就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

就職や働くことが怖いニートが恐怖心を克服する方法5選

「就職したいけど働くのが怖い・・・」
「過去のトラウマから抜け出せず就職に一歩を踏み出せない」

このようにお悩みではありませんか?特に前職で大きな失敗やトラブルを経験していたり、学生時代にいじめを受けていたという方は働くこと自体に恐怖心を抱えているかもしれません。

そこで本記事では就職や働くことが怖いニートが恐怖心を克服する方法5選をご紹介いたします。

就活をスムーズに進める方法もご紹介しておりますのでぜひ参考にしていただけましたら幸いです。

原因は?なぜ就職や働くことが怖いのか?

将来の生活に不安を感じて就職を考えているけど、就職することや働くことに恐怖心を感じて行動に移せない・・・このような方は、そもそもなぜ仕事が怖いのでしょうか?

原因を深く考えないまま無理やり就活を始めても、逆に大きなストレスを受けることになりかねません。まずは「どうして自分は仕事が働くことが怖いのか」の理由を明確にしましょう。

一般的に就職や働くことが怖いと感じているニートの方にはこのような原因が見られます。一つず見ていきましょう。

【ニートが仕事を怖がる原因】

(1)過去の人間関係のトラウマがあるから
(2)就活で恥をかくかもしれないから
(3)空白期間を問い詰められそうで怖いから
(4)仕事がうまくいかないかもしれないから
(5)ブラック企業に勤めたトラウマがあるから

過去の人間関係のトラウマがあるから

まずは、過去の人間関係にトラウマがあることが挙げられます。前職の職場で不当な扱いを受けた、学生時代にいじめを受けた経験があるなどです。

過去の人間関係でのトラウマはそう簡単に消えるものではありません。だからこそ必要以上に人と接する必要のないニート生活が居心地良く感じるのでしょう。

就活で恥をかくかもしれないから

中には就活で恥をかくかもしれないと不安に感じている方もいらっしゃいます。

「面接でうまく受け答えができず笑われるかもしれない」
「自分が就活したって、きっと何十社受けても全部落とされるだろう」

このように就活に失敗することを恐怖に感じている方は非常に多いです。

空白期間を問い詰められそうで怖いから

またニートの方の多くが恐れているのは、面接でニートとして過ごしていた空白期間について問い詰められることです。

「どうして働こうとしなかったんですか?」「この期間はどのように過ごしていたんですか?」などと根掘り葉掘り質問されたらどうしよう・・・と感じているのです。

仕事がうまくいかないかもしれないから

中には仕事がうまくいかないかもしれないから就職するのが怖いと考えている方もいらっしゃいます。特に前職で大きな失敗やトラブルを経験している方に多いです。

しかし、仕事で失敗しない人など皆無です。どんなに優秀な経営者でも、日々失敗を経験しているからこそそれを糧に成功を収めることができるのです。

そして覚えておかねばならないのは、年齢を重ねれば重ねるほど失敗を大目に見てもらうことが難しくなります。

逆に言えば若ければ若いほど失敗へのハードルが低くなりますので、仕事がうまくいかないかもしれないと考えている方ほど早めに就職することが望ましいのです。

ブラック企業に勤めたトラウマがあるから

そしてブラック企業に勤めた際のトラウマで社会復帰できなくなっている方も多くいらっしゃいます。

理不尽な扱いを受けた、暴力を受けた、性的ないやがらせを受けたなど、受けたトラウマが大きければ大きいほど仕事への恐怖心をぬぐうことは難しいです。

しかもニート期間がある場合には「ブランクがある人材を雇ってくれるのはブラック企業くらいしかないのではないか」という考えから、余計に就職へ一歩を踏み出すことが出来ない傾向があります。

しかしブランクがある方や未経験業界・職種にチャレンジする方でもホワイト企業へ就職することは十分可能です。

たとえば第二新卒エージェントneoなら就業経験のない方や未経験者を積極的に採用している企業の取り扱いが多く、担当者が実際に足を運んでいるためブラック企業を紹介される心配もありません。

気軽に無料相談が可能なため、一度求人を紹介してもらうのも手です。


楽しい仕事がしたい!プロに無料相談!

ニートを続けることによるリスク

ところで、本記事を読まれている方は「ニートを続けることで将来に影響が出る」と不安に感じている方が多いと思いますが、実際にどのようなリスクがあるのかご存知でしょうか?

具体的には下記が挙げられますので、こちらも一つずつ見ていきましょう。

【ニートを続けるリスク】

(1)後々経済面で苦しくなる
(2)就・転職ができなくなる
(3)友人・知人から孤立する

後々経済面で苦しくなる

ニートの状態が続けば当然収入は得られませんが、生活をしている以上生活するためのお金が必要です。仮に前職で貯金したお金があったとしても、いずれは生活費が底をついてしまうでしょう。

現状、親や兄弟姉妹などに生活費を出してもらっている場合も同様です。親が生活費を負担してくれている間はニート生活が可能ですが、永遠ではありません。

親や兄弟姉妹などの支援者もだんだん年を取っていき、いずれは働けなくなる可能性もあります。

兄弟姉妹であれば、結婚して新たな家族ができ、現状と同様に生活費を負担することができなくなる可能性も十分に想定できるでしょう。

そのため、いずれは生活費を自分で捻出しなくてはいけない時期が来ます。現実逃避を繰り返して他人に依存しすぎた生活を送っていると、いざという時に経済的に困窮した状況に陥ってしまうでしょう。

就・転職が難しくなる

また就・転職は年齢が増すほど採用条件が厳しくなります。例えば20代半ばくらいまでなら条件が緩い職種でも、30代になると採用してもらえなくなるといった形です。

企業としても、時間やお金をかけて必要なスキルを一から学ばせるほどのメリットがあるのかを考えます。

若いうちの採用なら時間をかけて育てても、その後戦力として働いてくれる時間が十分にある可能性が高いため、先行投資となるでしょう。

しかし30代は部下を持ち始める年代となり即戦力が求められるため、ニートを続けてきた方はより一層採用されにくくなっていきます。

ニートの期間が長くなればなるほど、就・転職では不利になるでしょう。

例えば、他の条件がまったく同じニートとフリーターがいた場合、どちらかを採用するのであれば多くの企業は社会性を重視してフリーターを選ぶ可能性が高いでしょう。

社会との接点を持たずに長く過ごすことは、就・転職においてマイナスにしか働きません。

友人・知人から孤立する

またニートを続けることで、友人や知人を自ら遠ざけることになる可能性があります。同年代の友人や知人とは生活の中身が異なるため、まず活動する時間帯が合わなくなっていくでしょう。

また親などに養ってもらっているニートの状況では、仕事している友人や知人に対して引け目を感じてしまい、対等に付き合うのが難しくなる可能性もあります。

会って話をする場合も、ニートと仕事をしている人では徐々に話題がかみ合わなくなっていき、一緒に過ごすことが苦痛に感じる可能性も否めません。

相手とのずれを感じるのはニートの方だけではありません。相手も同じように付き合う距離感に難しさを感じるようになることが考えられます。

ニートでいる期間が長くなればなるほど相手との溝を感じやすくなるため、周囲から孤立していくことになるでしょう。

就職や働くことが怖いニートが恐怖心を克服する方法5選

では、ニートの方が仕事への恐怖心を克服するには一体どうすれば良いのでしょうか?具体的な方法は下記になります。

(1)面接で問い詰められることはないことを知る
(2)仕事で怒鳴られる心配はないことを知る
(3)無茶で理不尽な指示をされる心配はないことを知る
(4)就職してもいつでも辞めていいことを念頭に置く
(5)アルバイトで仕事に慣れる

面接で問い詰められることはないことを知る

まず、就活において面接で問い詰められることはないことを知っておきましょう。

面接でかなりきついことを言われた経験のある方は多いと思いますが、人材のストレス耐性や粘り強さをチェックするために企業側があえて威圧的な態度で面接を行う「圧迫面接」という手法が存在します。

これによってニート期間を経験したことについて強く否定されたり、立ち直れないほどのダメージを受けるのではないかと考えている方も多くいらっしゃることと思います。

しかし近年、圧迫面接を行うことで内定を出した人材に辞退されてしまったりネガティブな情報をSNSで拡散されてしまうなど、圧迫面接が企業に多くのデメリットをもたらすということで、圧迫面接を行う企業はかなり少なくなってきています。

そのため、こういった時代でも未だに圧迫面接を行うような企業は従業員を不当に扱うブラック企業である可能性が考えられるため、そういった企業はこちらから願い下げだという意識を持っておくことが大切です。

いずれにせよ、現代では面接で問い詰められるようなことは基本的にありませんので、ある程度リラックスして受けることができることをお伝えしておきます。

ただし、空白期間については面接で必ず質問されますので、事前に答えを準備しておくことが必要です。

「どう答えれば良いのか全くわからない」「自分で考えた内容で失敗しないか不安」という方は、この後もご紹介する就・転職エージェントに無料相談されることをおすすめします。

ニートからの就職に精通しているキャリアアドバイザーにマンツーマンで就職相談に乗ってもらえるため、面接対策だけでなく、自分に合った仕事を紹介してもらうこともできます。


面接対策ならプロがサポート!

仕事で怒鳴られる心配はないことを知る

また、仕事で怒鳴られるようなことも現代ではなかなかありません。従業員に大きな声で怒鳴るようなことはパワハラに繋がるとして、処分の対象になるからです。

そのため事前にその企業がどういった職場環境なのか、口コミを調べるなどすればある程度予測がつきますので、ハラスメントが横行しているような企業を除いて就活をすれば問題ないでしょう。

無茶で理不尽な指示をされる心配はないことを知る

なお、無茶で理不尽な指示をされる心配も基本的にはありません。近年ではワークライフバランスを重視する企業も増えているため、以上な仕事量を押しつけられるような企業はかなり減ってきています。

加えて、理不尽な扱いを受けた側が「パワハラだ」と認識すれば処分の対象になるため、よっぽど企業内が整備されていない企業でなければこのような事態は避けられます。

就職してもいつでも辞めて良いことを念頭に置く

なお、ニートの方の中でも特に真面目な方は「一度就職したら基本的にはずっとそこで働き続けることになる」とお考えかもしれませんが、就職したとしてもいつでも辞めて良いということを念頭に置いておきましょう。

「いつでも辞められる」という意識をひとつ持つだけで一気に仕事へのハードルが下がり、気持ちが楽になります。

しかも今時は転職が当たり前になっている時代ですから、退職を言い出した時に微妙な空気感になったり引き止められるような心配も基本的にはありません。

大切なのはご自身の心と体の健康ですから、もし就職して「やっぱりキツイ」と感じたらいつでも辞められるということを覚えておきましょう。

アルバイトで仕事に慣れる

最後に、仕事への恐怖心を克服するためにアルバイトを行って働くこと自体に慣れることも有効です。

働くことはもちろん、人間関係の構築に慣れたり、自分の意見を伝えることに慣れることで少しずつ仕事への恐怖心をなくし、就職へのハードルを下げるのです。

中にはアルバイトからの正社員登用制度を設けている職場もありますので、そこで就職を考えるのも手です。

ただしアルバイト期間を挟んで就職する際には、あらかじめアルバイト期間の期限を決めておくことが重要です。

特にアルバイト期間に制限を設けなかった場合、フリーターのまま年齢を重ねてしまい、いざ就職しようと思った時には雇ってもらえる職場がほとんどないといった事態になりかねません。

アルバイト期間を経て就職する際には、できるだけ20代後半には就職活動を開始できるように見積もっておくことが望ましいです。

ニートが就職する方法

では、実際にニートの方が就職するにはどうすれば良いのでしょうか?ニートからの就職で重要なのは下記の2ポイントを網羅することです。

(1)ニート・未経験でも就ける仕事を探す
(2)書類対策・面接対策を行う

ニートの方を歓迎している企業の求人であればライバルに採用枠を奪われるリスクを減らせるため、まずはニート・未経験でも就ける仕事を探しましょう。

そして業界や職種にあたりをつけたら、今度は受ける企業ごとに書類対策や面接対策を細かく行い、より企業に自分をしっかりとアピールできるよう準備することが大切です。

しかし、これらを自分一人でこなすのはなかなかハードルが高いでしょう。特に就職に不慣れな方は何から始めれば良いかわからないことと思います。

そこでぜひ活用していただきたいのが先ほどもお伝えした就・転職エージェントです。

【就・転職エージェントとは?】

専属のキャリアアドバイザーが就・転職活動の準備~入社までをサポートしてくれるサービスです。

カウンセリングを通じて自分に合った仕事を紹介してもらうことができ、履歴書・面接対策や面接日程の調整などを代行してもらえます。

就・転職エージェントには経験者層に特化したものやIT業界のみ対象にしているものなどさまざまなサービスがあるため、自分に合ったエージェントを利用するのが良いでしょう。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoではニートの方をはじめとした若年層に特化してサポートを行っている他、このようなメリットがあります。

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

もし就職の進め方がよくわからなかったり、短期間で就職したい方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


仕事選び

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div