就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

明石で転職する前に知っておくべきコトとは?高卒の第二新卒が新卒と異なる部分も把握しよう

転職を考える理由は、人によりさまざまですが、より自分の希望にできるだけ合った企業へ就職できるよう、有利になるポイントを抑えておきたいものです。そこで重要なものの一つに「第二新卒」という区分があります。この記事では、高卒で就職し、これから転職活動をする人のために、「第二新卒」という言葉の意味や、企業側ではどのような扱いになるか、また面接でのポイントとなる部分などについて解説します。

「新卒」とも「既卒」とも違う、「第二新卒」という言葉の意味とは

新卒とは、一般的には就職をするその年に学校を卒業する予定の学生のことを指します。

すでに学校を卒業している人は「既卒」という区分です。ただし、就職活動においてこの区分は不利になるとして、厚生労働省は2010年に卒業後3年以内のものは「新卒扱い」とする指針を発表し、企業に対しては採用奨励金を設けました。

これに対して第二新卒学校を卒業して就職した後3年程度の期間で職場を離れ、転職活動をしている人を意味する言葉です。

つまり「新卒扱い」の既卒と「第二新卒」との違いは、就職経験の有無ということになります。

「第二新卒」を選択する人の動機はさまざまです。例えば、最初の就職先で仕事の技術を習得した上で、更なるキャリアアップを目指すというものもあれば、職場の実態が契約と異なっていたというケースもあります。

高卒で第二新卒となる人には、卒業時に就職状況が良くなかったため、本来望んでいなかった就職先に入社せざるを得なかったことが理由という場合も少なくありません。

意外?実は企業に求められている第二新卒

長く続いた不況の時代が終わり、各企業は人手不足に悩むようになりました。医療や福祉など、高齢化社会を背景とした業種での求人が増えたことに加え、2016年からは建設業や製造業でも、求人数は大きく伸びています。

厚生省の発表によると、2018年の有効求人倍率は平均1.61倍、これは前年比を0.11本と上回る数値で、1973年に記録された1.76倍に次ぐ高水準です。

こうした状況の中にあって、実は、新卒と異なりある程度の就職経験を持つ「第二新卒」は、企業から一定のニーズを持つ人材なのです。その理由には以下のようなものがあります。

教育期間と費用をカットできる

学生からそのまま社会人となる新卒は、ビジネスマナーやITリテラシーなどの基本的なビジネススキルを身に付けていません。そのため、仕事を本格的に教える前に、企業はまず研修を行って教育する必要があります。

こうした基礎知識が不足していると、仕事の効率が上がらないだけではなく、重大なミスを招く危険があるからです。

しかし第二新卒は正社員として働いていた数年の間に必要なビジネスマナーを身に付けているため、企業は時間・費用の両方をカットでき魅力的です

仕事に対する柔軟性、適応力の高さ

勤務年数が短い第二新卒は仕事の進め方や流儀と言った部分が固まっておらず、企業文化に染まり切ってもいません。これは仕事の手法や技術をそのまま受け入れることができ、組織に馴染みやすいという、柔軟性や適応力の高さとなります。

技術の継承は、企業の維持、発展にとって特に重要な部分であり、また年齢的にも若く仕事への意欲が高い高卒の第二新卒は、組織の平均年齢を下げて活性化の促進が期待できる人材でもあるのです。

すぐに入社し、即戦力として働くことができる

人材を募集する時期はすべての企業で一定というわけではなく、6月、あるいは9月入社となっている企業もあります。

普段は一般的な時期に募集を行っている企業でも、急な退職者が出た場合など、例年の募集期間からずれた時期に、若い即戦力が必要となることも少なくありません。

そのような企業にとって、卒業の時期が決まっている新卒に比べ、条件さえ合えばその翌日からでも入社が可能であり、ある程度仕事の知識も持っている第二新卒は魅力的な存在なのです。

高卒の人が働くときに面接を通るには

現代の日本でも学歴主義の傾向のある企業は決して少なくありません。応募条件が高卒以上となっていても、大卒の人が同時に応募してきた場合には大卒の人を採用するという企業も多く存在します。

そのため、学歴はさほど気にされずポテンシャルやその後の実力が重視されるような職種や仕事を選んで就職・転職活動を行えば、より成功へ近づきます

なお、以上のように自分一人で行う高卒者の仕事探しは決して簡単なものではないため、書類選考に通った際にはそのチャンスを逃さないよう全力で面接対策をしておくことが肝心です。

そして、高校を卒業してからの経歴によって効果の出る対策は違ってくるため、細かい対策の仕方をよく知らないまま就職・転職活動を続けているとどんどん成功から遠のいてしまうかもしれません。

そこで、最適なのはエージェントと相談して決める方法です。エージェントではプロのアドバイザーが一人一人に求人の紹介や面接・書類対策を行っていることが多く心強いです。

エージェントを利用すれば高卒の人も自由に仕事を選べるということがわかり、自信をもって安心して就職・転職活動に取り組めることでしょう。もっと読みたい方はこちらをCheck!

第二新卒での転職活動、特に気をつけたいポイントについて

第二新卒として就職活動を行う場合、求められる心構えや振る舞いなどが新卒の場合とは大きく異なります。採用する企業側は第二新卒を最低限のビジネススキルを持つ社会人であり、即仕事に参加できる戦力として見ているのです

面接では特に立ち居振る舞いに気を配り、仕事に対する姿勢をアピールする必要があります。そのためには、働く目的を再確認して就職を希望する企業の研究をしっかりと行うなど、積極的に行動することが肝心になります。

就職先に求めるものを見極めよう

転職を考えるということは、現在の就職先に対して何か思うところがあるということです。それをなおざりにして、あやふやな気持ちのまま就職活動を行ってしまうと、せっかく採用されたとしても働き始めてみたらまた同じような問題にぶつかって後悔する、ということになりかねません。

企業を捜す前に、まずは何が一番重視すべき事柄かを見極めることが大切です。自分が就職先に求めるものをノートにすべて書き出しましょう。

職種や業務内容から通勤時間に至るまで思いつく限り並べてみて、それに優先順位を付けていくことで転職への動機がより具体的な形にまとめられ、本来の理想と入社後の環境とのギャップを避けることができます。

ネガティブな退職理由は面接でのタブー

第二新卒として面接を受けるときに必ずといっていいほど質問されるのが、以前の就職先を退職した理由です。

このとき、絶対してはならないことがあります。それは以前の職場に対しての不満など、ネガティブな内容を話すことです。

気持ちの良い人だ、この人となら一緒に働きたい、と思ってもらえなければ、いくら高いスキルを持っていても就職は難しくなります。

労働条件の悪さが理由であれば「より効率の高い環境で働きたい」、給与が低かったのであれば「仕事への適切な評価を受けて、モチベーションを高めたい」など、ポジティブな言葉で表現することが大切です。

高卒向けの職業とかを知っておくと仕事選びが難しくない件

高卒で仕事を選ぶ場合にはどのようなことに気を付けたらいいのでしょうか。特に高卒者が仕事を選ぶ際にはさまざまなポイントを押さえる必要があります。

まず、高卒者には仕事選びをする前に考えておくべきポイントがあります。それは、自分は何に興味があって自分には何ができるのか、そして自分はどのような働き方をしたいのかの3点です。

これらについて自己分析を通じて時間をかけてじっくりと考えることにより、より後悔しない仕事選びに繋がります。

また、高卒者は仕事選びの際に次のことを意識しておくと有効です。まずどのような待遇で自分は働きたいのか、そしてどの程度稼ぎたくてどのようなキャリアを積みたいのか、この3点になります。

高望みをしすぎる必要はありませんが、最低でもこのくらいはきぼうしたいという指標があった方が仕事選びがスムーズです。

そして高卒での仕事選びなら、就職や転職がしやすい職種や業種というものが存在します。そういったものの中から仕事を選べばより有利に就職・転職活動を進めることが可能となります。

さて、このコラムでは高卒に有利な業界・職種などについてお伝えしていきます。もっと読みたい方はこちらをCheck!

明石は神戸市・大阪市にも通勤可能!サポートサービスを活用してより多くの企業から転職先を探そう

兵庫県明石市には、JRの新快速が停車する明石駅があり、神戸市中央区の三ノ宮駅には約16分、大阪市北区の大阪駅には約38分と短い時間で移動できます。

多くの企業が集中する大都市が、通勤可能な範囲に二つもあることは転職に有利です。

しかし現在の職場で仕事を続けながら希望に合った企業を探すのは、スケジュール面での負担が大きく新卒での就職活動とは勝手が異なる部分が多いため、そう簡単ではありません。

そこで効率よく企業選びを行うために活用したいのが、私たちのような就職サポートサービスです。

サポートサービスでは専門のアドバイザーがカウンセリングを行い、志望する職務などの希望を聞いた上でその人の持つスキルや経験を考慮して企業を紹介するため、入社後のミスマッチによる後悔を恐れずに済みます

また、面接スケジュールの調整代行や質疑応答へのアドバイスなども受けられるので、スムーズな就職活動が可能です。

さらに、サポートサービスには企業が実際に求めている具体的な人物像など、公開されていない情報も集まるため狙った企業への就職成功率を高めることができるのです。

【体験談】高卒から就職を成功させた人はこんなにいます!

実はこんなにたくさんの方が正社員転職に成功しているのです。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div