第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

知らなきゃ損!中卒やニートも就職できる4つの極意!

中卒やニートの方は企業が持っているイメージのせいで就職や転職が難しいといわていますが、それは正解ではありません!!職種や業界によっては彼らを歓迎しているところもあり、そうしたところを選べば意外と簡単に就職や転職ができることもあるのです。ここではそんな中卒やニートの方が就職するにあたっての4つの要素をお伝えします。

中卒の方でも就職しやすい仕事

中卒で働く人は絶対数が少ないという事情もあり就職しづらいと言われていますが、職種によっては受け付けているところがあります。

その1つが「建設業界の現場作業員」

これは建設現場で様々な資材を運んだり、高所に登って作業をしたりなど体力が大きく問われる職種です。
中卒の方は一般的に年齢が若いことが多いことから、そうした業界では歓迎されています。

2つ目は「プログラマー」「システムエンジニア」です。

これらはIT業界の職種でありある程度学歴が必要なイメージがありそうですが、技術を必要とするため人手不足なところが多く、必要な技術さえあれば学歴は問わない面があるため中卒の方でも良い条件で働ける可能性があります。
コンピュータに強かったり新しい技術を学ぶことが好きな方にはオススメな職種と言えるでしょう。

そして最後は「介護職」で、こちらもIT業界と同じく慢性的な人手不足が起きており就職しやすいです。
さらに今後も高齢者は増えていく見込みであり、それに合わせて業界の規模もどんどん拡大していくので仕事がなくなるということもありません。

▶中卒でもアルバイトより正社員のほうがいいってホント?

中卒の労働者がホワイトカラーになるには

中卒者の方が一般的にいわゆるホワイトカラーの職種につくことは難しいといわれていますが、少し方法を変えれば可能性はあります。

その方法はずばり「派遣社員」になることです。

ホワイトカラーの仕事は経験を重視していることが多く、ブルーカラーの仕事しかしていない中卒者にとってはそこがネックになります。
ですが派遣社員になると、仕事内容は限定されますが彼らが必要としている仕事の経験を得ることができます。

さらに就職方法が面接ではなく面談になるという点も魅力です。
企業の求人に応募すると書類選考を得て面接となるのですが、この面接の選考基準が意外と高く、突破するのは難しいです。
ですが派遣社員となると面接ではなく、選考基準が低い面談に変わるため就職しやすくなります。

さらに派遣会社の営業担当者も同行するので、応えにくい質問内容な彼らに任すことができ難易度をさらに下がるという特徴があります。

いきなり正社員になろうとしても応募が少なかったり、選考基準が厳しかったりするので、まずは派遣社員として仕事の経験を積み、そこから正社員になるためのきっかけをつくってみてはいかがでしょうか。

▶中卒でも差別されない!学歴より実力重視の職場4選

ニートをしていた方も就職できる仕事とは

ニートは就学をはじめ就労や職業訓練をおこなっていない人のことであり、仕事をしていない期間があることから就職しにくいといわれています。
ですが、職種によってはニートであることはあまり問われずに仕事をすることもできます

その職業のひとつが「デザイナー」です。

一般的には自身が想像したものをデザインするという芸術家のようなイメージが強いですが、実際はクライアントからの要望に沿ってデザインをつくることが多いです。
仕事自体もパソコンを使ってデザインをつくることメインであり、自分のペースで仕事をすることができます。

他にも「プログラマー」「システムエンジニア」もニートが就職しやすい職種です。

仕事内容はプログラムの作成をはじめ、プログラムでつくる内容を決める設計やプログラムのバグを取り除くテストなど様々なものがあるのですが、基本的にはパソコンの前で黙々と作業をします。
そのためデザイナーと同じく自分のペースで仕事をしたい人や人付き合いが苦手な人でも安心しておこなえる仕事といえるでしょう。

また「タクシードライバー」もオススメです。

この仕事の就職する人の8割が未経験といわれており、人手不足などの事情もあって過去をあまり問われずに仕事をすることができます。
ただしタクシードライバーの仕事をするには普通第二種運転免許証を持っている必要があるので注意してください。

▶中卒でニート、職歴なしの仕事探しはどうしたら?よくある質問集②

中年ニートも就職することができる

ニートの中でも最近注目されているのが120万人以上いるといわれている「中年ニート」。
彼らを社会復帰させることが社会問題になっています。

そんな中年ニートが働くにあたって最初におこなうべきポイントは「働くことに慣れる」ということです。
最初は単発のアルバイトや在宅ワークなどの仕事を選び、とにかく仕事をすることに慣れるのがいいでしょう。

このときに規則正しい生活を送ることも大切となります。
働くことに慣れてきたらいきなり正社員になろうとはせずに、「派遣社員」で会社員としての経験を積むようにしましょう。
派遣社員は正社員と比べると給料が安いことが多いですが、それでも毎月安定して給料を得ることができ、さらに会社内での仕事の経験を積むことができます。
工場勤務や事務作業などは働く人の経歴を問わずに募集しているので、ニートであったとしても仕事が得られやすいのが特徴です。

金融系や経理など、仕事によってはある程度経験が問われる場合がありますが、簿記の資格を取るなど勉強を重ね、少しずつ実務経験を重ねることができればそれらの業務をおこなうことができ仕事の幅を広めることができるのです。

人生に不可能は決してありません。ぜひあきらめずに行動を起こしていきましょう。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ