第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒者におすすめ!運転手の仕事3種類とそれぞれの魅力

私たちは就職先を探す際にしばしば学歴の壁にぶつかります。特に、中卒の場合はその悩みも大きくなりがちです。中卒というだけで門前払いになるケースも少なくないからです。そこで、中卒の人たちの就職先のひとつとしておすすめしたいのが運転手の仕事です。興味があるという人のために、運転手の仕事にはどのような種類があり、どういった魅力があるのかなどについて解説をしていきます。

実力次第で大きく稼げる!運転手の仕事の特徴

運転手の場合、学歴が高いからといって基本給が多いということはありません。スタートラインはみな同じです。最優先で求められるのは運転技術なので、中卒だけど車を運転するのは得意という人にぴったりの職業です。そして、自分の持つスキルを使って収入を増やしていけるのでやりがいも生まれてきます。また、一言で運転手といっても具体的な仕事内容はさまざまで、そのなかから自分に合ったものを選択することができます。仕事の成果が収入と直結するため、大きく稼げる人がいる一方であまり稼げない人もいる厳しい世界でもあります。しかし、車を運転するのが好きという人であれば大きなやりがいを持てる職業だと言えるのではないでしょうか。

▶中卒だからと諦める必要なし!儲かる仕事を見つけよう!

プライベートの時間を大切にできる!タクシードライバーの魅力

運転手の仕事と聞いて私たちの多くがまず思い浮かべる職業といえば、タクシードライバーではないでしょうか。ただ、タクシードライバーというと50代、60代といった比較的年配の人がメインで働いているイメージがあります。実際、長年務めてきた仕事を辞めた人たちが、転職先としてタクシードライバーを選択するといったケースが多いのは確かです。そのため、最初からタクシードライバーの仕事を選ぶのはためらわれるかもしれません。ところが、現代においてはタクシードライバーの仕事は若者のあいだでも人気が高まりつつあります。その理由は時間に融通が利きやすいからです。一般的な企業に就職しても、連日残業でプライベートの時間を全く持てないという話はよく耳にします。それに対して、タクシードライバーの仕事は一見ハードなイメージもありますが、実はプライベートの時間を作りやすい職業なのです。タクシードライバーの主な勤務形態は日勤、夜勤、隔日勤務の3つに分かれています。日勤は朝から夕方まで働き、夜勤は夜から早朝まで働くといった具合で、この辺りは一般の企業と同じです。

一方、若者のあいだで人気なのは隔日勤務です。これは24時間働いて翌日が休みというスタイルであり、1日ごとの休み以外にも定休日が設けられています。そのため、プライベートの時間を確保しやすく、趣味や旅行などを楽しみたい人にはぴったりの職業だと言えるでしょう。24時間勤務は大変だと思うかもしれませんが、実際の勤務時間は20時間ほどです。それ以外にも3時間以上の休憩が設けられているので仮眠も可能です。次の日は丸一日休めるので慣れてしまえば、肉体的にはむしろ楽な仕事だと言えます。ただ、タクシー会社にもブラック企業は存在し、そうした会社に入社すると長時間労働を強いられて苦労することにもなりかねません。一方、優秀なタクシードライバーを確保するために、研修制度や福祉制度が充実している職場環境のよい会社も増えています。ちなみに、タクシードライバーになるには二種免許が必要ですが、会社によっては入社後に免許取得のための費用を全額出してくれるところもあります。したがって、タクシードライバーを目指すのであれば、まずはインターネットなどで情報を集めて待遇のよい会社を見つける事が大切です。

▶中卒で働ける仕事は?中卒者の就職事情とそれを有利に進めるポイント

一人の時間を満喫できる!トラックドライバーの魅力

タクシードライバーと並ぶ運転手の仕事といえばトラックドライバーがあります。運転手の募集は物流会社や運送会社でされているのでそれを見て就職するのが一般的です。ただ、同じトラックドライバーでも、どのようなトラックに乗るかによって必要な免許が変わってきます。たとえば、車両総重量3.5トン未満のトラックなら普通自動車免許で運転が可能ですが、4トン車に乗る場合は中型自動車免許の取得が必須です。さらに、車両総重量11トン以上の大型トラックに乗る場合は大型自動車運転免許の取得をしなければなりません。大きなトラックになるほど荷物を遠くまで運ぶ傾向があり、肉体的な負担も大きくなりますが、大きな車に乗るほど給与は高くなる傾向があります。

トラックドライバーのメリットとして大きいのはコミュニケーションをあまり必要としない点でしょう。タクシードライバーも上司の目を離れて一人で仕事ができるという点では気楽な職業です。しかし、お客様に快適な時間を提供するという意味では高いコミュニケーション能力が要求される面もあります。それに対して、タクシードライバーは出発してから目的地に着くまでは基本的には一人です。そのため、人づきあいの苦手な人にとって、気軽に一人の時間を楽しめるというのは大きな魅力だと言えるでしょう。また、長距離ドライバーなら日本のさまざまな場所に行けるというのもメリットのひとつです。その反面、積み荷の積み下ろし作業があるので、ある程度の体力がなければきつく感じてしまいます。また、トラックドライバーの雇用形態は正社員・アルバイト・業務委託などさまざまです。正社員であれば福祉厚生面はしっかりしているので安心です。逆に、業務委託であれば収入は多くなる傾向があるものの、会社とは雇用関係を結んでいないため、何の保証もありません。トラックドライバーになる前には、こういった点もよく確認しておきたいところです。

▶中卒でもアルバイトより正社員のほうがいいってホント?

安定した生活を送りやすい!バスの運転手の魅力

タクシードライバーのようにお客様とコミュニケーションをとるのは苦手、かといって、体力にも自信がないのでトラックドライバーも遠慮したいという場合にはバスの運転手という選択肢があります。タクシードライバーやトラックドライバーと異なり、決まったコースを走るだけなので歩合制による高収入を目指すことはできません。しかし、逆に言えば、地理を覚える苦労が少なくてすみ、収入面でも安定した生活を送れるというメリットがあります。残業もあまりなく、基本的に定時で帰れるケースが多いようです。バスの運転手になるには大型二種自動車運転免許が必要です。実際、多くのバス会社では入社条件としてこの免許の取得を掲げています。ただ、一部の会社では入社後に研修をおこなって免許の取得を支援しているところもあります。

自分に合った運転手の仕事を見つけよう!

運転手は学歴によって評価が左右されることのない職業です。しかも、基本的に個人行動がメインであるため、上司や同僚との人間関係に悩むことも少ないのが魅力です。ただ、同じ運転手といってもタクシー、トラック、バスといった具合にさまざまな種類があります。運転手の仕事に興味があるのなら、まずそれぞれの仕事のメリットやデメリットを理解し、そのうえで自分に合ったものを目指していきましょう。

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ