就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

三宮で転職したい高卒が知っておくべきコトとは?若いうちに行動すべき理由とは?

高校を卒業したときに就職した会社があまり気に入らなかったり、結婚などのライフイベントによって引っ越しをすることになったりすると新しい仕事を探したくなるでしょう。三宮で転職先を探したいと思ったときにはどのようなことを把握しておくと良いのでしょうか。転職を成功に導くための心構えと方法を確認しておきましょう。

年齢に応じた戦略を立てよう

転職したいと考えるタイミングは人によってかなり違いがあります。就職してから間もないうちに別の仕事の方が良いのではないかと思う人もいれば、二、三年働いてみて適職ではなかったと実感する人もいるでしょう。

さらに五年や十年働いてから、別の仕事にチャレンジしたいと考える人もいます。高卒の人の場合には年齢に応じてどのような戦略を立てるかを変えることが重要です。

一般的には大卒の人に比べると学歴の分だけ不利になりがちですが、社会人になった年齢は大卒の人よりも若いという点では有利になります。この観点からどのような戦略を立てたら良いかを三つのパターンに分けて考えてみましょう。

キャリアがあるなら経歴を生かそう

最も単純なケースとして挙げられるのが、十年前後は同じ職場で働いていて十分なキャリアを積んでいるというものです。年齢的には二十代の後半から三十歳くらいになっている人が該当します。

この場合には経歴を生かして仕事を選ぶのが合理的な戦略です。今までと同じ業種や職種を選べば経験を生かして戦力として働いてくれると企業側は考えてくれるでしょう。

両方とも一致する場合には即戦力として考えてもらうことができ、高い待遇で採用してくれる可能性も十分にあります。このレベルに達してしまっていれば学歴はほとんど影響することはなく、実力が十分にあるなら即採用にしてもらうことが可能です。

このように考えるとベテランとして振る舞うのが良いと考えてしまいがちですが、必ずしもそれが得策だとは言えません。

二十代というのは企業から見るとまだまだ若手です。大学院まで進学して修士号を取った人は新卒でも24歳、博士号を取得した人なら27歳になります。

このような人たちも新卒として採用されている状況があるため、まだ若くてポテンシャルがあるという自覚を持っておいた方が良いでしょう。

キャリアをアピールするだけでなく、まだ若くて新しいことにもチャレンジできる力があることも伝えるのが大切です。そうすることにより異業種や異職種を選んだときにもポテンシャル採用をしてもらえる可能性が高くなります。

高卒で給料の良い仕事は?稼げる職種や業種、有利な資格を紹介

学歴における強みを持っていないという意味で高卒は中卒と同じく難しい就職活動を強いられています。「高卒だから給料の良い会社に就職できない」「稼ぐことなんてできない」と諦めていないでしょうか?

たしかに、中卒や高卒よりも大卒の方が社会的に優遇されていることは明確な事実です。しかし、実際に社会に出てからお金を稼げるかどうかは「学歴」よりも「本人の努力次第」です。

現代は人材不足に嘆く業界が多く存在し、そんな業界には若いパワーを求めている企業が多くあります。ではどんな業界なら就職の可能性があるのでしょうか。

例えばコミュニケーション能力に秀でている方は「営業職」がぴったりでしょう。営業の業界は結果を出すことが何よりも大切なシビアな世界ですが、学歴に関係なく努力次第では大卒をもしのぐ高収入を得ることができます。

また体力仕事の現場では学歴などは一切関係なくいかに動けるかで評価が変わってくるため、やる気のある中卒者や高卒者には最適です。

さて、このコラムでは学歴に強みがなくても高収入を得られる業界・業種や、そういった仕事を探す際に必要なことなどをお伝えしています。もっと読みたい方はこちらをCheck!

若いなら経験よりも意欲をアピールしよう

まだ高校を卒業して就職してから一年から三年くらいしか経っていないというのなら第二新卒として扱ってもらえます

第二新卒は社会人経験を少し積んでいて新人教育の必要性が低く、短期間で戦力になってくれる人材として期待されています。

前職での勤続年数が短いことから、まだ前職の会社の色に染まっていない状況で、採用後は自社の経営方針に従ってもらいやすいという点でも注目されているのが第二新卒です。

そのため、新鮮な気持ちを持って意欲的に働きたいという意志をアピールすることが重要になります。

基本的には経験年数が短いので大きな実績を上げていることはあまり期待されていません。経験よりも意欲があることをアピールした方が魅力的な人材として受け入れてくれるでしょう。

ただ、若くてもアピールできるような経験があるのなら伝えた方が良いのも確かです。運が良くて実力もあれば入社して一年や二年で責任のある立場でプロジェクトを完成に導いたり、営業成績を大幅に上げて表彰されたりする場合もあります。

その事実を職務経歴書に盛り込んでおけば、同じ職種で働く上ではとても役に立ちます。また、そのような実績を上げられる能力があるという点でも評価してもらいやすく、未経験の職種にチャレンジしたい場合でも採用してもらえる可能性が高くなるでしょう。

意欲だけあれば大丈夫とは思わずに、何かアピールできる経歴はないかと考えてみるのも肝心なのです。

大卒の第二新卒の年齢と比較しよう

第二新卒として扱ってもらえるのは通常は新卒として働き始めてから三年間だけです。それ以降になってしまうと第二新卒ではないと理解されていますが、高卒の人の場合には少し違う角度から第二新卒について理解しておいた方が良いでしょう。

多くの場合では第二新卒と呼ばれているのは大卒の人なのです。つまり、浪人をしていればやや年齢は高めになりますが、およそ25歳までの人で、社会人経験が三年以内の人ということになります。

高校を卒業してから7年間は年齢的には大卒の第二新卒の人と同じ程度なのです。もし人材を探している企業が社会人経験の短さよりも年齢を重視しているのなら、大卒の第二新卒の募集に応募しても採用してもらえる可能性があります。

企業によって経験年数をどのように捉えるかはケースバイケースです。短い方が自社カラーに染めやすいから良いと考えるケースもありますが、他社での考え方を持ち込んでくれることにより企業が発展する可能性があると期待してくれる場合もあります。

単純に経験年数が長ければ戦力としても期待できると考えてくれることもあるでしょう。そのため、大卒の第二新卒の年齢層に入った場合には、積極的に第二新卒向けの募集に応募するのが大切です。

経験年数が長い人を欲している企業に出会えれば内定を出してもらえるでしょう。ただし、募集要件で社会人経験の年数で制限が設けられていないことを確認した上で応募するのを忘れてはなりません

大卒と高卒の違いを徹底比較!高卒って実はそんなに不利じゃない!?

高卒者は大卒者よりも転職において不利であるとお考えの方は、一体どのくらいいらっしゃるでしょうか。ひょっとしたら、このコラムをお読みになっている方のほとんどがこの質問に手を挙げるかもしれません。

しかし、実は高卒者には高卒者にフィットした転職方法というものが存在するのです。「高卒は就職や転職に不利」とお思いかもしれませんが、これは大卒を中心に回っている業界・企業での話。

中には学歴よりも実力を重視するような業界や企業も多数存在するため、それに気がつくと一気に成功に近づきます。

また高卒と大卒にはさまざまな違いがあり、大卒の方が収入や待遇が良いなどの点に目がいきがちですが、高卒にも強みが多くあります。

例えば高卒者は大学に行かない分一足早く社会に出て一人の社会人として独り立ちをすることができます。

そして他の生徒が大学を卒業して新卒として正社員に就職をするころには、高卒者はなんと4年も先輩になっているのです。この差は大きいですよね。

このようにこのコラムでは大卒と高卒の違いを徹底比較・検証をすることで、高卒者に合った転職方法とはどんなものなのかを考察していきます。もっと読みたい方はこちらをCheck!

転職エージェントの活用も検討しよう

どのくらいの年齢かによって立てるべき戦略に違いがあり、アピールすべきポイントも異なっています。それに応じて転職活動をする事前準備の仕方も変えなければならず、自己分析や企業研究をするときにも着眼点をよく吟味しなければならないでしょう。

三宮には多岐にわたる企業があり、様々な職種の人材を募集しているので、どれが自分にとって応募しやすい求人なのかを選び出すのも難しくなりがちです。

さらにその中から魅力が大きい仕事を探し出すとなるとかなりの労力がかかってしまいます。しかし、エージェントを利用することでこの負担は大幅に軽減することが可能です

私たちは転職したいと考えている人たちを広くサポートするエージェントとして事業を展開しています。主に第二新卒の人を対象としたサービスをしているのが特徴で、二十代前後の若い人たち向けの求人をたくさん持っています。

高卒の人の仕事探しをサポートしたケースも多く、一人一人の考え方や希望に応じて適切な求人をリストアップしています。

年齢に応じてどのような魅力をアピールするべきか、仕事としてどんなものを選んだ方が良いかといったことも提案し、納得できる仕事を選んで応募してもらえる形を整えているのが特色です。一人だけで頑張るよりも高い効率で準備を進められるでしょう。

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div