第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒でIT業界に転職したい!どんなことに注意すればいいの?

「IT業界では学歴は関係ない」といわれることがあり、実際に学歴不問を謳った求人も見られます。とはいえ、本当に学歴がなくてもIT業界に転職できるのかと不安に思う人も多いのではないでしょうか。IT業界は、学歴だけあってもスキルや素質がなければ、活躍するのが難しい世界です。逆を言えば、学歴がなくてもスキルや素質があれば正社員として活躍することも夢ではありません。 ここでは、中卒の人がIT業界に転職したいときに、知っておきたいポイントについてまとめます。

中卒でIT業界に転職できるの?

中卒でも、IT業界に転職することはできます。しかし、IT業界と言っても仕事の内容は大変幅広いため、IT業界でどんな仕事をしたいのかということが問題になります。ITの仕事というと、プログラマーをイメージする人も多いでしょうが、単純なプログラム開発はいわゆる下流工程の仕事です。かつて、IT業界では、プログラマーからSE(システムエンジニア)になり、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーを経て管理職になるというのが一般的な昇進コースだったからです。しかし、プログラミングを極めてプロフェッショナルになる道が拓けてきたことで、第一線で活躍しながら好待遇を得ることも可能になってきました。とはいえ、そうなるにはそれ相当の努力や勉強が不可欠です。

▶IT業界の求人はこちら

プログラミングの世界では、低年齢で天才的なプログラミング技術を持つ人材が現れるケースも決して珍しくありません。すなわち、素質があって、好きで努力を惜しまなければ、学歴にかかわらず仕事ができる世界なのです。ただし、IT業界の進化のスピートは非常に速いため、習得したスキルや知識が古くて使い物にならなくなることも多く、常に最新の技術を学んでいく向上心が必要です。IT業界の第一線に居続けたいなら、勉強し続ける努力が求められると考えてよいでしょう。

転職でIT業界を狙う!中卒ならではの「強み」とは?

中卒でIT業界に転職する強みとして「すでに社会人としての経験がある」ということがあります。企業側からすると、社会人としてのルールやマナーをイチから教育する必要がないため、時間と経費の削減につながるからです。その強みを活かすため、面接試験では社会人らしい落ち着きや丁寧な対応、敬語が正しく使えることなどをアピールしましょう。また「若さ」も中卒の大きな強みです。若ければ頭脳も柔軟で飲み込みも早いと考えられるため、成長株として期待されやすくなります。中卒の給与は高額になりにくいため労働者側からすればデメリットですが、会社側からすれば、同じ仕事ができる人材なら給与が安いほうが効率的なので、有利だとも言えます。また、IT業界では30歳を超える頃に転職を考える人も少なくなく、ひとつの岐路と認識されています。中卒なら30歳になるまでに多くの経験を積める可能性があるので、将来を考えるうえでのメリットとなるでしょう。

中途採用においてIT業界で働く人に求められる資質とはどんなもの?

IT業界で働くうえで必要な資質としてよく指摘されるのが「向上心」「コミュニケーション能力」および「論理的思考」の3つです。IT業界は、スキルや知識が進化するスピードが速く、最新の情報を絶えず吸収していく姿勢が求められるため、向上心は非常に重要な資質と考えられています。また、IT業界の業務は、多人数でプロジェクトを組んで進めるのが一般的なので、コミュニケーション能力が欠けていると業務に支障を来たすおそれがあります。キャリアアップしていくにつれ、コミュニケーション能力を求められる度合いが大きくなるのがIT業界の特徴です。そして「論理的思考」は、システム構築などの業務にはもちろんのこと、デバック作業やプログラム開発をするにもなくてはならないものであり、IT業界で働くうえでの必須能力となります。

論理的思考とは?

論理的思考とは、ロジカルシンキングともいわれるもので、一貫して筋が通った考え方のことを指します。論理的思考ができないと、プログラムを組むことができません。簡単な例を挙げて考えてみましょう。PCのキーボードで「A」が押されたら、モニタに「Hello」と表示される仕組みを作るとします。自分だけがその仕組みを使うなら「Aが押されたら→Helloを表示」という流れだけでもいいでしょう。しかし、ほかの人に使ってもらうためには、これでは不親切です。モニタに「Aを押してください」と表示しておくのが良さそうです。さらに、もしA以外のキーが押されたらどうすればよいでしょうか。このケースも考えておかなくてはなりません。すると下記のような手順にする必要があるでしょう。

  1. 「Aを押してください」とモニタに表示する。
  2. 押されたキーを判別する。
  3. もし「Aが押されたら」→「Helloと表示する」。
  4. もし「A以外のキーが押されたら」→「ミスです」と表示して1に戻る。

このような手順を考えていくのが論理的思考であり、プログラミングの基本です。このケースでは、この処理を何度繰り返すのか、仕組みを終了させるときにはどうするかなどの要素を付け加える余地があるでしょう。

資格を取るとしたら?

IT業界に転職したいなら資格があると有利です。なかでも、国家資格である「ITパスポート試験」は、IT技術者の入門的資格にあたり、難易度も低いため狙い目です。「ITパスポート試験」のワンランク上にあたるのが、同じく国家資格である「基本情報技術者試験」です。プログラマーの能力認定試験として業界で重視されているため、取得しておけば転職では有利になるでしょう。そのほか、世界共通資格の「LPIC/Linux技術者認定資格」「基本情報技術者試験」の上位資格にあたる「応用情報技術者試験」などといった資格の取得を目指すのも良いでしょう。ただし、たとえ資格がなくても、実務スキルがあれば問題ないこともあります。プログラミングは独学で学ぶこともできる時代になっているため、ひとつくらいはプログラミング言語を習得し、ポートフォリオを見せられるようになっていると理想的です。超小型PC「Raspberry Pi」は安価で入手しやすく、勉強するきっかけとするのにおすすめです。そもそも、中卒のデメリットは基礎的な学力がないとみなされることです。勉強する意欲があるなら、通信教育などを利用して高卒資格を取っておけば、確実なキャリアアップにつながります。

中卒でもIT業界に転職できる!努力を惜しまず夢につなげよう!

中卒でもプログラミングが好きであれば、転職できる可能性は低くありません。好きなものなら、スキルや知識の吸収も苦にならないでしょう。プログラミングを極めてプロフェッショナルを目指せば昇進することも可能です。スキルさえあれば、学歴がさほど問題視されないのがIT業界の良いところです。また、充分に知識をつければ、独立開業という道も開けます。これから、ますますITエンジニアのニーズは高まっていくと予想されます。少しずつでも知識を吸収して、IT業界で活躍する夢を実現させましょう。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ