第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

【既卒の求人のホント④】それでも自分の希望通りの求人がいい…

既卒の就職先を探す特徴の一つは、希望する業種の職を得たいという強い思いです。 既卒は新卒に比べ求人の募集要項から外れるケースがありますが、フリーで過ごした時間を資格や勉強に打ち込んだ思いと能力があり、希望する求人に対し妥協できない気持ちがあります。

希望する業種の求人を徹底的に探して応募しよう

既卒も含めた求人情報を出す企業は何千とありますが、自分が本当に希望する業種の企業は数少ないことがほとんどです。たとえあったとしても競争率が高く、既卒には不利という側面もあります。しかし自分がやりたいことを貫くためには、競争率は関係ありません。この会社は自分が一番合っているという気持ちで、求人に応募し面接に臨むことが大切です。

なぜ希望するかという強い気持ちと仕事に賭ける思いは、就職担当に好印象を与えられますが、希望にこだわり過ぎると融通が利かないヤツと悪い印象を与えかねません。希望する仕事をやり切るためどのような部署でも挑戦し、会社に貢献する意欲を強調することが大切です。

自分の望む業種でもやりたいことができない?

希望する仕事ができる会社があっても話を聞いてみると、その仕事の求人はしていないとか、自分が思い描く仕事と違うことはよくあります。そのような時まずはその会社に就職し、いずれその仕事に就けるという考え方、将来自分が会社の中でやりたい仕事を作り上げるという考え方を取ることができます。

そのため一番やりたい事に合った求人に応募し、仕事を始めることを優先させ、正規な社員となりビジネスマナーや仕事の進め方を経験することが大切です。また、社内外の色々な職場の人と接することで、就活のときに希望していた仕事とは異なるけれど、やってみたい仕事に出会うことがあり、それが天職となることもあります。

希望の会社がないなら自分で起業してしまおうか?

求人情報をいろいろ集め、企業説明で面談をしても、既卒のハンディもあり希望する求人を見つけられない場合があります。そのときは企業への就職はあきらめ、自分で起業することも一つの選択肢です。

起業には実店舗をもつことやネットビジネスなど色々な形態があり、資金の集め方にもクラウドファンディングを利用するなど、資金力にあった方法を選べます。しかし手続きや営業などやることが多く、経験と知識がないと行き詰ってしまいます。ビジネススクールに通うなどで対応も可能ですが、いずれは起業を目指し就職をすることも選択の一つです。職種にこだわらず一つの仕事に打ち込み、経験と実績を積めば、起業するシナリオが見えてきます。

まとめ

自分の希望する求人を得ることは、既卒にはハンディがあり、発想を変え就職することを優先させることも選択肢として持つべきです。経験のあるパートナーがいれば起業も可能ですが、既卒の期間が長くなれば求人条件が厳しい現実を考えて、自分の希望をかなえる仕事の選び方を考えたほうが現実的です。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ