第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

コレぞ成功法!?中卒が憧れのウェディングプランナーへ転職するには!

「ウェディング」。その場の誰もが笑顔で、こぼれる涙は溢れる感動ゆえ。幸せが満ち足りたその空間に、仕事をやりきったプロとして時間を共有できれば、どれほど有意義な心持ちになれるでしょうか。あなたはウェディングプランナーを目指そうと決めた日の気持ちを、今も鮮明に覚えていますか?転職を考えている方へ。転職は「チャレンジ」であり、暮らしを変える大きなきっかけですよね。そんな大事な挑戦だからこそ、何からスタートして良いのか多くの皆さんが悩むところです。私たち「第二新卒エージェントneo」はこれまでも豊富な経験と情報をもとに、しっかりと転職をサポートして参りました。この記事では転職活動に自信をもって向き合えってもらえるよう、ウェディングプランナーの仕事や面接対策のポイントについてご紹介します。

ウェディングプランナーに転職したい方へ!

女性的な感性を大いに発揮できるウェディングプランナーは、サービス業の中でも就職先として根強い人気があります。

ウェディングプランナーへの転職を考える皆さんのウェディングプランナーのイメージはどういったものでしょうか。

「華やかな職場」「ウェディングを最高の1日に仕上げるプロ」「新郎新婦の願いや夢を叶える仕事」、はたまた「幸せのお手伝いができる」、そのようなイメージでしょうか。
幸せな瞬間に関われる現場でこれからは働きたい、そう考えて現在の職場からの転職を望む方も多いようです。

世の中で幸せをかたちにできる仕事は限られています。

ウェディングはふたつの人生がひとつにまとまり、皆からたくさんの祝福を受ける日。
新郎新婦が感じている幸せを同じように実感できる場に身を置けることは、とても魅力的です。

ただしその分、人生の大きなイベントに深く関わる仕事だからこそ、責任も重大です。
憧れだけでは務まりません。

現在は海外からの影響もあり様々なウェディングのかたちがあるので、企画を深掘りし自ら提案したり、新郎新婦と一緒にオリジナリティーを追求できる点はウェディングプランナーの腕の見せどころとも言えます。

▶中卒でも関係ない!失敗で終わらせないための就職とは!?

ウェディングプランナーの仕事とは?

ブライダルに関わることから華やかで優雅なイメージが先行しがちな職種ですが、実際は限られた期間で綿密なプラン二ングをし、式当日まで新郎新婦の願いを叶えるべく尽力する体力勝負な仕事です。

通常、ウェディングの打ち合わせは式当日の半年から4ヶ月前よりスタートし、月に1、2回の打ち合わせをしていきます。
長いようで意外にあっという間の数ヶ月ですが、その間にやるべきことがたくさんあり、現場に関わるスタッフと連携を取りながら確実に準備を進めていく必要があります。

まず新郎新婦と初顔合わせをしてからは、すぐに式当日までの大まかなスケジュールを組みます。
なかには、ウェディングに対するイメージがまとまっていない新郎新婦もいます。
上手く意向を引き出しながら段取りよく打ち合わせを重ね、おふたりにとっての最高の1日を創り上げるお手伝いをします。

式当日には、思わぬハプニングが起こる可能性もあるため、あらゆる場面に機転を利かせて対応できなくてはなりません。
ウェディングプランナーは、華やかなウェディングをしっかりと支える裏方として緊張感あふれる仕事なのです。

でも、懸命に仕上げたウェディング当日には、主人公のお二人の幸せな瞬間や輝くような笑顔を目の前にでき、プランナーも幸せいっぱいの雰囲気に包まれるやり甲斐のある仕事なのです。

ウェディングプランナーに求められること

さて、ウェディングプランナーに求められることは大きく分けて4つあります。

コミュニケーションスキルが高いこと、柔軟な思考力を持っていること、想いをかたちにするためさまざまな提案ができること、そして献身的であることです。

まず、「高いコミュニケーションスキル」は大変重要です。
ウェディングプランナーは常に物腰を柔らかく心がけ、気配りをしながら新郎新婦と信頼関係を築いていきます。

ウェディングに対してイメージは人によって様々です。
仕上げたい形がはっきりしている新郎新婦もいれば、プランナーに任せたい方々もいます。
おふたりの希望を引き出し、汲み取り、形づくっていくためには高いコミュニケーションスキルは欠かせません。

次に、時間に追われながらもスピーディー且つ臨機応変に状況に対応していける「柔軟な思考力」も求められます。
何かアクシデントの際にも機転を利かせすぐに対応しなくてはなりません。

そして新郎新婦と共にウェディングを創りあげていくためには豊かな感性を発揮するような「提案力」も大事です。
新郎新婦に最大限幸せな空間を提供できるようなアイデアを生み出すクリエイティブさが少なからず必要です。

そして何よりも大切なことは、「献身的である」こと。
最終目的はウェディングが企画に沿って成功することです。
そしてそれは新郎新婦にとっての成功でなくてはなりません。
だからこそ気持ちに沿えること、お客様視点にとことん立とうと努力できる人材が向いているでしょう。

▶学歴なんて関係ない!中卒でも高給取りになれる営業という仕事について

ウェディングプランナーの面接でのポイント

これまで多くの方々の就職活動をサポートしてきた私たちから面接対策について言えることはさまざまですが、実はどの職種においてもそれは共通しています。

それは「チームに入れたい人材かどうかを魅せる」ことです。
面接とは、会社というひとつのチームの一員に向く人かどうか、あなたの魅力を見せる場なのです。

ただしブライダル業に対しての憧ればかりを熱く語るのではアピールが弱いかも知れません。
なぜなら、同じように熱く想いを持った人が面接に集まってきているはずだからです。
会社側が見たいのは、あなたが実際にその憧れる気持ちを現場でどう形づくっていけるか何ができるのかなどの「あなた自身の可能性」です。
したがってその仕事に活かせる資格や、アピールできる特技がはっきりとしている必要があります

そして顧客からの信頼を得られるような安心感を与える人かどうか、周りを巻き込むようなポジティブさがあるかどうかにも注目されます。

例えば、予算の面で全てを希望通りにできない場合でも、第2案、第3案と提案や方向転換がすぐにできる人材は向いていることでしょう。
色々な場面を想定しやすいアピールが強みとなります。

また人生の大切な日を任せたいと思われる人物になれるか、その点も大事です。
人と関わることや話すことが好きな方であれば、新郎新婦と打ち解ける会話力を売りにできます。
信頼関係を築けるコミュニケーションはウェディングプランナーには必要な要素です。

あなたの魅力を伝える方法、プロに相談してみるという選択

ウェディングプランナーは特に専門学校を出る必要もなく、資格も指定がなく誰もがチャレンジできます。
ただ悔しいことに、学歴不問と募集要項に掲載がある場合でも、一般的な就職面接の際には中卒よりも高卒以上が望ましいとされることも実際にはあるようです。

しかし、人間性の魅力やプランナーとしての資質や度胸、勢いを感じさせるような人材かどうかという点にも重きを置かれる職種なので、学歴で悩み二の足を踏んでしまうのはもったいないことです。
必要以上に自信の学歴に負い目を感じず、通信などで高卒資格を取ることやブライダル検定という資格にチャレンジすることも検討しましょう。

なお自信がなく一人では不安だという方には、転職をサポートする求人サイトに相談してみる方法もあります。

あなた自身が気付いていないウェディングプランナーに向いている魅力のアピールポイントや、アプローチの仕方を知る機会を得ることができます。
プロのサポートを受けて最大限に自信をもって強みを売り込み、転職の勝負に挑むという選択肢もあるのです。
エージェントと共にしっかりと自分の強みを発揮できる説得力のある面接対策をし、あなたの魅力を十分に伝えましょう。

転職は単なるステップアップではなく、生き方の方向性に向き合うこと

転職という仕事を変える選択は、人生の大きな節目です。
転職はいわば「生き方の軌道修正」と言えるかも知れません。

そのためには、有益な情報やサポートのもとに自分の適性を落ち着いて見出すこと、アピールできる説得力を身につける場を選ぶことは賢明でしょう。

ここまでいくつもの要素がウェディングプランナーには必要である点を述べてきましたが、何より大切なことは、人の笑顔に素直に心からの祝福をもって喜びを感じることができる人であるかどうかです。

人を幸せにしたい、その気持ちで丁寧に仕事を創っていける方はきっと向いているはずです。
ウェディングプランナーとしての第一歩を踏み出し、仕事が生きる術の枠を越え生き甲斐に変わるような転職を叶えるべく、ぜひ準備万端で面接に臨んで下さい。

▶知らなきゃ損!中卒やニートも就職できる4つの極意!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ