第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒で転職するために必要な考え方まとめ

転職する際に気になることのひとつとして学歴があります。学歴を重視する企業は減ってきているといわれていますが、中卒の人にとってはまだまだ厳しい状況です。ここでは、中卒が転職するのが厳しい理由を説明したうえで、転職するために必要なことを考えていきます。

中卒の転職で無視はできない!日本は学歴を採用基準にしている

日本では今も学歴を採用の基準にしている企業が多いです。しかし、求人に学歴を基準にする旨を記載する企業はほとんどありませんので、実は選考を学歴で判断しているかどうかは受けるまでわかりません。また、学歴が原因で不採用になったと感じても本当に学歴が問題だったどうかは分からないケースが多いでしょう。

ではなぜ学歴を採用基準にしている企業が多いのでしょうか?それは、応募の段階で求職者をある程度絞ることによって採用活動を効率化しているからなんです。学歴重視の企業を避けるためには、求人雑誌や転職サイトから探すよりもその企業に勤める知り合いに聞いてみたり、採用事情を知ってうえで企業を紹介する転職エージェントに相談するようにしましょう。

企業が中卒で転職する方に抱くイメージとは

企業の多くは中卒で転職する方に対して、良い印象を持っていることばかりではありません。人事によっては、勉強が苦手なイメージを抱いたり、学生時代はどんな子だったのだろうかと考えることもあるようです。このように思われてしまうことはビジネス面でもマイナスな評価になりがちです。中卒という学歴で応募を不可にする企業は、イメージの悪さを特に気にしているのです。また、企業は組織の統一感を重視します。企業で働く人はほとんどが高卒以上の場合、組織になじめないのでは、、という懸念を持っている場合もあるでしょう。

中卒になった事情はそれぞれあるはずですが、書類選考の段階でそれを伝えるのは困難です。選考では人事の思い込みや学歴に対する印象、懸念を覆すようながんばりが必要になります。過去を振り返っても仕方がないので、現状を踏まえて何ができるのかを考えていくようにしましょう。私達のサービスでは自己PRや面接でのポイントに関して、あなたに合ったアドバイスを行っていきます。転職に不安はつき物ですが、決して不可能ではないので安心して相談してください。

▶転職相談へのお申し込みはこちらから

お給料アップや昇進を諦める必要は無い!営業職が中卒の転職に有利な理由

    営業職は経験を問われない傾向が強く、強い精神力で苦難を乗り越え、活動量が多いタイプが重宝されます。成果は売った量が数字で示されますので、目標やノルマは明確でしょう。ほかの職種の場合は評価や昇給の基準が曖昧な場合も多いですが営業は売れば売るほど、給料がどんどんアップするのが基本です。勉強が苦手であっても、営業職で成功を掴んだ中卒の方や昇進して社長になった方はたくさんいます。

    しかし、注意点もあります。他の仕事同様、営業は決して甘い仕事ではないからです。社会人ですから理不尽な場面に置かれる可能性もありますし、毎日が数字とのにらめっこです。その分、ノルマの達成感やお客様に感謝されるなどうれしいことも起きますが体力的にも精神的にもタフさが求められるでしょう。生半可な気持ちでは勤まりませんので、応募の際には本当に自分にできるのか、一度よく考えてみてください。また、実は会社の方針で営業にノルマを設けていない会社もあったりします。そのような会社を選んで転職するのもひとつの方法です。

▶”ノルマなし”がキーワードの求人はこちら

中卒の転職で希望の会社に採用されるためには段階を踏むことも大事

転職する際に大手や人気のある企業の正社員を希望している人が多いかもしれませんが、実績や働いた期間が短い方にはなかなかハードルが高いです。営業職やガテン系なら可能性はありますが、それ以外の職種だと苦戦は免れないでしょう。そんな場合は、ベンチャー企業や中小企業の正社員や正社員以外の雇用形態にも目を向けてみてください。これは中卒の転職に限った話ではなく就活に苦戦している人全般に言えることです。優良企業や大企業ほど採用されるのは難しいですし、ライバルも多いです。

「正社員以外の雇用形態」という話が出ましたが具体的には派遣社員、契約社員、アルバイトなどがあります。中卒の転職でベンチャー企業や中小企業への正社員就職が難しい場合は、派遣社員が正社員へのステップとして適しています。派遣社員とは「派遣会社」というものに登録して、別の会社に出向いて働くことです。書類選考がスキルシートなどの簡易的なもので、通過率が高くなることもメリットです。また、正社員の場合は面接までいくのが難しいことがありますが、派遣社員であれば面談という形になるため会ってもらうのは容易になります。「派遣先」といわれる出向いて働く場所に行くときは派遣元である派遣会社の営業マンがフォローしてくれるので面接に慣れていない人も安心でしょう。採用されれば、正社員と同じ職場で働けますので、とりあえず業務経験は積むことができます。一年程度働き、実力や姿勢が認められれば正社員への道が開けることもあるので、仕事に慣れてきたら上司に相談してみても良いでしょう。

▶派遣の仕事を探すなら、エン派遣
▶関東エリアの派遣の求人情報は職種が豊富な「Workfull(ワークフル)」

自分のおかれている状況を考慮して転職活動を進めよう

中卒の転職は学歴を採用基準にしている企業がまだ多いため、厳しいことが多いです。しかし、中卒という学歴に関係なくお給料アップや昇進が期待できる仕事はありますし、いきなり大手や有名企業で働くことにこだわらなければ、意外とすんなり仕事は決まるものです。たとえ中卒という学歴にコンプレックスがある方だったとしても、自分の置かれている環境、実力を見極め、柔軟な考え方を持つことで転職の成功は見えてきます。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ