第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

フリーターから正社員に就職するための志望動機の書き方

フリーターの就職活動において重要な志望動機の書き方のまとめです。 企業がフリーターを正社員として採用する際には志望動機のどの様なポイントを見ているのか。書いてはいけない事はどんなことなのか、選考のプラスになるポイントを作り方と共にまとめました。

志望動機を書く目的とは?

就職活動において、志望動機は企業の「なぜこの会社で働きたいのか」というギモンに答えるために書きます。企業は自社で長期的に活躍してくれる人材を採用する傾向があります。そのため、自社が目指す方向性や社風とマッチした人材を採用しようとしています。どんなに素晴らしい経歴や人物感の方でも、その企業に馴染み、活躍できるかは別の問題なのです。フリーターであれば、せっかく採用をしても簡単に辞められてしまっては困ると企業も考えるため尚更です。そのため、志望動機では、自分の考えと会社の方針が同じ方向を向いていることを証明する内容であることが必要なのです。さらに、自分の熱意を伝えることも重要ですが、それだけの内容の志望動機では企業の質問に答えておらず、選考を通過する確率は低くなってしまうので気をつけましょう。

フリーターの志望動機の作り方は?

志望動機を作る際にも、自己分析と企業研究は必須です。先ほど述べた通り、企業は自社の方針にマッチした方を採用しようとします。そのため、企業の方針や将来どのような展開をするつもりなのかなどを必ず把握しましょう。そして、自分の経験や大事にしている考えとマッチしている部分を基に、志望動機を作成しましょう。「貴社の○○という理念に」共感しました~といった文章の後には、必ず理由も付けましょう。単純に共感しただけでは、採用担当は納得はしてくれません。
しかし、いくら入りたい会社でも、自分の方針や考えと全く合っていないのに、無理やり志望動機を作ることは控えましょう。
入社してから、やっぱり社風に合わないなどとなって辞めてしまっては元も子もありません。短期離職が重なってしまうと、次の就職活動はより難しくなってしまいます。

志望動機作成の際に気をつける事

フリーターとして就職活動を続けていると、必ず「空白の期間」について企業から質問されます。アルバイトを続けていたのに空白の期間?と疑問に思う方もいらっしゃるとと思います。なぜなら、一般的に職歴とは正社員または契約社員での就業のみがカウントされる事が多く、アルバイトなどは文字通りアルバイト暦に分類されるのです。そして、正社員での就職活動ではもちろん、正社員での経験についてが問われるのです。したがって、アルバイトを続けていても、空白の期間とみなされてしまうのです。この期間の事を聞かれた場合「ただなんとなく時間がすぎていた」はNGです。たとえその様な理由であっても、今までの事を振り返りこれから頑張ってゆくといった前向きな姿勢を付け加えて下さい。

また、必ずヤル気をアピールできる文章にしましょう。そして、どんな仕事でもやります!といった姿勢で臨みましょう。なぜなら、企業側は単純な年齢で判断し期待をするのです。例えば25歳であれば、大学卒業後すぐに就職していたら3年の経験があり社会人として活躍し始める時期です。同年代に追いつき追い越すといった姿勢で望まなければ、企業側は新卒や中途の応募者を優先してしまいます。

フリーターから正社員に就職するために

フリーターから正社員へ就職する際の志望動機作成では、前向きな姿勢と今までのブランクを取り返すといったヤル気を伝えるよう気をつけましょう。過去は変えることはできないので、これからの頑張りに期待して貰えるよう志望動機を作成しましょう。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ