就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

なんばで転職したい高卒者に知っておいてほしいコト。現状の把握とコツを知ろう

日本は学歴社会とよく言われていて、高卒の人は就職でも転職でも不利だとされています。しかし、本当に現代社会は学歴ばかりが重視されているのでしょうか。高卒として就職したときには苦労ばかりだったとしても、転職の場合には状況が違うかもしれません。なんばで転職しようと思っている人は現況を理解して、どんな心構えで臨んだら良いかを考えてみましょう。

学歴の影響を理解しておこう

学歴社会の影響がどれだけあるかは地域によっても違いがあり、企業ごとに持っている方針が異なります。しかし、全体的な傾向としてだんだんと学歴を重視しない企業が多くなってきているのが現状です。

大手企業の場合には大卒以上の人しか募集していないことが多く、エンジニアや研究職などの高度な専門職の場合にも同様の傾向があります。

しかし、営業職や事務職などの一般的な職種の場合にはほとんど学歴を気にかけない企業が増えているのです。

これは少子化の影響を受けて大卒の人を採用しようとしても難しいケースが多くなっているからです。学歴を重視するよりも若手をいかにして採用するかを考え、もっと高校や中学しか卒業していない人も採用する方針を立てています。

どのような職種にでも転職できるわけではないのは確かですが、求人を探してみると候補はたくさん見つけられます。

学歴が募集条件に記載されていないのなら特に差別を受ける心配はなく、他の候補者と比べられたとしても適任者としての能力や素質を持っていれば採用してもらえるでしょう。

学歴の違いによって能力的な差が生じている場合にはこの限りではないものの、基本的には企業のニーズに合っていれば内定を出してくれると考えて差し支えありません。

第二新卒としての転職を検討しよう

人材採用をするときに企業はだんだんと第二新卒の獲得を目指すようになってきました。第二新卒とは学校を卒業してすぐに就職し、その後三年以内に退職して別の仕事を始めた人のことを指しています。

多くの場合には大卒の第二新卒を指し示していますが、高卒であってもほとんど変わらない水準で需要があるのが実態です。その理由を理解して、第二新卒の間に次の職場を決めるメリットを考慮できるようになりましょう。

第二新卒の人材が求められているのには二つの理由があります。一つ目は新卒の獲得が難しくなってきているからです。

徐々に新卒の数が減ってきているにもかかわらず、企業の数は地域によっては急激に増えてきています。また、内定を出しても辞退してしまって入社しない新卒の人も多くなっているため、想定していた通りの新入社員を獲得できないことが多いのです。

不足した分は補わなければならないため、若くてポテンシャルがある人を第二新卒から探しています。なんばでは特にこの傾向が強くなっているので第二新卒の募集が豊富なのです。

二つ目の理由として新人教育にかかるコストを削減したいという希望が挙げられます。

新卒を採用すると新人教育として基本的なビジネスマナーなどを教えなければならず、教育コストがかさんでしまうことは否めません。若くて将来性があるという意味では魅力的でも、初期投資が大きくなりがちなのです。

その教育が終わった途端に辞めてしまう人もいることが企業にとって悩みの種になっています。その代わりに第二新卒を採用するという発想が生まれました。

第二新卒の場合には何年か社会で働いていて、既に基本マナーなどは習得しています。新人として受け入れたら実務の研修だけを行えば良いため、教育コストを最小限に抑えられるのです

高卒の第二新卒や就職浪人の人が転職・就職するためのコツ

現代はいまだに学歴社会の考えが残っていると一般に言われていますが、現実問題、学歴によって収入の差があることは否めません

それは学歴によって就くことのできる職業が異なってくるのが原因の一つであると言われています。弁護士などの知識量が問われる仕事であれば、大学はもちろん大学院への進学も必要とされてきます。

しかし、大卒や大学院卒、有名進学校卒業などのはっきりとした学歴における強みがなくとも、できるだけ早く就職して正社員となり、できるだけ長く働き続けることによって自分の人生を豊かなものにできるかが変わってきます

一般的に高卒者は大卒者などと比較して生涯賃金が低いものであるとされています。実際に厚生労働省の調査結果でもはっきりとそのことがデータに現れています。

しかし、高卒者でも大きな成功を収めている方はたくさんいらっしゃいます。決して諦める必要はないのです。

このコラムでははっきりと知らなかった方へ向けた第二新卒や既卒という概念のわかりやすい解説や、高卒で第二新卒や既卒として就職・転職活動を志している方それぞれへ向けた仕事探しにおいて重要なポイントをご紹介しています。詳しくはこちらをCheck!

三年を過ぎてしまっても大丈夫なのか

第二新卒として応募できる三年が過ぎてしまった場合には若くて有望な人材として扱ってもらえないのかと疑問に思う人もいるでしょう。

確かに一般的には就職してから三年以内の人材が好まれていますが、必ずしもどの会社でも同じように線引きをしているわけではありません。五年くらいまで許容しているところもあれば、社会人として働いた年数ではなく年齢によって制限をしているところもあります

年齢で区切っている場合には25歳程度のことが多く、順調に大学を卒業した人が就職した場合には三年以内ということになります。高校を卒業してからなら7年もあるので、かなりの割合の人が応募できるとわかるでしょう。

ただし、あまり長く同じ会社に在籍しているとその企業のカラーに染まってしまうと思われてしまいます

第二新卒のもう一つのメリットとして知られているのが、新しい職場の文化に馴染みやすいことです。前職の企業の文化に従って業務をされてしまうと、現場とうまくかみ合わなくて困ってしまうこともあります。

前職の企業が持っていた経営理念が刷り込まれてしまっているのが原因で、新しい企業の事業方針に合わないような仕事をしてしまうリスクもあるでしょう。

まだ働き始めてから長くないというのは第二新卒の魅力として捉えられているので、三年を過ぎてしまった場合にはできるだけ早めに次の職場へ移れるように努力するのが大切です。

若さ以外もアピールできるようにしよう

第二新卒として、あるいは25歳以下で転職活動を始められる場合には若さをアピールすれば良いと考えてしまいがちです。それに加えてビジネスマナーが十分にできていれば採用してくれる企業は見つかる可能性が高いでしょう。

しかし、この二つだけでは引く手あまたというわけではありません。同じように第二新卒として他の職場に移りたいと思っている人も大勢いるので、差別化を図る必要があるのです。

同時に応募してきた人がいたときに、自分の方を選んでもらえるように、若さ以外にもアピールできる点を探しておくようにしましょう。

まだ若いうちの場合には職歴にはあまり魅力的なところがないかもしれません。しかし、働いてきた中で身につけた能力が何かを考え、活躍したエピソードなどを思い返してみると自分の強みを発見できる可能性があります。

自己分析を徹底して行って、少しでも人材としての魅力をアピールできるようにしておくのが肝心です。企業が求めている人材のイメージと一致するように自分の力を伝えられれば内定をもらえる可能性が高くなります。

そのため、企業研究も合わせて行い、何をアピールすべきかを取捨選択できるように準備しておくのも重要です。

高卒の人が働くときに面接を通るには

現代の日本でも学歴主義の傾向のある企業は決して少なくありません。応募条件が高卒以上となっていても、大卒の人が同時に応募してきた場合には大卒の人を採用するという企業も多く存在します。

そのため、学歴はさほど気にされずポテンシャルやその後の実力が重視されるような職種や仕事を選んで就職・転職活動を行えば、より成功へ近づきます

なお、以上のように自分一人で行う高卒者の仕事探しは決して簡単なものではないため、書類選考に通った際にはそのチャンスを逃さないよう全力で面接対策をしておくことが肝心です。

そして、高校を卒業してからの経歴によって効果の出る対策は違ってくるため、細かい対策の仕方をよく知らないまま就職・転職活動を続けているとどんどん成功から遠のいてしまうかもしれません。

そこで、最適なのはエージェントと相談して決める方法です。エージェントではプロのアドバイザーが一人一人に求人の紹介や面接・書類対策を行っていることが多く心強いです。

エージェントを利用すれば高卒の人も自由に仕事を選べるということがわかり、自信をもって安心して就職・転職活動に取り組めることでしょう。もっと読みたい方はこちらをCheck!

有利に転職したいならどうするか

少しでも有利な立場になりたいと思ったらエージェントに相談してみましょう。私たちは第二新卒をはじめとする20代の方を専門とするエージェントで、学歴を問わずに若い人たちが転職するのを総合的にサポートしています。

どのような強みがあるかを分析したり応募先の候補になる企業を紹介したりしているので、転職活動を進めるパートナーとして役に立つでしょう。

高卒の人でも歓迎してくれる企業からの求人もたくさんあるので、これからなんばで転職しようと思ったときには気軽に活用して下さい。

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div