就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒なら「販売」が狙い目?仕事内容から向いている人の特徴、資格まで徹底解説!

中卒の方が就職活動を行っていくにあたり、まず大切なのは仕事選びです。特に中卒が未経験者として就職活動を進めていくにあたっては、アピールできるスキルなどがないことがネックになってきます。

そこで、中卒でもアルバイト経験がある方であれば自己PRなどでアピールしやすいのが販売の仕事。

販売の仕事は未経験者でも比較的取り組みやすく、中卒を歓迎している求人もとても多く存在するため非常におすすめです。

このコラムでは販売職の仕事内容や特徴の他、向いているのはどんな性格の方か、自己PRではどのような部分をアピールすれば有利になるうかなど、未経験の中卒の方にぜひしっておいていただきたい情報をご紹介します。

企業選びの失敗はしたくない就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

販売ってどんな仕事?意外と知らない仕事内容

「販売」と聞くと、店頭で商品を販売するなどの、直接お客様と接する立ち仕事、というイメージが強くはありませんか?確かに、間違いではありません。

しかし販売の仕事はこの限りではなく、他にも自社製品の販売を行うため企業への訪問を行ったり、お客様からの問い合わせの対応やクレームの処理などを行う場合もあります。

販売と一口に言っても、それはその仕事内容によって”接客”の色彩が強いものと、”営業”の要素があるものと存在し、その双方に事務処理の業務が含まれたりもします。

ここでは販売の中でも理解しやすい代表的な職種をいくつかピックアップし、それぞれの仕事内容について見て行きたいと思います。

販売・サービススタッフ

販売スタッフサービススタッフと呼ばれる仕事は、それぞれで販売している商品を店頭でお客様に直接販売するのが主な業務内容です。

お客様への接客の他、商品のレイアウトや定期的な並び替えなど、お客様との交流を通していかにお客様に気持ちよく買い物を楽しんでいただくか、いかに効率的に商品を売るかを考えるのも重要な仕事です。

たとえばアパレル系の販売スタッフであればお客様の要望に合わせて、メイン洋服だけでなく小物選びの提案を行うなど、センスが問われる仕事もあります。

携帯・家電販売

携帯ショップや家電量販店などにおける販売の仕事ではその名の通り携帯電話やスマートフォン、家電全般を扱いますが、その取り扱い商品の多さは尋常ではありません。

これらの販売の仕事では店頭での接客はもちろん、各商品の機能説明だけでなくサービスの解説も行います。

元々携帯電話や家電が好きな方であればさほど問題ないと考えられますが、そこまで興味がないという方には少々難しい仕事かもしれません。

他にも端末への情報の入力作業やファイリング、カタログの整理や管理などといった事務処理的な業務も含まれます。

ホールスタッフ

ホールスタッフが最も馴染み深いかもしれませんね。この仕事は飲食店のホールで接客を行う仕事です。他の職種よりも比較的アルバイト経験を直接活かすことが可能となります。

レジ打ちや店内の清掃、など常に立ち仕事であるため体力が必要にはなりますが、じっとしているより動いていたい!という方にはぴったりでしょう。

ただし、職場にもよりますが飲食店はアルバイトの労働力に頼っている場合が多いため人手不足に陥りやすいです。そのため、入社後に休日が少ないなどの理想とのギャップが生じる可能性があります。

そのため求人情報をチェックする際には、長期間に渡って掲載されているものや詳細情報があいまいなものはブラックな可能性がありますので、それらを避けて探すようにしましょう。

ツアープランナー

ツアープランナーとは旅行の企画をする職業のことを指します。旅行代理店などを通じて参加することができるツアーなどは、すべてツアープランナーが企画・計画したものになります。

旅行経験者の多くが経験したことのあることかもしれませんが、友人同士などで旅行の計画を行った場合、ある程度各人のいきたいところや買いたいものなどの目標を果たした結果、余った残りの時間で何をしたらいいのかわからなくなってしまい、せっかくの旅行がなんだか物足りなくなってしまうことなどがあります。

これは旅行先に行くまでの間にその土地について十分なリサーチができておらず、また細かい状況設定ができていなかったことによる失敗から起こってしまう状況です。

しかし、なかなかその土地のすべてを把握することは難しいですし、いろいろと詰め込みすぎた旅行は疲れてしまいます。

せっかくの旅行なのに事前準備で労力を使ってしまい、重要な当日に疲れきってしまっていては本末転倒です。

そこでツアープランナーが大きな存在となってくるのです。ツアープランナーは旅行のプロとして様々な土地の情報を把握、日々リサーチしているため旅行希望者の希望に沿ったプランを組むことができます。

お客様の希望に沿ったプランを組めたときの充実感はひとしおなものです。誰かの笑顔を創る仕事としてツアープランナーはとても価値のある魅力的な職種です。

カウンターセールス

カウンターセールスとはその名の通り、カウンターでセールスを執り行う仕事のことを指します。詳しく言えば旅行会社の店舗の受付カウンターにて来店した旅行希望者の相談への回答や、ツアープランの販売を行う仕事です。

他にもチケットの用意、飛行機や新幹線の予約業務、パスポートの確認や旅行保険の手続きその他の関連した業務を行います。

カウンターセールスの仕事では旅行希望者の多種多様なニーズに合わせてそれぞれに合ったプランの提案をすることが求められるため、幅広い知識やニーズとその知識を結びつける力が必要となります。

また、お客様に気持ちよく過ごして頂くためのコミュニケーション能力やマナー、相手の気持ちに立って考える力が必要となります。またお客様をお待たせしすぎてしまわぬようなスピーディーさも求められるでしょう。

中卒は決して就職に不利なわけではない?

中卒は就職や転職に不利であるとよく言われていますが、確かにこれは間違いではありません。しかし、これは見方が固まってしまっている場合にのみ通用する考え方です。

中卒が就職に不利であるとされる原因は主にその学歴にあるとされますが、学歴によって就職や転職が
不利になるのは当然ながら採用に際して学歴を重視する企業や職業に応募する場合です。

学歴を重視して採用を行なうのは、例えばより論理的な思考を持っている人間を採用したいと考える大手企業や有名企業、そして応募者の人数を絞り込みたいと考える人気の高い職種の採用担当です。

つまり、これらのような学歴を重視する企業や職種を最初から視野に入れなければ特段不利というわけでもないのです。

逆に言えば、学歴を重視せずそれまでの経験やスキルを重視して採用を行なう企業の場合、これまで勉強一筋に生きてきて大学院を卒業した方の方が中卒者よりも不利になることがあるのです。

中卒者でも経験があったり求められているスキルと持っているスキルが合致すれば問題なく就職・転職することが可能となります。

特に販売の仕事であればアルバイト経験を活かして就職・転職を目指すことが十分に可能です。ぜひ今一度自分の持っているスキルや強みを棚卸しして、仕事選びについて考えてみましょう。

「自分に合った仕事は?」おまかせで仕事のプロに無料相談!

販売に向いている人の特徴

さて、ここからは販売に向いている人の特徴についてご紹介して参ります。自分がどれくらい当てはまっているかをぜひチェックしてみてください。

コミュニケーション能力がある

やはり販売の仕事においてはコミュニケーションが命です。コミュニケーションが元々苦手である、または人と接することがさほど得意ではないという方には不向きな仕事かもしれません。

ただし、コミュニケション能力が高くなければやっていけない仕事である、というわけではありません。もちろん高いに越したことはありませんが、特別苦手でないのであれば十分働いていけるでしょう。

笑顔が得意

お客様と直接接する機会の多い販売の仕事。やはり笑顔を大切にしていかなければなりません。

どんなお店でもお客様がいらっしゃる限りはそのお客様にとって心地よい場を提供する必要があります。

飲食店でもショップでも、お客様にとってのテーマパークを目指すくらいの気持ちでいなければお客様の笑顔を得ることはできません。

笑顔が得意である、よく「笑顔が素敵ですね!」といわれることがあるという方には、販売の仕事が向いているでしょう。

お客様の立場に立って考えられる

お客様があってこその販売の仕事です。

お客様がどんな目的でそのお店やサービスを利用しているのか、またはなぜ自分たちのお店ではなく他店に流れてしまっているのか、それらを常に考えられることができれば、就職後もまわりと差をつけることができるでしょう。

もちろんこれについては経験や知識がモノを言いますが、お客様の立場に立って思考を巡らせることができるかどうか、これが大元にあります。

気が長い

販売の中でも直接お客様と接する業務の場合、中にはクセの強いお客様を担当することもあります。電話対応においてはクレームを受けることも少なくありません。

そんな時、ついカッとなって雑な対応をしたり何か言い返してしまうようでは、相手のお客様の機嫌を更に損ねることになります。

正社員として働くとなれば、その企業に勤める人間としてひとつひとつの言動に責任を持たなければなりません。

お客様の立場からすれば、その担当者個人の発言・態度ではなく、その企業全体の発言・態度と捉えるのが普通です。だからこそいくら理不尽に思える案件であったも、責任のある対応を心がける必要があります。

だからこそ、もともとの性格が穏やかであったり、普段イライラすることが少ない人はより販売に向いていると考えられます。皆さんはいかがでしょうか?

仕事えらびに迷ったら仕事のプロへの無料相談がおすすめ!

販売に使える!有利になる資格とは?

さて、ここからは販売の仕事を目指す際に有利に進めれらる資格についてご紹介します。自分に合った資格があるかぜひチェックしてみてください。

家電製品アドバイザー

家電製品アドバイザーの資格はテレビや冷蔵庫、洗濯機などの家電製品を、お客様のニーズに合わせて選び方から使用方法、不具合の発生時や廃棄時に関するアドバイスを的確に行うためのスキル・知識を持っていることを証明できる資格のことです。

難易度は決して難しいものではなく、合格率も決して低くはありません。家電製品の販売などを視野に入れている方はぜひ一度チェックしてみてください。

リテールマーケティング(販売士)

リテールマーケティングの資格を取得するには、商工会議所でおこなわれる検定試験に合格しなくてはなりません。

通信講座やスクールの講座で勉強するほか、商工会議所のwebサイトで販売されている公式テキストを使って、独学で取得することも可能です。

個人差はありますが、販売士3級であれば、1か月ほど勉強すれば合格圏内に入れるでしょう。接客マナーや販売に関する知識を学んでおけば、実際の仕事に役立てることができます。

高卒認定試験

これは販売に関わらず中卒の方全般に言えることですが、高卒資格を取得する、または高卒と同程度の学力を示せる状態にしておくことに越したことはありません。

中卒でも十分就職や転職は可能ですが、少しでも有利に進めたいのであればぜひおすすめしたい要素です。

高卒の資格を取る方法に関しては色々あり、一番無理なく資格を取る方法としては通信制高校高校の夜間部へ通うという方法が挙げられます。

高校に通うとなると同世代の人がいるか心配と思う方も多いでしょうが、通信制高校や夜間部は高校を中退して改めて高卒資格を取りたいと思って通っている人も多く、年齢の幅もかなり広いのでその心配は必要ありません。

それに、通信制を選んでいればスクーリングの日数が少ないことから仕事とも両立しやすいというメリットもあります。

しっかりと先生が勉強を教えてくれてわからないところをその場で解決出来るので、通信制高校や高校の夜間部はかなりおすすめです

また学校に通わずに高卒資格を狙うのであれば、高卒認定を取るという選択肢もあります。

高卒認定はあくまで「認定」なので高卒資格ではありませんが、高卒と同じ程度の学力があるとみなされる資格であり、一部では認められませんが大半の企業の高卒以上の求人は高卒認定でも問題なく受けられます

ただ、こちらの場合高校レベルの勉強を独学でしなければいけないため、勉強が苦手という人にはあまりおすすめしません。自分のペースで勉強が出来ますが、その分勉強しなくなってしまう可能性もあります。

このような理由から高卒認定を狙うのであれば、ある程度中学までの基礎が出来たうえで受験するのがおすすめです。高卒資格を持っていれば、大学や専門学校でより専門的な勉強がしたいと思った時の選択肢もかなり広がります。

そのため、中卒でよりお金を稼ぎたい、もっとスキルを習得したいと思っているのであれば、高卒資格の取得を目指して損はないと言えるでしょう。

【リンク】中卒が就職に有利になる資格とは?受験できる国家資格&民間資格を紹介!

中卒者が就職活動中、就職後に取得すると有利な資格のひとつに、国家資格である「宅地建物取引士」があります。

どういった資格か簡単に説明すると、土地や建物の売買や賃貸物件の契約を結ぶ時に契約内容に関する重要事項をお客様に説明する事ができる資格です。

受験資格の年齢や学歴のハードルが低く、なんと平成29年度には最高齢で89歳、最年少で13歳の合格者がいました

「宅地建物取引士」の試験に合格するためには問題全体の70%以上の正解率が必要ですが、過去5年間の最低合格ラインは50点満点中32点~35点なので、しっかり自習しながら通信講座などを利用すれば正解率70%という数字は決して難しくないはずです。

また「調理師免許」の取得を目指してみてはどうでしょうか。これは一般論として他の国家資格より比較的取得は難しくなく、合格率は毎年60%から65%で推移しています。

ただし、受験するのに年齢制限はありませんが調理師学校へ行かずに受験資格を得るには、法律で「調理師法施行規則第4条」に定める施設での実務経験が2年間必要です。

他にも手に職を付けたいなら「貴金属装身具製作技能士」という国家資格を取得して、ジュエリー業界でキャリアを積むのも良いでしょう。

「貴金属装身具製作技能士」とは指輪やネックレスといった装飾品の制作技術を認定する国家資格の事で、一般的にジュエリーデザイナーの仕事に就く人が取得する資格です。

さて、このコラムでは中卒者が就職活動するにあたってチャレンジする業界の選択肢を広げたり、給与や待遇面でのハンディキャップを埋めるために有利な資格を紹介します。もっと読みたいかたはコチラ!

販売以外にも!中卒におすすめの職業4選!

工事・建設現場

中卒が就職や転職の際に差別を受けやすい理由は「社会人としての常識が危うい」「今まで勉強の努力をしてこなかった」などの誤解があるからです。

そのため、デスクワーク中心の仕事は中卒に対して採用率が厳しくなる傾向が見られます。

中卒でものびのびと働きたいなら、体力勝負の職場に就職するのがおすすめです。

工事現場や建設現場の社員、とび職といった仕事は学歴に関係なく受け入れてもらえるでしょう。そして、本人のがんばり次第でキャリアアップの道も見えてきます。

これらの仕事では2つの意味で「動ける」人間が重用されるため、若い人間にとって有利です。

まず一つ目は「体力が十分にあり、重労働も難なくこなせる」人材です。

たとえば、体が弱くて休みがちだと現場に迷惑をかけてしまいます。きつい仕事があっても、翌日はきっちり現場に出てこられる人材は優遇されます。

そして「周囲の流れを見て的確にサポートできる」人材です。協調性があり、空気の読める人は学歴に関係なく信頼を得られるでしょう。

工場勤務

学校の勉強が役に立つ場面がほとんどないという意味で、工場の仕事もおすすめです。

食品、自動車、精密機械など工場の職種もいろいろありますが、多くの現場で共通しているのは、学歴に関係なく「イチからマニュアルを学ばなくてはいけない」という点です。

:

商品ごとに製造過程は全く異なるため、すべての新人はまっさらな状態から働き始めます。どんなに高学歴の人も社会人経験が深い人も、新しい工場の現場では「知らない」状態からスタートするのです。

つまり、工場の仕事はすべての人間にとって公平です。「今まで何をしてきたか」よりも「これからどれだけ働けるか」が重要視されるでしょう。

また、仕事の進め方が高度にマニュアル化されている工場では、初心者でも早く仕事を覚えられるようなサポートが徹底しています。

就職したら、まずはマニュアルを完璧にこなせるように努力してみましょう。そのうえで「より作業を効率化するにはどうすればいいか」と考えられるようになればキャリアアップも見えてきます。

接客業・飲食業

アパレルやホテル、旅館といった「接客業」は中卒社員も比較的受け入れてくれる業種です。また、レストランや居酒屋などの「飲食業」も学歴をあまり気にしない傾向があります。

これらの業種が学歴差別を行わないのは「仕事に求められる知識が特殊」だからです。たとえば、アパレルで働くなら「服の知識」「コーディネートのセンス」「お客とのコミュニケーション能力」などが大切です。

そして、これらの能力はいずれも高校や大学で教えてくれることではありません。服飾の専門学校で勉強してきた人はさすがに有利ですが、それ以外なら大卒でも中卒でも同じ立場から仕事を始められます。

飲食業の厨房で習う技術は普通の高校や大学で学べるものではありません。どんなに学歴が高い人でも、飲食業に就職した時点でイチから仕事を教えてもらいます。

場合によっては、余計な知識がそなわっていない若い年代のほうが、飲み込みが早い可能性も出てきます。特殊な業界でノウハウを磨きたいなら、学歴を気にする必要はないでしょう。

営業職

マーケティングや市場分析などで高度な知識を要求される「営業職」は、学歴が重要な職種だと思っている人も多いでしょう。しかし、営業職では往々にして「考えるよりも行動」が優先される場面が出てきます。

そして、中卒や高卒であっても積極的に行動を起こせる人材を求めている会社は少なくありません。

募集要項で「学歴不問」「未経験者歓迎」などの記載がある会社は、中卒を歓迎してくれる可能性が含まれています。営業職に興味がある人は応募してみましょう。

中卒が差別を受けにくい営業職としては「訪問販売」「ルートセールス」「不動産業界」などが挙げられます。

訪問販売やルートセールスでは、決められた地域でどれだけノルマを達成できるかが鍵です。資格や学歴よりも体力とトークスキルが勝負なので、中卒でも適性がある人はたくさんいるでしょう。

また、不動産業界は転職者や未経験者を積極的に採用する特徴があるため、学歴も大きなハンデにはなりません。経歴ではなく現在の実力を見てもらえる業界なのでやりがいが生まれるでしょう。

あなたの就活を二人三脚で助ける無料サポート

【おすすめ】中卒でも働けるのはどんな仕事?就職事情と有利に進める資格や方法を紹介

現代は学歴社会といわれる一方で、さまざまな事情から中学卒業後すぐに働かざるを得ない人たちもいます。その場合、果たしてどのような就職先があるのかは非常に気になるところです。

厚生労働省の「平成25年若年者雇用実態調査の概況」によると、正社員割合は中卒が37.5%であるのに対して高卒で57.1%、大卒で79.6%となっており、大学卒者と比べると半分以下であることがわかります。

ではなぜ中卒者の正社員の割合がこんなにも低いのか。それは企業側の抱いてしまっている懸念が主な要因です。

もはや最終学歴が高卒であることが当たり前になってきている現代において、中卒という学歴は「学ぶ意欲がないのではないか」「継続して努力をすることが苦手なのではないか」「問題が生じた場合にすぐに投げ出してしまうのではないか」などと捉えられてしまいがちなのです。

しかし、だからこそ学ぶ意欲があり継続した努力をすることのできる人間であることなどをアピールできたならば、就職成功はグッと近づきます。

さて、このコラムでは中卒者の就職事情就職を有利に進めるためのポイントや資格などについて解説をしていきます。もっと読みたい方はこちらをCheck!

学歴差別のない職場はたくさんある!自分の能力に合った就職を目指そう

学歴差別が横行している会社があるのは事実です。しかし、逆に学歴など全く気にされず、働きぶりだけを評価してもらえる職場も珍しくありません。

「体力勝負の仕事」「特別なセンスが要る仕事」「精神力が要求される仕事」などでは中卒であっても存分に活躍できます。

学歴に悩んでいる人も、自分の能力を活かせる業界をリサーチしてみましょう。理想的な就職ができれば順調にキャリアアップも果たせます。

もし一人では就職・転職活動の方法がイマイチわからないなどとお困りの方は就職・転職エージェントの利用が非常に便利です。

転職エージェントとは、求職者に対して提携している企業の求人を紹介することを主なサービスとして展開している民間の就職支援サポートです。

例えば私たち第二新卒エージェントNEOでは第二新卒者をはじめとした若者を対象にサービスを展開しております。

お一人お一人をプロの転職アドバイザーが担当させていただき、個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介いたします。またその他履歴書の添削やアドバイス、本番さながらの面接対策も行っています。

加えて面接後のフィードバック入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントNEOではすべて代行しており、就活が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

なお、第二新卒エージェントNEOの強みはなんと言ってもアドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさ。「人見知りで対人が苦手・・・」という方にも高評価をいただいております。

ご相談からでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、一人での仕事探しでお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。

【体験談】中卒から就職・転職を成功させた人はこんなにいます!

実はこんなにたくさんの方が正社員への就職・転職に成功しています。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div