就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

フリーターから正社員に就職できる志望動機の書き方!フリーター期間の答え方も公開

フリーターの就職活動において重要な志望動機の書き方のまとめです。
企業がフリーターを正社員として採用する際には志望動機のどの様なポイントを見ているのか。書いてはいけない事はどんなことなのか、選考のプラスになるポイントを作り方と共にまとめました。

志望動機を書く目的とは?

そもそも志望動機とは、就職活動において企業の「なぜこの会社で働きたいのか」というギモンに答えるために書くものです。

企業は自社で長期的に活躍してくれる人材を採用する傾向があるため、自社が目指す方向性や社風とマッチした人材を採用しようとしています。

どんなに素晴らしい経歴や人物感の方でも、その企業に馴染み、活躍できるかは別の問題なのです。

また現在フリーターであれば、「せっかく採用をしてもアルバイト感覚で簡単に辞められてしまわないだろうか」との懸念を企業側も抱くこともあります。

そのため、志望動機では自分の考えと会社の方針が同じ方向を向いていることを証明する内容であることが必要です。

さらに自分の熱意を伝えることも重要ですが、それだけの内容の志望動機になってしまうと企業側が気になっているところを明白にできないため、選考を通過する確率は低くなってしまう可能性があります。ぜひ気をつけましょう。

フリーターの志望動機の作り方は?

志望動機を作る際にも、自己分析と企業研究は必須です。

先ほど述べた通り、企業は自社の方針にマッチした方を採用しようとするため、企業の方針や将来どのような展開をするつもりなのかなどを必ず把握しましょう

そして、自分の経験や大事にしている考えとマッチしている部分をもとに志望動機を作成しましょう。

「貴社の○○という理念に共感しました」といった文章の後には、必ず理由も付けましょう。単純に共感しただけでは採用担当は納得はしてくれず、内容の薄い人かもしれないと考えられてしまうことを防ぐためです。

ただし、そこがいくら入りたい会社だとしても、自分の方針や考えと全く合っていないのに無理やり志望動機を作ることは控えましょう。

入社してから、やっぱり社風に合わないなどとなって辞めてしまっては元も子もありません。短期離職が重なってしまうと、次の就職活動はより難しくなってしまいますので、その企業が自分の理想にある程度近いかしっかりと確認した上で応募しましょう。

フリーターの履歴書記入例とアルバイト経験がアピールできる自己PR・志望動機書き方

履歴書の記入について、まず学歴は義務教育終了後に通った学校についてだけの記載が一般的です。一方職歴は基本的にすべての経歴を記載します。

市販の履歴書への記入が基本ですが、もし書ききれない場合などには職務経歴書に詳細を記入することも可能です。

ちなみにアルバイトであっても仕事経験に変わりはないため履歴書にアルバイト歴を書くことは可能です。

仕事に活かせるような業務に就いたアルバイト経験を持っているのであれば、積極的にアピールしたほうが効果的です。

ただし、アルバイトの職歴を記載する場合、実務経験があることを応募条件のひとつとして挙げている企業のなかには、〇年以上といったように実務に就いていた期間の最低年数を制限しているところもあります

このようなケースでも、正社員と同じような労働時間体制で働いていたのであれば特に問題はありませんが、週に数回、あるいは1日数時間の勤務であった場合には、実際にその業務を行っていた時間がフルタイムの人と異なってくるため要注意です。

さて、このコラムではフリーターの履歴書記入例とアルバイト経験がアピールできる自己PR・志望動機書き方についてリサーチしています。もっと読みたい方はコチラ!

フリーター期間について

フリーターとして就職活動を続けていると、必ず「フリーター期間は何をしていたのか」を企業側から質問されます。

これについては以下のようにさまざまな理由が考えられますので、それぞれにあった伝え方を考えていきましょう。

1.アルバイトを続けていた

フリーターの方にとって、「アルバイトを続けていた」というのは一番多い理由になるのではないでしょうか。

学生時代から続けていた方も学校を卒業してからアルバイトを行っていた方も、なぜ正社員としての就職をせずにアルバイトを続けていたのかを明確に答えられるようにしましょう。

例えば、これまでフリーターを続けてきた方の中にはミュージシャンや俳優・女優、アイドルなどを目指していたために、スケジュールを両立させるためにアルバイトを続けていたという方もいらっしゃるかと思います。

そういった方は「ひとつの目標に向かって努力を続けられる人なのだな」と良いイメージを持ってもらいやすいため、正直に伝えて問題ありません。

その目標のためにどれだけ努力したか、どんな苦労があったか、それをどのように乗り越えてきたかなど、面接官からの質問があれば長くなりすぎぬように答えると印象は更に良くなるでしょう。

しかし、その一方で特にやりたいことがなかったのでなんとなくフリーターになった、という方も一定数いらっしゃるかと思います。

その場合はその要素だけでは「就職したあともなんとなく働いてなんとなく辞めてしまうかもしれない…」という企業側の懸念をあおってしまう可能性があるため、今までと違いこれからはチャレンジしたい気持ちでいっぱいである、ということをあなたの言葉でアピールするとスムーズにフォローできると考えられます。

2.資格の勉強をしていた

例えば公務員試験を受けていて、民間での就職に切り替える方も多くいることでしょう。その際には、なぜ公務員試験を受けていたのかをしっかりと答えられる様にしましょう

「安定しているから」などと他人任せな答えをしてしまうと、面接官に良い印象は与えられないので気をつけましょう。

資格を勉強していた方でも、その資格を活かして働ける仕事に応募する際は問題ないでしょう。

しかしあまり関係の無い仕事に応募する際には、「どうしてその勉強を活かして働かないのか?」などといった質問がよくあるので、答えられるよう準備しましょう。

3.家庭のために過ごしていた

20代も過ぎると親の介護など、不可抗力に近い事情も多々出てくるものです。そのような場合は素直に伝えるだけでなく、今後は問題が無いことを伝えましょう

例えば介護のために就職をしていなかったとすれば、今後も介護を理由に休みがちになったり辞めてしまったりしないかと企業としては考えてしまいます。その懸念点を払拭できるよう、今は問題が無い事を伝えましょう。

気をつけるポイント

いくら面接で自分を良く見せたくても、志望動機においては正直に、嘘はつかない様にしましょう。

その人がその企業に合っているかという要素に加えて、採用担当者が知りたいのは今までの事だけでなくこれからどうして行くのかです。

よってアルバイトを続けていた方はなぜアルバイトから正社員に就職しようと思ったのかを、公務員などの試験を受けていた方はなぜ民間企業への就職に切り替えたのかなど、今までとこれからの方向性をしっかりと示せるように準備しましょう。

フリーターが就職するには?就活対策やおすすめ職種、フリーターと正社員の違いなど公開

フリーター生活から正社員への就職を考えたものの、何から始めればいいのかわからない!という方も多くいらっしゃることでしょう。

まず、皆さんは自分がどうして正社員に就職したいと思ったのか、明確に把握できているでしょうか?

フリーターの就職活動においては、自分が納得できる理由や希望を軸に就活をすすめることが成功への近道となります

お金をたくさん稼ぎたい、プライベートを充実させたい、安定した雇用に就きたい、将来の生活を豊かにしたい、将来起業したい・・・。

仕事探しを行う際には、それぞれの希望に沿った企業や職場を探す必要があります。ぜひ今一度、自分の心の声に耳を傾けてみてください。

また、正社員とフリーターの生活の違いを知ると「今すぐ正社員になりたい!」と感じる方も多いかもしれません。このコラムではそれについても記載しています。

他にもだいたいどのくらいの期間で就活を成功させるようにゴールを設定すべきかなど、これから正社員を目指す方に知っていただきたい情報がたくさんあります。

ぜひ就活に必要なポイントを押さえ、フリーターから正社員になるために必要な情報を知ってください!もっと読みたい方はこちらをCheck!

フリーターから正社員に就職するために

フリーターから正社員へ就職する際の志望動機作成では、前向きな姿勢と今までのブランクを取り返すといったヤル気を伝えるよう気をつけましょう。過去は変えることはできないので、これからの頑張りに期待して貰えるよう志望動機を作成しましょう。

一人での就活に不安を感じたら就職・転職エージェントが手っ取り早い!

もしも自分ひとりでは不安だと感じたら、現代には就職・転職エージェントという強い味方が存在します。

就職・転職エージェントとは、フリーターの方をはじめとした仕事探しに困っている方のお手伝いを無料で行い、内定獲得までをサポートするサービスです。

もしフリーターでの就職活動に不安や疑問、焦りや行き詰まりを少しでも感じたらぜひ一度利用してみるといいでしょう。

【体験談】フリーターから就職を成功させた人はこんなにいます!

「今までずっとフリーターだったからまともな職歴もないし、正社員に就職できずに失敗するんじゃないか・・・」と不安な気持ちでいっぱいの方も少なくないと思います。

しかし、実はこんなにたくさんのフリーター出身の方が正社員就職に成功しているのです。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div