就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

未経験の分野に挑戦したり就職したりしたい高卒の人は面接対策

今まで経験のない分野への転職をしたり、まだ就業経験がなくて就職先を探したりしているときには面接が通らなくて困りがちです。高卒の人はより不利な傾向がありますが、どのような対策をしていけば採用を勝ち取れるのでしょうか。

募集要項で経験や学歴に対する考え方を学ぼう

人材不足の業界が増えている影響で職種や業種が未経験であっても募集する求人がよく見かけられるようになりました。このような求人では社会人経験を求めていることもありますが、一切就業した経験がない人でも募集対象となっていることがあります。学歴についても高卒、大卒、修士卒などときっちり明確に分けて募集枠を決めている企業もある一方、まとめて高卒以上、大卒以上として募集している企業も多いのが現状です。高卒の人が未経験の分野に挑戦したい、初めての就職先を探したいというときにはまずは企業研究を行い、個々の企業に合わせて対策を立てるのが重要です。まずは経験や学歴に対する考え方を学んで対策の方針を立てましょう。

どれだけ経験や学歴を重視しているかは募集要項を見たり、企業データを参照したりすると大体わかります。募集要項を見ていて必要条件、希望条件として挙げられている部分に業務経験を明確に記載していたら未経験では書類すら通らない場合もあると考えておきましょう。未経験可という記載があれば書類は通りやすく、面接対策をする意義が大きいと考えられます。どちらの記載がないものも同様で、経験がなくてもポテンシャルがあれば採用するというスタンスの場合がほとんどです。このような求人に応募すれば面接では経験を問われることがないでしょう。

▶高卒でも稼げる3つの仕事!大卒にも負けない高給取りになる方法

学歴についても同様で、学歴や年齢で制限を設けている場合には書類で落とされてしまう可能性があります。大手ほど大卒以上としているケースが多く、ベンチャー企業でも大卒以上や大学院卒以上といった募集枠を定めている傾向があるので注意が必要です。特に記載がない場合には応募できます。ここで読み取っておきたいのが高卒とそれ以外を分けているかどうかです。明確に分けているのなら高卒を採用したいと考えている会社なので、面接対策は基本的には学歴を気にする必要がありません。それに対して大卒以上と一緒になっている場合にはその学歴の人と競争することになります。会社としては大卒以上の魅力がある高卒なら採用するというスタンスの可能性が高く、面接でいかに魅力をアピールできるかで採用の可否が決まると言っても過言ではないでしょう。また、大卒と高卒の割合などは企業によっては統計データがあります。どの程度の高卒が働いているかを見ると採用される可能性が高いかどうかがわかるでしょう。積極的に高卒を取っている様子が見られるなら、高卒だというのをネガティブに考える必要はありません。ほとんどいないという場合には高卒なのはマイナス評価になる可能性が高く、そのネガティブな面を払拭できるような面接対策が必要だと考えましょう。

▶資格取得で学歴ハンデを覆す。高卒者の転職活動の進め方

企業研究から考える他の面接対策は他の立場の人と同じ

企業研究は面接対策をするための基本ですが、高卒だからといってやり方が違うわけではありません。企業が持っている事業方針に合っている考え方を持っていて、これから展開していく事業に貢献できる能力があるかをいかにしてアピールするかが重要です。あるいは企業内で起こっている問題や人材の欠員について対策できるポテンシャルを秘めていることを示すことが必要になります。未経験の人や初就職の人の場合には欠員を補う目的の募集に対して応募してもなかなか採用してもらえません。即戦力が求められているからです。就職あるいは転職をしてからある程度は教育を受けた上で事業に寄与していくことになるでしょう。そのため、企業としては数年後を見据えたプロジェクトに参画する人材を探していたり、経験を問わない業務内容で人手を補充したりしたいというスタンスで募集を出している場合がほとんどです。企業情報を集めて研究をしてみると、求人募集をしている意図がわかるでしょう。その意図を汲み取って企業が考えている人材像を想像し、自分が寄与できる面を考えておくのが有効な面接対策です。その人物像のイメージが合っていればぜひ欲しい人材だと考えてもらえるでしょう。

エージェントに相談してイメージを作ろう

企業研究をして企業が求めているのはどんな人材かをイメージして面接対策をするのは効果的なのは確かです。しかし、そのイメージがずれてしまっていたら失敗することになりかねません。面接中に雰囲気を感じ取って軌道修正ができるのが理想的ですが、頑なに自分が想定した人物像での質疑応答をしてしまって失敗する例もあります。柔軟に切り替えができる範囲でイメージを作り、適宜相手に合わせながら応答できるように準備しておくのが重要でしょう。企業研究をしてもどんな人材を求めているのかわからない、本当にこのようなイメージで良いのかと悩む人も大勢います。企業研究をするときには私たちに相談して下さい。私たちは企業から求人を獲得して仕事を探している人たちに提供する人材紹介サービスを行っています。就職や転職をしたいと考えている人たちのサポートをするのも重要な役割なので、企業とのやり取りを通して得た知識も提供しています。企業がどんな人材を求めて求人を出しているのかを差し支えのない範囲で聞いてみることも可能です。その情報に基づいてイメージを作り上げ、どのような方向性で質疑応答を進めていけば良いかを考えるのは魅力的な対策方法でしょう。過去に同じ会社を受けた人が行ってきた面接対策なども紹介できるので、なかなか対策が進まない人にも参考になる情報を提供できると思います。今まで行ってきた企業研究の内容が合っているかを知りたいというときにも相談に応じていますので、面接対策で悩んだらぜひ私たちに問い合わせて下さい。

高卒ならではのアピールも大切

高卒というのがネックになりそうなケースでは、高卒はむしろ企業にとって得になる可能性があるという点も理解してアピールポイントに含めましょう。高卒の優れている点は年齢的に若いことがまず第一です。企業にとって若い人は長期間にわたって企業に貢献してくれる貴重な人材だと考えられています。大卒の新卒を採用するよりも若いというのならむしろ歓迎してくれる可能性もあるのです。その点を面接官が理解していないこともあるので注意しましょう。若くて意欲があり、体力や気力も充実しているという点を話すのも良いですが、定年まで企業に貢献を続けていきたいという意志を強くアピールするのも効果的でしょう。企業の雰囲気によっては年齢的に若いから低い姿勢で面接に対応することがより良い印象を与えることもありますが、業界によっては高卒とはいえ社会人となれば一緒という考え方を持っていることもあります。特に高卒や大卒以上を分け隔てることなく募集しているときには、高卒だという点を態度には示さず、純粋に若さの良い点をアピールするのが良いでしょう。

未経験や初就職なら企業研究を徹底しよう

未経験で転職するときや初めて就職するときには経験者に比べて不利なのは当然です。高卒の学歴であっても気にせず、経験のない人を募集する企業も増えてきています。重要なのは企業が求めている人材のイメージに合っている姿を面接で見せることです。そのための企業研究は徹底して行う必要がありますが、私たちと一緒に行えばきっと良い形で面接に挑めるのでぜひ相談に来て下さい。

▶高卒や未経験でも問題なし!早ければ早いほど良い正社員への道

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div