就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

淀屋橋エリアを舞台にして高卒の人が転職するときに考えておきたいこと

高校を卒業して就職した後、別の仕事の方が自分に合っているのではないかと思って転職活動をしたいと思うことは珍しくありません。高卒の人が転職するときには考慮しておきたいポイントがあります。そのポイントを押さえているかどうかで転職の成功率も満足度も大きく変化する可能性があるので、何が重要なのかを確認しておきましょう。

まず押さえておきたい学歴の問題

高卒の人は転職のときに学歴が問題になるのではないかと考えてしまいがちです。現実問題として日本では学歴を重視する傾向が強く、企業によっては大卒以上の人しか募集しないという方針を定めていることもあります。

このような企業に就職するには大学に行くか、大検を受けて合格しなければなりません。ただ、どの企業も学歴を採用するかどうかの基準として設けているわけではなく、あくまで参考にする程度というスタンスを持っていることもよくあります

多くの人が大学に進学する世の中になっている影響で、大学に進学しなかったのはなぜかということは問われがちです。この点でネガティブに捉えられてしまわないようにするのは最も重要なことです。

大学に進学しなかったのは学力が足りなかったからだと考えられてしまうのが第一の問題で、学力的に足りないとなると基礎的な能力が低いと捉えられてしまいます。

また、第二の問題として挙げられるのが意欲に関するもので、学習意欲がないから就職したと考えられてしまうと不利になるのは明らかでしょう。このような問題を克服するためにはどうしたら良いかを十分に考えておくことは欠かせません。

学歴の問題を克服するためのポイント

学歴に関する悩みを払拭するためには、大学に進学しなかったのはなぜかという質問に対してポジティブな印象を与えられる回答を用意しておくのがまず大切です。

最も有効なのは勉強するよりも社会に出て働くのを優先したいというモチベーションがあったことを伝える方法でしょう。高校時代に経験した社会学習やアルバイトなどでのエピソードを挙げて説明すると説得力があってさらに効果的です。

あるいはどうしても就職せざるを得なかったという説明をして切り抜ける方法もあります。経済的な事情で大学に通えなかった、両親の体調などの問題があって一家を支えなければならなくなったという例が代表的です。

このような事情があれば仕方ないと思ってもらえるので、学歴の問題を一応は克服できます。

ただ、理由をうまく説明できたからといって有利になるというわけではありません。あくまで学歴から生じるネガティブな点を解決できるだけなのです。

もっとポジティブに考えて、高卒だからもっと転職しやすくしようという考え方を持つのも重要でしょう。大卒の人と比較して考えるのが肝心で、高卒に人は大卒の人よりも四年も若いうちから社会人として働いています

同じ年齢で考えればもっとキャリアを積んでいる人材として捉えることができるでしょう。そのため、仕事で大きな成果を上げたり、重要な業務に携わった経験を積んだりして、魅力的な人材としてアピールできるような準備を整えるのは効果的です。

まずは現職で努力してアピールポイントを作るのが重要であると言えます。

一方、同じ経歴なら四年も若いというのもアピールできるポイントです。企業としては若い人材を手に入れて社内で育て上げ、将来的に大きな貢献をしてくれるようにするのを重視しています。

例えば、社会人経験を三年積んでいても高校を卒業してから働いているなら未だ21歳です。大卒の新卒よりも若く、社会人としての基本的な素養が備わっている人材としてアピールできます。

社会人経験が三年以内の人は第二新卒として重宝されているので、第二新卒の立場で仕事探しを始められるようにすると合理的でしょう。将来的なポテンシャルが十分にある人材として企業からも注目してもらえます。

大卒と高卒の違いを徹底比較!高卒って実はそんなに不利じゃない!?

高卒者は大卒者よりも転職において不利であるとお考えの方は、一体どのくらいいらっしゃるでしょうか。ひょっとしたら、このコラムをお読みになっている方のほとんどがこの質問に手を挙げるかもしれません。

しかし、実は高卒者には高卒者にフィットした転職方法というものが存在するのです。「高卒は就職や転職に不利」とお思いかもしれませんが、これは大卒を中心に回っている業界・企業での話。

中には学歴よりも実力を重視するような業界や企業も多数存在するため、それに気がつくと一気に成功に近づきます。

また高卒と大卒にはさまざまな違いがあり、大卒の方が収入や待遇が良いなどの点に目がいきがちですが、高卒にも強みが多くあります。

例えば高卒者は大学に行かない分一足早く社会に出て一人の社会人として独り立ちをすることができます。

そして他の生徒が大学を卒業して新卒として正社員に就職をするころには、高卒者はなんと4年も先輩になっているのです。この差は大きいですよね。

このようにこのコラムでは大卒と高卒の違いを徹底比較・検証をすることで、高卒者に合った転職方法とはどんなものなのかを考察していきます。もっと読みたい方はこちらをCheck!

エリアについてもっとよく考えるのもポイント

淀屋橋エリアで働きたいと思っているときには、どのくらいの範囲なら許容できるかもよく考えましょう。エリアを広くするのは転職活動をするときのポイントだからです。

広ければ広いほど候補にできる仕事が多くなり、より良いものを選び出せる可能性が高まります。どうしても駅の近くでなければならないといった理由があるのなら、その範囲内でベストな仕事を探す必要があるでしょう。

しかし、それほど強いこだわりはないというのなら、可能な範囲でエリアを広げて仕事探しをするのが大切です。

最終的に応募先を決めるときに、淀屋橋駅に近い方を優先するといった考え方を持てると柔軟に転職先を決められるでしょう。最初は御堂筋線の沿線という程度まで広げて考え、徐々に絞り込んでいくというのも良い方法です。

納得できる職場を選ぶのも肝心

学歴的な問題があって応募できる求人は大卒の人に比べるとやや少なめになるのは確かです。ただ、この求人なら応募できるというのが見つかったときにやみくもに応募してしまわないようにしましょう

一つ一つの求人をよく読み、本当に納得できる職場で働けるのかどうかを考えるのが大切です。同じ仕事であっても職場環境が違えば働きやすさも異なります。

給与以外にも福利厚生がどうなっているかを確認し、さらに職場の人間関係がどのようにして作り上げられているかも調べて判断するのが理想的です。

勤務場所も考慮してバランスが良いところを選び出せれば転職して良かったと思えるようになります。

仕事選び

高卒で仕事を選ぶ場合には、一体どのようなことに気を付けたら成功に近づくことができるのでしょうか。仕事を選ぶ際にはさまざまなポイントを知り押さえておく必要があります。

まずはじめに、高卒既卒で就職や転職を成功させるには、自分自身をしっかりアピールすることが大切です。

スキルや経験がない場合、一体何をアピールすればいいのかが分からないという人も決して少なくないかもしれません。

しかし、未経験者を積極的に採用している企業であれば、現代では候補者の意欲や適性を重視する傾向が強くなっています。そのため経歴に特別な強みがなくても自分をしっかりアピールすることが可能です。

なお、自分の短所ばかりを思いついてしまうという人は、少し視点を変えてみることによってそれらを長所に換算してみましょう

飽きっぽいなら色んな方面に興味津々な正確である、2つのことを同時進行で行うことが苦手なら、ひとつのことに集中してコツコツ取り組める人材であるなど、アピールは可能です。

さて、このコラムでは高卒者におすすめの職種仕事選びの方法などを現代の高卒の就業率などからリサーチしてお届けしています。もっと読みたい方はこちらをCheck!

エージェントサービスも活用しよう

エージェントサービスを利用すると困ったときに役に立ちます。私たちは第二新卒専門のエージェントとして求職者の支援を行っています。

高卒の人で第二新卒ではなくなってしまった人でも、まだ二十代くらいの年齢であればきっと私たちのサポートが役に立つでしょう。

私たちのサービスは基本的には企業と求職者のマッチングで、両者のニーズをよく理解した上で橋渡しをしています。企業も納得した上で採用するという形ができるので、入社してからの定着率も高いのが特徴です

やりたい仕事にしっかりと従事できるだけでなく、働きやすい職場環境も手に入れられるでしょう。人によって働きやすさについての考え方も違いますが、私たちは個人の声を尊重して理想的な職場を探し出しています。

私たちは特に求職者の負担を軽減するためのサービスを重視しているのも特色です。求人を探すときには多大な労力がかかりますが、私たちが希望に応じて厳選したものを紹介するので負担を大きく軽減できます。

書類の準備や面接の対策などもサポートしているので、これから初めて挑むという人も安心して転職活動が行えるでしょう

企業との条件交渉なども私たちが担っているので、このような待遇があればこの職場で決めたいのにというときにも希望を叶えやすくなっています。

満足度の高い職場に移れるようにするには私たちのエージェントサービスを利用するのも重要なポイントなのです。

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div