就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

高卒・未経験の転職における面接対策のコツ!システムエンジニア編

「システムエンジニア(se)は難しそうな仕事だから、高卒の未経験者では転職できないのではないか」と考える方がいらっしゃるかもしれません。しかし実際のところ業界は、即戦力となる経験者と今後seとして現場を担う未経験者の両方を必要としている傾向があります。業界の傾向や特徴を踏まえた上で面接対策をしっかりとすれば、転職活動を成功させることができるでしょう。

高卒の未経験者でもseに転職することはできる?

まず、そもそも高卒・未経験でseに転職できるのかという疑問についてより深く確認してみましょう。
seは技術職の一つであると考えられており、一般的なイメージとしては誰もがパソコンに詳しくプログラミングなどの高等技術を使いこなす人であるかのように思われがちです。そのようなイメージの元では、高卒・未経験という肩書きではなかなか転職活動は難しいように思えてしまいます。

しかし、実際のseの仕事内容は様々な分野に広がっています。自動車に搭載されている制御システムを作る人もいれば銀行のATMを動かすシステムを作る人もいますし、スマートフォンのアプリを作る人もseと呼ばれます。その幅広さ故に、同じ会社で働くse同士であってもお互いの仕事の内容はさっぱり分からないということも珍しくありません。むしろ、seになった後で全く知らなかった分野の仕事を一から学んで担当するというケースが一般的なこととすら言えるでしょう。

このため、現場で学んでいく姿勢が求められるのがse業であり、未経験者でも転職を試みやすい業界であると言えます。また、高卒や大卒といった肩書についても、必要以上に重視されることはありません。なぜならば大学などで専門的にコンピューターやプログラミング言語を学んだ経験がある人などはごく一部で、多くのseは就職後に現場や独学でスキルを高めていくことになるためです。このような業界特有の状況を踏まえた上で、次に面接対策の基本について考えてみましょう。

▶資格取得で学歴ハンデを覆す。高卒者の転職活動の進め方

志望動機は「きっかけ」から考え始めよう

面接でほぼ間違いなく聞かれる質問の一つとしてあげられるのは、「なぜseを目指すのか?」という志望動機に関する話題です。特に新卒ではなく他業種に就職してから転職をする場合は、なぜ前職を辞めてまでse業界に入ろうと思うのかを企業側は確認しようとする傾向があります。
なぜならば、se業界では離職率が高い傾向があるので少しでも長く働ける人材を探しているからです。新卒の場合はそれが仕事であると納得することができても、他業種を経験している場合転職後に想像と現実のミスマッチを体感して辞めてしまうリスクが高くなります。それを防ぐために志望動機について確認し、se業界に対する知識や目的意識をきちんと持っているかを確認しようとします

この壁を乗り越えるためには、第一に志望動機をしっかり練ることが大切です。se以外の仕事でも良いのではないか?と面接官に思わせるような曖昧な回答は避けましょう。それにあたってはまずは具体的に「転職しようと思ったきっかけ」を話すことから始めることが大切です。
例えば非常に使い勝手の良いアプリに対し利用したユーザーが心から喜んでいる姿を見て、自分もそのようなアプリを手掛けたいと思ったというストーリーが分かりやすいでしょう。あるいは、「新規システムの導入で問題が解消された」といったIT関連ニュースなどに触れるのも効果的です。

ただし前述の通りse業における仕事の分野は多岐に渡るため、入社後にどのような仕事を担当することになるかは分かりません。人気アプリの開発・運営を手掛けていることで有名な会社には、そのアプリ関連の仕事をする人がいる一方で一般には知られていないシステムやソフトウェアを手掛けている人がいる可能性があります。このためこういった話題は「興味をもったきっかけ」とし、更に業界で働きたいという志望動機を掘り下げていくことが大切です。

志望動機を掘り下げる時は、転職前の仕事のエピソードを添えて具体的に

きっかけについて具体例をあげることができたら、志望動機のエピソードを掘り下げていきます。面接官はなぜ前職を辞めてまでseになりたいと思うのかという疑問を少なからず持っているので、その疑問を解消して納得して貰うことが目標です。
例えばモノを作って人を喜ばせる仕事がしたいといった動機を持つ人は少なくありませんが、新卒の就職活動ではなく高卒の転職活動の場合「その動機は、前職あるいは別の仕事ではかなえられないことなのか?」や、「そのような動機があるならば、なぜ新卒時にseを目指さなかったのか?」といった疑問を持たれやすいので注意しなければなりません。

例えば転職前の仕事が販売スタッフ系だった場合、誰かに喜んでもらいたいからという志望動機だけでは「購入するお客様とのやり取りで、相手に喜んで貰えるといったやりがいは感じられなかったのか?」と言われてしまうかもしれません。そうすると、なんとなく漠然とした気持ちで転職を希望しているのではないか、というネガティブイメージに繋がる恐れすらあります。
そこで「お客様との接客では充実感はあったものの、バックヤードでの在庫処理や検品作業などに時間を取られて日々苦心していたので、販売スタッフ側を支援するシステムを作ってみたいと思った」といった社会人経験がある人ならではの具体的なエピソードを交えて、しっかりと動機を語れるようにしましょう

▶高卒の学歴でも未経験でIT業界に転職できる面接の対応方法とは

志望動機だけでなく、自分の個性をアピールして

志望動機を理解して貰った後は、自分自身の能力や個性をアピールすることが欠かせません。se業界は離職率も高い傾向があり、また一般的にもストレスが多い現場であると考えられています。実際、大規模なプロジェクトの納期前や重要なシステムのトラブル発生時などは、昼夜を問わない連続業務が求められることもあり心身共に頑強な人が有望視されやすいのが特徴です。高卒未経験者の場合は前職とのギャップに驚いてしまう可能性も高くなるため、そのような業界の特徴があることを踏まえた上で体力やストレス耐性には自信があることや、急なスケジュール変更などに適応できる人材であることなどを自ら進んでアピールしていきたいところです。

このような個人の資質に関するアピールにおいても、前職での経験やエピソードを交えることで具体性や信憑性が強くなるでしょう。特にse業界での面接対策でおすすめしたいのは、具体的なトラブルやストレスが多かったエピソードを交えつつオフになった際、いかにしてリフレッシュするかという話題です。
まず、効果的なリフレッシュ方法や休息の取り方を知っていると言うことでse業に向いている人材であることをアピールできます。また、スキルや資格がない未経験者の場合他の転職希望者に埋もれてしまいがちなため、自分が前職で経験してきたことを強みに変えて、生き生きと語ることで印象づけられることが期待できるでしょう。

しかし、ポイントを抑えたとしても業界に対する疑問はつきないものでしょう。私たちはse業界に転職したいと考える高卒未経験者の皆さんを応援しています。これからチャレンジしてみたいけれど面接に自信がないという方や、果たして本当にこれで面接対策は十分にできているのかといった疑問をお持ちの方は、是非私たちにご相談ください。

▶未経験の分野に挑戦したり就職したりしたい高卒の人は面接対策

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div