就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

仕事がつまらないと感じる「意外な原因」と効果的な「おすすめ対処法6選」

「仕事がつまらない・・・」「もっと活き活き働けたら楽なのに」などとお悩みではありませんか?

この時、原因を明確にしないままいきなり転職活動を始めてしまうとかなりの高確率で後悔することになります。まずは原因を明確にし、一つひとつ対処していくことが大切です。

そこで本記事では仕事がつまらないと感じる「意外な原因」と効果的な「おすすめ対処法6選」をご紹介いたします。少しでもお役に立てれば幸いです。

仕事がつまらない原因

仕事がつまらないと感じることには原因があります。まずは仕事がつまらないと感じる12個の原因をご紹介しましょう。

理想とのギャップが大きかったから

まずは、就いた仕事が理想していたものとかけ離れていた場合に仕事がつまらないと感じやすいです。

もっと華やかな仕事を期待していたのに、入社してみたら常に忙しくて目立たない仕事がメインだったり、マイペースに働けると思って入社したのにハイレベルな目標を追うことになった場合などはとてもやる気が起こりません。

理想とのギャップが大きいと人にやらされている感覚が強くなり、結果として仕事そのものがつまらなくなるのです。

ルーティン系の仕事だから

次に、人によって異なりますがルーティン系の仕事に就いている場合もつまらないと感じやすいです。

特に新しい物好きだったり日々変化を求めるタイプの方は事務や品質管理、コールセンター、ドライバーなどのルーティン系の仕事はあまり向いていないと言えます。

仕事が暇すぎるから

次に、仕事が暇すぎる場合も仕事がつまらないと感じやすくなります。中には「今の仕事に就き始めた頃はやる気があったのになんでつまんなくなっちゃったんだろう・・・」と感じている方も多いと思います。

そういった方はひょっとすると仕事に慣れ切ってしまい、夕方にはやらなければならないことが全部終わっているなど暇な時間が長くなっているかもしれません。

暇な時間が長いと「早く18時にならないかな」「早く帰ってゴロゴロしたいな」などと仕事に対する負の感情が増えてしまうため、結果として仕事自体がつまらなく感じてしまうのです。

成長できる環境にいないから

次に、仕事が簡単すぎたり新しい業務やフィールドに挑戦する機会が与えられないなど、成長できる環境がないこともまた仕事をつまらなくさせます。

先ほどルーティン系の仕事はつまらなくなりやすいとお伝えしましたがそれと似たようなもので、自分の成長実感を得られないでいると人は退屈するようになります。

特に「責任のある仕事がしたい」「自分にしかできないスキルを身につけたい」と考えている方にとってはかなり苦痛な環境といえるでしょう。

ストレスが全くないから

次に、仕事に対するストレスが全くないという方も仕事がつまらないと感じる傾向にあります。

「一人で仕事を回せるようになったし、業務量も丁度良いし、職場の人間関係も良好!」という状態は理想的といえますが、同時にこれが仕事をつまらなくする原因にもなり得ます。

ストレスが全くないと人は変化しない他、成長実感を得ることができません。たとえば、不安や緊張があるからこそ人は努力や工夫をして成長していくことができます。

「プレゼン緊張するなぁ・・・」というストレスがあるからこそ「失敗しないようにもう一回練習しておこう」と工夫したり努力ことができ、結果としてより良いパフォーマンスを発揮、成果が認められ自信やモチベーションUPに繋がるのです。

ストレスが大きすぎるから

先ほど、ストレスがなければ仕事がつまらなくなるとお伝えしましたが、それはあくまで「適度なストレス」に限った話。

残業続きで疲れが取れない、上司と馬が合わず毎日辛いなどのストレスが大きすぎる環境にいることもまた仕事をつまらないものにしてしまいます。

指示されたことしかやっていないから

次に、上司に指示された最低限の仕事しかやっていない場合もまた仕事がつまらないと感じやすいです。

最低限の仕事しかやっていないと仕事に余裕が生まれやすく、「早く帰りたいな~」などのネガティブな発想に繋がりやすい他、「こんな仕事は誰でもできる」などと自信を失うことにも繋がります。

正当に評価されていないから

次に、正当に評価されていない場合もまた仕事がつまらないと感じるようになります。

人一倍頑張って成果を出していても、たとえば年功序列の文化が根付いた職場では勤続年数を積み重ねないと、成果はなかなか給与に反映されません。

自分よりも成果を上げていない上司の下で働き続けなければならない場合などは「頑張っても報われない」と感じやすく、結果として仕事そのものがつまらなく感じてしまうのです。

思うように成果が出ないから

また、頑張って働いているのに思うように成果が出ない場合も戦意を喪失してしまい、仕事がつまらなく感じてしまうでしょう。

本当に自分に合っている仕事に就けていない方は努力しても思うように成果が出ないことがあるため、自己分析を細かく行ったうえで慎重に仕事選びをする必要があります。

給与が仕事に見合っていないから

次に、給与が仕事に見合っていないと感じている場合もまた、仕事がつまらないと感じやすくなります。

ほとんどの方はお金を稼ぐために働いていますから、その給料が仕事内容に見合ったものでなければやる気が出ないのは当然のことといえます。

プライベートを充実させられていないから

次に、プライベートを充実させられていないという場合も仕事がつまらないと感じやすくなります。プライベートの充実度と仕事の満足度は一見無関係に見えますが、実は深くリンクしています。

たとえば仕事が忙しくて毎日残業続きという方は仕事が終わっても家に帰ったら食事をしてお風呂に入って寝てまた働いての繰り返しですから、仕事をよっぽど面白いと感じていない限り退屈な毎日になっていくでしょう。

また、無趣味だったり「コレさえあれば人生ハッピー」と思えるような楽しみがない方は、仕事終わりのご褒美や週末の楽しみを設定しにくいため、「コレのために仕事を頑張ろう」という心の環境を作りにくいです。

このように、プライベートの充実度が低い方は結果として仕事自体をつまらないと感じるようになっていくのです。

人間関係に問題があるから

最後に、人間関係に問題がある場合も仕事がつまらないと感じやすいです。

上司や先輩と馬が合わないとギスギスした空気になって一つ一つの業務に差し支えますし、悪口ばかり言ってくる同僚がいるとやる気が削がれます。

本来はその仕事に適正があるのに、人間関係に問題があるせいで仕事がつまらないと感じてしまうことは意外と多くあります。

仕事がつまらない時のおすすめ対処法6選

さて、ここまでで仕事がつまらないと感じる原因を見ていただきましたが、心当たりのあるものはあったでしょうか?

これらの原因を踏まえ、仕事がつまらない時には下記の対処法を試していただくことでよりストレスなく働いていただけると思いますのでぜひトライしてみてください。

【仕事がつまらない時のおすすめ対処法】

(1)業務内容を上司に相談する
(2)つまらない業務を洗い出す
(3)自分から提案する
(4)プライベート時間を確保、充実させる
(5)興味のあることを副業として始める
(6)本当に自分に合った仕事を調べる

業務内容を上司に相談する

まずは業務内容を上司に相談することです。業務量が多すぎて余裕がない場合もそうですが、少なすぎたり慣れている業務ばかりで退屈している場合も有効です。

現状、今の自分がどの業務にだいたいどれくらいの時間をかけているかを明確にし、仕事がつまらないと感じている原因をもとに、上司に伝わりやすいように業務量や内容を調整してもらえるよう相談してみましょう。

場合によっては部署異動を希望するのもひとつです。会社としても社員にはより高い生産性やパフォーマンスの発揮を求めているため、スムーズにいけば異動が叶う可能性があります。

つまらない業務を洗い出す

次に、自分がつまらないなと感じている業務とある程度面白みを持ってやれている業務をそれぞれ洗い出す方法も効果的です。

つまらないと感じている業務を洗い出すことで、面白みを持ってやれている業務の割合を広げてみたり、つまらない業務を同僚に手伝ってもらうなどして負担を減らすことができます。

中には自分がつまらないと感じている業務が得意だという同僚があるかもしれませんので、引き受けてもらう代わりに自分が得意な業務を引き受けるのも一つでしょう。

自分から提案する

次に、自分から新しいチャレンジや企画などを提案することです。

特に現状の仕事に慣れ切って退屈している方や、これまでは指示された最低限のことしかトライしてこなかった方であれば、より主体性とやりがいを持って働けるようになるでしょう。

自分から提案するとなると最初はハードルが高く感じられるかもしれませんが、自分の意思で「これをやった方がもっと成果に繋がる」と感じたことであれば、モチベーション高くトライできるはずです。

プライベート時間を確保、充実させる

次に、プライベートの時間を確保して充実させることが挙げられます。

中でも仕事が忙しくて仕事終わりの時間をただお風呂と睡眠だけに充てているという方は、ちょっとした業務の効率化を積み重ねるだけで業務時間を短縮できる他、朝少し早く出勤するだけで退勤時間を早めることができます。

また無趣味だったり仕事終わりの楽しみが特にないという方は、「今夜帰ったらあのTV番組を見よう」とか「今夜はちょっとリッチにあのお店でご飯を食べよう」などの工夫が効果的です。

毎日の仕事終わりや週末にちょっとした楽しみやご褒美を用意しておくだけで、より活き活きと働けるようになるでしょう。

興味のあることを副業として始める

次に、自分の興味のあることを副業として始めることによって、お金を稼ぎながらやってみたいことにチャレンジでき一石二鳥です。

クラウドソーシングを利用することで今の自分のスキル・経験に沿った仕事がもらえるでしょう。副業でスキルと経験、実績を積み重ねれば転職の際に有利に働くことも期待できます。

本当に自分に合った仕事を調べる

最後に、本当に自分に合った仕事を調べてみるのも効果的です。

仕事がつまらないと感じている原因が仕事自体にあるのか、それとも環境や自分の考え方にあるのかを明確にすることに繋がります。

また本当に自分に合った仕事が今の仕事と異なるものであれば、転職を検討するきっかけにもなるでしょう。より自分らしく活き活きと働くためにも一度調べてみる価値があります。

自己分析をしっかりと行ったうえで、ぜひ仕事を調べてみてください。ちなみに転職エージェントを利用することで本当に自分に合った仕事をカウンセリングしてもらえるため便利です。

【転職エージェントとは?】

専属のキャリアアドバイザーが転職活動の準備~入社までをサポートしてくれるサービスです。

カウンセリングを通じて自分に合った仕事を紹介してもらうことができ、履歴書・面接対策や面接日程の調整などを代行してもらえます。

転職エージェントでは専属のキャリアアドバイザーから本当の適職をアドバイスしてもらえる他、必要に応じて書類・面接対策~入社までを徹底サポートしてもらうことができます。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは若年層に特化してサポートを行っている他、このようなメリットがあります。

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

「もっと楽しく働きたい」「もっとやりがいのある仕事に就きたい」という方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


仕事選び

仕事がつまらない時にやってはいけないNG行動

ちなみに、「仕事つまらないな~・・・」と感じるとついやってしまいがちなNG行動がありますのでご紹介します。

【仕事がつまらない時にやってはいけないNG行動】

(1)無理に気持ちを高めようとする
(2)手を抜く
(3)いきなり転職を考える

これらの3つは仕事がつまらない時にやってしまうと逆に心理的ストレスを高めてしまったり、後々後悔することに繋がるためおすすめできません。

無理に気持ちを高めようとする

仕事がつまらないと感じた時、多くの人が無理に気持ちを高めようとしがちですがこれは逆効果になることが多いです。

たとえば仕事をつまらないと感じている原因を明確にしないまま無理に気持ちを高めようとしてしまうと、状況が改善しないだけでなく心と行動にギャップが生じ、そのギャップあ心理的ストレスをより強めてしまうのです。

もちろん考え方を変えることで前向きな気持ちで働けるようになることもありますが、無理矢理気分を取り繕うのではなく、原因を明確にしたうえで一つひとつ対処していくことが重要です。

手を抜く

次に、仕事がつまらないからと手を抜いてしまうのもNGです。というのも、人は本気でトライするからこそやりがいを覚え、楽しいと感じるからです。

多くの方は楽しいから本気になると考えがちですが、実は本気でトライするから楽しいと感じるものでもあるのです。

たとえば同じテレビゲームでも、ただプレイするのと賞品を懸けているのとでは本気度が変わるでしょう。そして後者の場合の方が本気度が増し、よりそのゲームを楽しめるはずです。

仕事がつまらないからと手を抜いてしまうと、楽になるどころかより一層その仕事に対するつまらなさが加速し、結果としてやる気がなくなってしまいます。

つい手を抜きたくなった場合には、1分だけ本気を出してやってみる方法が効果的です。たった1分本気を出すだけでやる気スイッチが入りやすくなり、その後も集中力が持続するでしょう。

いきなり転職を考える

最後に、いきなり転職を考えることもNGです。

仕事がつまらないと感じている原因を明確にしないまま「きっとこの仕事は自分に向いていないんだ」などと決めつけて転職に踏み切ってしまうと、かなりの高確率で後悔することになるでしょう。

ひょっとすると今の仕事内容自体は合っているかもしれません。業務内容を上司と相談するだけで仕事へのつまらなさは解消されるかもしれません。

繰り返しになりますが、仕事がつまらないと感じた際にはいきなり転職を考えるのではなく、まずは原因を明らかにしてできる対処法を試すようにしましょう。

そしてそれでも対処しきれなかった時には転職を検討すると良いでしょう。

先ほどもご紹介した転職エージェントを利用すれば仕事選び~入社までを徹底サポートしてもらえるため、特に転職初心者の方におすすめです。


満足のいく転職を

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div