第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

大学中退の高卒でワーホリ帰りに就職したい!楽しい海外生活と就職の両方を手に入れるコツ

海外での暮らしにあこがれ、大学を中退してワーホリを希望する人も多くみられますが、問題は帰国してからの就職でしょう。海外生活を楽しんだはいいけれど、高卒でワーホリ帰りであればなかなか就職先が見つからないといったケースも多くみられます。しかし、帰国後にスムーズに就職するためにはしておかないといけないことがあるのです。そこで今回は大学を中退して高卒のワーホリ経験者がスムーズに就職する方法を紹介します。

海外経験ありが活かせる?ワーホリ経験者と就職の関係

一度きりの人生だから思い切って海外に長期滞在をしてみたいと思う人も多く、ワーホリ(ワーキングホリデー)を利用して海外の生活を楽しむ若者が増えています。日本では経験できないことだらけの毎日と、外国語を使った生活はとても新鮮で充実した時間でしょう。しかしながら、ワーホリで海外に長期滞在するために大学生であれば休学や退学を選択する必要があります。休学すれば一年のおくれをとることになり、退学すると高卒として就職先を探さなければいけません。さらに多くの企業はワーホリに行ったからと言って、グローバルな人材であると優遇してくれるわけではありません。

しかし、ワーホリでどのような経験をしたのかということは採用の際に考慮されることもあります。言いかえるとワーホリに行った事が採用の決め手になるというのではなく、ワーホリで経験した内容がの一つの採用要素として考慮されるのです。そのため、ワーホリ中にその後の就職に向けてどのようなスキルを手に入れるのかということが肝心です。そうすることで自分が働きたい企業への就職が期待できるでしょう。

帰国後に日本での就職を有利にする!ワーホリ中にしておきたいこと

大学を中退してワーホリに行った人や、ワーホリに行くために大学に行かなかった人というのは高卒として就職活動をしなくてはいけません。既卒や第二就職の大卒も同じ企業にエントリーしている事が多く、そのなかで高卒として戦わなければいけないのですから、不利になることもあるでしょう。ただ、それをカバーできるのが大卒にも負けないくらいのスキルです。なにか特別なスキルをワーホリ中に手に入れておくことで、高卒であることもカバーできる可能性が高くなります。

もちろん英語や中国語などの現地語を習得しよう!

まず、せっかくワーホリに行くのですから、現地の言葉はマスターしておくのがいいでしょう。日常会話ができるといった程度ではなく履歴書に書いても見劣りしない結果を残しておくことが大切です。もし英語圏の国にワーホリに行くのであれば文章読解や文法もしっかりと勉強し、英語力の証明となる資格を取っておきます。国内では「TOEIC」が主流ですので、就職で活かせる点数を取っておくのがおすすめです。

▶TOEICのスコア、何点なら履歴書に書いていい?|転職Hacks

コースやインターンシップで専門性や経験を養おう!

さらに、就職ではどのような専門性を持っているのかという点も重要視されます。ダイビングライセンスやアロマセラピー、貿易事務、さらには通訳といった海外で実施されているコースを受講し、インターンシップなども行っておくのがいいでしょう。海外で実際にインターンシップをした経験は就職でも有利になります。こうしたスキルを手に入れアピールできるものがあると、就職活動も自信を持って行えるようになるのです。

▶【永久保存版】海外インターンシップエージェント一覧表

▶大学・若手社会人の海外インターンシップ ICC国際交流委員会

いずれにしても、ワーホリに行く前に帰国後にどのような仕事に就きたいのか、どのような会社に就職したいのかというのを明確にし、ワーホリの目的や目標を立てておくのがおすすめです。求人サイトなどを見るとワーホリ後の就職をイメージしやすくなるので、目標も立てやすくなるでしょう。

帰国後に就職するためにはいつから就活を始めるべき?

ワーホリが終わりに近づく頃は、ワーホリ後の就職について具体的な動きをしていきましょう。ワーホリから帰国してゆっくりと開始すればいいと考える人もいるかもしれませんが、少しでも早く自分のイメージする仕事に就くためにはワーホリ中に動き出しておくのがおすすめです。インターネットが発達している現代では、海外にいても日本の求人を見ることができるようになりました。そのため、インターネットなどの求人サイトに登録し、求人案件に目を通しておきましょう。もし気になる企業があればワーホリ中にWebエントリーするのがおすすめです。履歴書に書く内容もワーホリ中に洗い出しておき、自己PRなども作成しておきます。

▶実は履歴書の写真も重要って知ってた!?

帰国時してすぐにはさまざまな手続きも待っていますので、なにかとバタバタしてしまいます。そういった手続きに追われていると就職活動を一時中断する必要に迫られますので、ワーホリ中の時間があるうちに履歴書などを作成し、帰国後すぐに履歴書が提出できる準備を整えておきましょう。履歴書を提出すると企業から面接の案内が届きますので、いくつかの企業の面接を受け、内定を獲得するという流れが理想です。面接でもどのような点がアピールできるのかをワーホリ中にしっかりと考えておきましょう。この企業で自分の長所やスキルがどのように活かせるのという点に着目し、企業にとって必要な人材であることをアピールできれば、帰国後すぐに内定を勝ち取ることも可能です。

事前準備でワーホリ後の就職に差をつけよう!

高卒でワーホリ後に就職を勝ち取るためには、帰国後にどのような仕事に就きたいのか、どの企業に就職したいのかをはっきりさせておくことが大切です。そうすることでワーホリ中の目的が定まり、就職のためにどんなスキルを身につけておくべきかといった点が見えてくるでしょう。さらにインターネットも上手に活用して帰国前から求人をチェックし、Webエントリーなども行っておくのがおすすめです。ワーホリ後の就職は事前準備で大きな差が出ます。しっかりと事前準備を行い、充実したワーホリ生活と帰国後の就職の両方を手に入れましょう。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ