第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

高卒だけどやっぱ大学に行きたい!高卒社会人の進学で重要なポイント徹底解剖

もっと勉強したい、キャリアアップのために資格を取りたい、今とは異なる職業に就いてみたい……高卒社会人として活躍するかたわら、このような理由から大学進学を考えている人も少なくないでしょう。大学の魅力は、高校までの教育では得られない専門的な知識やスキル、資格を得られる点です。今後のキャリア設計にあたって大学進学にメリットを感じたなら、入学先や入試形態、入試対策について具体的に調べ、検討してみましょう。ここでは、大学進学を目指す高卒社会人が知っておきたい情報をご紹介します。

目的や予算に応じて入学先を選ぼう

高卒社会人が大学を目指すにあたっては、まず目的や予算をしっかり検討した上で入学先を選ぶことが大切です。

入学先については、国公立大学か私立大学か、学部や学科はどこにするかがポイントです。国公立大学と私立大学とでは学費に差があります。

一般的に私立大学のほうが学費は高くなる傾向があるため、興味のある大学の入学料と授業料を調べ、卒業まで払えるかシミュレーションし、経済的に現実味のある志望先を選びましょう。

▶社会人学生の学費・奨学金についてはこちら

また、せっかく大学へ進学するなら、なんとなく勉強するより、自分の将来につながる知識やスキルを身につけるほうが有意義ですよね。

そのため、大学卒業したあとに何をしたいか、長期的な将来計画を意識しながら学部や学科を選んでみましょう。

たとえば、新たに目指す職業にかかわる資格が取得できる学科や、今いる業界でのキャリアアップにつながる研究ができる学科など、目的をしっかり定めたうえで入学先を選ぶのがポイントです。

▶「給料を上げたい」場合は転職という手もアリ

入試形態について調べよう

大学によっては、社会人が受験をする際入試形態を選べるようになっています。入試形態は大学により多様ですが、主に一般入試、AO入試、社会人入試などがあります。

一般入試は現役高校生と同じように学力試験を受けるタイプです。大学によってセンター試験の有無や、受験に必要な科目が異なるため、早めに志望校の要件を調べておくようにしましょう。

AO入試とはAdmissions Office入試の略で、それぞれの大学の校風に合った生徒を入学させるために設けられた入試制度です。学力より個性や資質が重視され、入試では面接や小論文などが課されます。

▶社会人入試を実施している大学一覧

一般入試やAO入試の受験にあたっては、高卒もしくは高卒認定試験の取得が必要です。

そして、大学によっては社会人入試制度を用意している場合もあります。

これは年齢や社会人経験の期間などの条件をクリアした人が対象で、AO入試と同じく学力だけでなく面接や小論文などを通して個人の資質が加味される入試形態です。

自身の学力や入試までに割ける勉強時間、面接や小論文の得手不得手などを踏まえ、入試形態を選ぶようにしましょう。

▶会社を辞めて進学した後だから気をつけたい!就職活動のポイントはこちら

仕事を辞める?辞めない?進学の目的を考えよう

高卒社会人の大学入学でもうひとつ考えておきたいのが、会社を辞めるかどうかという点です。会社を辞めても辞めなくても、それぞれメリットとデメリットがあります。

会社を辞めて大学へ入る場合、在学中は勉強だけに注力できる点がメリットです。時間の制限がないため、全日制の大学や夜間大学、通信大学など進学先の選択肢も多様です。

一方で、在学中はまとまった稼ぎを得られないため十分に資金を準備しておく必要があります

また、これまでの仕事と卒業後の仕事との間にブランクが生じるため、そのブランクをカバーできるだけの知識やスキルをしっかり在学中に身につけることが求められます

会社を辞めずに大学へ入る場合は、会社を辞める場合に比べると金銭的な不安は少ないでしょう。仕事のブランクもないため、スムーズなキャリア設計ができる点もメリットと言えます。

一方で社会人は仕事との兼ね合いが生じてくるため、進学先が夜間大学や通信大学に限定される可能性があります。

しかし、大学によっては全日制でも社会人向けのカリキュラムを用意しているところがあるため、志望先のカリキュラムについて確認しておくとよいでしょう。

また、限られた時間のなかで仕事と勉強とを両立しなければならないため、人によっては「どちらも十分に集中できなかった」という結果になるかもしれません。

自分が2つの物事の両立に向いているタイプかどうかも考慮しながら、会社を辞めるかどうかを今一度検討してみてください。

高卒の人が働くときに面接を通るには

現代の日本でも学歴主義の傾向のある企業は決して少なくありません。応募条件が高卒以上となっていても、大卒の人が同時に応募してきた場合には大卒の人を採用するという企業も多く存在します。

そのため、学歴はさほど気にされずポテンシャルやその後の実力が重視されるような職種や仕事を選んで就職・転職活動を行えば、より成功へ近づきます

なお、以上のように自分一人で行う高卒者の仕事探しは決して簡単なものではないため、書類選考に通った際にはそのチャンスを逃さないよう全力で面接対策をしておくことが肝心です。

そして、高校を卒業してからの経歴によって効果の出る対策は違ってくるため、細かい対策の仕方をよく知らないまま就職・転職活動を続けているとどんどん成功から遠のいてしまうかもしれません。

そこで、最適なのはエージェントと相談して決める方法です。エージェントではプロのアドバイザーが一人一人に求人の紹介や面接・書類対策を行っていることが多く心強いです。

エージェントを利用すれば高卒の人も自由に仕事を選べるということがわかり、自信をもって安心して就職・転職活動に取り組めることでしょう。もっと読みたい方はこちらをCheck!

高卒社会人のための大学入試対策

大学入試への準備方法は、会社を事前に辞めているかどうかで異なります。

会社に通いながら受験勉強をする場合、平日の就業時間以外や休日など限られた時間に受験勉強をすることになります。

時間がないからと体に鞭を打って勉強をすると、疲れであまり頭に入ってこない、ついうたた寝をしてしまったなど非効率になってしまうでしょう。

そのため、一見当たり前のことのようにも思えますが、会社を続けながらの受験勉強においては無理のないペースを作ることが非常に大切なのです。

今日から受験日までに何日残されていて、1日あたり何時間勉強のため確保できるのかを試算したうえで、各教科の1日あたりの目標ページを割り振っていくことがおすすめです。

また、職場の理解を得ることも重要です。なるべく残業をなくす、勤務時間をフレキシブルにするなど、勉強しやすい環境を作れるよう職場と調整していきましょう

そして会社を辞めて受験勉強をする場合は、毎日勉強に専念できる点がメリットです。しかし、詰め込みすぎると、疲労から途中でペースダウンしてしまう可能性があります。

こちらの場合でも、長期的なスケジュールを見据えて無理をしてしまわないような日々の計画を立てるように心がけましょう。

ちなみにもしも独学が不安であれば、時間の余裕を活かして塾やオンライン講座を利用するなど工夫することもおすすめです。

受験のために会社を辞めるか、塾やオンライン講座を利用するかなどは、職場の環境や自分の学力などに応じてじっくり検討することが大切です。

大卒と高卒の違いを徹底比較!高卒って実はそんなに不利じゃない!?

「高卒は大卒よりも転職に不利である」という話を耳にする方も多いかもしれませんが、それは大卒中心の企業の話。

求人の中には高卒以上を条件にしている求人や人柄を重視する求人や未経験を歓迎している求人が多く存在するため、高卒が中心のフィールドで転職活動を行えば不利ではないのです。

また大卒と高卒の収入では一般的に大卒の方が賃金が高いとされていますが、高卒にも成功を収めている人はたくさんいます

つまり、高卒者の転職活動において重要なのは「高卒だから」ということを理由にやる気をなくしてしまわないよう、常にチャレンジ精神を全面に押し出すことなのです。

とはいえ、一人での転職活動は誰でも不安なもの。特に初めての転職だという方はわからないことだらけでしょう。

そこで安心できるのが転職エージェントを利用する方法です。プロがどのように求人情報を紹介してくれるのか、どんな対策を立ててくれるのかなどもこのコラムでお伝えしています。

他にも大卒と高卒のメリットなどの徹底比較未経験でも高収入を狙える職業など、「そういえば気になっていたけど知らなかった!」という内容をご紹介しています。もっと読みたい方はこちらをCheck!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ