就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒男性が就職しやすい仕事8選|中卒男性、就職成功の秘訣とは?

「中卒だし就職できる仕事なんてないんじゃないか」などとお悩みの方は多いのではないでしょうか?

そこで本記事では中卒男性が就職しやすい仕事8選をご紹介いたします。中卒男性の就職成功の秘訣4つもご紹介いたしますので、ぜひ仕事選びにお役立てください。

仕事選び_プロに無料で相談

中卒男性は就職できる?

そもそも、中卒男性は就職できるのでしょうか?結論から言えばYESです。

もちろん、高卒者や大卒者に比べて中卒者の就職はハードルが高くないというわけではありません。たとえば厚生労働省によれば、最終学歴によって正社員割合が異なっています。

参考元:厚生労働省-平成30年「性、年齢階級・在学の有無・最終学歴、雇用・就業形態別若年労働者割合」

ご覧いただければわかる通り、最終学歴が高いほど正社員割合が高くなっています。

中卒者の場合、残りの約65%は契約社員や派遣社員、パートやアルバイトなど、非正規雇用形態で働いていることになります。

実際、中卒者の場合歓迎してくれる求人が多くなく、正社員になれないまま非正規雇用で働く方も多いです。

しかし、中卒から就職して同い年の人よりも長く社会人経験を積み、手に職をつけて活躍している方はたくさんいらっしゃいます。中卒からでも就職は十分可能なのです。

中卒男性の就職が難しい理由

では、どうして中卒からの就職は他の学歴に比べて難しいのでしょうか?それは、中卒者に対して企業が抱えているあらゆる懸念が大きな理由です。

たとえば、中卒者に対してこのようなイメージを持つ企業は多いです。

「勉強する意欲がないから中卒なのではないか」
「継続して努力することや勉強すること苦手なのではないか」
「問題が生じた場合にすぐに投げ出してしまうのではないか」

企業は、「中卒からの就職を考えるのは何か特別な事情があったか、やりたいことが明確にあったか、それともなんとなくかの3択だろう」と考える傾向があります。

そして、ネガティブな理由で中卒からの就職を考えている場合には、努力が苦手だったりすぐに諦めてしまう傾向があって早期退職してしまうのではないか、と考えられるのです。

正社員求を募集している求人を見ても「高卒以上」や「大卒以上」という表記が多いことからも、中卒者の需要は決して高くありません。

これはアルバイトなどの非正規雇用でも同様で、高校生が空いた時間に行うアルバイトの求人は多いですが、中学校を卒業後アルバイトで生計を立てていこうとする人向けのものはとても少ないです。

中卒男性が就職すべき理由

では、そのような環境下において中卒男性がわざわざ就職する必要はあるのでしょうか?

もちろん、就職をせずにアルバイトで生計を立てていくことは可能です。しかし、それには多くのリスクが伴います。

正社員とフリーターの稼ぎは1億円以上違う

中卒男性が就職しなかった場合のリスクの1つ目は、正社員とフリーターとでは圧倒的な賃金格差が生じることです。

厚生労働省資料の「正社員とフリーターの格差」によれば、18歳に就職して60歳の定年まで働いたとして、正社員の場合平均約2億2,000万円を稼ぐところ、フリーター6,000万円となっており、その差はなんと1億6,000万円です。

20代までであれば正社員もフリーターもたいして月給に差がないため、あまりこの差を実感することはないでしょう。しかし、正社員にはある大幅な昇給やボーナスが、アルバイトにはありません。

正社員は年間数千円規模での昇給が見られますが、アルバイトは十数年働いても数百円がいいところ。ボーナスに至っては月給の2~3ヶ月分の賃金が受け取れます。

しかも正社員は30代以降役職につくチャンスも出てくるため、役職手当もつくようになり、そこからフリーターとの賃金格差を一気に広げていくことになります。

同じ時間働いてその賃金格差が1億円越えなんて悲しいですよね。そのため、少しでも就職を考えている方にはぜひ行動に移していただくことをおすすめします。

チャンスは20代まで

また、30代以降になってから「やっぱり就職したいかも・・・」と考える中卒の方もいらっしゃいますが、残念ながらそこからの就職ではなかなか正社員として採用してもらうことができません。

というのも、一般的に就職のチャンスを得やすいのは若さゆえの伸びしろや体力、吸収力、柔軟性に価値を見出してもらえる20代までだからです。

30代に入ってしまうと、就業経験のない未経験者を採用しようという求人は一気に減ります。

就職の現場において、30代に対してはそれまでの経験や知識、即戦力となり得るスキルが求められるのです。

そのため、後々後悔しないためにも、中卒男性の方にはできるだけ20代の若いタイミングに就職を進めていただきたいと思います。

就職しないと結婚しにくい

また、就職して安定的な収入を得ていない男性は相手の女性からなかなか結婚を決意してもらいにくいというリスクもあります。

女性は結婚を考える時、その後の生活水準や子育てのことを考えて、できるだけ経済的に安定した相手を選ぶ傾向があります。

どんなに好きな相手でも、経済的に不安定な人とは家族になろうと思えない方も多いのです。そのため、結婚願望がある男性が就職しないことにはリスクがあると考えられます。

就職しないと育児が難しくなる

また、先ほどもお伝えしたように正社員とフリーターとでは生涯賃金に大きな差があるため、就職しないまま子供が生まれた場合、その子供にかけてあげられるお金にも大きな制約が発生します。

特にお母さんは妊娠中と出産直後は働くことが難しいため、男性の経済的なサポートが不可欠です。そこで十分な稼ぎを得られなければ、家族に負担を強いることにも繋がります。

そのため、家族に余裕のある暮らしをさせてあげたい、子供にしっかりとお金をかけてあげたいと考えている男性には、就職して安定的な収入を目指すことをおすすめします。

中卒男性、就職成功の秘訣

中卒男性の就職をよりスムーズに成功させるためには、本当に自分に合った仕事を見つけることが必要です。具体的には下記のポイントを念頭に置くとよいでしょう。

・学歴不問の仕事を選ぶ
・未経験歓迎の仕事を選ぶ
・自分の目標から逆算して選ぶ
・得意なことから逆算して選ぶ

学歴不問の仕事を選ぶ

まずは学歴不問の仕事を選ぶことが挙げられます。

求人の多くは「高卒以上」「大卒以上」などと募集制限がかけられており、中卒の方はそのような求人には応募すらすることができません。

そのため大前提として、学歴不問の求人を選ぶことが大切です。

中でも学歴不問の求人の割合が多い仕事がありますので、下記の「中卒男性が就職しやすい仕事8選」を参考に仕事選びをしてみてください。

ただし、求人で「学歴不問」としていても実際には高卒以上を求めているという企業も少なくありません。その点は考慮しておきましょう。

もし本当に中卒も歓迎している求人を知りたい場合には、ハローワークや就職エージェントなどのサポートサービスを利用するのが得策です。

【ハローワークとは?】

ハローワーク(正式名称:公共職業安定所)は、主に求人紹介を行っている国の機関です。

相談窓口で就職に関する相談ができる他、書類・面接対策も一通り受けることができます。

【就職エージェントとは?】

専属のキャリアアドバイザーが就職活動の準備~入社までをサポートしてくれるサービスです。

カウンセリングを通じて自分に合った仕事を紹介してもらうことができ、履歴書・面接対策や面接日程の調整などを代行してもらえます。

特にハローワークなら地元密着型の求人が集まりやすいため、自宅近辺で働きたい方に向いています。

ただし、ハローワークは求職者だけでなく求人を出す企業側も無料で利用できるため、できるだけ低コストで人材を採用したいと考えている労働環境の劣悪な企業(いわゆるブラック企業)が集まりやすいというデメリットもあります。

しっかり厳選された求人を紹介してほしいという場合には、就職エージェントを利用することをおすすめします。

ただし就職エージェントは、30代の経験者層に特化したものやIT業界に特化したものなどサービスが多岐にわたるため、中卒の方が利用する場合には中卒者に特化したところを使うのが賢明です。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは若年層に特化してサポートを行っている他、このようなメリットがあります。

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

もし就職の進め方がよくわからなかったり、短期間で就職したい中卒の方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


中卒の仕事選び

未経験歓迎の仕事を選ぶ

次に、未経験者を歓迎している仕事を選ぶことが挙げられます。これまでに就職した経験がない方は、就職の現場においては基本的に未経験者として見られることになります。

フリーターから就職を考える場合などは基本的に中途採用枠に応募することになるため、その場合のライバルは経験者たちということになります。

経験者が積極的に採用される仕事に応募してしまうと未経験者には圧倒的に不利なため、できるだけ未経験者層を積極的に採用している仕事を選びましょう。

特徴としては、特別な知識やスキルがなくても働ける仕事が挙げられます。飲食店のホールスタッフやキッチンスタッフなどはわかりやすい例ですね。

ただ最近では、資格や免許が必要な仕事でも就職後の取得で良いとしており、その取得をしっかりとサポートしてくれる未経験者に優しい職場もあります。

そのため、中卒男性の就職では未経験者歓迎の仕事を選ぶことがコツとなります。

自分の目標から逆算して選ぶ

また、人は目標や目的がなければなかなかモチベーションを高く保ちにくいものです。ぜひ、将来の目標や自分の理想像、ありたい姿を想像してみてください。

スポーツカーに乗りたい、戸建てを買いたい、月一で国内旅行に行けるような稼ぎを得たいなどなんでもかまいません。

それらの目標や理想のためにはどんな仕事に就くのが最もスムーズかを考えてみると、自分に合った仕事が見つかるかもしれません。

働くにあたって大切なのはいかに「納得」できる仕事に就くかです。

特に目標や買いたいものがあるわけじゃないという方が、稼ぎは良いけど好きになれない仕事に就いた場合、「こんなにしんどいのに、一体何のために働いてるんだろう・・・」と無気力になりやすく、早期退職に繋がりかねません。

採用する企業側としても、人を一人雇うことには大きなコストがかかるため、早期退職の可能性がある人材はできるだけ採用しないように注意しています。

そのため、志望動機や逆質問の内容によって、企業が求めているものがその人材にあるかだけでなく、その人材が求めているものが自社にあるかどうかも企業はチェックしています。

だからこそ自分の目標や目的、理想を明確にしたうえで、それを叶えられるような仕事を選ぶことがその先長く仕事を続けていくためにも大切なのです。

得意なことから逆算して選ぶ

また、「やりたいこと」を仕事にしたいと考えている方や実際にそういった仕事に就く方も多くいらっしゃいますが、実はこの仕事選びの仕方はあまり得策とはいえません。

というのも、「やりたいこと」が本当に自分の本領を発揮できるものなのかどうかはわからないからです。

働くということは、その道のプロとしてお金をもらうということですから、やはり自分の得意分野でなければなかなか活躍できません。

活躍できないということは、いつまで経っても独り立ちできなかったり、失敗が多いなど、その仕事に対してストレスを感じやすくなるということです。

やはり、ストレスを感じずに長く働いていくためには、自分の得意を活かせる仕事を選ぶのが得策です。

「相手の立場に立って物事を考えられる」「怒っている人となだめるのが得意」などなんでもかまいませんので、自分の得意を洗い出して、それを活かせる仕事を探してみてはいかがでしょうか?

中卒男性が就職しやすい仕事8選

では、ここからは中卒男性が就職しやすい仕事8選をご紹介いたします。

営業職

営業職は、ある商品やサービスを個人あるいは企業などに購入あるいは契約してもらうために売り込みを行う仕事です。

どのような業界においても必ず必要となる仕事のため、営業スキルさえ身につけておけば勉強次第でさまざまな業界で活躍することが可能です。

営業パーソンの働き次第で各企業の収入が決まると言っても過言ではないため、各営業パーソンのモチベーションの向上を図るために、多くの場合はインセンティブ制度が設けられています。

インセンティブとは、成果次第で基本給に追加してもらうことができる報酬のことです。

未経験からでも参入することが難しくなく学歴や経歴不問の求人が多いため、やる気や頑張り次第で学歴や経験に関わらず高い収入を目指すことができるのです。

dodaによれば、2019年の営業の平均年収は約440万円となっています。

国税庁の民間給与実態統計調査によれば同年の日本の平均給与は約441万円となっており、営業の平均年収は日本の平均値とほぼ同程度であることがわかります。

成果を数字で見ることができるため、自分の成長や他の社員との差を明確に把握することができ、やりがいに繋がります。

その他、営業職は売上目標を設定されることが多いため、達成した時のやりがいはひとしおです。

工場作業員

次に挙げられるのが工場作業員です。

食品、自動車、精密機械など工場の職種もいろいろありますが、多くの現場で共通しているのは、学歴に関係なく「イチからマニュアルを学ばなくてはいけない」という点です。

商品ごとに製造過程は全く異なるため、すべての新人はまっさらな状態から働き始めます。

どんなに高学歴の人も社会人経験が深い人も、新しい工場の現場では「知らない」状態からスタートするのです。

つまり、工場の仕事はすべての人間にとって公平で、「今まで何をしてきたか」よりも「これからどれだけ働けるか」が重要視されるでしょう。

また、仕事の進め方が高度にマニュアル化されている工場では、初心者でも早く仕事を覚えられるようなサポートが徹底しているため、未経験の中卒女性の方に向いています。

就職したら、まずはマニュアルを完璧にこなせるように努力してみましょう。そのうえで「より作業を効率化するにはどうすればいいか」と考えられるようになればキャリアアップも見えてきます。

介護職

次に挙げられるのが介護職です。介護職は主に高齢者が安全・安心に生活することができるように、身の回りのお世話や相談援助を行う仕事です。

介護の仕事は細かく職種が分かれており、デイサービスセンターや特別養護老人ホームなど)へ日帰りで通ってくる高齢者のお世話を行うデイサービスや利用者の自宅へ訪問するホームヘルパー、その他介護福祉士やケアマネージャーなどの仕事があります。

基本的に入浴やトイレなど直接身体に触れる介助を行うのには資格が必要ですが、無資格の状態から介護の仕事に携わり、仕事を覚えていきながら資格の取得を目指すのが一般的です。

人材不足ということも相まって、未経験からでも積極的に人材を採用しているところがほとんどで学歴不問の求人が多いため、中卒男性が就職しやすい仕事のひとつです。

かいご畑の介護士の給料・年収を上げるには?給料相場ランキングや給料の高い施設も紹介によれば、介護士の平均年収は約329万円となっています。

国税庁の民間給与実態統計調査によれば2019年の日本の平均給与は約441万円となっており、介護士の平均年収はこれを下回ってはいますが、ケアマネージャーなどの給与が高い職種へのキャリアアップや、給料の高い施設へ勤めるなどして収入UPを目指すことが可能です。

社会の役に立つことができ、利用者から感謝されることでやりがいを得られる仕事です。

タクシードライバー

次に挙げられるのはタクシードライバーの仕事です。

タクシードライバーはご存知の通り、お客様を指定された目的地まで安全に送り届けるのが仕事ですが、タクシーと言っても一般的なタクシー以外にも色んな種類があり、介護タクシーやハイヤー、運転代行などもあります。

タクシー会社に勤める場合、タクシードライバーには昼日勤、夜日勤、隔日勤務とあり、最後の隔日勤務が最もポピュラーな勤務形態です。

早朝(5時~5時半頃)に出社し、夜中2時~2時半頃に事業所へ戻ってくるのが一般的です。

一見長時間労働に見えますが、勤務中は必ず3時間の休憩を取ることが法律で定められており、1日おきに休みがあるためこの働き方に慣れれば休みが多いメリットがあります。

ジョブハウスのタクシードライバーの仕事内容とは?によれば、タクシードライバーの平均年収は約400万円となっています。

日本の平均給与を少々下回っていますが、歩合制を採用している職場であれば給与UPを狙うことが十分に可能です。

トラックドライバー

次に挙げられるのはトラックドライバーの仕事です。大型トラック、中型トラック、小型トラックで仕事内容が異なります。

大型トラックドライバーは指定された荷物を送り先に届けるのが主な業務で、長距離を運転することが多く、休息のためにトラックの中で眠ることも多々あります。

積む荷物が膨大な規模になるため、積み降ろし作業は専任の作業員が行うことがほとんどです。

次に中型トラックドライバーは、主に主要都市内にある集配所などへ指定された荷物を届ける仕事を行います。その日のうちに帰宅できるくらいの距離を運転することが多いです。

フォークリフトの免許を所持している場合には、運転手自らが荷物の積み降ろしを行う場合もあります。

小型トラックドライバーは宅配業務や集配所間のルート配送などを行うのが小型トラックの主な仕事で、大手運送会社のほとんどが取り入れている仕事です。

上記でお伝えしたような、大型トラックや中型トラックが集配所へ運んだ荷物をそこから派生する各エリアへと置けるのも小型トラックの役目です。

こちらもその日のうちに帰宅できるような距離を走るのが通例です。また、トラック運転手の平均年収は、運転するトラックの大きさによって若干額が異なります。

工場タイムズのトラック運転手(ドライバー)の給料ってどうなの? 就職に役立つ資格とは?によれば、普通・小型トラック運転手の平均年収が415約万円、大型トラック運転手の平均年収が約454万円となっており、平均より少し高めの収入です。

警備員

次に警備員です。警備員は、ショッピングモールなどの商業施設やオフィスビルの警備を行ったり、交通整理を行うなどして人々や財産の安全を守る仕事です。

主に、警備会社に就職して業務を行います。

具体的なすみ分けとしては、施設警備を行う1号警備、交通整理を行う2号警備、輸送警備を行う3号警備、身辺警備を行う4号警備が挙げられます。

求人ボックスの給料ナビ、警備員の仕事の年収・時給・給料情報によれば、警備員の平均年収は約314万円となっており、日本の平均年収を大きく下回ってはいますが、資格の取得などによって採用時に優遇されたり、昇給や昇格のチャンスがあります。

実際に事件が起こらないと動けない警察よりも身近なところで人の命や財産を守れるやりがいや、感謝の声を直接かけてもらえるメリットがあります。

また先ほども軽く触れましたが、通常資格の取得を必要とされない警備員の仕事ですが、率先して資格を取得することで優遇されたり、給与や階級がアップすることもあります。

地道に勉強すれば着実にキャリアアップしていくことができるため、目標とすべき道が明確になりやすく、やりがいに繋がります。

清掃員

次に清掃員が挙げられます。オフィスビルや商業施設、病院やホテルなどにおいて清掃を行う清掃員の仕事ですが、その種類は多岐に渡ります。

公務員としてゴミ収集を行う清掃業務員やオフィスビルや商業施設などの清掃をするビル清掃員、ご遺体のあった場所の清掃を行う特殊清掃員、病院清掃やハウスクリーニングなどの仕事があります。

求人ボックスの求人ナビ、清掃スタッフの仕事の年収・時給・給料情報によれば、清掃員の平均年収は約325万円となっています。

決して高い給与とはいえませんが、未経験からでも就職しやすく、私生活に活かせる清掃スキルが身につくメリットがあります。

飲食スタッフ

最後に挙げられるのは飲食スタッフです。飲食スタッフの仕事は特別な知識やスキルが不要なケースが多いため、学歴よりも実力ややる気で判断してもらいやすいです。

また、需要に対して人材が不足していることからも就職しやすくなっています。アルバイトとして働いているところで正社員登用の話が上がるなどして正社員化している方も多いです。

基本的には体力とコミュニケーション能力、顧客のニーズを瞬時に読み取って先回りして行動することが求められます。

接客の仕事がしたい方や、人の表情や行動の変化を読み取るのが得意だという方に向いています。

dodaによれば、飲食店の平均年収は約300万円となっておりこちらも収入が高いとはいえませんが、未経験からでも店長を目指せる求人もあるため、そういった部分で収入UPを目指せます。

いかがでしたか?気になる仕事はあったでしょうか。

「もっと他の仕事も知りたい」「自分に合った仕事を教えてほしい」という方には、繰り返しになりますが就職エージェントの利用がおすすめです。

完全無料で利用できますので、ぜひ一度チェックしてみてください。


非公開求人訴求

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div