就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

「仕事辞めたい」は甘えなのか?転職すべきケース9選と見直すべきケース8選

「仕事を辞めたいけど、これって甘えなのかな・・・」とお悩みの方は多いことと思いますが、結論からお伝えすると本気で仕事を辞めたいと考えている場合は甘えではありません。

ただし、転職を検討する場合には「今すぐ転職した方がいいケース」と「一旦転職を見直して今の職場でなんとかしてみた方がいいケース」が存在します。

そこで本記事では転職すべきケース9選と一旦転職を見直した方がいいケース8選、円満退職の方法、短期間で転職先を見つける方法をご紹介いたします。

少しでも参考になれば幸いです。

本気で仕事を辞めたいならどんな理由でも甘えではない

冒頭でもお伝えしまたが、「本気で仕事を辞めたい」と考えている場合はどのような理由であっても甘えではありません。その理由としては下記が挙げられます。

・他人と自分の感覚は違うから
・健康を害するリスクがあるから
・後悔する可能性があるから

まず、他人と自分の感覚は必ずしも合致しません。他人にとっては平気なことでも自分にとってはストレスになるものもあります。

特に物事に真面目に取り組める方などは「自分だけが逃げ出すわけにはいかない」と、無意識のうちに他人の常識に縛られやすくなります。

しかし、本気で辞めたいにもかかわらず無理やり働き続けると健康を害するリスクがあります。深く精神を病んでしまうとその後働くことが難しくなることも考えられます。

また成長しにくい職場で無理やり働き続けた場合、他の職場では培えていたはずのスキルや経験を失うことになり、後々深く後悔することにも繋がります。

「仕事を辞めたいというのは自分の甘えなのではないか」という考えは仕事へ真摯に向き合っているからこそ生じるものですが、同時に「自分が本気で転職したいと考えているか」を再確認することも大切です。

一旦転職を見直した方がいいケース8選

改めて、本気で仕事を辞めたいと考えている場合はどのような理由であっても甘えではありません。

ただし、「今すぐ転職すべきケース」と「一旦転職を見直して今の職場でなんとかしてみた方がいいケース」が存在します。

そこでこの項目では一旦転職を見直した方がいいケース8選をご紹介いたします。

それぞれのケースにおけるストレス軽減方法や改善方法をお伝えしますので、それを試してもなお良くならない場合には改めて転職を検討することをおすすめします。

(1)人間関係に疲れた
(2)ミスを指摘されることが多い
(3)なんとなく仕事が面倒くさい
(4)仕事が楽しくない
(5)仕事に飽きた
(6)責任が発生するのが嫌
(7)満員電車が辛い
(8)朝起きるのが辛い

人間関係に疲れた

人間関係に疲れたから仕事を辞めたいと考えている方は多いことと思いますが、この場合は一旦立ち止まって改善策を検討するのが得策です。

というのも、人間関係でのストレスというのはどんな職場でも起こりやすく、転職したとしても同じように悩まされる可能性があるからです。

では、そもそも人間関係はどうして悪化してしまいやすいのでしょうか?理由としては下記が挙げられます。

(1)コミュニケーション不足
(2)日頃からの観察が足りていない
(3)相手本位ではなく自分本位になっている
(4)自分の普通が相手の普通だと考えている

人間関係の歪みは「自分が相手をよく理解できていない」「相手に自分を理解してもらえていない」「自分の常識を相手に押し付けている」ことから生じている可能性があります。

そのため、いじめなど深刻なトラブルが生じている場合を除き、人間関係によるストレスを感じている場合にはまず今の職場で試せる対処法を試してみることをおすすめします。

下記の記事では「人間関係が原因で仕事を辞めたい時の対処法5選」をご紹介しておりますので、ぜひこちらも参考にしてください。

なお、人間関係に左右されずに働きたいという方には「一人でできる仕事20選」をご紹介している記事もありますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

ミスを指摘されることが多い

ミスを指摘されることが多いという場合も、すぐに転職を検討するのではなく今の職場で改善策を実践してみることをおすすめします。

ミスを指摘されることが多い方には下記の原因が考えられます。

(1)ミスを最小限に留める工夫が足りない
(2)同じミスをしない工夫が足りない

メールを送信する前に3回見直しをする、上司への報・連・相を徹底するなどミスを最小限に留める工夫を行ったり、一度してしまったミスの原因を洗い出して改善策を実行することを継続するだけで、ミスの頻度が激減するはずです。

もちろん理不尽な指摘を受けている場合は職場に問題がありますが、自分の注意不足や工夫不足でミスが生じてしまっているのであれば、転職しても同じことの繰り返しになってしまいます。

まずは今の職場でできる限りの改善策を講じてみましょう。

なんとなく仕事が面倒くさい

中にはなんとなく仕事が面倒くさくて辞めたいという方もいらっしゃるでしょう。

「なんとなく」面倒だと感じている方はひょっとすると、仕事にはその原因がない可能性があります。皆さんは下記のうち、当てはまるものはどれくらいあるでしょうか?

・朝起きた時に体がだるい
・一日中疲れている感じがする
・昼間はずっと眠い
・毎日きちんと排せつできていない
・外食が多い
・お風呂はシャワーで済ませることが多い
・肩や首が凝っている
・最近肌アレが目立つ

このうち3つ以上当てはまるという方は、体調不良からエネルギーが出ず、仕事そのものを面倒だと感じている可能性があります。

こういった方は下記のような改善策を講じることで体調を整えられれば、仕事へのやる気を出すことができるかもしれません。

・起床直後に太陽光を浴びる
・換気をこまめに行って酸素を入れ替える
・普段よりも1時間早く寝る
・お風呂に浸かる
・スマホをいじる時は目線の高さにする
・外食の頻度を減らす
・21時以降は食事を控える

それぞれの効果の詳細は長くなるためここでは割愛しますが、負担なく取り組めるものから少しずつ試していただければ体調が回復し、「なんとなく仕事が面倒くさい」という気持ちが軽減していくでしょう。

仕事が楽しくない

仕事が楽しくないと感じている方も今すぐに転職に踏み出すのは避けた方が無難です。

というのも仕事が楽しくないことにはいくつか原因が考えられ、原因次第では転職先でも改善されない可能性があるからです。

仕事が楽しくないと感じている方は、仕事が楽しくない理由を何だとお考えですか?下記のうち思い当たるものはあるでしょうか。

(1)仕事が難しい
(2)周りの会話について行けない
(3)理想していた業務内容と違った
(4)裁量権が少ない

もし「仕事が難しい」「周りの会話について行けない」と感じている方は、ひょっとすると業務に必要な知識が足りていないだけであることが考えられます。

特に今の仕事に就いたばかりの方は周りよりも知識や経験が少なくて当然ですから、「最初の1年くらいは思うようについていけなくて当たり前」くらいに考えて問題ありません。

仕事でわからないことや疑問があればその都度調べたり先輩に質問するなどして一つずつつぶしていけば、少しずつ仕事についていけるようになるはずです。

業務に応用できる資格を取得することで知識を培うのも良い方法でしょう。

もし「理想していた業務内容と違った」という場合には、その中でも自分の得意分野の業務を見つけたり「これだけは誰にも負けない」と思えるような業務を見つけることで仕事を楽しめるようになる可能性があります。

なお、「裁量権が少ない」と感じている方は業務内容や仕事の進め方を職場や上司に徹底的に管理されているかもしれません。

状況にもよりますが、そういった場合は詳しい理由を添えたうえで新たな仕事の進め方を上司に提案してみたり、「こういう業務にチャレンジしてみたいです」と素直に相談してみましょう。

仕事に飽きた

また仕事に慣れたことによって仕事に飽きたという方も、今すぐに転職活動を開始するのはあまりおすすめできません。

仕事に飽きるくらい仕事に慣れてきたタイミングこそ、今の仕事で大きく活躍できるチャンスだからです。

もし仕事がルーティンワーク化してきたことで飽きてしまったと感じている場合には目標を見失っている可能性が考えられますので、新たな目標を設定したりやりがいを模索するのが得策です。

今の職場で一つ上の役職を狙うことを目標に業績アップに努めたり、自分の業務をより効率化できるような方法を模索して、周りの従業員に共有することで部署全体の業務進捗を改善できれば新たなやりがいに繋がります。

ただし、目標を達成するためには今の仕事を続けるよりも転職した方が考えていたり、新たな目標ができたことで今の仕事に意味を感じなくなった場合は転職を検討するのがベストでしょう。

責任が発生するのが嫌

責任が発生するのが嫌だと考えている方もまた、今すぐに転職を検討するのは控えた方が無難です。

というのも、責任が発生するのが嫌な方は「絶対に失敗してはいけない」と必要以上にプレッシャーを感じている可能性があり、これは職場を変えたところで解決しないためです。

働いていくうえで責任は必ず発生するものですが、「絶対に失敗しない」などということはあり得ません。

仕事に対して強いプレッシャーを感じている方は、相談できる相手を探して都度相談するように努め、また「役職に就きたくない」旨を上司に伝えるようにしましょう。

満員電車が辛い

満員電車の辛さは多くの方が経験していることと思いますが、これはわざわざ転職しなくとも解決できます。

・出社時間を1時間早める
・フレックス制度を取り入れる(可能な場合)
・通勤時間を趣味の時間に充てる
・通勤時間を学習時間に充てる
・職場の近くへ引っ越す

職場の近くに引っ越すことができればそれが一番ですが、ハードルが高いという場合には通勤時間をずらすのが有効です。

早起きができる方は出社時間を1時間早めたり、フレックス制度を取り入れられる職場なら提案してみるのも良いでしょう。

また、満員電車のストレスを感じないようにする工夫としては、通勤時間を趣味や学習時間に充てることが挙げられます。

気分の高まる音楽を聴く時間にしたり、ドラマ観賞の時間に充てたり、英語のスピードリスニングの音声を聞くなど満員電車でもできることはたくさんあります。

朝起きるのが辛い

最後に、朝起きるのが辛いという方も転職せずとも解決することが可能です。下記の対処法をぜひ試してみてください。

・普段より1時間早めに寝る
・寝る直前にはスマホを見ない
・21時以降の食事は控える
・ウォーキングなど軽い運動習慣をつける
・寝る直前の運動は控える
・起床直後に太陽光を浴びる

ただし、完全に夜型だという方の場合は夜に働ける仕事や自分で働く時間をコントロールできる仕事に転職する方が良い可能性があります。

転職すべきケース9選

では、今すぐ転職すべきケースとしてはどんなものが考えられるのでしょうか?

(1)他にやりたい仕事がある
(2)今の職場では思うようなキャリアアップが難しい
(3)今の職場に将来性を感じない
(4)正当に評価されていないと感じる
(5)給与が労働に見合っていない
(6)ハラスメントを受けている・横行している
(7)労働時間が長すぎる
(8)業務量が多すぎる
(9)毎朝のように「会社に行きたくない」と感じる

他にやりたい仕事がある

まず、他にやりたい仕事がある方はすぐにでも転職に向けて行動に移した方が良いでしょう。

やりたい仕事に就くための勉強するのはもちろんのこと、今の職場で吸収できることはしっかり吸収してから退職することをおすすめします。

ただし、今の仕事が嫌になったから他の仕事に就きたくなったという場合には、転職よりも退職の優先度が高くなっているため今すぐ転職を検討するのはおすすめできません。

今の仕事の何が不満なのかを考え、転職することでそれが本当に解決するのかをじっくり考えてみましょう。

今の職場では思うようなキャリアアップが難しい

次に、今の職場では思うようなキャリアアップが難しいと考えている方は転職すべきといえます。

目標となるキャリアがありそのために知識や経験を培っても、それ以上キャリアアップが見込めなかったり成長が期待できない職場に長く留まるのは後悔に繋がります。

貴重な時間を無駄にしないためにも、自分の理想となるキャリア選択ができる転職先を探しましょう。

今の職場に将来性を感じない

中には今の職場に将来性を感じなかったり、不信感を抱いているという方もいらっしゃるでしょう。

赤字続きだったり吸収合併を繰り返していたり、離職率が高くて業務のIT化が進んでいなかったりと、今後伸びない職場だなと感じた場合には転職を検討すべきといえます。

ちなみに下記の記事では「これから伸びる業界7選」をご紹介しておりますので、今後安定的に伸びる業界で働きたいという方はぜひチェックしてみてください。

正当に評価されていないと感じる

自分の努力や働きが正当に評価されていない場合も転職すべきでしょう。

ただし、評価基準や評価が何に反映されるかは職場によって異なりますので、自分に合った評価を行っている職場を見つける必要があります。

まずは評価基準です。職場によって評価基準は下記の3つに大きく分かれます。

・年齢、勤続年数(年功序列)
・売上などの数字(実力主義)
・チャレンジする頻度の高さ(積極性)

そして評価が何に反映されるかについては下記のように分かれます。

・給与、年収
・役職、昇給
・表彰、褒められる

たとえば「しっかり売上を上げているのになかなか役職に就けない」と嘆いている方は、数字を重視する実力主義の職場かつ、評価を役職や昇給に反映させる職場が合っているということになります。

転職を検討する際にはぜひこのポイントをチェックしてみてください。

給与が労働に見合っていない

給与が労働に見合っていないと感じている方も転職を検討すべきといえるでしょう。

もし自分の給与が低いのかを知りたい場合には、同業界の競合他社の年収水準などをチェックしてみるとわかりやすいと思います。

ほとんどの方は生活のために働いていますから、給与に納得がいかないまま働き続けるのは経済的にも精神的にもマイナスでしかありません。

ただし、転職ではよっぽどの実績がない限り前職の年収額からスタートすることになりますので、転職先でコツコツ給与UPを目指す心積もりでいましょう。

ハラスメントを受けている・横行している

ハラスメントを受けている、あるいは職場で横行しているという場合にはすぐにでも転職を検討しましょう。

そのような職場で働き続けた場合、精神を病んでその後の仕事ひいては人生に悪影響が生じる可能性すらあります。

「しょっちゅう怒鳴られる」
「仕事を無理やり押し付けられる」
「理不尽な要求をされる」
「休暇をとらせてもらえない」

これらはすべてハラスメントを受けたと感じたらハラスメントに該当します。

「自分の能力が低いから怒鳴られるんだ」などと自分を責める必要はありません。第三者に相談したうえでできるだけ早く転職活動を開始しましょう。

労働時間が長すぎる

労働時間が長すぎる場合も転職すべきといえます。何も仕事だけが人生ではありません。プライベートを充実させることも重要なファクターですし、適度な休息も働くためには必要です。

労働時間が長すぎる職場というのは、職場に何らかの問題があって離職率が高かったり、業績が悪化していて人材を確保できていない可能性があります。

そういった職場はいずれにしても今後の成長が期待できないため、転職してしかるべきだといえます。

業務量が多すぎる

業務量が多すぎる場合も同様です。もし自分が抱えきれないほどの業務量を課されていて、上司に相談してもなお改善されない場合は転職をおすすめします。

毎朝のように「会社に行きたくない」と感じる

最後に、毎朝のように「会社に行きたくない」と感じる方は転職すべきといえます。週明けや長期休暇明けであればそのように感じる方も多いことと思います。

しかし毎朝のように会社に行きたくないと感じるのは精神的に相当なダメージを受けていることが考えられます。

本人も意識していない間に精神を病んでいる可能性がありますので、休息時間が必要です。もしその原因が仕事内容や職場環境にある場合には転職を検討しましょう。

一方で原因がよくわらないという方は信頼できる友人やご家族、あるいは厚生労働省の「こころの耳相談」などの窓口にありのままを相談して意見をもらってみてください。

円満退職する手順

さて、転職を決めた際に気になるのが「どうすれば気まずくならずに職場を辞められるか」だと思いますが、円満退職を目指すなら下記の手順を踏まえると効果的です。

(1)上司に伝える前に社内の人に話さない
(2)ポジティブな転職理由を用意する
(3)退職希望日の3ヶ月前には上司へ相談する

上司に伝える前に社内の人に話さない

まず前提として、退職したい旨を直属の上司に伝える前に他の人に話すのは極力避けましょう。

深く信頼している先輩に転職の相談をするなどであればまだ範囲内ですが、直接伝える前に周りから噂話として上司の耳に入ってしまったら心証を悪くする可能性があります。

ポジティブな転職理由を用意する

次に、上司に伝える転職理由はできるだけポジティブなものを用意するようにしましょう。

「残業が多い」「キャリアアップに限界を感じた」「ミスが多いから今の仕事に合っていないと思う」などのネガティブな転職理由を伝えてしまうと、下記のようなデメリットが生じる可能性があります。

・上司の心証を悪くする可能性がある
・引き止められて辞めづらくなる可能性がある
・甘えだと思われる可能性がある

特に「会社の将来性を感じない」「残業が多すぎる」など、今の職場の在り方を否定するような内容は上司や同僚に悪いイメージを植え付けることになりかねません。

そのため「チャレンジしたい仕事がある」「キャリアアップのため」などのポジティブな転職理由を示すのが得策です。

退職希望日の3ヶ月前には上司へ相談する

ポジティブな転職理由を見つけられたらいよいよ上司へ辞めたい旨を伝えましょう。上司に相談する際には退職希望日の3ヶ月前を狙えば職場に迷惑をかけることなく退職できるでしょう。

法的には退職希望日の2週間前に退職の意思を伝えていれば退職辞退はできますが、円満退職するにあたっては後任の選定や業務の引継ぎなどが発生するため余裕をもって3ヶ月前を狙うのがおすすめです。

それが難しい場合であっても1~2ヶ月前には相談するようにしましょう。なお、退職の意思を伝える際にはできるだけ繁忙期を避けることをおすすめします。

「この忙しい時に辞めるなんて・・・!」と上司や同僚から厄介者扱いされる可能性があるからです。

ちなみに下記の記事では「スムーズに仕事を辞める方法」をご紹介しておりますので、ぜひこちらも参考にしてください。

転職先を短期間で見つけるコツ

さて、円満退職の手順を把握していただけたところで、最後に転職先を短期間で見つけるコツをご紹介します。

転職先を短期間で見つけるにはずばり、転職エージェントを複数利用して職場を探すのが近道です。

【転職エージェントとは?】

専属のキャリアアドバイザーが転職活動の準備~入社までをサポートしてくれるサービスです。

カウンセリングを通じて自分に合った仕事を紹介してもらうことができ、履歴書・面接対策や面接日程の調整などを代行してもらえます。

転職エージェントを利用すると適職をカウンセリングしてもらえる他、本当に転職すべきなのかを客観的に判断してもらうことができます。

自分に合った求人の紹介の他、選考を受ける場合には書類対策や面接対策をマンツーマンでサポートしてもらうことができます。

ただし、転職エージェントには経験者層に特化したものやIT業界のみ対象にしているものなどさまざまなサービスがあるため、自分に合ったエージェントを利用するのが良いでしょう。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは若年層に特化してサポートを行っている他、このようなメリットがあります。

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

もし転職の進め方がよくわからなかったり、短期間で転職したい方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


仕事選び

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div