就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

高卒の人が働くときに面接を通るには

高卒の人は自由に仕事を選んで応募することができても面接を通れずに就職先に困ることがあります。日本の社会状況をよく理解し、面接に通るためのノウハウを身につけましょう。面接対策はどのようにして行えば良いのでしょうか。

学歴重視の世の中だという認識を持っておこう

日本は昔から学歴主義の傾向が強く、今でもなお高学歴の人ほど人材採用では優遇される傾向があります。高卒の人は大卒以上の人に比べたら不利だという認識をあらためて持っておくことも必要かもしれません。書類選考の段階で既に通らないということは高卒の場合には珍しくありません。学歴として大卒以上を求めている求人には応募すらできないでしょう。高卒以上となっていても、大卒の人が同時に応募してきたら大卒の人を取るという企業も多いのが実情です。そのため、書類に通った際はチャンスを逃さないように全力で面接対策をしておくのが肝心です。

▶高卒や未経験でも問題なし!早ければ早いほど良い正社員への道

卒業してからの経歴によって対策は違う

面接対策として具体的に何をしたら良いかは、高校を卒業してから働くと決意するまでの間にどのような経歴を作り上げてきたかによって異なります。高卒はあくまで学歴なので、高卒で新卒として採用してもらいたいと思っている人もいれば、何年も仕事をしていて中途採用枠を探している人もいるでしょう。高校を卒業してからフリーターをしていた人、仕事をしないで既卒となっている人もいます。そして、第二新卒に相当する経歴を持っていて、新しい職場を探している人もいるはずです。面接対策はどのような質問が想定されるかを考え、その質問に対して適切な回答を出せるようにしておくことが基本です。

そしてその応答を通して自分が会社にとって役に立つ能力を持っていて、採用するのに魅力がある人材だと伝えることが重要になります。卒業後の経歴によらずに覚えておくと良い点として、面接に呼ばれた時点で高卒だという点は既に会社側はそれほど重視していないと考えることがまず挙げられます。学歴を無視してどんな人材なのかと思い、一度会って話をしてみようと考えてくれているのです。その気持ちに応えられるように、自分も高卒だからという意識を持たず、あくまでありのままの自分を説明するように心がけましょう。その上で、経歴によって異なる具体的な対策を行っておけば採用される可能性が飛躍的に上がります。

新卒なら社会経験がないのは当然で面接をしようと考えてくれているので、比較的対策は難しくありません。在学中にどんなことをしてきたかを一通り洗い出しておき、何を聞かれても自分をアピールできるようにしておきましょう。仕事の経験が重視される立場ではないので、性格や人柄が重視されます。
稀に大学に行かなかったのはなぜかと聞かれますが、その際にネガティブな印象を与えないようにしましょう。学校に通いたくなかったという理由は禁物です。家の事情があったとしてもそれだけで説明を終えず、社会人になって意欲的に働きたいという気持ちが強いことを伝えるのが肝心です。

フリーターや既卒の場合にも基本的には社会経験を持っているとは認識してもらえません。アルバイトをしてきた経歴を話したり、卒業してから働くと決めるまでの間にどんなことをしてきたかを説明したりすることは必要になるでしょう。ただ、それを通して自分の性格から考えられる適性や、経験から言える会社への順応性などをうまくアピールできるようにしておくのが肝心です。

第二新卒や中途採用の場合には社会経験も重視されることになります。ただし、第二新卒の場合にはビジネスマナーなどの社会人として働く上での基礎が身についているかが重視されるのに対し、中途採用の場合には即戦力となる知識や技術などを持っているかがよく吟味されます。そのためアピールすべきポイントも異なり、第二新卒なら新卒の場合などと同様に意欲的に新しい会社で働きたいことや、性格などが仕事に合っていることを伝えるのが効果的です。
それに対して中途採用の場合にはポテンシャルよりも実践力の方が重要になります。今まで働いてきた経歴を思い返してみて、どんな経験が新しい会社で役に立つかを列挙しておきましょう。質問に対してどの話題が最も適切かを考えて説明するようにすればかなりの範囲の質問に適切に答えられます。

また、高卒という学歴についても第二新卒と中途採用での位置付けが異なるので注意が必要です。高卒の第二新卒は極めて若く、大卒よりも若いうちに社会人としての基礎が身についている人材として会社からは歓迎されます。若さをアピールするのも大切だと念頭に置いておきましょう。中途採用の場合にも年齢的な若さを重視して話をするようにし、高卒だというのをプラス評価してもらえるように努力するのが効果的な面接対策です。

▶高卒無職の人が就職する為には?

学歴を気にしない仕事を選んでおくのもコツ

高卒の面接対策は仕事を選ぶ時点から始まっています。高卒は原則として採用しないけれど、特に優秀な人が見つかったときだけ採用するというスタンスの会社もあります。それに対して高卒も大卒も同じように採用したり、全く別枠として獲得を考えていたりする会社もあるのが実態です。面接で好意的に評価してもらえるのは後者なので、働く先が見つからずに困ったなら会社が学歴をどう考えているかを詳しく調査しましょう。高卒も積極的に採用したいと考えている会社を選べば面接もスムーズに進むようになります。

最適な方法はエージェントと相談して決めよう

自分の経歴ではどんな面接対策が最適なのかと悩んだらぜひ私たちに相談して下さい。人材採用に関して会社と個人の橋渡しをしているのが私たちのようなエージェントです。高卒の方も大勢相談に来ていて、働きたいと思っているのにいくら面接を受けても通れないと嘆いている方もいます。話を聞いてみると面接対策をきちんとしていないために採用の可能性がほとんどないと、私たちでもわかるような対応しかできていない人も多いのが実情です。高卒だから不利だという認識を持っていても、対策ができずに悩んでいる人もいますが、私たちと話をしてみるとだんだんと高卒なのはマイナスではないという認識をしてくれるようになっています。前向きに就職に取り組むのは重要なので、まずは気軽に私たちに相談に来てもらえればと思います。

私たちは会社の方々とのつながりも持っているので、高卒の採用についてどのような考え方を持っているかを調査してくることもできます。その情報を基にして対策を立てていきたいという人も一緒に情報を分析しながら最適な方法を考えていきましょう。

高卒の人も自由に仕事を選べる

学歴主義の傾向が強い日本では高卒の人は働きたくても働けないという状況に陥るリスクがないわけではありません。しかし、高卒の若い人材を欲しがっている会社もたくさんあります。この仕事しかできないと思わず、自由に仕事を選べる立場だと考えましょう。
重要なのは高卒だからとマイナスに考えずに適切な対策をして前向きに面接対策に取り組むことです。高卒の受け入れ体制が整っている会社を選んで、より有利な立場で面接に挑めるようにしましょう。その手助けをするのが私たちの役割ですので、これから働きたいと考えている人はぜひ相談に来て下さい。

▶未経験の分野に挑戦したり就職したりしたい高卒の人は面接対策

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div