就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒の就・転職で「飲食業」が狙い目である理由とは?

高卒者や大卒者が増えてきている今、中卒者として就職や転職を考えている方の中には、「中卒からの就・転職なんてできないんじゃ・・・」と不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに中卒者はその他の学歴と比較して就・転職に不利な部分があることは否めません。しかし、中卒者の就・転職におすすめの業界として飲食業が挙げられます。

本記事では中卒者の就・転職で飲食業が狙い目である理由と、中卒から飲食業を目指す際のコツをご紹介いたします。少しでもお役に立てれば幸いです。

中卒者にとって飲食業への転職が挑戦しやすい理由とは?

中卒も年収UP・スキルUPを狙える

企業が採用活動を行う際、学歴よりも面接での評価が重視されてきているとはいえど、書類選考においてはまだ学歴を基準に合否の判断をしている企業も少なくありません。

特に金融業や保険業、総合商社などは、専門的な知識やスキルが求められるため、学歴が特に重要であると考えられています。

しかし、業界によっては学歴よりも、人柄や性格、得意分野などが重視されるところもたくさんあります。

その一つが飲食業界です。飲食業界はポテンシャル採用を積極的に行っている業界であり、学歴ではなく実力で判断してもらいやすいです。

中卒者が転職して年収やスキルの向上を狙って働きたい場合に飲食店は最適であるといえるでしょう。

人材不足のため需要が高い

飲食店が中卒者にとって転職しやすい理由は、学歴不問であることだけではありません。

性別や年齢を問わず多くの人が利用するため、飲食店は常に人手不足であることも大きな理由の一つです。

仕事の忙しさから食事は外食で済ますという人も多いうえ、単身の高齢者などの飲食店の利用も増加しています。

しかし、飲食業界ではこういった需要に労働力が追い付いていません。

実際にお客さんが入っているにもかかわらず、人手不足によって休業にせざるを得なかったり、十分なサービスを提供できなかったりする店舗もあります。

このような深刻な労働力不足から、飲食店などはそれほど学歴に関係なく転職が可能な分野であると私たちは考えています。

専門知識不要で未経験者向け

また、専門知識や高度なスキルなどがあまり求められないという点も、転職がしやすい理由であるといえます。

飲食店などの飲食業界で働くにあたって、正社員として働く場合でも特別な資格などは必要ありません。

それぞれの店舗によって接客方法やお店の運営方法は異なるため、採用されてから研修などを通して学んでいくことになります。

採用後はゼロからスタートし、働くうえで必要なことを学ぶことができるため、中卒であっても学歴はほとんど関係ないといえます。

飲食業界で働くにあたって求められる能力とは

学歴がそれほど転職の障壁にならないとはいっても、飲食業界での仕事で求められる次の3点の能力はしっかり把握しておきましょう。

1点目.基本的なマナー

飲食業の仕事内容はほとんどが接客であるため、最低限の一般常識は身に付けておく必要があります。

特にお客様に対応するときの表情や態度、言葉遣いなどは、飲食業界特有のものも多くあるため、注意しておきたいポイントです。

ただし、どの企業であっても店舗に立つ前にしっかりと研修の機会があるので、細かいマナーや店舗ごとの接客ルールなどはこういった場で学ぶことができるでしょう。

2点目.仕事をする体力

飲食業界では、デスクワークなどの事務作業も多少はありますが立ち仕事が一日の大半を占めます。

さらに、接客中は表情や姿勢にも気を遣わなければなりません。特別に運動やトレーニングをするといったことまでは必要ないと思いますが、普段から体力の向上を意識して生活するなどの工夫をしておくことが大切です。

こうしたちょっとした積み重ねで仕事に必要な体力を身に付けることができるでしょう。

3点目.はきはきとした「明るさ」

お客さんが飲食店に求めることは、料理のおいしさだけではありません。心のこもった接客をしてくれるかどうかといった点もとても重要視しています。

入店してから料理を提供し最後にお店を出るまで、お客さんが気持ちよく過ごせるように配慮し、明るく接客を行うことが大切です。

しかし、はきはきとした明るい接客は、長く飲食業界で働いている人であっても意識していないとなかなかできないものです。

お客さんにとって自分がどう見えているか、接客にふさわしい表情や態度であるかどうかをしっかりと研究するなどの努力が必要です。


仕事選び

飲食行への就・転職活動で注意すべきポイント

せっかく就職や転職をするのであれば、誰しも自分に合った職場を選びたいですよね。

採用されてから後悔することのないように、下記の3点について注意しながら就・転職先を選ぶようにしましょう。

1点目.年収が自分の希望する水準を満たしているかどうか

転職を決意する理由で最も多いのが、今の仕事より年収をアップさせたいから、というものです。

もちろん、人によって働くうえでの優先順位は異なります。やりがいを重視している人もいれば、仕事内容や勤務時間を最優先に考えている人もいるでしょう。

しかし、仕事をする以上、生活できるだけの年収を得る必要があることは誰でも同じです。
自分が求める年収を明確にしておき、選んだ企業がそれだけの水準に達しているかどうかを確認しておきましょう。

2点目.労働環境が適切かどうか

飲食業界は、以前よりは改善されたとはいえ、企業によっては労働環境がよくないところもあります。

人手不足が深刻であるため、他の業種よりも労働時間が異常に長かったり、休日の日数が少なかったりといったケースも少なくありません。

採用情報を見たり、面接の際に質問をしたりして、自分にとって働きやすい環境であることを確認しておくことが重要です。

なお、転職したい企業がある場合などは特に注意が必要です。その企業に採用されることが最優先となり、労働環境についてあまり深く考えずに転職を決めてしまいがちになります。

長く働くことができるか、無理なく仕事ができそうかを考え、慎重に転職先を選びましょう。

3点目.しっかりと面接対策をしておく

前述のとおり、飲食産業は学歴がそれほど採用に関わらないうえ、慢性的な労働力不足から転職がしやすい業界であることは確かです。

しかし、だからといって何も対策をせずに面接に臨んでしまうと、転職に失敗してしまう可能性もあります。

希望する企業に転職できないどころか、どこの企業にも採用されないといったことにもなりかねません。

まずは、飲食業界で求められる基本的なマナーや言葉遣い、態度を身に付けるために、面接の練習をしておきましょう。

面接においてしっかりとふるまうことができれば、飲食店勤務などに適性があることを面接官にアピールすることができます。

また、面接で聞かれることが多い質問を頭に入れておき、どう答えるかを想定しておくことも大切です。

飲食業界では、「自分の長所や短所」、「自分の性格」、「今までに努力した経験」といった質問が多い傾向にあります。

飲食業界ならではの履歴書や面接の傾向を把握したうえで、徹底した対策をしておくのが得策です。

とはいえ、履歴書や面接の対策を行ううえで、飲食業界では特にどのような点を重点的にチェックされるかは、一人ではなかなか調べきることができないものです。

特に就職や転職に不慣れだという方にとっては、一体どこまで調べて対策をすればいいのかわからず、不安に感じることも多いことでしょう。

そこでぜひ知っておいていただきたいのが、就・転職エージェントの存在です。就・転職エージェントとは、求職者に対して提携している企業の求人を紹介することを主なサービスとして展開している民間の転職支援サポートです。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは、中卒者の方をはじめとした若者を対象に、プロの転職アドバイザーがマンツーマンでご対応。

個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介する他、志望動機をはじめとした応募先の企業に効果的な履歴書対策や面接対策を行わせていただきます。

加えて面接後のフィードバックや入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントneoではすべて代行。

アドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさもあいまって、就・転職が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

ご相談だけでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、飲食業界の履歴書や面接対策ついて一人でお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。


面接対策ならプロがサポート!

中卒で飲食業界での転職を成功させるには

大学はもちろん、大学院に進学する人も少なくない中、高学歴の人が就職や転職に多少有利になることは間違いないでしょう。

正社員を志して求人情報を眺めながら、その点について悩んでいる人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、中卒だからといって転職を諦める必要は全くありません

飲食業界なら、学歴はほとんど重要視されないことと人手不足であることから、正社員へと転職しやすい業界であるといえます。

ただし、転職先の企業ややりたい仕事があるのであれば、採用してもらえるような努力は必要です。

飲食業界で求められる能力や体力を身に付け、面接においてしっかり自分をアピールしましょう。

入社後は、与えられた研修の機会を最大限活用し、マナーや言葉遣いなどの接客スキルを磨くことも忘れてはいけません。また、転職してから長く働けるよう労働条件についても慎重に考えることが大切です。

転職してから後悔することのないように、これらのポイントをしっかり頭に入れておき、飲食業界への転職を成功させましょう。

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div