就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

高卒×事務職|未経験から転職する為の3つのポイント

業種に関わらず幅広く求人のある事務職は人気の職種の1つです。大卒や経験者なども含め、求人には応募者が殺到します。

高卒や未経験で転職するには厳しいと思われるかもしれませんが、本記事で紹介する3つのポイントを意識することで高卒でも事務職への転職の可能性が広がりますのでぜひ参考にしてみて下さい。

ポイントその1:事務職に活かせる資格は積極的に取得する

事務職は特殊な資格がほとんど必要ない職種です。ただし、事務職を目指す上で持っているとポイントの高い資格がいくつか存在します。

例えば簿記は代表的な資格の1つです。売上や経費、資産など実際に企業で使用する費目の管理の仕方を身に付けます。

企業にとってお金の動きは経営に直結する重要な事項です。

そのようなお金の部分に関してしっかりした知識を身に付けていることは大きな武器になると思います。

日々の帳簿管理や確定申告の際の書類作りなど、実用性が高い一方、実際に事務職をしている人の中で、簿記を持っている人は多くありません。

特に経理事務に就きたい場合には簿記は非常に有利だと考えます。

ほかにはパソコン関連としてMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)もアピール度の高い資格です。

WordやExcel、PowerPointなど事務業務をする上でよく使うマイクロソフトオフィスを、一定水準で利用するスキルを持っていると証明する資格です。

事務職をする上で必要なパソコンスキルが身に付いていることをアピールできると思います。

ほかにも英語能力に関する資格のTOIECも持っていると有効です。

現在は企業でもグローバル化が進み、海外に事務所や工場をもっていたり社員に外国人を採用しているなど、海外とのかかわりが多くなっているため、外国人とコミュニケーションがとれる人材が求められています。

また、秘書検定なども持っているとプラスになる場合があります。

会社全体に関する仕事が主な事務職は会社の規模によっては社長とのかかわりも多く、社長のスケジュール管理など秘書のような仕事を兼ねることがあるからです。

資格取得は高卒や未経験でもできるので、事務職を狙うなら押さえておいて損はないポイントだと思います。

弊社では転職支援のエージェントサービスを行っており、高卒や第二新卒の方などの若手に特化してサポートさせて頂いております。

これまでの数多くのサポート実績から私たちのサービスでは所持している資格で内定率がアップする可能性のある求人をご紹介することも可能です。


高卒だって良い仕事がしたい!

ポイントその2:事務職に必要なスキルや適性をアピールする

事務職は誰でもできると思われがちですが、向き不向きといった適正は存在します。

この適正に関しては高卒や未経験でも備わっている場合があるため、積極的にアピールしていくべきだと思います。

まず事務職に必要なスキルは、物事を正確に処理する能力です。

事務職は会社全体に関わる業務が多い職種です。

経理業務は会社の経営に直結するお金の動きを管理する仕事ですし、人事事務は会社の財産である人材の登用などを担当する仕事です。

また、会社の代表番号にかかってきた電話や受付など、会社の前面に立って対応をするのも事務職の仕事です。

このように、会社や社員にダイレクトに繋がる仕事が多いため、ミスが起きた時の影響が非常に大きいという特徴があります。

それぞれの業務において1つ1つのタスクを正確に処理できることは、事務職にとって最も大切なスキルだと思います。

そのほか、事務職には柔軟性も求められます。

業務にはマニュアルやこれまでの慣例などが存在しますが、実際に仕事をしている上では必ずしもマニュアル通りに処理すればいいことばかりではありません。

その時々において現状を把握しながらイレギュラーな対応を求められる場面も多々あります。

規則やルールに則りながら、どこまで柔軟に仕事を進められるかは事務職の腕の見せどころです。

また、コミュニケーションスキルが高いことも、事務職の適性に当たると考えます。

事務職は会社全体に関わる業務であるため、他の部門のスタッフとやり取りをする機会も多くあります。

コミュニケーションスキルが高ければ、業種の垣根を越えて、さまざまな人と円滑に業務を進めることができます

さらに、人の世話をするのが好きということも事務職の適性にあたります。

事務職の中でも大きなウェイトを占める仕事に総務業務があります。

総務は会社がスムーズに運営されるために必要な事柄を行う業務です。

何でも屋というイメージがあるように、会社全体に視野を広げてどこの部門にも属さない仕事も積極的に見つけて処理していくことが必要です。

そのため、すみずみまで気が付くことができ、細かな仕事もどんどん引き受けられるような世話好きタイプの人が求められます。

このように、事務職にはさまざまな適性があります。

自分の性格やスキルを分析し、どのような部分が事務職への適性にあたるか理解することで、求人へのより具体的なアプローチが可能だと私たちは考えています。

ポイントその3:これまでの職歴や経験を武器にする

  

事務職とは異なる業種から転職する時は、経験がないと考えるのではなく、これまでの職歴から事務職に活かせる部分を見つけてアピールすることが大切だと思います。

例えば接客業から転職する場合は、身に付けた接客スキルをコミュニケーション能力と捉え、適性の高さをアピールすることができます。

営業職は売り上げや顧客対応など事務職と密接にかかわる業種であるため、転職する際に事務職を目指す動機として十分印象付けられます。

数字の管理や営業におけるコミュニケーションなど、事務職の適性に繋げられる経験も多いため、積極的にアピールすることができるでしょう。

またシステムエンジニアやプログラマーなど、PCを専門的に扱う業種から転職する際は、パソコンスキルの高さを武器にできます

事務業務を行う上で基本的なPCスキルは必要不可欠ですが、専門的な知識まで持っている人は多くありません。

パソコンスキルを活かして業務の効率化や改善を図るという観点でアピールするのも有効です。

職歴のほか、趣味で行っていることが事務職に活かせる場合もあります。

例えば運動やスポーツを趣味にしているとしたら体力面をアピールできます。

事務職はデスクワークが多いため疲労が少ないと思われるかもしれませんが、年度初めや年末、年度末など時期によって業務量が爆発的に多くなることがあります。

特に決算期は激務になり、毎日残業に追われて終電帰りになることも少なくありません。

過酷な時期を乗り越えるために十分な体力があることは、大きなアピールになると思います。

ネットサーフィンやパソコン操作が趣味であるという人はネットワークやパソコンに関する知識・スキルがあると言えますし、読書が好きな人は業務に関する勉強をするのが得意とアピールできます。

もしも旅行が趣味なら、旅費や交通費などを計算するときに経験が活かせると言えるでしょう。

事務職は業務の幅が非常に広く、ほかの職種を可能な範囲でカバーしなければならない場面も多々あります。

一見事務職には関係ないと思われるような経験でも活用できる場合があると思います。

これまでの経験は事務職に活かせないと思わず、観点や発想を変えながら自分のアピールポイントをたくさん見つけてみましょう。

高卒や未経験でもポイントを押さえれば事務職に転職できる!

ここでは事務職を目指すために大切なポイントを紹介しました。高卒や未経験の場合、事務職への転職に不利だと考える方は少なくないでしょう。

しかし、実際に高卒で未経験でも転職している人は数多くいます

大切なのは、自分の性格やこれまでの経験と事務職を関連付け、どれだけ適性をアピールすることができるかです。

また、私たちのサービスでは、求人先に自分の適性を最大限に伝えられるような、書類添削面接対策を行っています。

今回紹介したポイントを押さえながら熱意をもって積極的な姿勢で転職活動を行えば、きっと事務職への道が開けていくはずです。

転職を検討していて、自分に合った求人に出会い、納得のいく転職を必ずしたいという人はぜひチェックしてみて下さい!


学歴関係なし!やる気を内定に繋げます

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div