第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒で働く人の平均給料は250万?上げるためにできること

就職先を探すうえで、ほとんどの人は「いくらもらえるのか」を確認するでしょう。給料が安ければ、働き続けるモチベーションが湧きませんし、そもそも就職しようと思わないかもしれません。それでは、中卒の人は平均してどれくらいの給料をもらっているのでしょうか。ここでは中卒の平均年収や、一般的な平均年収を超えるためにはどうすればいいのかについて紹介します。

中卒の平均年収はおよそ250万円

厚生労働省による2017年の賃金構造基本統計調査によると、最終学歴が中卒の人の平均年収は250.8万円です。大学・大学院卒の369.7万円と比べると100万円以上安く、全学歴平均の304.3万円と比較しても50万円以上低い数字です。とはいえ、高校卒や高専・短大卒と比較した場合、この差はぐっと縮まります。高校卒の平均年収は264.8万円で中卒の平均と大きくは変わらず、高専・短大卒の場合でも278.2万円です。たしかに、大学や大学院を卒業した人と比べると、給料は見劣りするかもしれません。しかし、そのほかの最終学歴の人との差は決して大きなものではなく、本人の努力や就職した会社によっては十分に逆転することも可能な数字と言えるのではないでしょうか。実際に、中卒でも大企業に就職した場合の平均年収は274.1万円であり、高校卒の人が中企業で働く場合の平均値251.7万円を上回ります。

▶中卒だからと諦める必要なし!儲かる仕事を見つけよう!

中卒でも平均年収以上の給与を得ることはできるか

これらの数字を見て「サラリーマンの平均年収は400万円くらいじゃないの?」と疑問に感じた人もいるかもしれません。それも間違いではありません。国税庁が毎年行っている「民間給与実態統計調査」では、1年を通じて勤務した給与所得者の平均給与を算出しています。つまり、正社員の平均年収です。これによると、2016(平成28)年の平均給与額は421.6万円です。先に紹介したデータとは大きな差があります。この数字の差からは、大学や大学院を出ても正社員として働いていなければ、大した給料を得られないことがわかるでしょう。中卒の人が400万円以上を得るためには、まずは正社員として働くことが大前提になります。正社員として働いたうえで、なおかついくつかの条件を満たすことによって初めて、400万円以上の収入を得ることが可能になります。

▶学歴なんて関係ない!中卒でも高給取りになれる営業という仕事について

大企業で正社員になって長く働く

中卒で平均以上の年収を得るためには、就職先をしっかりと見定めることが重要です。先の厚生労働省の調査によれば、大企業で働く中卒の人の年収が274.1万円なのに対し、中企業では234.8万円、小企業では252.1万円となっています。就職先を選ぶことで、年間で最大40万円近くの差がつくことがわかります。大企業への就職と聞くと、学歴が重要と思うかもしれません。しかし、大企業のなかには、工場や現場で働く人の学歴は問わないという姿勢の企業も存在します。そうした企業を探し出して就職活動をすることは、長い目で見た場合非常に重要です。大企業に就職したからといって、それだけで平均以上の年収を得られるわけではありません。給料を上げるためには長く働き続けることも大切です。給料は学歴や企業規模を問わず、50代をピークに勤続年数に応じて上がっていくケースがほとんどです。長く続ければもらえる給料も多くなるでしょう。

インセンティブのある仕事に就く

年功序列ではなく、給与に占めるインセンティブの割合が高い仕事に就くのも、選択肢のひとつでしょう。インセンティブのある仕事の代表的な例は営業職です。インセンティブとは、毎月の新規契約数や契約金額に応じて、基本給に給料が上乗せされる仕組みのことです。こうした仕事では、勤続年数や経験よりも、結果が重要視されます。たとえ経験が少なくとも、結果を残すことさえできれば大きな見返りが得られるのが、インセンティブのある仕事の魅力です。

自己研鑽を怠らない

どのような仕事に就く場合でも、自己研鑽に努めなければ平均年収以上の収入を得ることは難しいでしょう。たとえ大企業に長く勤めることができたとしても、必要な資格を取得しなかったり、技術の習得を怠ったりすれば、昇給や昇格を望むことはできません。長く勤めていても、後から入ってきた人にどんどん抜かれることになってしまいます。営業職の場合、自社の製品をいかにして売るかを自分で考え、実行することができなければ、結果を残すことはできないでしょう。資格の取得は、転職を考える際にも役に立ちます。現場で必要とされる資格を取ることができれば、それを武器によりよい条件で働ける職場が見つかるかもしれません。

一緒に転職活動をスタートさせましょう!

日本はまだまだ学歴社会であり、中卒の人が平均年収以上を稼ぐのは簡単なことではありません。とはいえ、きちんと目標を設定し、それに向けて努力ができるのであれば、可能性は十分にあります。まずは、正社員として働ける道を見つけましょう。正社員として働き続けるうちに、次に自分がなにをすべきなのか、この先どのような選択肢があるのかが見えてくるはずです。どうせ中卒だからと諦めてしまうと、自分で自分の可能性を閉ざしてしまいます。まずは就職活動の第一歩を踏み出してみましょう。私たちは、あなたの就職活動を徹底的にサポートします。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ