第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒でも関係ない!失敗で終わらせないための就職とは!?

私は中卒で就職し、学歴で負い目を感じたことはありますが、不利益を被ったことはありませんし、就職して失敗したと思ったこともありません。友人の中には、中卒は恥ずかしいからとか、資格が取れないからという理由で定時制高校に通ったり、一度就職してすぐに退職して全日制の高校に通ったりする者がいましたが、中卒という学歴に過剰反応して拙速に進路変更するくらいなら、就職して社会勉強し、たとえ失敗したとしても、それは自分が成長するためのジャンプ台なのだと思い込めば、「失敗」ではなくなります。中卒で就職したいけど、その一歩がなかなか踏み出せずにいるのでしたら、こんな例もあるのだなと、ぜひ参考にしてください。

中卒の壁

就職活動を始めると、仕事内容によっては中卒という学歴が足かせになることは多々あり、正社員採用であれば高卒や大卒者に比べて初任給が低く、試用期間(いわゆるお試しバイト期間)が長めに設定されている企業等があります。ここで、やっぱり中卒はだめだとか、弱気になってしまうかもしれませんが、「学歴を偏重する企業等もある」ということは認識しておいた方がいいと思います。就職して社会人となるわけですから、何も知らないよりかは知っておいた方が良いというだけのことです。

就職した後どうするか

就職といってもその理由は人それぞれで、「とりあえず就職してみたい」、「就職してお金を稼ぎたい」など、実に様々であると思います。ですが、ここでひとつ考えておくと後々よいことがあります。それは、「就職した後どうするか」です。中卒の場合は、初任給が低いなどの不利点があると前述しましたが、仕事を始めたほとんどの人に「給料安いな」とか、「こんな仕事が何の役に立つんだろう」などと思い始める時期がやって来ることがあります。就職する目的を自覚して堅実に働いていても、時間の経過とともに自分の置かれている状況や気持ちの変化もあるため、最初の思いを貫くことはなかなかに難しいです。しかし、もし就職する前から、「就職した後どうするか」ということを少しでも考えておけば、そんな不安な時期に「こんなところへ就職しなければよかった、失敗だー」と悲観して思考停止に陥ることなく、「ではどうすればもっと多く給料をもらったり、楽しく仕事ができるようになるのか」と、次の段階を目指してあれこれ前向きに考えたり、少しでも早く気持ちを切り替えることができるのではないでしょうか。

▶中卒の社長って本当にいるの?経歴は?

中卒で就職してからのスキルアップ

就職したことが失敗だったかどうかは、考え方ひとつで変わると思います。就職した企業等で毎日こなしている仕事のおかげで、自分は何ができるようになり、どんな技術(スキル)を身に付けたか。もしくは、あと○年やれば○○ができるようになりそうだなど、自分の成長について客観的に見ることができるようになれば、これから先のことも考えやすくなるでしょう。これから先どうするか。同じ企業等に留まって仕事を続けるのも良いし、さらに待遇の良い企業等に転職したりすることも考えて良いと思います。しかし、これから先は身に付けたスキルを生かして違ったことをしてみたい、または、もっと給料が高く待遇の良い企業等で働きたいと思うなら、スキルアップについて考えてみましょう。簡単にいうと、自分のスキルをさらに磨いて高めるか、それをベースにして派生または発展型のスキルを身に付けるというものです。

中卒スキルアップの一例

私が中卒で就職したのは、ビルメンテナンスを請け負っている会社でした。ローカル新聞の求人情報コーナーに掲載されているものを見つけて応募し、中卒程度の筆記試験と面接を受け無事に就職しました。就職当時は月給13万7千円、就労時刻07:30~17:30(休憩1h)で、私が配置された機械メンテナンスの部門は、総員18名で平均年齢が31歳と比較的若く、活気がある職場でした。2年が過ぎたある日、20代の先輩から一緒に資格を取ろうという誘いを受けました。第2種電気工事士という資格でしたが、受験資格は特になく、中卒の私でも受験が可能でした。筆記試験に関しては内容的に少々苦労しましたが、実技試験も含めて先輩のアドバイスをうけつつ合格することができました。私の就職した会社が受注する業務には、電気工作物のメンテナンスも含まれていたため、第2種電気工事士を取得した私はその業務の一部を任されることになり、手当が増え、給与アップにつながりました。私はこのとき、資格取得は自分の持つスキルの証明と、スキルアップの第1歩を築くための一つの手段であることを自覚しました。その後、業務に関連した特に受験資格が定められていない資格を受験し、2つ取得しました。

スキルアップの先

第2種電気工事士取得後、実務経験を積んで上級の第1種電気工事士を取得し、結果として手当はさらに5千円増えました。第1種電気工事士の受験勉強をしている頃から、電気技術やそれを取り扱う企業等に関する情報誌を見るようになりましたが、そこには時々求人情報も載っていたため、求人に関する情報も細かくチェックするようになりました。職場では、電気工作物のメンテナンス業務にあたっては、資格取得に応じて徐々に高度な技術を要する作業を任されることが飛躍的に増えました。気が付くと、複雑な電気回路図だけでなく、建築設備機械関係の設計図などもスラスラ確認できるようになり、電気工作物内に設置された通信機器の整備を担当する別の会社の社員とも、ベテランの先輩抜きで業務調整できるようになっていました。また、発注担当者への業務に関する調整や各種の説明など、適切な言葉と用語を使って対話もできるようになり、技術的な面だけでなく、一人の社会人としてもスキルアップしていると実感できました。先輩からもいろいろな局面で信頼を得るようになり、スキルアップの実感は確信へと変わっていきました。こうなると、自分のスキルを生かせば、今と違った職場で活躍できるのではないかということや、同時に、給与や業務内容がもっと充実したところで働いてみたいと思うようになりました。

▶中卒で働く人の平均給料は250万?上げるためにできること

中卒のチャレンジと転職

私が中卒で就職した会社は、中小企業で言うと「小」の部類で給与は低く、定期昇給額も微々たるものでしたが、勤務時間管理には厳しくアットホームで、若年従業員の育成にも力を入れており、巷で言われるブラック企業とは対極にあったと思います。しかし、会社の理念や規模、業務形態は変えようがなく、転職で現状を変えなければスキルアップは望めないと思いました。自分が身に付けた電気に関するスキルを生かし、自然エネルギーを利活用するための技術開発やインフラの整備に携わってみたかったのです。時期的には、自然エネルギー推進関連の施策に日本政府が力を入れていたこともあり、求人サイトや情報誌を見ると、該当する事業に関係する求人は多く、大手企業が手掛ける新規事業においても、学歴ではなく第1種電気工事士を応募の条件としている求人は多数ありました。私は迷わず応募し、3社のうち1社から採用してもらうことができました。採用が決まった企業の面接においては、学歴のことは一切触れられることはなく、最初の会社へ就職して自分が将来どうなりたいと考えていたか、何か目標は持っていたか?といったことや、どのようにしてスキルアップを図ったか、ということを中心に質問を受けました。緊張していたこともあり、回答内容はすべてを記憶していませんが、私は就職後、電気に関するスキルアップのために資格取得に取り組んだこと、拡大した業務に取り組む中で、伸展した自分のスキルについて具体的に話し、将来どうなりたいかを関連付けて説明することができました。転職後の企業では、太陽光パネルの設置とメンテナンスを主体とした業務を経て、風力発電設備の企画、設計業務に携わることができ、プロジェクトチームの主任も任され、忙しくも充実した勤務となりました。スキルアップの指標としては、受験資格なしのエネルギー管理士を受験し、熱、電気ともに取得しました。

▶中卒の転職は難しい?転職を有利にする資格とは

自己の成長が将来につながる

いつも、自分はこの先どうしたいのか具体的に考えて行動し、失敗も失敗とは思わず、次の成長につなげるためのジャンプ台だと思い込み続けた結果だと自負していますが、中卒で就職しても自分だけしかできないことをやり、自分だけが学ぶことができることを、誰もが見つけることができるのではないでしょうか。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ