第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒で公務員を目指すには。試験や職員の種類、高卒認定などの資格も解説

私たちが就職先を選択する際、学歴が壁となって立ち塞がる場合があります。特に、中卒は大きなハンデとなりがちです。そこで、中卒でも目指せる、安定した就職先としておすすめしたいのが公務員です。しかし、公務員試験についてよく知らないという人も少なくないでしょう。そこで、中卒の人におすすめの公務員試験にはどのようなものがあるのか、また、合格を目指すにはどうすればよいのかといった点について解説をしていきます。

中卒公務員を目指すメリット~学歴不問・雇用の安定~

中卒者が公務員を選択するメリットとしては、まず学歴を問われない点が挙げられます。

基本的に受験資格は「学歴不問・年齢制限あり」なので年齢さえ条件に合致していれば一部の例外を除いて誰でも受験は可能です。

たとえば中学を卒業し、フリーターをしながら正社員としての就職を目指そうと思ってもなかなか厳しい面があります。中卒という理由で求人に応募できないケースもあるでしょう。

それに対して、公務員なら年齢制限に達するまでは試験にチャレンジすることができ、学歴を理由に不合格にされることもありません。

高卒や大卒の人とも平等に競うことができ、試験をクリアできれば公務員の座を勝ち取ることができるのです。

また、雇用の安定性も大きな魅力です。中卒で民間企業に就職する際に正社員を目指す就活に挫折し、非正規雇用から社会人をスタートする方も多くいます。

それに正社員となってもリストラの可能性は常についてまわります、一方で公務員の場合は犯罪行為をして懲戒免職にでもならない限り、解雇の心配はほぼありません。

若い間に安心できる人生設計を確立できるのは大きなメリットではないでしょうか。

中卒公務員になるデメリット~高収入が得づらい・体力勝負~

公務員には大きなメリットがある一方、デメリットも存在します。公務員を目指す前にきちんと知っておきましょう。デメリットの一つ目は、高収入が得にくいという点です。

民間企業であれば仕事の成果が給料に反映されますが、公務員は自治体や国の組織であるためそういった要素が希薄な傾向があります。

利益の追求を目的とする民間企業と異なり、仕事の成果を給与に反映させにくくなっているのです。

そのため収入が安定しているというメリットはあるものの、がんばって収入を増やしていきたいという人にとってはやりがいを見いだせなくなる可能性があります。

また、がんばり次第でさまざまな職種につけるといっても、実際問題として中卒公務員のついている仕事は体を張ったものが多いのは確かです。

そのため、体力に自信がなければ厳しい面があるかもしれません。中卒で公務員を目指すのであれば、上記の点は踏まえておいたほうがよいでしょう。

早期に高収入を目指したいなら民間企業への正社員を目指そう

公務員ももちろん長く勤めたり功績を残せば昇給しますが、年功序列の職場が多く、早期に高収入を目指したい方は正社員を目指したほうが良い場合が多いです。

そこで民間企業への正社員を目指す人が気になる、中卒で正社員になる場合に稼げる仕事にはどういったものがあるのかを別の記事でまとめました。

稼げる職種の中には肉体労働だけでなく、デスクワークの仕事もありますし、職種や業界に応じた資格を取得することで給与が変わってくることも説明しています。

また、「学歴差で不利にならないためには、納得した職場選びをして1社に長く勤めることが大切」ということについても解説しましたので気になる方は読んでみてください。

中卒から公務員を目指す方法1.自衛隊~授業料無料で給料アリ!~

中卒でチャレンジできる公務員の仕事としてまず挙げられるのが自衛隊です。

正確には中学を卒業してすぐに自衛隊で働くわけではなく、高等工科学校に進学する必要があります。

その代わり、授業料が無料なうえに在学中に給料も支給されるため、金銭面の問題から進学が難しい人にはおすすめです。

ただし、受験資格については15歳~17歳までの男性という制限があるため、注意が必要です。

また、体力に自信がなければついていくのが厳しいという面もあります。働き方を知った上で目指すかどうかを判断しましょう。

ちなみに高等工科学校卒業後は原則として陸士長として任官され、1年間の教育を受けたあとに3等陸曹として自衛隊の任務に就くことになります。

中卒から公務員を目指す方法2.国家公務員の一般職試験~高卒程度の学力が受験資格~

自衛隊以外でも中卒者が公務員になる方法は数多く存在します。たとえば、国家公務員試験です。

国家公務員試験には総合職、一般職、専門職があり、それぞれ高卒者試験、大卒程度試験などにわかれています。

この高卒、大卒というのは学歴を意味するのではなく「試験に合格するためにはそのぐらいの学力は必要ですよ」という意味です。

したがって、中卒でも受験は可能なのですが当然試験をクリアするだけの学力は身につけなければなりません。

国家公務員試験のなかで中卒者が比較的合格しやすいものとしては、一般職試験の高卒者試験が挙げられます。

高校卒業程度の学力が求められますが、受験自体は高卒認定試験を受けなくても可能です。

受験資格を得られるのは中学卒業後2年経過してからなので、それまでに学習を積んでチャレンジするという流れになります。

ただ、中学卒業後5年を過ぎると受験資格を失うので注意が必要です。

もしそれまでに合格できなければ、次は「大学程度試験」にチャレンジするという手もありますがその場合は受験資格は21歳~29歳までとなっています。

さらに大学程度試験の後には社会人試験というものもあり、こちらの受験資格は高卒者受験資格を持つ者を除く40歳未満の人すべてです。

どの形でも、一般職の国家公務員試験に合格したあとは各行政機関に配属され、事務処理などのデスクワーク中心の仕事をおこなうことになります。

中卒から公務員を目指す方法3.事務職や技術系まで!幅広い職種の地方公務員

他にも中卒から公務員を目指す場合、「地方公務員」になるという選択肢があります。地方公務員には「事務系」と「技術系」があります。

地方公務員の「事務系」

私たちになじみのある役所での事務作業を行う事が多いです。役所を訪れた方へのご案内や制度の解説、事務処理なども行います。

地方公務員の「技術系」

各自治体によって募集職種は異なりますが、特定の分野に対して専門的な業務に就く公務員です。

特に土木・建築・機会・電気の区分で募集を出している地域が多く、その仕事内容は様々です。

土木では、河川や道路、公園や空港の整備や管理、建築では耐震対応や公共建築物のチェック、建物の見積もりから工事など業務の幅も広いです。

中卒で地方公務員を目指す場合は、まず初級試験に挑戦するのが最も現実的でしょう。

地方公務員の初級試験自体も事務系と技術系に分かれています。受験資格はいずれも17歳~20歳までです。

合格後、事務系では役所の窓口などで一般的な事務作業をおこない、技術系では土木・建築・機械・電気・化学・農業・林業などの専門技術を活かした仕事に就きます。

ただし、地方公務員の具体的な受験資格や職種などは地方によっても異なります。地方公務員を目指す場合は、まず各自治体でその詳細を確認することが大切です。

中卒から公務員を目指す方法4.警察官や消防士など!地域を守る公安職

これら以外に、中卒者におすすめの職種としては公安職があります。具体的には警察官消防士の仕事で、年齢制限は17歳~20代後半程度です。

警察官や消防士の他にも刑務所など法務省が管轄する刑事施設に勤務する「刑務官」や日本に不法に入国したり滞在している外国人を取り締まる「入国警備官」

天皇皇后両陛下をはじめとする皇族の方を守る「皇宮護衛官」なども公安職にあたります。

どの職種も年に1~3回行われる試験に合格することが必須条件でその後、面接試験をクリアすることで採用されます。

職種によっては体力試験に合格すること、身体測定の基準をクリアすることが必要なものもあります。

資格を持っていることで優遇されることもあるので募集要項をよく読んで対策をすることが大切です。

また、社会人枠や希少職種など募集人員が少ない採用枠は年度によっては募集がかからないこともありますので注意が必要です。

各職種に向いている人、向いていない人の特徴

自衛隊

<向いている人の特徴>
*運動が得意
*忍耐力がある
*協調性がある
*一定の目標がある
*てきぱきとしている

<向いていない人の特徴>
*明確な目標がない
*運動が苦手
*耐えることが得意でない
*マイペース
*一人の時間が欲しい

警察官

<向いている人の特徴>
*モラルがある
*正義感が強い
*協調性がある

<向いていない人の特徴>
*短気
*旅行が好き
*体力に自信がない

消防士

<向いている人の特徴>
*自分を自分で守ることができる
*コミュニケーション能力がある
*冷静な状況判断ができる
*体力に自信がある
*体を動かすことが好き
*学生時代に体育会系で育ってきた

<向いていない人の特徴>
*自分を犠牲にしすぎて無理をしてしまう
*理不尽なことには一切耐えられない
*体力に自信がない
*3K(キツイ、汚い、危険)に耐えられない
*マイペース

中卒から公務員になるための能力・スキルを伸ばす方法

自衛隊

<必要な能力・スキル>
*ストレス耐性
*体力
*忍耐力
*協調性
*運動神経の良さ
*英語力

自衛隊はご存知の通り非常に過酷な訓練を耐え抜く必要のある大変な仕事です。したがって体力や運動能力の高さは必須です

また自衛隊ではトイレ意外は始終集団行動と言っても良いくらいに人と行動を共にします。だからこそ協調性や忍耐力が必要となります。

なお、訓練中は上司から厳しい言葉や指導を受けることになります。自衛隊での訓練は危険かつ過酷な状況に身を置いても大丈夫な人材を教育するために、上司は完全に悪者になりきって指導します。

だからこそ同じことで何度も何度も怒られてもくよくよと考え込まずにすぐに忘れることのできる人や、翌日になったら頭をリセットできる人、忍耐力のある人は重宝されるでしょう

また自衛隊の仕事は国内の他、海外へ派遣される場合もあるため、必須ではありませんが英語力も多少身につけておくとプラスに働くでしょう

警察官

<必要な能力・スキル>
*体力
*剣道や柔道などの武術経験、スキル
*PCスキル

ドラマや映画などでも本庁でのシーンや交番勤務のシーンなどを見たことがあるかと思いますが、警察官の仕事は実にさまざまですが、基本的には剣道や柔道などの武道を経験したことのある人が広く活躍している業界になります。

警察官は常に危険と隣り合わせの仕事であり市民を危険から守る仕事ですので、こういった物理的、身体的な強さのスキルがあると重宝されることでしょう。したがって体力づくりは必須となります。

また、警察官は体を動かすだけでなく犯人追跡のための分析や解析の仕事も存在するためPCスキルも必要となってきます。ぜひパソコンの基礎的な操作は身につけておきましょう。

消防士

<必要な能力・スキル>
*体力
*判断力
*コミュニケーションスキル
*厳しい訓練に耐えるスキル

消防士の仕事は体力的にも精神的にもハードな内容が基本です。したがって体力は必ずといっていいほど消防士の仕事では必要になってきます

体力は少しでもトレーニングを怠れば減退していってしまうものですので、毎日の訓練に励むことが大切となります。

また、消防士は市民の命を守ることが最大の使命。一瞬の判断ミスが重大な危険につながってしまうこともあります。したがって消防士を目指す場合には判断力を培う努力も必要となります。

ただし、これは経験によって培える側面もあるため焦らずコツコツとスキルアップしていくことが大切です。

なお、即時の判断が必要であることに伴いコミュニケーションスキルもとても大切となってきます。人の命を救わねばならない時に消防士同士で的確なコミュニケーションが取れなかったならば、指示と認識がかみ合わずこれもまた重大な危険に市民をさらすことになってしまいます。

高卒程度の学力を身につけるには?高卒認定試験という証明方法も

一般職試験をはじめとして、その他公務員の高卒者試験に必要な「高校卒業程度の学力」。それを身に着けるためにはどうすればよいのでしょうか。

高等学校卒業程度認定試験の勉強をする

高等学校卒業程度認定試験は一般的に「高卒認定試験」と呼ばれる試験の正式名称です。

この試験に合格すれば、大学や短期大学、専門学校を受験する資格も与えられ、履歴書の学歴の欄にも「高等学校卒業程度認定試験合格」と書けるようになることが魅力です。

受験資格は16歳以上で、8月・11月に実施される試験に合格することで資格が得られます。ただし、18歳以上で資格の効力が生じますので18歳未満の方は注意しましょう。

とはいえ公務員試験でのテストに合格するために高卒認定試験の勉強をするのは試験対策としては効率的です。

高校生が卒業するまでにどんなことを学んでいるのか分かりますし、苦手な科目がわかるので公務員試験のために注力して勉強することができます。

高校中退の方は途中まで授業を受けているので授業の進度によっては比較的問題が解きやすいかもしれません。

勉強方法としては、自分で参考書を購入して勉強する方もいれば、費用を払って資格取得のための勉強ができる予備校に通う方もいます。

夜間の定時制高校に通う

高校への進学を経済的な面であきらめざるを得なかった場合はアルバイトをしながら定時制高校に通って高卒になる方法もあります。

定時制高校にも種類がありますが、主に夜間の時間に登校して授業形式で勉強をするところが多いです。

そのため、日中別の仕事や実家が自営業の方はその手伝いもできたりします。卒業すれば学歴は高卒になるので高等学校卒業程度の学力がつきます。

もちろん、日中働く場合はその後授業というハードスケジュールになるのでそれでも頑張れるか事前に考えて挑戦しましょう。

通信制高校を受験する

高校に通学はしたくないが一人で勉強するのが難しい、授業形式で勉強したいという方は通信制高校に通うという選択肢もあります。

決められた登校日はありますがそれ以外は自宅など登校せずに動画などで授業を受けることができます。

学べることも普通高校の内容と難易度は変わらないため、普通高校と変わらない学力をつけられるだけでなく、卒業すれば学歴も高卒になります。

公務員の倍率と合格率~試験に自信が無い場合は正社員を目指すべき?

ここまで公務員の種類と高卒程度の学力について解説してきました。もう1つ知っておきたいのは公務員は人気の仕事だということです。

先述した学歴不問・雇用の安定などのメリットもありますし、親御さんの中にはリーマンショック時代の経験からお子さんに公務員を強く勧める方もいることもあるからです。

また、ライバルは同じ中卒だけでなく、高校中退の方、高卒の学歴を持つ方々など様々です。ライバルに勝たなければ公務員になることはできません。いったいどのくらいの競争率なのでしょうか。

1つの例として、平成30年度 地方初級(高卒程度)試験における合格倍率を調べてみると、東京都では「Ⅲ類事務」という職種を募集しておりましたが1,566名が応募し、85名が合格の倍率12.8でした。

その他の主要都市も見てみましょう。大阪では「18-21」と「警察行政」の2職種を募集しており、「18-21」は657名応募の83名合格(倍率6.1)、「警察行政」は127名応募の5名合格(倍率20.0)。

愛知県では「事務」と「警察事務」の2職種を募集しており、「事務」は170名応募の21名合格(倍率6.4)、「警察事務」は99名応募の4名合格(倍率20.3)。

福岡では「一般事務」と「教育行政」、「警察行政」の3職種を募集しており、「一般事務」は516名応募の36名合格(倍率9.7)。

「教育行政」は114名応募の20名合格(倍率4.6)、「警察行政」は134名応募の11名合格(倍率9.9)という結果でした。

年齢制限までに合格できなかった場合、大卒試験や社会人枠の募集があれば受験はできますが、落ち続けた場合社会人経験がないまま何年も就活浪人をすることになります。

そうなってしまうと民間企業への就職でも履歴書を提出する際に空白期間を指摘され、就職しづらくなるというリスクがあります。

これらのリスクを理解したうえでも公務員になりたい!という理由や気持ちがある方は公務員を受ける前に倍率を考慮した職種選びや何回挑戦するかを決めておくなどしておきましょう。

倍率データ参照元:平成30年度に実施された全国の地方初級(高卒程度)試験実施結果|公務員試験総合ガイド様

正社員経験者のみ採用される、公務員の「経験者枠」とは?

公務員になるためには一般試験を合格後の面接もクリアしなければなりません。

面接では「公務員になりたい!」という思いや動機を面接で伝えるだけでなく、具体的な経験や実績を基にしたアピールができると強いと思いませんか?

それができる社会人のために公務員には「経験者枠」という”経験者しか受けられない”職務経験がある人が対象の募集があります。

民間企業に就職した人限定の公務員採用枠のため、受験資格の年齢も一般枠より高く、中には59歳まで受験可能な自治体もあるようです。

即戦力をアピールするための経験を社会人経験を通してつむことが必要ですが、新卒の学生はライバルにならず自身の経験を踏まえて採用されます。

そのことを踏まえると場合によっては一般枠より競争率が低い場合もあるかもしれません。

また、公務員に転職後これまでの経験を活かせるため、中途入社にありがちな「教えてもらうことが多く億劫になる」こともなく、「職場になじみやすい」「必要とされやすい」などのメリットもあります。

どんな仕事も無駄なものは1つもなく、社会人マナーだけ見ても公務員転身後も使えるものばかりです。

そのため「公務員になりたい」という目的のために、一旦就職して社会人経験をつむのもおすすめです。

もちろん募集の状況や採用枠の数は年度や自治体に応じて異なるため中止が必要ですが、ぜひ選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

民間就職を迷っている方へ。中卒の就職事情や就職が有利になる方法

現代は学歴社会といわれる一方で、さまざまな事情から中学卒業後や高校を中退して働こうと考える方も多いと思います。

その場合、どのような就職先があるのかは非常に気になるところです。まず働くといっても、アルバイト、派遣社員、契約社員、正社員など種類があり、どれも立派に「働く」ということです。

しかし、世間的にローンが組めたり、安定するという意味では正社員で働くことを重視することが多いです。

では働いている人のうち学歴別に見た正社員の割合はどれくらいなのでしょうか。厚生労働省の平成25年若年者雇用実態調査の概況を見てみます。

ここからは正社員割合は中卒が37.5%であるのに対して高卒で57.1%、大卒で79.6%となっており、大学卒者と比べると半分以下であることがわかります。

ではなぜ中卒者の正社員の割合がこんなにも低いのか。それは企業側の抱いてしまっている懸念が主な要因です。

義務教育が高校卒業までになった現在、最終学歴が高卒であることが当たり前になってきている傾向があります。その場合に、中卒という学歴は

  • 学ぶ意欲がないのではないか
  • 継続して努力をすることが苦手なのではないか
  • 問題が生じた場合にすぐに投げ出してしまうのではないか

などと誤解されたり、捉えられてしまいがちなのです。

しかし、だからこそ懸念を払拭するような「学ぶ意欲があること」や「継続した努力をすることのできる人間であること」などをアピールできたならば、就職成功はグッと近づきます

また他にも、知っておけば正社員就職がしやすくなる情報や一人で就職活動をする必要は無いこと、学歴より実力重視の職場もあることなど中卒就職が有利になる情報もたくさんあります。

中卒者の就職事情就職を有利に進めるためのポイントや資格などについては別の記事で解説をしていますので気になる方は読んでみてください。

就活をする方へ。理想の就職方法と上手く行かない場合のポイント

この記事を読んでらっしゃる方の中には、就活しよう!と決めた方や実際に就活中の方もいらっしゃるかもしれません。

就職活動の流れは、

  1. 情報収集
  2. 仕事(求人)探し
  3. 求人応募
  4. 書類選考
  5. 面接
  6. 内定
  7. 入社手続き・準備
  8. 入社

という形で進み、学校の進路指導の先生が手伝ってくれることもあります。

理想の仕事が見つかっている方は、仕事(求人)探しの前に「専門の資格を習得する」ことも有効です。

専門の資格を持っていることで将来的にスキルアップやキャリアアップがしやすくなる場合もありますし、資格の有無が応募条件の求人もあるため、仕事えらびの幅を広げることができます。

ただし、資格の取得には時間やお金がかかることもあるので試験の受験日程や資格の難易度、就職活動のスケジュールと相談しましょう。

資格取得に何年もかけるより資格取得を後回しにして就職活動を進めることをおすすめします。

ここで、情報収集と仕事(求人)探しにもどんな方法があるか見てみましょう。

現在、就活の情報収集方法は多様化しています。昔からある、新聞の求人欄を始め、市販されている有名な求人雑誌。

新聞の折込求人チラシ、ハローワークや学校の先生への相談に加え、求人情報サイトやアプリ、民間企業の就職サポートなどを利用するのが一般的です。

また、選考があまり上手く行かず悩んでいる方は就職しやすい業界や職種に目を向けてみるのも良いかもしれません。

特に営業職は実力主義の傾向が強い会社が多いため、就職しやすいだけでなく、入社後も学歴より頑張りを評価してくれる傾向があります。

書類選考や面接など選考で悩んでる方は、履歴書の書き方にコツがあること、面接官が見ているのは質問の回答だけでなくマナーなどのポイントが決まっていることを見直してみましょう。

これらの内容に関しては別の記事でまとめましたので良ければ参考にしてください。

メリット・デメリットだけでなく職種や倍率を理解して公務員を目指そう!

公務員試験の多くは中卒でも受験可能であり、学歴によって合否が左右されない点が魅力です。ただし、それは勉強をしなくてもよいという意味ではありません。

公務員試験に合格するためには少なくとも高校卒業程度の学力が求められるため、中学卒業後の自己学習は必須です。

効率のよい学習方法として先ほどお伝えした高卒認定資格の取得を目指して勉強をしてみることをおすすめします。

取得しなければ受験ができないというわけではありませんが、自分の学力が公務員試験にチャレンジできる水準に達しているかどうかのよい目安になります。

一定の学力に達したと感じたならば年齢制限に気をつけつつ、自分が向いていると思う職種を探していきましょう。

また、中卒の人で就職について悩んでいるという人は公務員だけが選択肢ではありません。公務員へのデメリットや方向性の違いを感じた方は、企業への就職を考えてみるのも良いかも知れません。

就職は大きなターニングポイントです。ご自身の可能性を狭めずに、将来どうなりたいのか、なぜ働かないといけないのかを考えた上で人生設計をしていきましょう。

公務員か就職かを相談してみる