就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

仕事辞めたい時に使って!円満退職できる退職理由10選

「なんて言えば角が立たないかな・・・」

「感じ悪くなるのは嫌だし・・・」

このように、退職を考えている方の多くが「どんな退職理由を伝えれば円満退職できるのか」お悩みなのではないでしょうか?

そこで本記事では円満退職できる退職理由10選をご紹介!円満退職できる退職理由の伝え方のコツも併せてご紹介しますのでぜひお役立てください。

みんなはどんな理由で辞めている?

エン転職が「退職のきっかけ」について調査したアンケート結果によれば、下記のような退職理由が多く挙げられました。

1位:給与が低かった(39%)
2位:やりがい・達成感を感じない(36%)
3位:企業の将来性に疑問を感じた(35%)
4位:人間関係が悪かった(27%)
5位:残業・休日出勤など拘束時間が長かった(26%)
6位:評価・人事制度に不満があった(25%)
7位:自分の成長が止まった・成長感がない(23%)
8位:社風や風土が合わなかった(21%)

上記の内容から、「待遇や労働条件への不満」と「仕事内容や企業の方針とのミスマッチ」の2つをきっかけに退職を考えている方が多いということがわかります。

特に2位、3位、6位、8位の背景には企業分析をより細かく行えなかったことによる企業とのミスマッチが考えられます。

求人情報や企業HPだけではその企業を細かく知ることができないため、その企業の口コミを細かくチェックしたり就・転職エージェントでその企業のリアルな雰囲気を確認しておくと、このようなミスマッチを防ぎやすくなります。

ちなみに、中には「仕事辞めたいけど、自分が考えてる理由って甘えなのかな・・・」とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

下記の記事では今考えている退職理由が甘えなのかどうかがわかる、「転職すべきケース9選と見直すべきケース8選」をご紹介しておりますので、お悩みの方はぜひこちらを照らし合わせてみてください。

円満退職できる退職理由10選

「いつ切り出そう」
「どう伝えれば感じが悪くならないかな」
「職場の人間関係がギクシャクしないかな」

職場に退職の意思を伝えようと考えた時、多くの方がこのような悩みを抱えることになると思います。誰だって仕事を辞める時にはできるだけ円満に退職したいですよね。

エン転職が行った「退職理由のホンネとタテマエ」についてのアンケート結果によれば、「会社(人事)に伝えた退職理由は、本音と異なるものでしたか?」という質問に対して「はい」と答えた方は全体の47%となっています。

約半数の方が本当の退職理由を企業に伝えていないということになります。やはり「給与が低い」「評価に不満がある」などの退職理由は角が立つため、円満退職することが難しくなります。

そこでここでは、円満退職できる退職理由10選をご紹介いたします。

ポジティブな退職理由

(1)これまでに培った経験を活かし、より専門性の高い職に就きたい
(2)これまでに培った経験を活かし、新たな環境で可能性を広げたい
(3)スキルアップ(資格取得)のための勉強に専念したい
(4)学生時代から考えていた海外留学を行い、より学びを深めたい
(5)起業して自分の力量を試したい

これらのような将来を見据えたものや成長意欲の感じられるポジティブな理由であれば、企業サイドとしても不快な気分になりにくく背中を押してあげたくなりやすいです。

逆に今の仕事内容や職場に対する不満を前面に出してしまうと「他の従業員は同じ環境で頑張っているのに無責任だ」と悪い印象を与えてしまったり、引き止められてしまう可能性があります。

ネガティブな退職理由をお持ちの方は、できるだけポジティブなものに言い換えて伝えることをおすすめします。

生活の変化による退職理由

(1)体調を崩したため、退職させていただきしばらく療養したいと考えている
(2)親の介護に専念しなければならなくなった
(3)家業を継ぐことを決意した
(4)夫の転勤により(結婚を機に)〇〇へ転居することとなった
(5)〇月に結婚することとなり、今後の育児や出産のことを考えて退職を決意した

また上記のような体調の悪化、介護、住居の変更、結婚・出産にまつわる理由であれば「それならやむを得ないか・・・」と納得してもらいやすくなります。

ただし、これらの理由があまりにも事実とかけ離れ過ぎていた場合、バレてしまった際に非常に悪い雰囲気の中退職することになってしまいます。

もし上記のような生活の変化による退職理由がまったく自分に当てはまらないという方は、今ある自分のネガティブな退職理由をポジティブなものに言い換えるのがおすすめです。

たとえば「残業が多くて辛い」という理由であれば、「自由に使える時間を確保したい」ということに言い換えられますので、「スキルアップの勉強に専念したい」という表現が可能です。

本当の理由:「残業が多くて辛い」

隠れた願望:「自由に使える時間を確保したい」

建前の理由:「スキルアップの勉強に専念したい」

ぜひポジティブな退職理由に変換してみましょう。ちなみに、「仕事辞めたいな・・・」とは思っているけれどなかなか言い出せなくて困っているという方も多いのではないでしょうか?

下記の記事では「退職を言い出せない人でもラクに退職を伝えるコツ5選」をご紹介しておりますので、ぜひこちらもお役立てください。

円満退職しやすくなる退職理由の伝え方

円満退職できる退職理由を見ていただきましたが、用意する退職理由だけなく、

・どのタイミングで伝えるか
・どんな伝え方をするか

によって円満退職できるかどうかが決まります。そこでここでは、円満退職しやすくなる退職理由の伝え方をご紹介いたします。

退職の3ヶ月前に伝える

円満退職を叶えるためにはどのタイミングに切り出すかが重要となります。できるだけ退職希望日の3ヶ月前に伝えるようにしましょう。

というのも、従業員の退職にあたり職場としては「この人が退職した後もきちんと仕事が回るのか」が不安要素になります。

そのため、後任の選定や引継ぎ業務を滞りなく行えるように3ヶ月ほど余裕を見て伝えておけば、職場に余計な心配をかけにくいのです。

ただし、法律では退職の意思を伝えた2週間後であれば退職できることになっておりますので、長期にわたって退職をしぶられている場合やハラスメントを受けていて体調に異常をきたしている場合などは例外です。

繁忙期直後のタイミングが狙い目

また、退職を伝える最適なタイミングとしては繁忙期直後も挙げられます。繁忙期の間に伝えてしまうと「この忙しい時になんて身勝手で無責任な人なんだ」と悪い印象を与えかねません。

しかし繁忙期が明けた後であれば上司も冷静に話を聞きやすくなっているため、繁忙期の間真面目に働いている姿をアピールできていれば、より一層真摯に耳を傾けてもらいやすくなるでしょう。

相談ベースで切り出す

そして、上司に退職の意思を伝える際にはいきなり「会社辞めます!」と伝えるのではなく、あくまで相談ベースという姿勢を見せましょう。

というのも「自分会社辞めます、これ決定事項なんで!」という態度を見せてしまうと、退職を切り出された側としては素直に耳を傾けづらくなってしまうからです。

あくまで相談という形を取ることで話を聞き入れてもらいやすくしましょう。

具体的には事前に「相談したいことがあるので〇日の〇時、少々お時間よろしいでしょうか?」とアポを取っておくと、仕事を邪魔された感を与えることもありません。

仕事や職場の批判はしない

先ほどもお伝えしましたが、退職理由を伝える際には絶対に仕事や職場の批判をしないように注意しましょう。

中には飲みの席に誘って引き止めようとする上司もいますが、飲みの席ではつい勢いで仕事や職場に対する不平不満がこぼれてしまいやすいです。

そうなると余計に上司から「わかるよ~俺もそういうことあったよ~、でもさぁ・・・」などと引き止められる可能性がありますので、飲みの席に誘われた際には丁重に断るようにしましょう。

退職日までに転職先を決める方法

退職を伝えるにあたり、中にはこのようにお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

「退職することを伝えたいけど、それまでに転職先が決まらなかったらどうしよう」
「退職日を決めた後に転職先から「時期を早めてくれ」って言われたらどうしよう」

このようにお悩みの方は、転職エージェントを利用することで短期間で転職先を決めることができたり、退職日に合わせて入社時期を調整してもらうことができます。

【転職エージェントとは?】

専属のキャリアアドバイザーが転職活動の準備~入社までをサポートしてくれるサービスです。

カウンセリングを通じて自分に合った仕事を紹介してもらうことができ、履歴書・面接対策や面接日程の調整などを代行してもらえます。

特に働きながらの転職活動はこまめな企業とのやり取りが必要で、貴重な時間を削って対策したり面接に行く必要があるため非常に大変です。

転職エージェントを利用すれば書類・面接対策の他、面接日程や入社条件などのわずらわしい交渉を代行してもらうことができ便利です。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは若年層に特化してサポートを行っている他、このようなメリットがあります。

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

短期間で転職を決めたい、より幅広い選択肢から企業を探したいという方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


企業とのやり取り代行

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div