就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

高卒も飲食業界に転職できる?求人の選び方や有利になる資格を徹底検証!

カフェやレストランといった飲食業界の仕事は、高卒の人が比較的採用されやすいと言われています。ただ、このような業界は求人の選択肢が多いだけに、どのような就職先をえらぶかが重要です。今回は、飲食業界の仕事えらびについて解説していきます。

飲食業界の転職活動のコツ

飲食業界の求人は、都会はもちろん地方でも多く見られます。

人手不足の企業やお店では、学歴を問わず正社員のスタッフを募集するケースが多く、求人の選択肢は豊富。飲食業界は学歴による待遇の差が少ないのが特徴になっているため、高卒でも条件がよい仕事に就くことは可能です。

最初にある程度求人を絞る

ただ、このように求人の選択肢が多い場合、やみくもに就職活動を進めるのは必ずしもベストな方法ではありません。

飲食業界と一言で言ってもお店のバリエーションは幅広く、さまざまな職種があるので、ある程度求人を絞り込んでおいたほうがスムーズに転職できる可能性が高くなります。

「なぜその仕事をやりたいのか」を明確にする

飲食業界の就職面接では、「なぜその仕事をやりたいのか」などの志望動機について聞かれることが多いです。

これが明確になっていないとなかなか採用してもらえません。やる気がない、適当に選んだなどと思われてしまうのです。

まずはどうして自分が飲食業界を志したのか、そして自分が飲食業界でやりたいことは何かなどを明確にしましょう。紙に書き起こすなどの自己分析も非常に大切です。

ちなみに、私たちのようなエージェントでもこういった質問を想定して面接対策を行っています。志望動機を述べる際には、いかに説得力を出すかがポイントです。

応募するお店のタイプや職種がある程度絞り込まれていれば、説得力がある志望動機が思い浮かびやすくなります。

学歴がさほど重視されない飲食業界や飲食店における面接では、志望動機が採用不採用にもダイレクトに影響する傾向があるため、慎重に取り組みましょう。

飲食業界の求人の選び方

自分がどのポジションに”適性”があるか考える

求人を絞り込むときには、いくつかのポイントをチェックすると取捨選択がしやすくなります。例えば、適性などは飲食業界の求人を選ぶ際にも1つのポイントになってくるでしょう。

飲食業界には、厨房や調理場で働くキッチンスタッフ、接客を担当するホールスタッフなどのさまざまな職種があります。コツコツと仕事をこなすのが得意な人は、調理のスキルが問われるキッチンスタッフなどが向いているかもしれません。

一方、人と話をしたり、おもてなしをしたりするのが得意な人は、ホールスタッフを目指すと能力を発揮できる可能性があります。

自分のキャリアプランに合致した仕事を選ぶ

また、その仕事が自分のキャリアプランにマッチしているかどうかも選択のポイントです。

例えば、長く働き続けたい場合には、正社員、契約社員といった雇用形態や、昇進の制度があるかどうかが重要なチェックポイントになってきます。

徐々に昇進していける職場の場合は、少しずつ給与の額も上がりますので、頑張っただけのメリットが得られるのが魅力。安心して働くためには、労働時間や休日の取得実績などもチェックしておくとよいかもしれません。

ワークライフバランスがきちんと保てるかどうかは、飲食業界の求人を選ぶときの1つのポイントです。

お店の種類で選ぶ

飲食業界にはさまざまなタイプのお店があります。大手外食チェーンのレストランや居酒屋などは、高卒の人を対象にした求人が多いお店です。

また、カフェやベーカリーも高卒のスタッフを広く募集しているお店に挙げられますが、このほかにも有名ホテルや高級レストランといったいろいろな選択肢がありますので、お店の種類で仕事をさがすのも1つの方法になってくるでしょう。

例えば、昼間の時間帯を中心に働きたい人であれば、カフェやベーカリーなどを選ぶと無理なく仕事ができるかもしれません。このようなお店は残業なども少ないケースが多いので、体力に自信がない人でも比較的働きやすいと言えます。

一方、できるだけ多く稼ぎたい、といった人は、夜も営業しているレストランや居酒屋の求人を狙うと適職が見つかる可能性があります。

夕方から夜の業務が多い場合は、給与の額が少々上がるのが一般的です。大手外食チェーンのレストランや居酒屋は、将来、店長や幹部を目指すこともできるので、働きがいがある仕事を探す人にも向いていると言えるかもしれません。

自己分析&キャリアプランニングを行う

「どんな仕事に向いているか」などの適性は、自分自身でもはっきりと認識できていない場合があります。また、「これから何をやりたいのか」といった今後のキャリアプランについても、漠然としたイメージしかもっていない人が多いかもしれません。

このようなイメージが曖昧な状態で就職活動を進めるのは、間違いを招きやすくなるため避けたほうがよいでしょう。

そこで適性やキャリアプランを明確にするには自己分析やキャリアプランニングを行うのが1つの方法です。

自己分析やキャリアプランニングは、自分でもある程度は行えます。ただし自分だけで行うと客観的な視点で判断しにくくなるのが難点で、なかなかイメージが湧いてこない、といったこともあるでしょう。

このようなときには、私たちのような転職エージェントを利用するとよりスムーズにイメージが得られます。

私たちのカウンセリングでは、専門のアドバイザーがじっくりと話を聞いて分析を行いますので、まったく意識していなかった自分の強みなどを発見できるケースもあります。アドバイザーと対話することで、自分の考えが整理できることもあるでしょう。


仕事選び

仕事選びについて~業界・職種編~

あなたが求人に応募するときの判断基準は何ですか?どこに価値観をおいて仕事探しをするかで就職活動・転職活動の方向性は大きく変わっていきます

業種や職種で選ぶという方は自分の中でやりたいことや方向性が定まっていたり、自分の得意なものや好きなことをある程度把握できていると考えられます。

その場合は自分の希望する仕事にどんな経験や知識が必要かを調べ、本当に自分が目指せるかどうかを今一度見つめなおしてみましょう。

また社風や会社環境で選ぶという視点は非常に重要なものです。どれだけお給料が高くても好きな仕事ができていても、気持ちよく働ける環境に恵まれていなければ成果を出せるものも出せません。

しかし、これについては一般的に企業に入ってからわかること。しかし、プロの就職・転職エージェントで求人を紹介してもらえば直接企業へ赴いたアドバイザーたちに社内の雰囲気などをはっきりと教えてもらえます。

このように、このコラム内では仕事を選ぶ際に自分が何を重視しているかなどを見つめなおしていただくことができます。

新たな発見もあるかも!自分が何を重視するタイプかを知った上で考え方を整理していきましょう。詳しくはこちら!

飲食業界でのチャンスを広げる資格

実力や経験が重視される飲食業界に転職する場合、資格を持っていたほうが有利になるケースもあります。

例えば、調理の仕事を目指すときには、調理師パティシエといった資格を持っていると評価されやすくなります。

また、接客などのサービスの仕事に携わりたい場合は、レストランサービス技能士ソムリエなどの資格が役立つかもしれません。

店舗の運営にも興味がある人は、フードコーディネーターフードアナリストといった資格を取得するのも1つの方法になるでしょう。

応募先のサービスに役立つ資格を持っていれば未経験でも採用される可能性がアップします。

即戦力として活躍できる人は、昇進のスピードも通常より速くなることが考えられますので、入社してからもいろいろなメリットが期待できるでしょう。

自分のチャンスを広げるためにも、取得しておいて損はないのが資格です。

良質な求人の見極め方

飲食業界には、「ブラック企業が多い」といったイメージを持っている人もいるかもしれません。

実際、人手不足に悩む企業やお店は、若くても高収入が期待できる反面、休日がとりにくかったり労働時間が長かったりするケースもあります。

ただ、こういったブラックと言われる企業やお店は一部に限られています。

私たちは飲食業界の求人についても厳選していますので、安心して働ける企業やお店を紹介できます。

サイトからも「残業が少ない」や「完全週休2日制」といった条件を指定して検索ができるため、無理のないスタイルで働ける職場を見つけやすいです。

しかし、中には良質な求人を見極める自信がないという方もいらっしゃるでしょう。特に就職や転職に慣れていない方はなおさらです。

そういった方にぜひ知っておいていただきたいのでが、転職エージェントの存在です。近年、20代から人気を集めている転職の民間サポートサービスです。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは、第二新卒者をはじめとした若者を対象に、プロの転職アドバイザーがマンツーマンでご対応。個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介いたします。

加えて面接後のフィードバックや入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントneoではすべて代行。

アドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさもあいまって、就活が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

ご相談だけでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、一人でお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。


満足のいく転職を

高卒で給料の良い仕事は?稼げる職種や業種、有利な資格を紹介

学歴における強みを持っていないという意味で高卒は中卒と同じく難しい就職活動を強いられています。「高卒だから給料の良い会社に就職できない」「稼ぐことなんてできない」と諦めていないでしょうか?

たしかに、中卒や高卒よりも大卒の方が社会的に優遇されていることは明確な事実です。しかし、実際に社会に出てからお金を稼げるかどうかは「学歴」よりも「本人の努力次第」です。

現代は人材不足に嘆く業界が多く存在し、そんな業界には若いパワーを求めている企業が多くあります。ではどんな業界なら就職の可能性があるのでしょうか。

例えばコミュニケーション能力に秀でている方は「営業職」がぴったりでしょう。営業の業界は結果を出すことが何よりも大切なシビアな世界ですが、学歴に関係なく努力次第では大卒をもしのぐ高収入を得ることができます。

また体力仕事の現場では学歴などは一切関係なくいかに動けるかで評価が変わってくるため、やる気のある中卒者や高卒者には最適です。

さて、このコラムでは学歴に強みがなくても高収入を得られる業界・業種や、そういった仕事を探す際に必要なことなどをお伝えしています。もっと読みたい方はこちらをCheck!

ブラック企業の見極め方

飲食業界は人材不足に悩まされているという特徴があります。朝から深夜まで営業している店も少なくなく物理的な労働時間が長くなりやすいです。

しかもその職員のほとんどがアルバイトやパートである場合が多いため、急遽アルバイトの欠員が出たりした場合には正社員がその穴を全力で埋めなければなりません。

飲食業界はそういった意味でブラック状態に陥りやすく、求人の見極めを見誤るととてもつらい状況に追い込まれることもあるようです。とはいえ飲食業界のすべてがブラックなわけではありません。しっかりと見極めれば危険を回避できます。

そこで、飲食業界で求人を探す際のブラック企業の見極め方をご紹介します。

求人がずっとでている企業は危険

基本的にまともな会社であればそんなにしょっちゅう退職者はでないものです。離職率の高さはその分ブラックさをあらわしていたりします。

やはり仕事を辞める人が多いということはそれなりの歪みがあるということなのです。中には辞めたくてもなかなか言い出せなかったり引き止められるなどして退職できないでいる方もいますが、ほとんどの方は辞めていくようです。

そこでブラック企業は人材不足に陥りやすくなるのであり、その枠を埋めようと求人を出します。しかしブラックであればブラックであるほどひっきりなしに社員が退職していきますから、求人は長期間出されたままになることが多いのです。

したがって、求人を探す際にいつまでたっても求人情報がなくならない企業があれば、その企業から出されている求人はすべて受けるのを避けましょう。

条件が緩くて給与が高い求人は危険

また、高卒者の方に嬉しい「学歴不問」や始めて飲食業界に挑戦する人でも可能性のある「未経験歓迎」のフレーズがありますよね。

これは学歴や経歴で判断するのではなく、やる気やポテンシャルで採用しようとする企業の柔軟さが現れていることが一般的なのですが、中には人材不足すぎて条件を緩くしている場合もあるようです。

しかし、学歴不問や未経験歓迎の求人のすべてがブラック企業であるわけではありません。見極めるポイントは、条件が緩く応募がしやすいのに給与額が妙に高い場合です。

ブラック企業は深刻な人材不足に陥っていますから、高めの給与をエサに応募してくれる人材をいわば釣っているのです。こうした求人は非常にリスキーであるため、選定は慎重に行いましょう。

仕事さがしは焦らず落ち着いて進めよう

飲食業界で転職先を探す場合、むやみに焦るのは禁物です。いろいろな求人が紹介されているとつい応募を急ぎたくなるかもしれませんが、いったん働き始めてしまうと途中で離職するのが少し難しくなります。

まずは自己分析やキャリアプランニングを行い、ターゲットを絞り込んでから、落ち着いて応募先を選択しましょう。


内定獲得率

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div