就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

仕事辞めたい時にやるべき簡単3ステップ|辞める判断基準とは?

「仕事を辞めたい!」と感じたら今すぐにでも辞めたくなることと思います。しかし、後悔しないためにも転職を決める前にぜひやっていただきたいことがあります。

そこで本記事では仕事辞めたい時にやるべき簡単3ステップをご紹介。転職のメリットやデメリット、仕事を辞める判断基準もご紹介しますので少しでもお役に立てれば幸いです。

転職するメリット&デメリット

本記事をご覧になっている方は、「仕事辞めたいとは思ってるけど、転職することで損はしたくない」とお考えではないでしょうか?

転職することにはメリットとデメリットがありますので、後悔しないためにもまずはそこを把握してから転職を考えるのが得策です。まず、転職することには下記のようなメリットがあります。

【転職するメリット】

(1)年収UPの可能性がある
(2)新たなキャリアを築ける
(3)新たな人間関係を構築できる
(4)価値観をアップデートできる

転職のメリットとしては、同業界・同職種でも中小企業から大手企業などに転職することで年収UPを見込める他、一から人事評価をスタートさせることができるため新たなキャリアを築けることが挙げられます。

今の職場での人事評価に納得していなかったり、スタートダッシュが思うようにいかず未だに人事評価がその影響を受けているという場合には、今の自分を改めて評価してもらいやすくなります。

また新たなコミュニティに属することで新たな人間関係を築くことができ、価値観がアップデートされるためこれまでよりも広い視野を持てるようになり社会人として成長することができます。

一方で、転職することにはこのようなデメリットもあります。

【転職するデメリット】

(1)コストがかかる
(2)退職金・企業年金が減る
(3)人事評価が一からスタートする
(4)悩みが解決しないことがある

まず、転職することによって経済的な負担が発生します。転職そのものには交通費や宿泊費などのコストがかかりますし、退職のタイミング次第でボーナスが受け取れないこともあります。

また退職金や企業年金の額は勤続年数に比例するため、こちらが減少します。人事評価も一からのスタートとなるため、入社したての頃は少し低めの待遇から始まることも多いです。

また、場合によっては前職で抱えていた悩みが転職後も解消されない可能性もあります。

特に人間関係などは職場を変えたからといって必ずなくなるわけではないため、「自分が今抱えている悩みが転職によって本当に解決するのか」を今一度じっくりと考えてみることが大切です。

仕事を辞める判断基準とは?

では、自分が仕事を辞めるべきかの判断基準は何なのでしょうか?転職すべきケースとしては主に下記が挙げられます。

【転職すべきケース9選】

(1)他にやりたい仕事がある
(2)今の職場では思うようなキャリアアップが難しい
(3)今の職場に将来性を感じない
(4)正当に評価されていないと感じる
(5)給与が労働に見合っていない
(6)ハラスメントを受けている・横行している
(7)労働時間が長すぎる
(8)業務量が多すぎる
(9)毎朝のように「会社に行きたくない」と感じる

一方で、一旦転職を見直して今の職場でできる範囲の対処法を試すべきケースが下記になります。

【一旦転職を見直した方がいいケース8選】

(1)人間関係に疲れた
(2)ミスを指摘されることが多い
(3)なんとなく仕事が面倒くさい
(4)仕事が楽しくない
(5)仕事に飽きた
(6)責任が発生するのが嫌
(7)満員電車が辛い
(8)朝起きるのが辛い

皆さんはどちらのケースに当てはまっていたでしょうか?下記の記事では今の職場でできる対処法の他、円満退職する手順もご紹介しておりますのでぜひこちらも参考にしてみてください。

仕事辞めたい時にやるべき簡単3ステップ

先ほどお伝えしたように、転職にはメリット以外にもさまざまなデメリットがありました。「仕事辞めたい!」と思ったからといって何も考えずに退職してしまっては、後々後悔することになりかねません。

では、後悔しないためにはまず何をすべきなのでしょうか?ここでは「仕事辞めたい時にやるべき簡単3ステップ」をご紹介いたしますので、ぜひ取り組んでいただき、そのうえで退職すべきかを考えてみてください。

仕事を辞めたい理由を書き出し、優先度をつける

まずはどうして自分が仕事を辞めたいと感じているのか、その理由を書けるだけ書き出してみましょう。

「思うように仕事が身につかない」
「このままではスキルアップできない」
「上司の言うことがコロコロ変わる」
「意見がなかなか通らない」

何でもかまいませんので、まずはとりあえず感じた理由を書き出してみましょう。

書き出すことができたら、今度は特に強く悩んでいるものから順番に並べ替えてみてください。そうすることによって、「自分が本当に嫌だと感じていること」が何かが明確になります。

今の職場で解決できないか考える

自分が本当に嫌だと感じていることがわかったら、次は今の職場でそれが解決できないかを考えてみましょう。

下記の記事では仕事を辞めたいケース別に対処法をご紹介しておりますので、ぜひこちらと照らし合わせてチェックしてみてください。

もし今の職場で解決できることであれば、無理のない範囲で一旦今の職場で頑張ってみることをおすすめします。

たとえば人間関係やミスの多さ、仕事が楽しくないなどのケースは今の職場での改善の余地があります。

ただし「上司に毎日のように詰められているけど、それは自分の能力が低いからだ・・・もっと頑張らないと」などと、自分を責めてしまうことは極力避けましょう。

頑張ろうと考えることは素晴らしいことですが、自分を責め続けて強いストレスを感じると、心身共に体調を崩してしまう可能性があります。

今抱えている悩みが今の職場で解決できるかどうか、自分の頑張り次第でどうにかなるものなのかどうかがわからないという方は、信頼できる上司、友達、家族などの第三者に相談してみましょう。

どういった職場に転職すれば解決するのか考える

もし今の職場で解決できない悩みを抱えていることがわかったら、どういった職場に転職すればそれが解決するのかを考え、転職活動の軸にしましょう。

たとえば人事評価に納得いっていないのであれば、「自分は何を基準に評価してほしいのか(売上などの実力、勤続年数、積極性)」「その評価を何に反映してほしいのか(給与、役職・昇給、表彰)」を考え、そこにマッチしている企業を探します。

他にも「今の職場は目先の利益を優先していて今後の成長が見込めない」と考えているのであれば、「顧客視点を徹底し今後業界内のシェアを拡大していく見込みのある企業」に軸を絞るなどが有効です。

ただし転職に不慣れな方にとっては難しいかもしれませんので、もしどういった転職先を探せばいいのかよくわからなかったり、自分が本当に転職すべきか迷っている方には転職エージェントの利用がおすすめです。

【転職エージェントとは?】

専属のキャリアアドバイザーが転職活動の準備~入社までをサポートしてくれるサービスです。

カウンセリングを通じて自分に合った仕事を紹介してもらうことができ、履歴書・面接対策や面接日程の調整などを代行してもらえます。

転職エージェントに相談すれば、専属のキャリアアドバイザーに「自分が本当に転職すべきか」「すべきだとしたらどんな企業が向いているか」を相談することができ、必要に応じて求人紹介も受けられます。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは若年層に特化してサポートを行っている他、このようなメリットがあります。

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

もし転職の進め方がよくわからなかったり、短期間で転職したい方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


仕事選び

退職前にやるべきこと4つ

仕事を辞めたいと感じ出したらすぐにでも辞めてしまいたくなることと思います。

しかし、パワハラを受けているなど心身に影響が出ている場合を除いては、より理想的な転職を実現させるためにも退職前にぜひ行っていただきたいことがあります。

(1)今の仕事で実績を残す
(2)今の仕事以外のことでスキルアップする
(3)資格の勉強をする
(4)ポジティブな退職理由を用意する

まずは、今の仕事で実績を残すことができれば転職時のアピール材料になります。営業成績で上位に入ったり、大きなプロジェクトの企画を通すなどチャレンジしてみましょう。

そして今の仕事以外のことでスキルアップすることができればこれもまた強みになります。

たとえば英語力を身につけたり、プログラミングの基礎を学ぶなど、希望する業界や職種を想定した勉強ができるとアピールしやすく、資格の勉強も同様です。

また、退職するにあたっては必ずポジティブな退職理由を用意するようにしましょう。

仕事や職場に対する不満が前面に出た退職理由では、引き止めにあったり悲しい言葉を浴びせられてしまうリスクがあります。

何より職場でも良くない噂が広がるなど円満退職できなくなる可能性があるため、「新しい仕事にチャレンジしたい」「新たなキャリアを構築したい」などのポジティブな理由を考えましょう。

転職活動は働きながら?退職してから?

仕事を辞めるにあたっては転職活動が必要になりますが、働きながら進めるべきなのか、それとも仕事を辞めてから始めるべきなのかお悩みの方も多いのではないでしょうか?

両者にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

【働きながら転職先を探す場合】

<メリット>
(1)経済的な心配がないため余裕をもって転職先を探せる

<デメリット>
(1)転職活動に割く時間が限られる
(2)仕事が忙しくなるとさらに転職活動が難しくなる
(3)即時入社ができないことで入社を見送られる可能性がある

働きながら転職先を探す場合には、経済的な心配がないため余裕をもって転職活動を進められます。

ただし、一日の大半を仕事に費やすため貴重な時間を割いて転職活動に充てなければなりません。

仕事が忙しくなった場合にはより一層転職に時間を割けなくなり、転職活動が後回しになりかねません。

また希望企業が即時入社できる人材を求めている場合、退職までに数か月かかる人材は優先度が低くなり入社を見送られる可能性があります。

【退職してから転職先を探す場合】

<メリット>
(1)じっくり腰を据えて転職先を探せる

<デメリット>
(1)収入が途絶える
(2)精神的な焦りから転職先を雑に決めてしまうリスクがある
(3)転職活動が長期化するとブランク期間が発生する

一方で、退職してから転職活動を行えば、じっくり腰を据えて転職活動を行うことができます。

ただし、この場合は収入が途絶えてしまうため転職先がスムーズに決まらなければ経済面で苦しくなってしまいます。

精神的な焦りやストレスも出てくるため、転職活動が投げやりになってしまい「入社できればどこでもいい」という気持ちになってしまう可能性もあるでしょう。

企業情報を細かくチェックしないまま新しい職場に入るなどしてしまうと、再び自分には合っていない企業に入社してしまう可能性があります。

また、もし転職活動が長期化してブランク期間が長引くと転職活動に影響が出てしまいます。

このように転職活動の仕方にはそれぞれメリットとデメリットがあるため、ご自身に合った方法を選びましょう。ただし、本記事ではできるだけ働きながら転職活動を行うことをおすすめします。

経済面での困窮や焦りは転職活動を進めていくにあたって大きな障壁となります。焦って転職先を探すことでさらに転職のきっかけを生んでしまうことは避けたいところです。

しかし、働きながらの転職活動は手間がかかります。仕事をしながら企業とやり取りをする必要がありますし、書類対策や面接対策など気を配らないといけないことがたくさんあり大変です。

そこでぜひ活用していただきたいのが転職エージェントです。

【転職エージェントとは?】

専属のキャリアアドバイザーが転職活動の準備~入社までをサポートしてくれるサービスです。

カウンセリングを通じて自分に合った仕事を紹介してもらうことができ、履歴書・面接対策や面接日程の調整などを代行してもらえます。

転職エージェントを利用すれば、求人紹介や書類対策・面接対策はもちろん、わずらわしい企業との面接日程の調整や入社条件の交渉を代行してもらうことができます。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは若年層に特化してサポートを行っている他、このようなメリットがあります。

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

もし転職活動をより楽に進めたい方や、短期間で転職先を見つけたいという方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


満足のいく転職を

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div