就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

高卒で浪人してても就職で不利にならない!面接で答えるべき「浪人した理由」とは?

高校を卒業後の進路は、専門学校なり大学なりへ進む道を考えていた人は多いはず。ところが、浪人をしてしまい、結果的に就職の道を選ぶこともあるのではないでしょうか。

その際、浪人歴があることで就活のハンデになってしまうのではないか?就職ができるのか?と不安を感じる方もおり、私たちも相談を受けることがあります。

実際のところ、高卒浪人はどのような扱いがされ、どのような注意点があるのかここで解説をしてみましょう。

いつまで新卒とみなされる?


詳細動画はこちら!

高卒後浪人時代があった場合に気になるのが、自分はいつまで新卒として扱ってもらえるのか?という点かと思われます。

新卒扱いと既卒扱いでは企業からの対応が違ってくることもあり、就活をする側からすると今の立場をどのように捉えられるのか気になるものです。

この点に関しては明確な定義があるわけでもありませんので確固たる基準を示すことはできませんが、概ね卒業後3年以内ならば新卒とみなされることがあるようです。

そして新卒として見てもらうことができればまだフレッシュな人材として判断されやすくなるため、就職の際にも浪人の経歴がそこまでハンデにはならないと言えます。

ただし判断は企業によって異なるのも実情で、場合によっては既卒扱いをされる上、浪人歴がややハンデになる可能性があることも留意しておかなければいけません。

新卒か既卒かで就職の難易度が変わる!?

卒業から概ね3年までは新卒とみなされる可能性があるとお伝えしましたが、新卒か既卒かで就活の内容が違ってくることもあります。

新卒とみなされれば、やや同年代と比較して出遅れはあるものの、それでも他の高卒者と同等に扱ってもらえる可能性があります。

年齢的にもまだ若いため十分に就職先が見付かるチャンスはあり、それほどハンデに感じる必要はありません。

一方、既卒扱いとなってしまった場合は就活においてハンデになる可能性があると言えます。

3年を超えて浪人生活を送っていたとなると企業からの対応が渋くなることもある上、年齢面でのアドバンテージも失われやすいです。

仮に浪人をしつつもアルバイトでもしながらの生活ですと、仕事をやっていたということでそれがプラスに作用することもありますが、アルバイト経験もないようですと印象面で不利になり得ます。

そして4年、5年と浪人時代が長ければ長くなるほどハンデが大きくなりますから、ある程度の段階で何らかの仕事に就くことも考えないと後々に苦労するかもしれません。

しかし、不利な状況だからと諦めてしまってはもったいないです。学歴や経歴に強みのない既卒の方でもスムーズに就職を成功させるコツがあります。

就職のプロである就職エージェントに頼れば、高卒の既卒をはじめとした未経験者を積極的に歓迎してくれる企業の求人を紹介してもらうことができます。

担当者が直接赴いて厳選している企業のため、ブラック企業にあたってしまう危険性も回避することができます。就職に不安がある方はぜひ一度チェックしてみてください。


大卒に負けない!高卒もワンランク上の転職を。

【おすすめ】浪人しても高卒として就職できる!理想の仕事や企業へ導く就活のコツ

浪人している最中にやはり就職したいと思っても、やはり大学に行かなければならないのではないかと思ってしまう人も大勢いますが、実はその後に大学を中退して就職している人もいるのが実状です。

大学に行くよりも社会に出て仕事をするのに興味を持ったなら、思い切って就職してしまった方が良いと考えられるでしょう。

そしてその際には浪人して就職する人が企業からどう捉えられているかを知っておく必要がありますが、浪人をして就職することなく仕事をせずに過ごしているという状況は高卒の既卒に分類されることになります。

既卒は学校を卒業してから仕事をせずに過ごしてきた人のことで、正社員として働いた経験がない人というのが一般的な解釈であるため、その分類に属する人は新卒として企業の求人に応募することはできず既卒枠を探して応募することになります

そして浪人している状況が経歴的にネガティブに捉えられがちなのは確かですが、実は少子化の影響で新卒の獲得が難しくなったことなどから浪人者が人材市場で注目されるようになってきています

うまく自分の人材としての魅力をアピールできれば浪人者も就職できる可能性が十分にあるので、諦めずに突き進むことが大切です。

さて、このコラムでは浪人して高卒として就職活動をする際に、理想の仕事や企業へ導くコツをリサーチしています。もっと読みたい方はコチラ!

面接で答えるべき「浪人の理由」


詳細動画はこちら!

採用試験にあたり、人事担当者から高卒後の状況について質問をされることがあります。

その際にはどのように説明をすれば良いのか迷うかもしれませんが、進学を目指して浪人をしていたのならば正直にそのことを伝えるようにしましょう。

浪人をしていたというのは伝えにくい事実かもしれませんが、しかし目標をもって取り組んでいたことを好意的に受け取ってくれる可能性もあります。

下手に嘘をついてしまいボロを出すよりも、学校へ行こうとしたものの考えた末に就職を決めたと伝えた方が印象は良いです。

しかしながら、浪人歴が長くある場合は工夫をした説明及び一層強固な自己アピールをしなければいけないこともあります。

医学部や法学部などの難易度の高い目標があった場合ならば、ある程度長い浪人もさほど珍しくはありませんが、そうではない場合ですと「なぜそこまで長く浪人をしたのか」と気にされやすいです。

相手を納得させると共に、不安を覆すだけの売り込む姿勢を持たないと、現実問題として窮地に立たされる可能性も否めません。

そこは状況に応じて対策を講じる必要がありますので、どのようなケースなのかによって対処法は様々です。

結局のところ就職はできる?

浪人歴の存在で就職が不安になった場合でも過度に心配をする必要はありません。

ある程度の浪人歴を持っていようとも年齢はまだまだ若く、若さがあるだけで就活の面では有利になる部分もあるからです。

長期的なキャリアプランを形成するために若い人材を求める企業も多いですが、20代ならばそのニーズに合致しやすく売り込む余地は十分にあります。

むしろ、下手に就職をして仕事におけるおかしな癖を身に着けたり自社にそぐわない教育を施されてきた人材よりも、まっさらな状態で教育を吸収してくれる人材の方がニーズは多かったりもするのです。

したがって全く臆する必要はなく、やる気次第で浪人生活に終止符を打つこともできるでしょう。

とは言えひとつの武器となる年齢は消耗する要素でもあるため、早めの行動が重要になることも知っておかなければいけません。

就活は早くアクションを起こした方が有利ですので、ズルズルと大事な時間を失う前に速やかに決断を下すことをおすすめします。

ちなみに、若いうちにできる限り早く就職したいとお考えの方にも先にご紹介した就職エージェントは有効です。

弊社のエージェントサービスでは最短1ヶ月で内定を獲得されている方もいらっしゃいます。できる限り短期間で就活を終わらせて安定した生活を送りたいという方は、ぜひ一度チェックしてみてください。


学歴関係なし!やる気を内定に繋げます

高卒向けの職業とかを知っておくと仕事選びが難しくない件

高卒で仕事を選ぶ場合にはどのようなことに気を付けたらいいのでしょうか。特に高卒者が仕事を選ぶ際にはさまざまなポイントを押さえる必要があります。

まず、高卒者には仕事選びをする前に考えておくべきポイントがあります。それは、自分は何に興味があって自分には何ができるのか、そして自分はどのような働き方をしたいのかの3点です。

これらについて自己分析を通じて時間をかけてじっくりと考えることにより、より後悔しない仕事選びに繋がります。

また、高卒者は仕事選びの際に次のことを意識しておくと有効です。まずどのような待遇で自分は働きたいのか、そしてどの程度稼ぎたくてどのようなキャリアを積みたいのか、この3点になります。

高望みをしすぎる必要はありませんが、最低でもこのくらいはきぼうしたいという指標があった方が仕事選びがスムーズです。

そして高卒での仕事選びなら、就職や転職がしやすい職種や業種というものが存在します。そういったものの中から仕事を選べばより有利に就職・転職活動を進めることが可能となります。

さて、このコラムでは高卒に有利な業界・職種などについてお伝えしていきます。もっと読みたい方はこちらをCheck!

一人では不安がある場合は無理をせずにプロに相談を!

高卒から浪人を経た経歴があると就活も不安になるかもしれません。特にこれまで就活の経験がない人ですと、余計に出遅れ感が強まり身動きも取りにくいことがあるはずです。

そんな時には私たちのような就職エージェントがお手伝いします。就活における悩みは千差万別で、苦労していた方も沢山見てきましたが、最後には無事に就職先が見付かり笑顔を見せてくれます。

例えば私たち第二新卒エージェントneoでは、第二新卒者をはじめとした若者を対象に、プロの就活アドバイザーがマンツーマンでご対応。個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介いたします。

加えて面接後のフィードバックや入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントneoではすべて代行。

アドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさもあいまって、就活が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

ご相談からでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、一人での就活でお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。


内定獲得率

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div