第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒で正社員を目指そう!中卒男性の仕事の探し方

学歴社会といわれる日本で中卒であるということは将来への不安の要因となることがあります。大卒や高卒からの就職活動に比べて、中卒という学歴が選考の際に不利になるのではないかという心配があるからです。安定した生活を求めて実際に就職活動を始めたものの、なかなか正社員の仕事が見つからないと悩んでいる人もいることでしょう。そこで、中卒男性におすすめの仕事と仕事の探し方について解説します。

どうやって探せばいい?中卒男性の仕事の探し方

私たちは学歴が高いほどお金を稼ぎやすいと考えがちですが、それは事実なのでしょうか。そこで、学歴別の生涯賃金を調べてみました。労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計 2017」のデータによると男性の場合、中卒の生涯賃金の平均が約1億9,400万円、高卒で2億730万円、大卒・大学院卒が2億7,000万円です。また、女性の場合は中卒が1億3,760万円、高卒が1億4,640万円、大卒・大学院卒が2億1,670万円となっています。このなかで特に差が大きなのが中卒と大卒・大学院卒であり、その差は男女とも7,000万円以上です。こうしてみると、収入は学歴によって明確な差があり、確かに学歴が高いほどお金を稼ぐには有利なことがわかります。

▶中卒女性の仕事えらびについてはこちら

継続は力なり!コツコツとキャリアを積んで高収入を目指す

統計上では学歴が高いほどお金が稼ぎやすいという結果が示されています。しかし、それはあくまでも平均値に過ぎません。なかには、学歴が低くてもより多くのお金を稼ぐ人は存在します。それでは同じ中卒でもお金を稼げる人と稼げない人の違いはどこにあるのでしょうか。

たとえば、同一の職場で長く働いているかどうかという点が挙げられます。同じ職場でキャリアを積んでいけば、それだけ専門知識も身につき、その職場にとってなくてはならない存在になってきます。そして、交換の効かない人材となれば上司の評価も高くなり、昇給のチャンスも増えてくるというわけです。中卒の人間のほうがキャリアを長く積めるため、そういった意味では高学歴者より有利だとも言えます。問題はその長いキャリアをどう活かすかです。逆に、就職してもすぐに嫌毛がさして、コロコロと仕事を変えているようだと給与は低いままでしょう。中卒者が稼げるようになるためには、同じ職場でコツコツとがんばり続けることも大切なのです。

職業選択の重要性!給与が上がりやすい仕事を選ぼう

同じ職場でコツコツと地道にがんばることは大切ですが、長年勤めていても給与があまり上がらない仕事だと稼げる額も限られてしまいます。そこで、がんばり次第で収入が増える可能性が高い仕事を選ぶことも大切です。たとえば、営業の仕事があります。こういった仕事は学歴不問のところが多く、結果を出すことで収入アップに直結します。もちろん、結果を出せなければ収入は低いままであり、それだけ厳しい世界ではあるのですが、人と接する仕事が好きというのであればチャレンジして見る価値はあるでしょう。現に、学歴は低くても持ち前の営業力で高収入を得ている人は少なからず存在します。

▶求人(お仕事)の検索はこちら

また、人と接するのは苦手だけどパソコン作業などは得意というのであれば、ITエンジニアを目指すという手もあります。エンジニアというと専門職であり、学歴がないとなかなか就職できないイメージがあるかもしれません。しかし、現実のIT業界は著しい人手不足に陥っており、学歴不問で入社できるケースが多いのです。しかも、経験不問の求人募集も増えています。その分だけ最初の給与は安めですが、入社後に高いエンジニアスキルを身につければ、高収入を目指すことは十分可能です。さらに、体力に自信があるのであれば自衛隊という選択肢もあります。中学卒業と同時に工科学校に入学しなければなりませんが、学費は無料のうえに在学中も給料が支給されます。それだけに、仕事内容がかなり厳しいのは確かです。しかし、金銭的な理由で高校に進学できないという人であれば検討する価値はあるのではないでしょうか。

▶中卒でIT業界に転職したい!どんなことに注意すればいいの?

学歴は一切関係なし!同じ土俵で勝負ができる起業

給与のよい企業に就職しようとする、とどうしても学歴で選別される可能性があります。しかし、自分で起業すれば学歴は一切関係ありません。才覚ひとつで稼いでいくことができますし、事業が軌道に乗れば一般のサラリーマンより高額の収入を得られる可能性は大です。もちろん、起業をするには少なくない開業資金が必要となりますが、それをすべて自己資金で用意する必要はありません。

国の金融機関である日本政策金融公庫返済不要の助成金・補助金などを上手く活用すれば、少ない自己資金でも開業は十分可能です。また、大きなリスクを負いたくないというのであれば、開業資金があまりかからないネットビジネスから始めてみるという手もあります。学歴の高い低いという問題を全く気にすることなく勝負できるという点では起業という選択肢は最善の手だと言えるのではないでしょうか。

努力さえ惜しまなければ中卒でも稼げる仕事はある!

私たちにとって学歴というものは絶対的な存在ではありません。中卒でも稼げる仕事は色々とあるのです。ただ、勘違いしてほしくないのは「必ずしも学歴は必要ない」という言葉は勉強をしなくてもよいという意味ではないという点です。高い学歴がないからこそ、そのハンデを埋めるためにも人一倍学習を積む必要があります。努力なしで稼ぐことはできないというのは高学歴者も中卒も同じです。まずはこの記事を参考にしながら具体的な目標を定め、それを達成するために精一杯の努力をしていきましょう。そうすれば、たとえ中卒でも高学歴者に負けない収入を得る方法が見えてくるはずです。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ