就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

【中卒男性が稼げる仕事18選】「稼げる仕事の特徴」と「収入UPの方法」とは?

学歴社会といわれる日本で中卒であるということは将来への不安につながることがあります。大卒や高卒からの就職活動に比べて、中卒という学歴が選考の際に不利になるのではないかという心配があるからです。

安定した生活を求めて実際に就職活動を始めたものの、なかなか正社員の仕事が見つからないと悩んでいる人もいることでしょう。そこで、本記事では中卒男性が稼げる仕事18選をご照会!仕事の探し方や収入UPの方法についてもお伝えいたしますので、少しでもお役に立てれば幸いです。

中卒でも稼げるのはなぜなのか

やっぱり学歴によって賃金は違う?

私たちは学歴が高いほどお金を稼ぎやすいと考えがちですが、それは事実なのでしょうか。そこで、学歴別の生涯賃金を調べてみました。

労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計 2017」のデータによると男性の場合、中卒の生涯賃金の平均が約1億9,400万円、高卒で2億730万円、大卒・大学院卒が2億7,000万円です。

また、女性の場合は中卒が1億3,760万円、高卒が1億4,640万円、大卒・大学院卒が2億1,670万円となっています。

このなかで特に差が大きいのが中卒と大卒・大学院卒であり、その差は男女とも7,000万円以上です。こうしてみると、収入は学歴によって明確な差があり、確かに学歴が高いほどお金を稼ぐには有利であることがわかります。

中卒男性が稼げる仕事の特徴

学歴に関わらず、とにかく稼げる仕事をしたい、給料のいい仕事に就職、転職をしたいという方はたくさんいらっしゃることと思います。

このコラムをお読みの方の中には、「中卒でも稼げる仕事なんてあるんだろうか」などと不安に感じている方もいらっしゃることでしょう。

ところでこの社会にはお給料の高い、給料のいい仕事や高い企業が存在していますが、お給料が低い仕事やあまり高く設定されていないため年収を稼ぎにくい企業もありますが、これはなぜなのでしょうか?

給料のいい仕事によって高収入を得たいと思っている人であればぜひ、高収入を得ることのできる理由を知っておきましょう。

高収入の仕事の特徴は「3K」と「代わりがいないこと」

高収入の仕事には共通する特徴が存在します。例としては以下のようなものが挙げられます。

・キツイ仕事
・危険な仕事
・汚い仕事
・他の人が代わりにできない仕事

上記の最初の3つの要素「キツイ仕事」「危険な仕事」「汚い仕事」3Kと呼ばれ、昔から人がやりたがらない仕事の特徴として挙げられている有名なものです。

ほとんどの人がやりたがらない仕事ということは仕事の需要があるにも関わらず供給がないわけで、つまりは人材不足に陥っています。そこで雇用主サイドは人材の確保を行うために給与の賃金を上げ、結果高い年収を与えられるのです。

また、最後の項目「他の人が代わりにできない仕事」とは自分が辞めた後に他の人ではフォローができない、しにくいなどの、自分にしかできない仕事を指します。

例えば営業職の場合なら、周りの人の2、3倍の量の営業周りをひたすら続け目を見張るほどの契約を取ってくるようなスーパールーキーであれば、他の人はなかなか真似しにくいですよね。

つまり、高い給料が発生する仕事とは「人がやりたがらない、または他の人にはできない仕事」ということになります。したがって学歴に関係なく、高卒でも稼げる仕事はあるのです。

結局「キツイ(リスクの高い)仕事を選ぶ」or「実力をUPさせる」の2択

さて、上記で高収入を得られる仕事ではなぜ高い給与が得られるのかを確認していきましたが、ここから高収入を得るための選択肢が発生してきます。

これは実に単純ですが、高い年収を得ようとする場合、つまりは「キツイ(リスクの高い)仕事を選ぶ」か、「自分の実力をUPさせる」かの2択ということになります。

やはり給料のいい仕事を探して楽をして高収入を得る、などという考えはこの現代社会では通用しないと考えておきましょう。

そのような仕事を見つけることのできる人はまずいないでしょうし、あっても大変なリスクが伴います。

例えば小学生の将来の夢ランキングで上位を占めているYouTuberなどは一見楽な仕事に見えるかもしれませんが、発信するコンテンツを生み出すことや動画の編集に消費する体力や精神力は計り知れないようです。

ライバルも無数に存在し、出し抜きにくい仕事です。

他にもお笑い芸人や俳優・女優など芸能界で働くことも給料のいい仕事かつ楽に見えるかもしれませんが、売れるまでの下積み時代ではとんでもない極貧を強いられることも少なくなく、生活はしにくいです。

特に男性のみ、女性のみなどの性別の制約がない業界であることはメリットですが、売れる保証がない中でのそんな生活は精神的にも非常に辛いものがあるでしょう。

こういった仕事と並んで、給料のいい仕事として例えばとび職系(ガテン系)などもケガをしてしまうリスクと戦う必要があるため、人がなかなかやりたがらない危険な仕事に該当します。

ところで高い年収を狙える営業職などでは上記にも例を挙げた通り、他の人には代わりができない、しにくいような仕事を目指すことができます。

それ相応の努力は必要ですが営業職は未経験の高卒者でも募集されている求人が多く、その分給与に反映されると考えればモチベーションにも繋がるでしょう。

他にもIT業界エンジニアなどでも高収入を狙うことができます。

これも人材不足などが原因で未経験の高卒者を募集しているため、努力次第で這い上がることが可能です。

学歴よりも実力重視の仕事

しかし、中卒だからお金を稼ぐことができないというのは思い込みで、実は中卒者に合った稼ぎ方が存在するのです。

中卒者が就職や転職で不利になってしまいやすいのは大手企業や人気な職種です。

やはり大手企業は論理的思考をより鋭く行なえる人材を求めているからこそ、学歴というひとつの指標に頼りやすくなります。

また人気な職種の場合には応募者が多く集まるため全員と面接を行なうわけにもいかず、書類選考の段階で応募者を絞るために学歴というフィルターを使用することが多いのです。

しかし、中卒という学歴が不利に働いてしまうのは逆に言えばこういったフィールドがメインなだけであり、学歴を重視しないような実力主義の仕事や能力やスキルを優先して採用する職場であればむしろ有利になることもあります。

プロが推奨!中卒男性が稼ぎやすい仕事18選

同じ職場でコツコツと地道にがんばることは大切ですが、長年勤めていても給与があまり上がらない仕事だと稼げる額も限られてしまいます。

そこで、頑張り次第で収入が増える可能性が高い仕事を選ぶことも大切です。ここでは中卒男性が稼ぎやすい仕事18個をご紹介します!

営業職

たとえば営業の仕事があります。こういった仕事は学歴不問のところが多く、結果を出すことで収入アップに直結します。

もちろん、結果を出せなければ収入は低いままであり、それだけ厳しい世界ではあるのですが、人と接する仕事が好きというのであればチャレンジして見る価値はあるでしょう。

現に、学歴は低くても持ち前の営業力で高収入を得ている人は少なからず存在します。営業職についてはやる気とガッツさえあれば完全未経験でも十分にい稼げる可能性があります。

自分はたくさん稼ぐんだ!という意気込みの強い方には特におすすめしたい仕事のひとつです。

ITエンジニア

また、人と接するのは苦手だけどパソコン作業などは得意というのであれば、ITエンジニアを目指すという手もあります。

エンジニアというと専門職であり、学歴がないとなかなか就職できないイメージがあるかもしれません。

しかし、現実のIT業界は著しい人手不足に陥っており、学歴不問で入社できるケースが多いのです。しかも、経験不問の求人募集も増えています。

その分だけ最初の給与は安めですが、入社後に高いエンジニアスキルを身につければ、高収入を目指すことは十分可能です。

さらに、体力に自信があるのであれば自衛隊という選択肢もあります。

中学卒業と同時に工科学校に入学しなければなりませんが、学費は無料のうえに在学中も給料が支給されます。

それだけに、仕事内容がかなり厳しいのは確かです。しかし、金銭的な理由で高校に進学できないという人であれば検討する価値はあるのではないでしょうか。

ガテン系

工事現場や左官工など現場仕事を主にする職種も高給取りが多い職種です。「難しいことは分からないけど、体力には自信がある」という人にピッタリの仕事になります。未経験者歓迎や学歴不問の求人が多くあります。

ただし現場での仕事は会社での仕事に比べて危険を多く伴います。工事現場であれば重機の扱いや高所からの転落など、命に関わるような事故につながる場合もあるのです。

さらに、夏の猛暑や冬の寒さのでも外で仕事をするため体力がなければ続けることが難しい仕事になります。もちろんその分だけ月給は良く、大手の企業であれば高卒であっても大卒と大差ない給料で雇ってくれる企業もあります。

「スーツを着るよりも現場で汗をかく方がいい」という人はぜひ検討してみましょう。

工場系

掘削・発破工や金属・建築塗装工など特殊な資格を取得することで就労、勤務することができて高給取りになれる仕事です。

工業高校であれば在学中に資格を取れる仕事もあるので、積極的に資格取得を目指すことで就職先に困ることは少なくなるでしょう。ひとつの資格だけでなく、勤続していくなかで複数の資格を取得すれば給料アップも望めます。

さらに、大きく収入を伸ばすのであれば経験を積んだあとで独立や自分の会社を作ることも視野に入れておきましょう。独立すれば給料は青天井です。そのためにも、給料のいい仕事に就職、転職をしたい人はまず現場でも経験をしっかりと積むことが大切です。

看護士

看護師は意志の診察や指示内容に基づき、各患者の診療の補助を行なったり、患者の入院生活の手助けを行なうのがその主な業務内容です。

具体的な内容としては問診や多種多様な検査、点滴や注射、患者の食事や排泄、入浴の手助け、患者の移送などです。

はっきり言ってかなり体力を必要とする過酷な労働です。その分お給料は高いですが、体力や精神力にそこまで自信がないという方にはあまり向いていないかもしれません。

看護師については学歴に関係なく、看護学校に入学、卒業することができれば働くことが可能です。

また看護師が働くことのできる職場は病院だけにとどまらずクリニックや訪問介護ステーション、老人ホームに児童養護施設、デイサービスに訪問入浴など複数挙げられます。

看護師といえば女性のイメージが強いかと思いますが、実際の現場を除いてみると男性の看護師も多く働いています。

実際のところ看護師の適性は男性にも女性にもあります。

女性看護師は一般的に細やかな患者の変化にも気づくことに長けており、緊急自体になる前の対処が得意であり、男性看護師は頻繁に患者を運搬しなければならない看護業務において大変支えになります。

なお、女性の割合が多いからこそ細かいやり取りも行ないやすくて働きやすいという男性看護師の声もあります。医療業界に興味のある方はぜひチャレンジしてみましょう。

保育士

これも特に女性に人気が高い職業ですが、保育士の仕事もまた中卒者におすすめであるといえます。

保育士の仕事は想像以上に体力が必要なハードな仕事であり、実際のところ男性向けであるといっても過言ではない業務内容です。

ただし子供たちが安心して過ごすことができる環境をつくるためにも、子供好きであることはもちろん、柔らかな態度で子供たちに接することができる男性が特に向いているでしょう。

保育士の仕事は他にも児童の保護者とのやり取りなども骨が折れる業務が多いため、ほどよい責任感と共に心を逐一リセットできるような方に向いていると考えられます。

ところで、保育士になるにあたり資格は必要なのでしょうか。

実際のところ資格がなくても保育士の業務を行うことができる現場も存在しますが、現実に行える業務に多くの制限があるため保育士を目指すにあたっては資格の取得を目指すべきだといえるでしょう。

ちなみに、保育士資格の定義としては、児童福祉法第18条の4で「保育士とは、第18条の18第1項の登録を受け、保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者をいう」とされています。

公務員

中卒で安定した職に就きたいと考えたとき、公務員は人気すぎず有力な選択肢になります。

公務試験の受験資格は年齢制限を設けている代わりに学歴は不問であるものが多いので、そういう意味では一般企業よりも採用される大きなチャンスがあると言えます。

また公務員であれば安定した月給を得ることができるメリットもあり、経験も不問であるため採用を狙いやすいです。

ただし、学歴は必要なくても試験のレベルは決して低くないため、かなりの学習を積まなくてはなりません。

ちなみに、公務員試験は上級・中級・初級、あるいは1類・2類・3類と分類されており、上から「大学卒業程度」「短大卒業程度」「高校卒業程度」の学力が求められます。

また、高校や大学の新卒者以外の社会人枠は定期的に募集をしているわけではなく、必要に応じて募集をかける方式になっています。

そのため、中卒で公務員採用にチャレンジする場合はチャンスを逃さないように常にしっかりと情報をチェックしておくことが大切です。

介護職

中卒におすすめの職種としては介護職も代表例として挙げられます。現在介護職は全国的に人材不足となっています。

この介護職員の人材不足の主な原因のひとつに少子高齢化が挙げられます。

内閣府が発表している平成30年版の「高齢社会白書」によると、現在日本国内における65歳以上の高齢者の数は3515万人であるとされています。

なんとこれは日本国民全体の約28%にあたる数値です。10人に2,3人は高齢者であるということになります。しかも4人に1人が75歳以上の高齢者であるというデータも出ています。

これによって元々いた介護職員の人数に対して高齢者が何倍もいる形となってしまい、介護職員の深刻な人材不足に繋がっており、現在介護施設の約66%が人材不足であるといわれているのです。

中でも最も人材不足に悩まされているのが訪問介護員だそうで、ある調査によると調査を受けた介護施設のうち約82%の施設が人材不足を実感していたそうです。

したがってその分介護の仕事をしてくれる人材を少しでも多く確保しようと、あらゆる施設からの求人が多数存在しています。中には未経験者を歓迎している求人も多いため挑戦しやすいのがメリットです。

また介護職は基本的に資格を必要としないことも未経験者に都合のよい要素のひとつで、もし資格を取得したいと感じる場合には、資格の取得を働きながら行えるよう制度を整えている職場も多くあるため調べてみることをおすすめします。

ただし、介護の仕事は想像以上に体力を必要とする現場であると言われています。

女性でも十分働ける環境ではあるようですが、特別体力に自信のない方は少し慎重に就職を検討したほうが失敗が少ないでしょう。

警察官

中卒者におすすめの職種としてここから続けてご紹介するのは警察官、消防士、自衛隊の仕事(公安職)になります。これらの年齢制限は17歳~20代後半程度です。

警察官や消防士、自衛隊の他にも刑務所など法務省が管轄する刑事施設に勤務する「刑務官」や日本に不法に入国したり滞在している外国人を取り締まる「入国警備官」、天皇皇后両陛下をはじめとする皇族の方をお守りする「皇宮護衛官」なども公安職にあたります。

どの職種も年に1~3回行われる試験に合格することが必須条件でその後、面接試験をクリアすることで採用されます。

職種によっては体力試験に合格すること、身体測定の基準をクリアすることが必要なものもあります。資格を持っていることで優遇されることもあるので募集要項をよく読んで対策をすることが大切です。

また、社会人枠や希少職種など募集人員が少ない採用枠は年度によっては募集がかからないこともありますので注意が必要です。

さて、まずは警察官についてお伝えします。ドラマや映画などでも本庁でのシーンや交番勤務のシーンなどを見たことがあるかと思いますが、警察官の仕事は実にさまざまです。

基本的には剣道や柔道などの武道を経験したことのある人が広く活躍している業界になります。

警察官は常に危険と隣り合わせの仕事であり市民を危険から守る仕事ですので、こういった物理的、身体的な強さのスキルがあると重宝されることでしょう。したがって体力づくりは必須となります。

また、警察官は体を動かすだけでなく犯人追跡のための分析や解析の仕事も存在するためPCスキルも必要となってきます。ぜひパソコンの基礎的な操作は身につけておきましょう。

消防士

消防士については体力的にも精神的にもハードな内容が基本です。したがって体力は必ずといっていいほど消防士の仕事では必要になってきます。

体力については少しでもトレーニングを怠れば減退していってしまうものですので、毎日の訓練に励むことが大切となります。

また、消防士は市民の命を守ることが最大の使命。一瞬の判断ミスが重大な危険につながってしまうこともあります。したがって消防士を目指す場合には判断力を培う努力も必要となります。

ただし、これは経験によって培える側面もあるため焦らずコツコツとスキルアップしていくことが大切です。なお、即時の判断が必要であることに伴いコミュニケーションスキルもとても大切となってきます。

人の命を救わねばならない時に消防士同士で的確なコミュニケーションが取れなかったならば、指示と認識がかみ合わずこれもまた重大な危険に市民をさらすことになってしまいます。

自衛隊

自衛隊はご存知の通り非常に過酷な訓練を耐え抜く必要のある大変な仕事です。したがって体力や運動能力の高さは必須です。

また自衛隊ではトイレ以外は始終集団行動と言っても良いくらいに人と行動を共にします。だからこそ協調性や忍耐力が必要となります。

なお、訓練中は上司から厳しい言葉や指導を受けることになります。自衛隊での訓練は危険かつ過酷な状況に身を置いても大丈夫な人材を教育するために、上司は完全に悪者になりきって指導します。

だからこそ同じことで何度も何度も怒られてもくよくよと考え込まずにすぐに忘れることのできる人や、翌日になったら頭をリセットできる人、忍耐力のある人は重宝されるでしょう。

また自衛隊の仕事は国内の他、海外へ派遣される場合もあるため、必須ではありませんが英語力も多少身につけておくとプラスに働くでしょう。

警備員

さて、次にご紹介するのが警備員です。警備員の需要は常に高く、求人が少ないから働けないということはまずないでしょう。警備員の仕事は基本24時間体制でシフト勤務となっています。

深夜勤務もあることから体力が必要な仕事なので、この点に耐えられるかどうかということをしっかり考えたうえで応募する必要があります。

なお、警備員の仕事については最低限のコミュニケーション能力があって、最低限の体力があれば男女問わず働くことができます。

飲食業(ホールスタッフ・キッチンスタッフ)

飲食業は中卒者の就活で非常に狙いやすい仕事になります。飲食業は慢性的な人材不足に悩まされており、そのことから就職がしやすくなっています。

ただしあまりに人手が足りないような職場を選んでしまうとその業務内容の実態はブラックである可能性も考えられるため、職場選びには十分に注意しましょう。

飲食業であればアルバイト経験があるという方も決して少なくはないでしょう。そのアルバイト経験を活かして就職を成功させた中卒者の方は非常に多いです。最初はホールスタッフが狙い目でしょう。

さて、飲食店で正社員として働くためには、いくつかの条件をクリアする必要があります。まずはは資格です。

飲食店で働く以上、調理師免許はぜひ取得しておきたいものです。特にキッチンスタッフには必要です。

調理師免許は国家資格であり、安全な料理を作ることができる料理のプロの称号です。この資格がなくても調理をすることは可能ですが、持っていれば就職に有利になることは間違いありません。

自分で飲食店を開業する場合にも有利になりますので、将来性のある資格と言えるでしょう。

資格を取得するためには、調理師学校に通うか2年以上の実務を経験した後に、調理師試験に合格する必要があります。

なお飲食店で正社員として働くために求められるのは、資格だけではありません。ほとんどの飲食店では、スタッフの大部分がアルバイトです。正社員には多くのアルバイトの勤怠管理や、指導も求められます。

最初はキッチンスタッフやホールスタッフを経て、最終的には従業員を指導する立場になっていくのが基本的な飲食業の正社員業務の流れです。

自分で調理ができるだけでなく、ほかのスタッフに仕事を教えるということも正社員として働くうえで重要な要素と言えるでしょう。

接客業全般

アパレルやホテル、旅館といった「接客業」は中卒社員も比較的受け入れてくれる業種です。また、上記のようなレストランや居酒屋などの飲食業も接客業にあたります。

これらの業種が学歴差別を行わないのは仕事に求められる知識が特殊だからです。たとえば、アパレルで働くなら「服の知識」「コーディネートのセンス」「お客とのコミュニケーション能力」などが大切です。

そして、これらの能力はいずれも高校や大学で教えてくれることではありません。服飾の専門学校で勉強してきた人はさすがに有利ですが、それ以外なら大卒でも中卒でも同じ立場から仕事を始められます。

飲食業の厨房で習う技術は普通の高校や大学で学べるものではありません。どんなに学歴が高い人でも、飲食業に就職した時点でイチから仕事を教えてもらいます。

場合によっては、余計な知識が備わっていない若い年代のほうが、飲み込みが早い可能性も出てきます。特殊な業界でノウハウを磨きたいなら、学歴を気にする必要はないでしょう。

施工管理職

施工管理は、工事現場において工事がスムーズに進むように指揮を執るのがその仕事です。

クライアントとの打ち合わせや工事の計画などから始まり、工事の進捗を確認しながら進行管理したり、工事の状況について報告書の作成をしたりします。

また、現場の技術者が安全に業務を進められるよう環境を整えるのも大事な仕事です。「工事」の幅は広く、電気工事、建設工事、土木工事と活躍の場はあちこちにあります。

現場監督も工事の指揮を執る仕事ですが、現場監督は名前の通り現場においてリーダーシップを発揮する仕事です。

それに対し、施工管理は現場以外のところでも多岐に渡る業務があり、工事の全体を管理する点で現場監督とは異なります。

ただし、実際には施工管理が現場監督も務めていることは少なくありません。いずれにせよ、さまざまな人と関わりながら業務を進めていくポジションですので、コミュニケーション能力や対人スキルが求められる仕事であるといえます。

施工管理の仕事を始めるにあたり、必須の資格は特にありません。しかし、キャリアアップを目指すなら施工管理技士の資格はぜひ取っておきたい資格です。

施工管理技士には土木や建設機械など6種類の専門分野があり、資格取得によって仕事の幅が広がります。

国家資格ですので、取得しておけば転職活動などさらなるキャリアアップを目指す際にも役立つはずです。

トラック運転手・タクシードライバー

タクシーの運転手や運送会社のトラックのドライバーなど都心や田舎を問わず、さまざまな地区において必要とされるドライバー職も需要が高いお仕事です。

中卒の人でも普通運転免許を取っていれば働き始めることができますし、入社までに運転免許が取れる予定であれば就職面接が受けられる企業もあります。

ドライバーの人材も募集している企業が多く人材の奪い合いになっているため、福利厚生を充実させて人材獲得を目指している会社が多いのが魅力です。

中には資格取得のサポートをしてくれる会社もあります。

例えば、第二種など特殊な運転免許が必要な企業でも、面接時に普通免許さえ持っていれば入社してから社費で免許を取らせてくれるなどです。給料を受け取りながら取得できる点は嬉しいですよね。

また、給与や手当てなど収入の面でも優遇されることの多いドライバー職は稼げる職種のひとつでもあります。

特にタクシー運転手の場合にはもらえる給与は歩合制が基本です。歩合制は基本給(基本的にもらえるお給料)にプラスで頑張った分の給与が上乗せで支給される仕組みです。

そのため、頑張れば頑張るほど最初のうちから高い水準の給与を受け取れる仕組みになっています。他にも特殊な免許を持っているドライバーの基本給が高く設定されている企業もあります。

タクシードライバーや長距離トラックの運転手などは勤務のリズムとして夜に働くケースもありますが、その場合は年間休日が通常企業の倍程度あったり、シフト制だったりとその分休暇が準備されています。

他にも勤務形態を選べたり、日勤のみの待遇の求人もあります。自分なりのワークライフバランスを作り上げたいという方や頑張った後は集中して休みがほしい方にも魅力的な仕事でしょう。

美容師

美容師になるためには国家試験をパスする必要があります。中卒者では無理なんじゃないかと不安に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、努力次第では十分に可能です。

まずは国家試験のだいたいの内容と受験について頭に入れておきましょう。この試験には筆記試験と実技試験の2種類があります。

筆記試験については美容理論や美容の物理と化学、美容保険や衛星関係についてなどが出題されます。実技試験ではカッティングにワインディングなどです。

一見非常に難しそうに感じられますが、これは日々の練習と努力によって合格できる範囲の難易度です。中卒者でも決して不可能ではありません。

本気で美容師を目指したい場合には、美容学校の卒業を検討しましょう。中卒でも通信課程であれば入学が可能です。ぜひ検討してみてください。

Webライター

Webライターもまた中卒者からでも狙うことのできる職業のひとつです。この仕事は主にインターネット上に掲載するコラム記事の文章作成になります。

最初は校正業務から少しずつ経験を重ねていって、Webライターとして働ける機会を探すのがスムーズな流れでしょう。

「中卒が文章を書く仕事なんてできるの?」という声が聞こえてきそうですが、Webライターは書いている内容に根拠が明確に示されていて、流れも考慮して読みやすい文章を作成することができていれば問題ありません。

したがって学歴云々ではなく、どれくらい読み手の気持ちによりそった文章がかけるかがポイントになります。

まずは文章作成について独学で知識をつけながら、未経験からも募集しているような企業などのライターとして働き始め、将来的にフリーランスで働くなどができれば理想的でしょう。

学歴は一切関係なし!同じ土俵で勝負ができる「起業」

給与のよい企業に就職しようとする、とどうしても学歴で選別される可能性があります。しかし、自分で起業すれば学歴は一切関係ありません

才覚ひとつで稼いでいくことができますし、事業が軌道に乗れば一般のサラリーマンより高額の収入を得られる可能性は大です。もちろん、起業をするには少なくない開業資金が必要となりますが、それをすべて自己資金で用意する必要はありません。

国の金融機関である日本政策金融公庫返済不要の助成金・補助金などを上手く活用すれば、少ない自己資金でも開業は十分可能です。

また、大きなリスクを負いたくないというのであれば、開業資金があまりかからないネットビジネスから始めてみるという手もあります。

学歴の高い低いという問題を全く気にすることなく勝負できるという点では起業という選択肢は最善の手だと言えるのではないでしょうか。


仕事選び

中卒男性が稼げる仕事を見つける方法

スキルや長所から仕事を見つける

中卒者はまず今の自分にどんなスキルや能力があるのかを確認し、それらを最大限に活用できる仕事を把握することがもっとも近道となります。

しかし、中には自分のスキルや能力に自信がないという方もいらっしゃることでしょう。その場合には第三者に質問を投げかけてみたり、就職・転職エージェントのプロに無料相談してみるのもひとつです。

「自分のことは自分が一番良く知っている」というセリフをよく耳にしますが、実際はそんなこともなく、自分の良さに気づいていなかったり、自分が無理をしすぎていても体を壊すまで気がつかないということもよくあります。

そこで第三者にありのままの自分の良さや特徴を教えてもらうことにより、自分の更なる可能性を発見することができるのです。

やりたい仕事のために資格を取得する

第三者に聞いて自分の良さや長所を知ることは非常に重要です。

ただ、それでも自分の良さに納得できなかったり、今の自分の良さとはそこまで関係のないフィールドで活躍したいという方もいらしゃるかもしれません。

そこで資格を取得するのもまたひとつの方法です。たとえば中卒者が就職活動中、就職後に取得すると有利な資格のひとつに、国家資格である「宅地建物取引士」があります。

どういった資格か簡単に説明すると、土地や建物の売買や賃貸物件の契約を結ぶ時に契約内容に関する重要事項をお客様に説明する事ができる資格です。

受験資格の年齢や学歴のハードルが低く、なんと平成29年度には最高齢で89歳、最年少で13歳の合格者がいました

「宅地建物取引士」の試験に合格するためには問題全体の70%以上の正解率が必要ですが、過去5年間の最低合格ラインは50点満点中32点~35点なので、しっかり自習しながら通信講座などを利用すれば正解率70%という数字は決して難しくないはずです。

また「調理師免許」の取得を目指してみてはどうでしょうか。これは一般論として他の国家資格より比較的取得は難しくなく、合格率は毎年60%から65%で推移しています。

ただし、受験するのに年齢制限はありませんが調理師学校へ行かずに受験資格を得るには、法律で「調理師法施行規則第4条」に定める施設での実務経験が2年間必要です。

他にも手に職を付けたいなら「貴金属装身具製作技能士」という国家資格を取得して、ジュエリー業界でキャリアを積むのも良いでしょう。

「貴金属装身具製作技能士」とは指輪やネックレスといった装飾品の制作技術を認定する国家資格の事で、一般的にジュエリーデザイナーの仕事に就く人が取得する資格です。

さて、このコラムでは中卒者が就職活動するにあたってチャレンジする業界の選択肢を広げたり、給与や待遇面でのハンディキャップを埋めるために有利な資格を紹介します。もっと読みたい方はコチラ!

中卒が収入をUPさせる方法とは?

同一の職場で長く働く

統計上では学歴が高いほどお金が稼ぎやすいという結果が示されています。しかし、それはあくまでも平均値に過ぎません。

なかには、学歴が低くてもより多くのお金を稼ぐ人は存在します。それでは同じ中卒でもお金を稼げる人と稼げない人の違いはどこにあるのでしょうか。

たとえば、同一の職場で長く働いているかどうかという点が挙げられます。同じ職場でキャリアを積んでいけば、それだけ専門知識も身につきその職場にとってなくてはならない存在になってきます。

そして、交換の効かない人材となれば上司の評価も高くなり、昇給のチャンスも増えてくるというわけです。

中卒の人間のほうがキャリアを長く積めるため、そういった意味では高学歴者より有利だとも言えます。問題はその長いキャリアをどう活かすかです。

逆に、就職してもすぐに嫌毛がさしてコロコロと仕事を変えているようだと給与は低いままでしょう。中卒者が稼げるようになるためには、同じ職場でコツコツとがんばり続けることも大切なのです。

インセンティブのある仕事に就く

年功序列ではなく給与に占めるインセンティブの割合が高い仕事に就職・転職するのも、選択肢のひとつでしょう。

インセンティブのある仕事の代表的な例は営業職です。

インセンティブとは、毎月の新規契約数や契約金額に応じて基本給に給料が上乗せされる仕組みのことです。

こうした仕事では、勤続年数や経験よりも結果が重要視されます。

たとえ経験が少なくとも結果を残すことさえできれば大きな見返りが得られるのが、インセンティブのある仕事の魅力です。

少しでも収入を上げたいとお考えの中卒の方はぜひインセンティブのある求人を探してみてはいかがでしょうか。

資格の取得など成長するための努力を怠らない

どのような仕事に就職・転職する場合でも経験や学歴に関わらず、自分が成長するための努力ができなければ平均年収以上の収入を得ることは難しいでしょう。

たとえ大企業に長く勤めることができたとしても、必要な資格を取得しなかったり技術の習得を怠ったりすれば、昇給や昇格を望むことはできません。

長く勤めていても後から入ってきた人にどんどん抜かれることになってしまいます。営業職の場合、自社の製品をいかにして売るかを自分で考え実行することができなければ、結果を残すことはできないでしょう。

また資格の取得は転職を考える際にも役に立ちます。現場で必要とされる資格を取ることができれば、それを武器によりよい条件で働ける職場が見つかるかもしれません。

経験を活かして転職する

業種や企業の規模で月収が数万円も変わるので、転職することで月収が上がる可能性は十分にあります。

特に今の業種にあまり執着がなく新しい仕事をすることに抵抗がないようなら、できるだけ早い時点で転職も視野に入れておくほうがいいかもしれません。

なぜなら、年齢が上がるほど転職希望者に会社が求めるスキルも上がるからです。

誰の目にも分かりやすい大きな実績を持っているか、難しい国家資格を保有しているなど、特別な売り込みポイントがない限りたとえ大卒者でも転職に不利な場合が少なくありません。


内定獲得率

努力さえ惜しまなければ中卒でも稼げる仕事はある!

私たちにとって学歴というものは絶対的な存在ではありません。中卒でも稼げる仕事はたくさんあるのです。

ただ、勘違いしないよう留意すべきなのは「必ずしも学歴は必要ない」という言葉は勉強をしなくてもよいという意味ではないということです。高い学歴がないからこそ、そのハンデを埋めるためにも人一倍学習を積む必要があります。

努力なしで稼ぐことはできないというのは高学歴者も中卒も同じです。まずはこの記事を参考にしながら具体的な目標を定め、それを達成するために精一杯の努力をしていきましょう。

そうすれば、たとえ中卒でも高学歴者に負けない収入を得る方法が見えてくるはずです。

とはいえ、転職や仕事探しと言っても、一体何から始めればいいのかわからないという方も多くいらっしゃることと思います。

そこで近年、20代の求職者に人気なのが転職のプロに頼って全面的にサポートしてもらう方法です。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは、第二新卒者をはじめとした若者を対象に、プロの転職アドバイザーがマンツーマンでご対応。個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介いたします。

加えて面接後のフィードバックや入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントneoではすべて代行。

アドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさもあいまって、就活が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

ご相談だけでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、一人でお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。


学歴関係なし!やる気を内定に繋げます

中卒でも就職に成功できる方法大公開!おすすめ職種や資格、面接対策の全貌とは

様々な事情から高校へ進学せずに、最終学歴が中卒だという方もいらっしゃることでしょう。こうした人たちは高卒者や大卒者と同じように就職することはできないのでしょうか。

まず中卒者が正社員として就職を目指すために専門の資格を習得することは有効です。

専門の資格を持っていることで将来的にスキルアップやキャリアアップを目指すこともけっして夢ではなく、さらに仕事の幅を広げることができます。

そして中卒者の就職活動で大切なことは求人情報の収集です。

昔からある方法は、新聞の求人欄を始め、市販されている有名な求人雑誌、新聞の折込求人チラシ、そしてハローワークなどを利用するのが一般的です。

ただしこれらのハローワーク以外の方法は自分ひとりで求人探しから応募、書類準備や面接対策までを行わなければならないため、就職活動に不慣れな人には苦労が伴うでしょう。

また、ハローワークについても求職者側が無料で利用できることに加えて求人を預けている企業側も無料で行えるため、ブラック企業がその中にある危険性があります

さて、このコラムでは中卒の人が理想の就職を成功させるためのコツをお伝えしています。もっと読みたい方はコチラをCheck!

【体験談】中卒から転職を成功させた人はこんなにいます!

実はこんなにたくさんの方が正社員転職に成功しています。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div