就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒が飲食店に正社員として転職するコツとは?資格や面接対策について解説

学歴がネックになって、なかなか正社員として雇ってもらえないと悩む人は多いのではないでしょうか。飲食業界は、学歴がさほどネックにならない業種です。

とはいえ、誰でも構わないかといえば、決してそうではありません。そこで本記事では、中卒の方が飲食店に転職するコツをご紹介いたします。少しでもお役に立てれば幸いです。

中卒ニート用CTA

中卒が飲食店に転職するコツ

飲食は人材の出入りが非常に激しい業界です。― 厚生労働省「令和3年上半期雇用動向調査結果の概況」によれば、宿泊業・飲食サービス業界の離職率は15.6%と最も高い数値となっています。

一般労働者(正規雇用)の平均入職率が7.1%、離職率が6.3%であることを考えると、非常に高い数字と言えるでしょう。このような高い数字が出る理由はいくつか考えられます。

・飲食店はアルバイトの占める割合が多い
・就労環境が厳しい傾向にある

ひとつには、飲食業界では正社員よりもアルバイトやパートで働く人が多いことです。アルバイトやパートとして働く人の離職率は12.9%と、正社員として働く場合と比べるとはるかに高い数字であることがわかります。

飲食店でも、お店を任される店長やマネージャーは正社員、フロアスタッフはアルバイトというケースが多いのではないでしょうか。

責任の大きい仕事はすべて正社員が担わなければならず、需要に対して飲食店スタッフの供給が足りていないことからも過剰労働となり、辞めていく人が多いのではないでしょうか。

また人の出入りが激しい別の理由には、就労環境が厳しい点も挙げられるでしょう。拘束時間が長く休日が少ない傾向があることは、飲食店の代表的な課題といえます。

このような環境はすべての飲食店に当てはまるわけではなく、多くの飲食店が就業環境の改善に乗り出していますが、現状はこうした背景もあって飲食店スタッフの需要が増えています。

そのため学歴に自信のない方であっても、正社員として転職するチャンスは十分にあると言えるでしょう。しかし、ライバルに採用枠を奪われないためには、下記のような工夫が必要です。

(1)自己分析で自分の適性を把握する
(2)飲食店が自分に合っている理由を把握する
(3)細かい面接対策を行う

これは飲食店を希望する場合に限ったことではありませんが、新しい仕事に就くにあたって自己分析は非常に重要です。

というのも、自己分析によって自分の強みや得意分野、やりがいを得やすいポイントや苦手なことなどを把握することで、本当に自分が活き活きと働ける仕事を見つけることに役立つからです。

自分が仕事に求めていることも把握することができるようになるため、希望の仕事が定まっていたとしてもこのステップはぜひ踏んでほしいところです。

そして飲食店で働きたいと考えている場合には、自己分析の結果をもとに自分が飲食店勤めに向いているかを客観的に考えてみましょう。ここを具体的に理解することができれば面接時の受け答えも一貫してスムーズに行うことができるはずです。

なお、細かい面接対策を行うことも非常に重要です。志望動機や自己PRといったメインのものだけでなく、面接での基本マナーや逆質問もしっかり準備しておくことが望ましいです。

しかし、これらを一人で網羅的に行うにはそれなりの手間と時間がかかってしまいます。自分だけでは難しそうという方には、転職エージェントに自己分析や選考対策をサポートしてもらう方法がおすすめです。

【転職エージェントとは?】

専属のキャリアアドバイザーが転職活動の準備~入社までをサポートしてくれるサービスです。

カウンセリングを通じて自分に合った仕事を紹介してもらうことができ、書類・面接対策や面接日程の調整などを代行してもらえます。

転職エージェントでは専属のキャリアアドバイザーが希望や性格から「本当に合った仕事」をカウンセリングしてもらえるほか、必要に応じて書類・面接対策~入社までを徹底サポートしてもらえます。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは若年層に特化してサポートを行っているほか、このようなメリットがあります。

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

「自分に合った希望の仕事に就きたい」「転職すべきか教えてほしい」という方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


8月入社記事用

飲食店を狙える資格&資質とは?

調理士免許は強い!

飲食店で正社員として働くためには、いくつかの条件をクリアする必要があります。まずはは資格です。飲食店で働く以上、調理師免許はぜひ取得しておきたいものです。

調理師免許は国家資格であり、安全な料理を作ることができる料理のプロの称号です。この資格がなくても調理をすることは可能ですが、持っていれば就職に有利になることは間違いありません。

自分で飲食店を開業する場合にも有利になりますので、将来性のある資格と言えるでしょう。資格を取得するためには、調理師学校に通うか2年以上の実務を経験した後に、調理師試験に合格する必要があります。

他のスタッフへの指導能力が求められる!

なお飲食店で正社員として働くために求められるのは、資格だけではありません。ほとんどの飲食店では、スタッフの大部分がアルバイトです。正社員には多くのアルバイトの勤怠管理や、指導も求められます。

自分で調理ができるだけでなく、ほかのスタッフに仕事を教えるということも正社員として働くうえで重要な要素と言えるでしょう。

飲食店の面接で気をつけるポイントは?

多くの人に門戸が開かれている飲食店ですが、だからといってどんな人でもいいというわけではありません。面接では、その人のやる気や人柄だけでなく、多くのポイントがチェックされています。

飲食は清潔さが重要!

まず飲食店で重要視されるのは「清潔さ」です。食品の衛生管理は非常に重要です。

万が一提供した食事によって食中毒が起きてしまえば、営業停止となる可能性があります。最悪の場合、そのまま廃業となることもあるでしょう。

食品を扱う仕事に従事する以上、ほかの業界以上に身だしなみや清潔さはチェックされることは間違いありません。面接前には爪をきちんと切りそろえておきましょう。

女性はネイルや髪の毛に注意!

女性の場合ネイルは好ましくありません。髪の毛が長い場合、後ろでまとめると清潔感のあるスタイルになります。男性の場合も同様です。

面接の前には、他人が見て清潔感があるスタイルになっているか、自分で確かめるだけでなく周囲の人に見てもらうとよいでしょう。

飲食は挨拶が重要!

飲食店の面接でもうひとつ気をつけたいポイントがあります。それは挨拶です。

飲食店はサービス業であり、飲食店の仕事は調理だけではありません。場合によっては、調理場で調理をするだけでなく、ホールスタッフとして接客をすることもあるでしょう。

接客において挨拶は基本中の基本であり、そのお店の第一印象を決める重要な要素です。そのため、面接でもきちんとした挨拶ができるかどうかは重要視されています。

ビジネスマナーや敬語が苦手という人でも、挨拶は意識すればできることです。面接では「失礼します」「本日はよろしくお願いします」といった当たり前の挨拶を怠らないようにしましょう。


面接対策CTA汎用性あり

飲食店では学歴よりもやる気や努力が重視される

中卒で転職活動を行うのは、確かに簡単なことではありません。しかし、決して不可能なことでもないのです。飲食店では多くのスタッフを募集しており、中卒であっても就業することは可能です。

たとえ最初はアルバイトからのスタートだったとしても、資格を取得してステップアップしていくことができます。飲食店ではなにを求められているのかを知り、目標に向けて努力する姿勢を失わなければ、やがては正社員として活躍することができるでしょう。


中卒ニート用

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

LINEで貴月に就職・転職活動