第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

【既卒の求人のホント⑦】自分が対象かわからない…

就職活動を行うに当たり、自分の希望の求人であるけれども、自分がその求人にあっているかどうか悩むことがあります。特に既卒の場合は、新卒に比べ採用条件が厳しくなるのではという思いが悩みの一つです。企業が求人で求めるものはどこに重点があるか考えてみましょう。

企業側も応募した人が求人に合うかどうか分からない

求人による就職希望者と採用企業の出会いは、お見合いのようにお互い知らない人通しの出会いの場です。就職を求める人が求人している企業のことをよく分からないように、企業も求人に応募してきた人がよく分かっていません。お互いをよく理解するために、求人側は色々な質問をして応募してきた人を確かめようとしますが、応募者にも遠慮なく質問をして企業を知ってもらうことを望んでいます。

既卒であれば、卒業してから努力してきたことをよく知ってもらえるチャンスです。企業には欲しい人材の要望や理想がありますが、それ以上に魅力あふれる人材を求めており、企業風土に合った人であれば、新卒・既卒にとらわれず採用の機会があります。

企業は人物を見極めようとします

企業の求人に対して自分がその対象かどうか迷う必要はありません。対象かどうかを判断するのは企業の採用担当です。企業の採用担当者は、自分の考えをはっきり言える人は、魅力があると考えています。

既卒の就職は厳しいという統計実績があるように、1社だけに焦点を絞って応募することは、就職できないリスクがあります。そのため何社か自分の希望する企業・職種を選んで応募した方が無難です。数社応募したとしても、企業は皆それぞれ企業風土や思想が異なります。そのためそれぞれの企業の考えをよく理解した上で、企業それぞれに対し自分の考えを持ち、面接でその考えと就職した後どのように貢献できるか相手に伝えることが重要です。

自分が希望する求人に応募する準備をしよう

さて、応募するにはもちろん内定をもらえるよう準備をして挑みましょう!そのためには求人を分析し、そこにあわせた自分のアピールポイントを準備していきましょう。この場合、ウソのアピールポイントを準備する必要はありません。

おわりに

求人に対し、既卒だからという控えめになることは必要ありません。企業の採用担当者は会社の風土に合う人かどうか、協調性や自己主張できる人を求めています。求人に対しては自分を理解してもらえるよう、アピールポイントを整理ししっかり主張することが大事です。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ