておくと一気に内定が近づきます。

また応募書類作成時にはアルバイト経験しかない場合の職歴の記載の仕方など難しい要素が多いため、よくわからぬまま作成してしまうと失敗を繰り返してしまいます

このコラムでは他にも履歴書は手書きとパソコンでの作成どちらにするべきかそもそも職務経歴書がどんなものなのかなど、書類選考通過のための履歴書や職務経歴書の書き方のポイントを解説しています。もっと読みたい方はこちらをCheck!

フリーター就職の履歴書内アピールの方法

フリーターから正社員を目指して就職活動を行う場合は、職歴欄に記入することはあまりないかもしれません。しかし、限られた経験の中で、自分の適性を見いだしアピールすることが大切なのは同じです。

パート・アルバイトの場合は、業界未経験者でも採用される求人が多く見受けられますが、より採用されやすくするのは、今までの経験からその仕事に活かせることを少しでも見つけ、積極的にアピールすることです。

また、正社員登用と異なり、ちょっとしたことで採用の可能性が大きく高まる可能性もあります。趣味や特技など、些細なことでもできる限り記入した方が良いでしょう。

なお、勤務可能な曜日・時間帯が多い人は重宝されます。また、業種によっては土日など休日にシフトに入れる人を積極的に採用する場合もあります。柔軟な勤務が可能であることをアピールするのも有効です。

そして最も大事なポイント、それは履歴書内でしっかり熱意を見せることです。

単なる穴埋めのように記入された履歴書では、働く意欲があるのか疑われても仕方がありません。企業が恐れるのは、せっかく費用や時間をかけて採用した従業員が、早期で退職してしまうことです。

採用直後から現場で働けるような経験・能力があっても、すぐにやめてしまったら戦力にはなりません。働く意欲が高い人なら、仕事で少し大変なことがあってもくじけず、働き続けてくれるだろうと考えるものです。

そのためには、履歴書のどの項目も真摯に積極的に記入することが大切です。特に志望動機・自己PRなど自由に記入できる部分は、しっかり熱意が伝わるよう意識して書いてください。

もし同じようなスキル・経験の応募者が複数いたら、より仕事に対して前向きな人が採用される可能性が高いでしょう。

内定獲得率90.1%_2

【リンク】フリーターの履歴書記入例とアルバイト経験がアピールできる自己PR・志望動機書き方

履歴書の記入について、まず学歴は義務教育終了後に通った学校についてだけの記載が一般的です。一方職歴は基本的にすべての経歴を記載します。

市販の履歴書への記入が基本ですが、もし書ききれない場合などには職務経歴書に詳細を記入することも可能です。
ちなみにアルバイトであっても仕事経験に変わりはないため履歴書にアルバイト歴を書くことは可能です。

仕事に活かせるような業務に就いたアルバイト経験を持っているのであれば、積極的にアピールしたほうが効果的です。

ただし、アルバイトの職歴を記載する場合、実務経験があることを応募条件のひとつとして挙げている企業のなかには、〇年以上といったように実務に就いていた期間の最低年数を制限しているところもあります

このようなケースでも、正社員と同じような労働時間体制で働いていたのであれば特に問題はありませんが、週に数回、あるいは1日数時間の勤務であった場合には、実際にその業務を行っていた時間がフルタイムの人と異なってくるため要注意です。

さて、このコラムではフリーターの履歴書記入例とアルバイト経験がアピールできる自己PR・志望動機書き方についてリサーチしています。もっと読みたい方はコチラ!

履歴書の書き方に迷ったらエージェントに相談!

もし履歴書の書き方に迷ったら、エージェントに相談するのも1つの方法です。私たち第二新卒エージェントneoには、専任の就活アドバイザーがおり、就活に悩む会員のご相談にじっくり対応しています。

履歴書に関しても、会員個人に合わせた記入方法のアドバイスを行っています。就活のプロがアドバイスするため、より選考を通過する可能性が高まります。ぜひ、私たち第二新卒エージェントを利用し、就活を成功させてください。

【体験談】フリーターから就職を成功させた人はこんなにいます!

実はこんなにたくさんの方が正社員への就職に成功しています。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div