就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒の現実は悲惨!?学歴による収入格差・就活におすすめの職種・面接対策

様々な事情から高校へ進学せず、最終学歴が中卒だという方もいらっしゃることでしょう。こうした人たちは高卒者や大卒者と同じように就職することはできないのでしょうか。悲惨な現実が待っているのでしょうか。

実は、現実に中卒という最終学歴でも自分が理想とする就職を成功させている人がいます。中卒という最終学歴で就職活動を成功させるためには、やはり現代の就職事情というものを十分に把握することが肝心です。

中卒就職の現実を知り、その上で自分が理想とする就職を成功させるために努力を惜しまないことが重要になるでしょう。ここではそうした中卒者が就職を果たすために必要なことに関して述べていきます。

企業が中卒に抱く不安と対策

確かに最終学歴が中卒ともなれば、高卒や大卒という学歴に比べて就職活動が思うようにいかないこともあるでしょう。これは企業側が中卒者に対して様々な懸念を抱くことがあるからです。

どうして中学を卒業後高校へ進学しなかったのか、高校へ行けないようなことをしたのではないか、あるいは学力に問題があるのでは、などという疑問が出てくるのです。そうなるとどれもマイナスの要素になってしまいます。

また高校に一度は入学した場合でも、悔しいことに高校を中退したのはだらしない理由からなのではないかと疑ってかかる企業も少なくありません。

書類選考の時点で単純に中卒という事実を見ただけでは、やはりその先の面接などへ進むことが困難になる場合も大いに考えられます。こうしたことで就職活動に影響するケースもあるようです。

また高校中退者も少なくありませんが、これも最終学歴は中卒になってしまいます。どんなに優秀な高校に入学していたとしても、中途退学をしていれば中卒扱いになるわけです。

また高校中退者の場合、物事を続けることができない人物なのではないだろうかという不安を企業側に与えてしまう場合もあります。

会社に入社して実際に仕事を始めても、長く続けることができずにすぐに辞めてしまうのではないだろうか、と思われてしまうわけです。採用側としてはもっとも避けたい不安になります。

しかし、企業側は中卒者に対して上記のような不安を抱いているだけなのであり、面接までなんとかこぎつけることができれば、あとは自分をしっかりアピールすれば良いのです。

中卒という学歴のハンデを越えるくらいのやる気や自分を雇うことのメリットを提示することができれば、企業側の見る目もグッと変わるでしょう。ぜひ最後まで諦めず、全力で就活することをおすすめします。

【企業が中卒に抱く不安と対策 まとめ】

企業は中卒や高校中退者にネガティブな印象を抱いている
→やる気や自分を雇うことのメリットを提示してしっかりアピールしよう!

中卒の現実は悲惨?

中卒者として仕事に就こうとしている人には、中学を卒業後すぐに正社員に就職したりアルバイトに就こうとする場合と、高校を中退して仕事を探す場合とが考えられます。

「とにかく仕事がしたい!」「経済的にお金を稼がないといけない」「学校で勉強するよりも仕事をした方が自分はいきいきとするはず」など、実にさまざまな理由が考えられますが、仕事をしたいという気持ちは非常に素敵なものです。

しかしとても悲しいことに、現代の日本において中卒として仕事をしたいと考えた場合、実際の仕事内容はもちろん、応募する段階から採用、就業後の昇給や昇進についてしっかりと良い環境が得られるという保証がありません。

中学を卒業後に就職した人が0.4%という数字からもわかるように、もはや高卒が当たり前となった現代において中卒者という圧倒的少数を占める学歴の持ち主の方は、現実では少々苦難を強いられることとなります。

就職したくても求人が少ない

現代ではさまざまなアルバイトの求人が存在していますが、リアルタイムで高校に通っている高校生が片手間に行うアルバイトの求人が多くあっても、中学を卒業後生活をしていくためにフリーターとして働きたいと考える人が応募できる求人は非常に少ないのです。

アルバイト面接の時点でふるいにかけられてしまう場合が多いと考えられます。

また、就職についてでいくと正社員だけでなく契約社員や派遣社員の応募条件にも「高卒以上」「大卒以上」などと書かれてあります。

中卒者が企業に勤めたいと考えた場合には、採用してもらうどころか応募すらさせてもらえない場合が多く存在するのです。

昇給・昇進がない場合がある

中には中卒者として正社員に就職できる場合ももちろんあります。比較的少ないだけで求人数はけっこうあります。

しかししっかりと企業を調べておかないまま就職してしまうと、単純作業の仕事や流れ作業のライン作業、現場関係の仕事のみの仕事となってしまい長く働いていても昇給や昇進がない場合が多くあります。

たとえアルバイトとして採用されてもそこから正社員に採用してもらえるケースは少なく、一生長時間労働、低賃金を強いられてしまう人もいます。

なお、中卒者からでも公務員に就職できる仕事も存在しますが、昇進が一定のところまで止まってしまうという規定がある場合もあります。

中卒の平均生涯賃金は少なめ

上述したように、まだまだ現代の社会は学歴が重視されています。

転職活動の面接で同じような良い印象を残した人が2人いれば、業界を問わず企業は学歴の良い方を採用することがおそらく多いであろうと考えられます。

学歴の差が最も明らかに現れるのは賃金で、生涯賃金(新卒から定年までに獲得する給与とボーナスなどを合わせた金額のこと)を例えば中卒と高卒で比べると、2016年時点で中卒は男性が1億9000万円、女性が1億3000万円であるのに対し、高卒は男性が2億1000万円、女性が1億5000万円となっています。

なんとどちらも2000万円の開きがあることになります。

【中卒と高卒の生涯賃金】

<男性>
*高卒・・・2億1000万円
*中卒・・・1億9000万円

<女性>
*高卒・・・1億5000万円
*中卒・・・1億3000万円

”生涯賃金:生涯賃金は、ひとりの労働者が生涯にわたって得る賃金の総額である。”

【引用】ユースフル労働統計 2016 / 21 生涯賃金など生涯に関する指標

ちなみに大卒になると生涯賃金で男性が2億7000万円、女性が2億2000万円ですから、大卒まで行くと更に学歴が大きくものを言うということが分かると思います。

このように学歴によって差が開いてしまう原因として挙げられるのは、同じ職場でも学歴によってスタート時の給料が異なってくることがあるということ。

そしてそれ以上に大きいのが学歴が上がるにつれて、いわゆる一流企業の中でも給料が良い、あるいは給料が上がりやすい仕事に就きやすいということがあるためです。

しかし、これは中卒が高収入を狙えないということではありません。たとえ学歴に強みがなくとも、職種選びや就職・転職方法の工夫によって、十分に収入UPを狙うことが可能です。

たとえば転職エージェントでプロのアドバイザーに相談することによって、厳選された求人の中から自分の希望や性格に沿ったものを紹介してもらうことができます。

学歴の差に負けたくない、中卒でもお金を稼ぎたい!という熱意のある方は、そのやる気が内定につながります。ぜひ一度チェックしてみてください。


学歴関係なし!やる気を内定に繋げます

中卒のデメリット

高卒や大卒のライバルよりも就職で不利になる

最終学歴が中卒である場合には就職や転職に不利であるといわれていますが、これはなぜなのでしょうか?これについては、実は高卒者や大卒者などの他の学歴の人も多く応募してくるような企業や職種に限って言われることなのです。

特に大手企業などには高学歴の人が多く応募してくる傾向にあります。これは社会保障がしっかりしていたり、給与の設定が高めに設定されていることが理由であったりもします。ネームバリューを重視して、という場合もあるでしょう。

企業サイドとしてはいまだに最終学歴が中卒であると聞くと、中学校を卒業したあと高校に入学したかどうかに関わらず卒業していないということで「学習意欲が少ないのではないか」「不良だったのではないか」「努力を継続できない人なのではないか」などの悪いイメージや不安を抱く場合も少なくありません。

それも作用して、中学、高校を卒業して高い学習レベルのところで勉強をしてきた大卒者や高卒者のほうが比較的能力が高かったり人としてのマナーができているのではないかと企業側は考え、中卒者よりも優先して内定を出す傾向にあるのです。

しかし、これについては面接までこぎつけてしまえばあとははっきりと自分の魅力をアピールすることで解決することができます

面接まで進むことができたいということは企業側がわざわざ自分と会うために時間を確保しているのであって、これは少なからず自分に対して企業側が興味を示しているサインなのです

だからこそ必要以上に緊張したり自分をひげする必要はありません。自信を持って就職活動に臨みましょう。

長期的に働ける仕事が少ない

中卒の場合、高卒などのほかの学歴を持つ人よりも「教養が足りないのではないか」「一般常識を知らないのではないか」といったことが、書類審査や面接の際にはどうしても疑われてしまいます。

とても悔しいことに、中学校を卒業後高校に入学、卒業する人が大半を占めるようになった現代において、世間一般では「中卒者=不良、勉強が嫌い」というイメージをもたれてしまいがちなのです。

もちろん最終学歴が中卒である人には家庭環境などさまざまな理由が考えられますので、どんな業界の企業も「全員そういった理由で中卒なのだろう」などとは考えていないでしょう。中学を卒業してから経済的に働かなければなかなかった場合もあるでしょう。

しかし自分たちだけは不利益をこうむりたくないと思うのが人の性。どんな企業もある程度の常識がなかったり、新しいことを率先して吸収しようという気持ちのない人をわざわざ採用しようとは思わないのです。

そのため知識や教養が必要となるような職種、オフィスで勤務するいわゆるホワイトカラーの仕事には就職が決まりづらく、肉体労働や深夜勤務などに就職をすることが多くなります

しかし、肉体を酷使するような仕事や学歴に関係なく就職が決まりやすそうな仕事には同じような状況の人が多数応募をしてくるため、逆に競争率が上がってしまうという場合があります

また肉体労働に伴う大きなリスクとして、ケガを負ったり身体を壊してしまって仕事を辞めざるを得なくなることが挙げられます。そうなると、次の仕事が更に決まりづらくなるという悪循環に陥る可能性もあります。

また年齢を重ねるごとにだんだんと体力は低下していきますので、こういった体力仕事ではまともに働けなくなっていくためこれもまたデメリットといえます。

恋愛や結婚での壁が人よりも多い場合も

なお、現代において高校や大学を卒業せず最終学歴が中卒であるというだけで上記のように良くないイメージを持つ人はいまだに存在し、それだけで恋愛関係に発展するまでに時間がかかってしまうこともあるようです。

また結婚したいと思った相手の両親に結婚を反対されたりという場合もあるようですので、辛いとは思いますが、こういった場合にはすぐに諦めてしまわずにじっくり自分という人間を相手に知ってもらえるように努めましょう。

中卒のメリット

他の学歴の人よりも一足早く社会に出られる

さて、高卒者や大卒者は中学校や高校を卒業後、高校卒業までは3年間、大学卒業までは4年間もの歳月をかけて学業に励むことになります。

しかし、大学生や高校生が学校で勉強をしている間に中卒者は一足早く社会に出て一人の社会人として独り立ちをすることができるのです。周りよりも先に社会の縮図を学ぶことができ、仕事のやりがいや人生の楽しさ、生きていくことの充実感に浸ることができます。

そして他の生徒が学校を卒業して新卒として正社員に就職をするころには、中卒者はなんと何年分も先輩になっているのです。

同じ年齢なのに4年分多くの経験を経ている。こんなに有利なことはありません。したがって、社会人経験においては中卒者の方が圧倒的に有利に働く場面が多いといえます。

なお、見落としがちですが高卒者や大卒者は学歴に強みを得られる分、何百万円という出費を強いられることになります。私立高校や私立大学に進むとより好学な費用になります。そういった点でも中卒者にはメリットがあります。

若さが有利になる

上記にもリンクしてきますが、中卒者は早く社会に出ている分若さをアピールする事ができます。若いということは今後の伸びしろも大きいということにもつながるため、採用する側は将来を期待しやすいです。

若さゆえのやる気の大きさやガッツももまた、企業サイドには魅力的に映ることでしょう。

また22、3歳の新卒の大卒者は就業経験がゼロですが、同じ年齢での中卒者の場合にはなんと社会経験が約8年ほどある計算になります。高校を卒業した人に比べても3年も開きがあり、このキャリアの差は大きいです。

中卒が就職しやすいおすすめ職種

何も中卒者に限ったことではないのですが、就職活動をするときにふと頭を過ることは、「いったいどんな仕事ならば就職しやすいのか」ということではないでしょうか。

確かに自分の夢や目標というものはありますが、就職しやすい仕事などを考えることも大切だと言えます。

何故ならば、夢や目標だけを見ていて現実を直視しなければ、最悪の場合どこにも就職することができないという事態にもなりかねないからです。履歴書や職務経歴書に空白の時期をつくることは避けたいですよね。

では、中卒という最終学歴でも比較的採用されやすい業界や職種というものにはいったいどんなものがあるのでしょうか。

今ある求人情報の中で特に多いのが、いわゆるガテン系と言われる肉体労働です。ただし、肉体労働と言ってもこれには様々な仕事があります。

町でよく見かけることが多いガードマンや交通整理、引越し作業員、新聞配達員、清掃員などがその代表的なものと言えるでしょう。その他にも倉庫作業や工場内での流れ作業なども肉体労働になります。

この肉体労働には職人系のものなど様々な分野がありますが、専門資格を取得してスキルアップできる職業もあるのでこれを目指すこともおすすめです。

さて、下記に具体的なおすすめ職種を紹介していきます。

工事現場・建設現場

工事現場建設現場の社員、とび職といった仕事は学歴に関係なく受け入れてもらえるでしょう。そして、本人のがんばり次第でキャリアアップの道も見えてきます。

これらの仕事では2つの意味で「動ける」人間が重用されるため、若い中卒者にとって有利です。

たとえば、体が弱くて休みがちだと現場に迷惑をかけてしまいます。きつい仕事があっても、翌日はきっちり現場に出てこられる人材は優遇されます。

そして「周囲の流れを見て的確にサポートできる」人材です。協調性があり、空気の読める人は学歴に関係なく信頼を得られるでしょう。

工場

学校の勉強が役に立つ場面がほとんどないという意味で、工場の仕事もおすすめです。

食品、自動車、精密機械など工場の職種もいろいろありますが、多くの現場で共通しているのは、学歴に関係なく「イチからマニュアルを学ばなくてはいけない」という点です。

:

商品ごとに製造過程は全く異なるため、すべての新人はまっさらな状態から働き始めます。どんなに高学歴の人も社会人経験が深い人も、新しい工場の現場では「知らない」状態からスタートするのです。

つまり、工場の仕事はすべての人間にとって公平です。「今まで何をしてきたか」よりも「これからどれだけ働けるか」が重要視されるでしょう。

また、仕事の進め方が高度にマニュアル化されている工場では、初心者でも早く仕事を覚えられるようなサポートが徹底しています。

就職したら、まずはマニュアルを完璧にこなせるように努力してみましょう。そのうえで「より作業を効率化するにはどうすればいいか」と考えられるようになればキャリアアップも見えてきます。

接客業・飲食業

アパレルやホテル、旅館といった「接客業」は中卒社員も比較的受け入れてくれる業種です。また、レストランや居酒屋などの「飲食業」も学歴をあまり気にしない傾向があります。

これらの業種が学歴差別を行わないのは「仕事に求められる知識が特殊」だからです。たとえば、アパレルで働くなら「服の知識」「コーディネートのセンス」「お客とのコミュニケーション能力」などが大切です。

そして、これらの能力はいずれも高校や大学で教えてくれることではありません。服飾の専門学校で勉強してきた人はさすがに有利ですが、それ以外なら大卒でも中卒でも同じ立場から仕事を始められます。

飲食業の厨房で習う技術は普通の高校や大学で学べるものではありません。どんなに学歴が高い人でも、飲食業に就職した時点でイチから仕事を教えてもらいます。

場合によっては、余計な知識がそなわっていない若い年代のほうが、飲み込みが早い可能性も出てきます。特殊な業界でノウハウを磨きたいなら、学歴を気にする必要はないでしょう。

営業職

マーケティングや市場分析などで高度な知識を要求される「営業職」は、学歴が重要な職種だと思っている人も多いでしょう。しかし、営業職では往々にして「考えるよりも行動」が優先される場面が出てきます。

そして、中卒や高卒であっても積極的に行動を起こせる人材を求めている会社は少なくありません。募集要項で「学歴不問」「未経験者歓迎」などの記載がある会社は、中卒を歓迎してくれる可能性が含まれています。営業職に興味がある人は応募してみましょう。

中卒が差別を受けにくい営業職としては「訪問販売」「ルートセールス」「不動産業界」などが挙げられます。

訪問販売やルートセールスでは、決められた地域でどれだけノルマを達成できるかが鍵です。資格や学歴よりも体力とトークスキルが勝負なので、中卒でも適性がある人はたくさんいるでしょう。

また、不動産業界は転職者や未経験者を積極的に採用する特徴があるため、学歴も大きなハンデにはなりません。経歴ではなく現在の実力を見てもらえる業界なのでやりがいが生まれるでしょう。

ちなみに、転職エージェントに相談すれば他の職種も多数紹介してもらうことが可能です。上記の中に気になる職種があった方や、他にも多くの職種について知りたいという方は、ぜひ一度エージェントの利用を検討してみてください。


仕事選び

中卒なら「営業」に就職すれば学歴に関係なく高収入を得ることができる件

営業職とは、企業が開発した商品やサービスを客や相手会社に対して紹介し販売していく仕事です。企業の原動力となる売上を作る営業職は多くの企業で花形の仕事であり、数字を上げられる営業マンは会社での評価も高くなります。

適切な言葉遣いや身だしなみはもちろんのこと、商品に対する深い理解や相手のニーズを引き出す話術などのスキルが必要です。また営業職は「数字を上げる」ことが仕事になります。

数字とは「契約数」であり、いかに学歴が高くても数字が上げられない営業マンは会社にとって必要とされません。つまり、営業職に大切なのは学歴ではなく「どれだけ数字を上げられるか」この1点に尽きます。

したがって、中卒であったとしても高校や大学を卒業した人との学歴のハンデを跳ね返すチャンスが営業職にはあるのです。

また、多くの企業では契約数に応じて給与が上がる「歩合制」を採用しています。数字が上げられない場合は月給が下がる場合もありますが、きちんと数字を取れるのであれば高卒や大卒よりも多くの給料ももらうことも可能です。

中卒の場合には一般的に応募できる企業が限られてしまいますが、不動産業界は募集条件に「学歴不問」としている企業がたくさんあり、大手不動産会社でも中卒や高卒を採用している実績があり狙い目です。

さて、このコラムでは中卒なら「営業」に就職すれば学歴に関係なく高校や大学を卒業した人に比べて高収入を得ることができる件についてリサーチしています。もっと読みたい方はコチラ!

中卒の就活を有利にする方法

資格を取得する

日本ではかなり前から学歴社会は既に崩れたと言われていますが、いまだに学歴を重視している企業も少なくありません。中卒者がこうした企業へ就職することはやはり難しいと言えます。

しかし、だからと言って、中卒者は正社員として就職することができないのかと言えば、決してそういうことではありません。

現にこの世の中には中卒でも自分が望む会社で正社員として働いている方もいるわけです。ではいったいどうすれば自分の理想とする会社に入社できるのか、ここが気になるところでしょう。

中卒という最終学歴から高校や大学を卒業せず正社員として就職を目指する方法として、一つには資格というものがあります。

世の中にはいろんな資格がありますが、特に専門の資格を取得していると有利な仕事はけっこうあるものです。

また、このような専門の資格を持っていることで将来的にスキルアップやキャリアアップを目指すこともけっして夢ではなく、さらに仕事の幅を広げることができます。

人気の資格は宅地建物取引士調理師などの資格です。こうした国家資格は学歴に関係なく受験することができますから、その気になれば中卒者でも目指すことができます。自分が向かうべき職種に合った資格を狙うのがいいでしょう。

【中卒に人気の資格 まとめ】

①宅地建物取引士
・・・宅地建物取引業法に基づいて定められている国家資格者。不動産会社が行う宅地・建物の売買、交換、貸借の取引に対して、購入者などの利益の保護や円滑な取引を行えるようにする、不動産取引法務の専門家。

②調理師
・・・調理師免許の取得によって栄養・衛生の管理、適切な調理方法などの専門知識を持っていることを証明できる。安全な料理を提供することを証明することにも繋がり、顧客に安心を届けることができる。

求人情報をたくさん収集する

中卒者が就職活動を始めるときにもっとも重要になるものが求人情報の収集です。

ただし単純に求人情報の収集と言っても、これはかなり難しい場合もあります。その理由は、中卒者は高卒者や大卒者に比べて求人情報などが少ないというケースがあり、探してもなかなか見つけることができない場合も多々あるからです。

昔は中学を卒業しても高校へは行かずそのまま社会に出ていく人も多かったのですが、今の時代は少なくなってしまいました。なのでそうした求人情報も自然に減ってきているのは事実です。

しかし求人情報を探す方法はたくさんあります。昔からある方法は、新聞の求人欄を始め、市販されている有名な求人雑誌、新聞の折込求人チラシ、そしてハローワークなどを利用するのが一般的です。

フリーペーパーの求人情報誌も今はたくさんありますから、求人情報自体を集めることはそれほど難しいことではありません。

ましてや今はインターネットが自由に使える便利な時代ですから、パソコンやタブレット、またはスマートフォンなどで簡単に検索することも可能です。

しかし、問題になるのがやはり自分が希望している職種や業界で中卒でも可能だという求人がなかなか見つからないということではないでしょうか。

そこでおすすめするのが転職エージェントの利用です。エージェントでは一人ひとりに担当のキャリアアドバイザーがつき、本人の性格や希望、目的に合った求人を紹介しています。

求人を提供している企業側が料金を負担しているため求職者は無料でサービスを受けることができます。どうしても自分が希望する求人に出会えないとお困りの方はぜひ一度チェックしてみてください。


満足のいく転職を

「履歴書」と「面接」が就職活動で一番重要

就職活動では、当然のことですが面接というものがあります。しかしこの面接まで進むためには、まず履歴書を希望する会社へ送り、書類選考をパスしなければなりません。

この時点で不採用となるケースもけっして少なくないのです。

したがって履歴書はかなり重要なものになりますので、書き方にもコツがあることを理解しましょう。履歴書記入の際の注意点を始め、チェックされやすいポイント、また効果的なアピール方法などを知ることは重要です。

書類選考が通れば今度はいよいよ面接になります。では、この面接ではどんなことに気をつけたらよいでしょうか。

特に中卒者の場合、就職活動では学歴が不利になってしまうことが多いですから、面接で最大限に自分をアピールすることが必要になります。

どんな面接でも面接官が見ているのはその人の服装や態度、そして言葉遣いなどです。基本的な社会人のマナーは必ず見られます。

面接はコミュニケーション能力がもっとも大切ですから、やはりそのノウハウは身に付けておくことが大事です。

▶中卒でも関係ない!失敗で終わらせないための就職とは!?

中卒でも稼げる仕事はある!学歴の差別なくできる仕事と就職情報

学歴がないと就職できないと思っていませんか。でも現在では中卒の人達が様々な仕事に就いており、中卒には大卒の人よりも給料を多く貰っているケースも多々あります。

雇用形態が多様化した現代では、学歴に左右されず、ありとあらゆる人が社会で活躍しているのです。では一体どのようにアプローチすれば中卒者でも就職できるのでしょうか。

実際のところ、言ってしまえばスキルや才能があれば誰でも儲かるのが今の時代です。そして逆に言えば、何も強みがない人は取り残されてしまいます。

現代では働くスタイルも多様化しているため、必ずこんな風に働かなければいけないなどという決まりや風習はないと言っても過言ではありません。

現代では基本的に自分の頑張りと運がモノを言うため、学歴とは無関係なのです。

ただし学歴によってもらえる賃金に格差があることは事実であるため、その学歴差で不利にならないためには納得した職場選びをして1社に長く勤めることが大切です。そのためにはまず自己分析を行った上で仕事を探しましょう。

さて、このコラムでは中卒者が就職活動を成功させられるためのコツやおすすめの職種についてお伝えしています。もっと読みたい方はコチラ!

中卒者の就職活動も私たち第二新卒エージェントneoがサポート

中卒という最終学歴で就職を目指すとき、そこで最大の壁となってしまうのが学歴かもしれません。

自分は中学しか出ていないからとか、あるいは高校を中退しているからとか、そのような思いが就職活動を行う上でどうしても現れてしまう場合があります。でもこれでは良い結果は出せません。

その思いを打ち消して、自分が希望する就職を成功させるために必要になるのが万全なサポートです。仕事探しから面接の準備まで、すべてに渡りサポートしてくれる体制が必要になります。

私たち第二新卒エージェントneoは、そんな悩みを抱えている多くの方の就職や転職をサポートしています。

ここではプロのキャリアアドバイザーによる個別の就職相談を行っていますので、中学を卒業後高校に進学しなかった人や中退した人も就職に関して今抱えている不安や悩みを解決させることが可能です。

また細かいアドバイスにより、前述したような履歴書や職務経歴書の効果的な書き方をマスターすることができますので、ぜひ利用を検討してみてください。


内定獲得率

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div