就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

派遣から正社員に転職!本当のチャンスは第二新卒から

今の職場に悩みがある、と言う方は多いでしょう。具体的には、現在派遣社員だけれども、いずれは正社員になりたいなどです。新卒ではないから、良い転職先などないのではないか、と考えていませんか。自信を持って下さい。実際には、20代の第二新卒は人気が高く、企業側からしても需要がある人材なのです。第二新卒の方が順調に転職するためには、まずは履歴書や職務経歴書がその突破口です。今回は、履歴書・職務経歴書の書き方のコツをご紹介します。

20代の第二新卒は転職に有利!

新卒で企業に入社した方の多くが、ご自身の働くイメージと実際の企業での現場のギャップに悩んでいると言います。実に多くの20代社員が、転職に踏み切るかどうかで頭を悩ませているのです。あなたが今、派遣社員であるなら、その悩みはもっと深いかもしれません。

私たちは、第二新卒の方は新卒の方と比べ、ビジネスマナーなどがしっかりと身に付いており、社会に出て苦労もしている為社会人としての価値が高いと考えています。加えて年齢的に若ければ、新しい職種や現場に馴染む、吸収力も評価の対象です。資格取得の為に努力している事実があるなら、企業側はさらに評価してくれるでしょう。従って、20代の転職は実に有利であると言えるのです。

転職者に不足しているのは、多くは仕事のキャリアや実績だからです。派遣という雇用形態上、重要な仕事を任されることが少なかったり、際立った成績を収めても表彰されたりすることはなかったかもしれません。職務経歴書などをどう書いたら良いのかと悩む人も少なくないでしょう。
応募職種に絡んだキャリアやスキルがあれば申し分ないでしょうが、20代の転職では、仕事に対する意欲や熱意を伝える書類を作成する他ないようです。これからの仕事を学ぶ姿勢、そのための具体的な努力などをアピールすることで、企業の好感を得ることは十二分に可能なのです。

完全攻略!好印象を残す履歴書の書き方

20代の転職者に企業側が最も心配する点が、すぐに辞めてしまわないかというところです。前職の在職期間が短い人ほど、いずれまた転職を繰り返すのではないかと、転職・退職理由などが重点的にチェックされます。履歴書を書くときにはまず気をつけなければならないことでしょう。

他にも、配慮すべき点はまだあります。
原則的に空欄は無くした方が印象が良くなります。趣味や特技の欄など、仕事には無関係だからと軽視してはいけません。企業の中には、余暇の過ごし方まで参考に見ている場合もあるそうです。それらの項目も自分自身の個性をアピールするチャンスと捉えましょう。

また履歴書の写真は、採用担当者がまず目にするところです。細心の注意を払いましょう。撮影の時の格好はスーツ姿が基本です。スピード写真よりも、通常の写真館でプロのカメラマンに撮影してもらった方が、写真の出来映えも良く、採用担当者に好印象を与えられるでしょう。
写真を履歴書に貼る際には、貼る位置が曲がっていたり、糊の汚れが付着していたりすると、だらしないイメージを与えてしまいます。念には念をいれましょう。

そして、取得済みの資格はもちろん勉強中の資格も記載しましょう。応募職種に関連した資格はもちろん強力にプッシュした方がいいですが、その他にも、英検やTOEICなどの語学資格も良いでしょう。さらに、ビジネス文書や秘書検定・簿記・ファイナンシャルプランナー(略してFP・経済の専門家・3級は易しい試験)などのマネー系の資格は書いておいた方が有利になります。

加えて、志望動機も大切です。「応募先の仕事への理解度はどうか」「今後仕事をしていく上で、自身のキャリアプランをきちんと立てているか」などが見られてしまいます。
なお、最近増えてきたインターネットでの応募書類では、志望動機をあまりにも長く書く傾向が見られるようです。原稿用紙2~3枚ほどの書類になってしまうと、かえって採用担当者の負担にもなります。書類作成は読み手のことも考えましょう。

仕事に対する自分の希望だけではなく、会社の中であなたが役に立つ点も記しましょう。その場合、転職関連本などで見るような模範解答を写してはいけません。企業担当者は応募書類を見慣れています。ほとんどの確率で見抜かれてしまい、かえってマイナスの評価をされてしまいます。自分の頭できちんと考え、オリジナルの誠意ある文章を書くように気をつけましょう。
職務経歴書を含めて、修正液を使用したり、文字が乱雑であったりすることはプラスになりません。もちろん誤字・脱字にも注意が必要です。

▶第二新卒から内定!マーケティング志望動機の考え方

職務経歴書では実務能力が見られている!

企業担当者は、職務経歴書の記載内容で、応募者の実務能力を測っています。書類に信憑性があるか、仕事に意欲を持っているか、自分が発揮できる強みをきちんと自覚しているか、などを見ているようです。
ただ経歴を羅列するだけでは、担当者に興味を持ってもらうことは出来ません。応募企業のニーズを考え生かせる経験を強調しつつ、見出しを付けたり、要約をしたりして、読ませる工夫をしましょう。あなたのプレゼン能力も見られています。
派遣のお仕事をしてきて、正社員としての経験が無い場合も、それは立派な職務経験です。それが応募企業で生かせる経験であるならば、積極的にアピールした方が良いでしょう。

多くの企業では、前職の雇用形態や、学歴・勤務先の企業名などではなく、あなたが自社で求めている人材なのかということを1番にチェックします。したがって雇用形態が派遣であっても、関連する経験やスキル・求められている人材かを印象づけることが出来れば選んで貰えるのです。
単に「事務仕事をしていました」ではアピールにならないかもしれませんが、それに関連したPCのスキルなど、経験してきた具体的な仕事内容を書き出してみましょう。そうすれば十分にアピール材料になります。

また、なぜ正社員の仕事に就かなかったのか、その理由を聞かれたら「○年間と決めて、資格取得のために勉強してきましたが、取ることがかないませんでした。しかし、勉強を通して習得した○○の知識を生かして、これからは仕事に取り組みたいです」と訴えることも出来ます。
さらに、離職期間中のアルバイト経験は、3カ月以上にわたるものであれば記入した方が良いです。記入せずに履歴書や職務経歴書を提出しますと「ブランク(空白期間)は何をしていたのか」と、採用担当者にマイナスの疑問を与えてしまう可能性もあるからです。

例えば「【退職後について】○○洋菓子店で2ヵ月間アルバイト(FP3級資格取得の勉強のため)」などと補足しておけば良いでしょう。かえってプラスポイントに働くこともあると思います。
前職の派遣の待遇にも疑問を持つ担当者もいるかもしれませんが、きちんと説明が出来れば問題ありません。
職務経歴書を書き終えたら、採用担当者の立場に立って読み返してみて、自分でも最終確認をしましょう。
履歴書や職務経歴書は、もちろん面接時の質問内容・確認事項になります。それを頭に入れながら、書類作成することもポイントになります。

▶第二新卒にあたる人が派遣から正社員に転職するときの仕事の選び方を考えよう

転職で成功するには、まず自分で動くことが大事

私たちは、第二新卒の方が今度こそご自分に合った就職が出来ることを望んでいます。そしてあなた自身の人柄や潜在能力が派遣という前職の待遇と関係ないように、成功する転職とは、単にネームバリューのある人気企業に就職することではないと思うのです。それには、転職サイトも有名であることにばかり頼るウェブサイトではなく、まずご自分でサイトの善し悪しを吟味してみることをおすすめしています。
私たちは知名度に関わらず、社員を大事にし、安心して働ける環境を与える企業こそ優良企業だと考えています。
転職をする時には、本当に信頼出来る転職サイトをパートナーにし、価値ある企業の求人を探してみませんか。

▶第二新卒は「もう新卒ではない」という自覚を持つことが転職への第一歩です!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div