就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

仕事を辞めたいくらい疲れた時にまず試してほしい対処法5つ

「業務量に対して給料が少なすぎる」
「上司の能力が低すぎていい加減耐えられない」
「雑用ばかりでスキルが身につかない」

このように疲れがピークに達し退職を考えている方もいらっしゃることと思います。ここまで真面目に仕事を続けてきた皆さんは本当に努力家です。

仕事に疲れた時は素直に休息をとることが大切です。

ただし、勢いで仕事を辞めてしまうと後々後悔することにも繋がりかねないため、まずは仕事の疲れやストレスを解消する方法を試してみてはいかがでしょうか?

本記事では仕事に疲れた時にまず試してほしい対処法5つをご紹介いたしますので、ぜひご自身に合ったものを試してみてください。

仕事を辞めたいくらい疲れる原因

仕事を辞めたいと感じるほどに疲れてしまった原因は何なのでしょうか?自分でも理由が漠然としているという方も少なくないため、当てはまるものがないかぜひチェックしてみてください。

仕事が大変すぎる

まずは仕事が大変すぎることが挙げられます。業務量が多すぎる、次から次へと指示が飛んでくる、分からない仕事ばかり任されて毎日焦りを感じながら働いているなどの方が当てはまります。

真面目な方ほど「この環境に慣れないと」「早く周りに追いつかないと」「迷惑をかけちゃダメだ」などと自分を追い込んでしまう傾向がありますが、人によってキャパには差がありますし、働く際のテンポ感にも違いがあります。

もちろん毎日このような環境の中で働いていると多少の慣れはあると思いますが、心や体力が追い付かず体調を崩してしまうこともあります。

一度心身の体調を崩してしまうとそのハイレベルな業務について行くのはより一層難しくなるため、余計に仕事に対する疲れを感じるようになります。

人間関係

次に挙げられるのが人間関係です。

リクナビNEXTの「転職理由と退職理由の本音ランキングBest10」によれば、「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」ことを退職理由に挙げているのは全体の13%と多く、第3位にランクインしています。

周りと性格が合わずぎくしゃくしてしまったり、職場での派閥やグループにストレスを感じている方も多いかもしれません。

就・転職先に対して人間関係の良好さを求める方が多いように、人は職場の人間関係がうまくいっているかどうかでストレスの感じ方に雲泥の差が生まれます。

将来への焦り

次に挙げられるのは将来への焦りです。

たとえば今働いている会社の方針に賛同できず将来性が感じられなかったり、いつまでたっても責任のある仕事を任せてもらえずスキルアップできないことに不安を抱えているなどです。

一般事務の仕事や販売員の仕事は将来AIに奪われるといった話も出ていますが、このように「将来自分の仕事がなくなってしまうのではないか」「どこも雇ってくれなくなるのではないか」などの将来への不安や焦りを感じながら働くことは、想像以上にストレスや疲れを溜めてしまいます。

仕事内容への不満

次に挙げられるのは仕事内容への不満です。

「いつまで経っても雑用のような仕事しかさせてもらえない」「希望していた仕事に就けず悶々としている」などと仕事内容に対して不満を感じている方は少なくないのではないでしょうか?

担当業務に対して納得がいかないという場合も仕事に対して疲れを感じやすい傾向があります。

また「特別業務量が多いわけでもない、残業も少ないし特に指摘を受けるわけでもない、それなのになぜか疲れを感じる・・・」という方はひょっとすると、仕事に対するやりがいを感じられていないのかもしれません。

自分の仕事が人の役に立っているという実感や、自分の成長を感じられない状態が続くと仕事に対して疲れを感じやすくなります。

評価への不満

次に評価への不満が挙げられます。

「こんなに成果を上げているのになかなか昇給・昇進に繋がらない」
「こんなに真面目に働いてるのにサボってばかりのAさんと同じ給料・・・」

このように職場の自分に対する評価に不満を感じている場合も疲れを感じやすくなります。

【原因別】仕事を辞めたいくらい疲れた時にまず試してほしい対処法5つ

仕事を辞めたいくらい疲れきるまで頑張って働いた皆さんは本当に努力家です。そこまで頑張った自分をまずは褒めてあげましょう。

ただし、仕事を辞めた後のことを深く考えないまま退職するのは非常にリスキーです。

ひょっとしたら今の職場で対処できることもあるかもしれませんので、まずはここでご紹介する対処法を試していただけたらと思います。

ここでは先ほどご紹介した原因別に対処法をご紹介しますので、ぜひご自身に当てはまるものをチェックしてみてください。

仕事が大変すぎる→業務の洗い出しと相談が効果的

仕事が大変すぎるという方は、まず一日の中で行っている業務とそれぞれにかかっている時間をメモに書き出してみましょう。もちろん日によって少しずつ異なると思いますので、大枠で結構です。

そうするとどの仕事の業務量が多いのか、どの作業に特に時間がかかっているのかが目で見えるようになります。

もし自分の工夫次第で時間を短縮できるものがあれば調整していただくことで、多少負担を軽減することができます。

また、自分一人に任せるには業務量が多すぎるという場合には上司に相談してみたり、チームで進めている業務であれば分担できないか相談してみましょう。

中には「これくらいの業務量一人でこなさないと周りの迷惑になるし・・・」と一人で抱え込んでしまう方もいらっしゃいます。

しかしそれが原因で業務の進捗が遅れたり体調を崩すなどすれば余計に周りへ迷惑をかけることになってしまいますので、自分で判断できない時にはそれも含めて上司に相談してみましょう。

もし上司に相談して「そんなことも一人でできないの?」と全く手を差し伸べてもらえなかった場合には転職を検討するのも一つです。

人にはそれぞれ合った業務量やスピード感がありますから、周りと違ったからといって必要以上に落ち込む必要はありません。

人間関係→5つの対処法が効果的

次に、人間関係での疲れを感じているという方には下記の対処法が有効です。

(1)コミュニケーション量を少し増やしてみる
(2)相手をよく観察する
(3)異動できないか上司に相談する
(4)第三者の意見を取り入れる
(5)人事部や社内カウンセラーに相談する

まずはコミュニケーション量を増やしてみることが挙げられます。

人間関係がうまくいかない原因として、コミュニケーションをあまりと取っていないからこそ相手を理解できない、そして理解してもらえていないことが挙げられます。

相手に悪意がなかった場合には、コミュニケーションを取るうちに意外と仲良くなれることもあります。

仕事の話だけでなく、休日の過ごし方や趣味について質問して、お互いの共通項があればそれについてもっと話題を振ってみましょう。

ただし注意していただきたいのは、距離を縮めようと考えるあまり距離が縮まりすぎてしまうことです。

人間関係を良好に保つには、あくまで一定ラインの壁をキープしておくことが理想的です。たとえば、週に1,2度一緒にランチに行くくらいの感覚です。

これが行ける時は必ず一緒に行くような距離感になってくると、相手の手前他の人との人間関係を築きづらくなったり、親しき仲にも礼儀がなくなってくることもあり新たなトラブルの発生に繋がります。

さじ加減が難しいところではありますが、近すぎず遠すぎない距離感を念頭に置いたうえで、コミュニケーション量を少し増やしてみることをおすすめします。

その他の対処法についての詳細は下記の記事にてまとめてご紹介しておりますので、ぜひこちらを参考にしてください。

将来への焦り→細かい原因別に対処

将来への焦りから疲れを感じているという方は、さらに細かい原因別に対処法を考える必要があります。

【将来への焦りの原因】
(1)スキルアップできない環境だから
(2)職場への信頼度が下がったから
(3)今の業界・職種の将来性が心配だから

まず、任されている仕事内容や職場環境的になかなかスキルアップできないことを悩んでいる方は、通勤時間や仕事後の時間を有効利用して仕事に活かせる自己学習を行ってはいかがでしょうか?

具体的には知識を培うがてら資格の取得を目標に勉強してみたり、今の仕事に+αで持っておくと便利な英語のスキルを培っておくと、今の仕事だけでなく今後転職する際にも役立ちます。

特に資格手当が用意されているような職場であれば収入UPにも繋がるため一石二鳥ではないでしょうか?

自己学習によって活かせる知識やスキルが増えれば職場でも新しい仕事を任せてもらえるかもしれません。

そして企業の不祥事の発覚や方針に同意できないことから信頼度が下がったという方は、転職を検討するのが得策かもしれません。

職場に不信感を抱いたまま働き続けてもストレスが溜まるばかりで、モチベーションも高く保つことができません。今の業界や職種の将来性が心配な場合も同様です。

こういう場合には、自分が企業に対して何を求めているのかを改めて明確にしたうえで、今後伸びる業界や職種を念頭に転職先探しを行いましょう。

ちなみに下記の記事では「これから伸びる業界7選」をまとめてご紹介しておりますので、気になる方はぜひこちらも参考にしてください。

もし転職に不慣れで企業選びで失敗しないか不安という方などは、転職エージェントでカウンセリングを受けて適職を教えてもらう方法がおすすめです。


仕事選び

仕事内容への不満→上司へ相談・部署異動

仕事内容への不満を抱えている場合は、意外なことに上司に相談することで解決する場合が多いため、どのような業務に携わりたいのかを明確にしたうえで相談してみましょう。

その時、できるだけ「今の仕事内容が気に入らない」といった内容は避け、極力「こういう業務に携わりたい」というポジティブな投げかけをするようにしましょう。

もし「営業ではなくマーケティングの仕事をしたい」など、今の仕事とは全く関係のない仕事に携わりたいと考えた場合には部署異動を希望するのもひとつです。

転職をするより同じ企業内で仕事を変えることができれば、働き方や待遇にそこまで大きな違いが生まれないため不安要素も少ないです。部署異動を希望するには主に下記の方法があります。

(1)社内公募に応募する
(2)上司に相談する
(3)定期的な人事異動で異動希望を出す

いずれの方法においても「今の仕事で一定の成果を上げていること」「部署異動をしたい理由が明確になっていること」が重要視されますので、こちらも念頭に置いておきましょう。

それぞれの具体的な進め方は下記の記事にてまとめてご紹介しておりますので、ぜひこちらも参考にしてください。

評価への不満→働き方をシフト・転職

最後に、職場の自分に対する評価に不満があるという方はまず「職場の評価基準と何に評価が反映されるか」を把握したうえで、それに沿った働き方にシフトしてみるのはいかがでしょうか?

評価基準や評価が何に反映されるかは職場によって異なります。たとえば評価基準は職場によって下記の3つに大きく分かれます。

(1)年齢、勤続年数(年功序列)
(2)売上などの数字(実力主義)
(3)チャレンジする頻度の高さ(積極性)

そして評価が何に反映されるかについては下記のように分かれます。

(1)給与、年収
(2)役職、昇給
(3)表彰、褒められる

たとえば「しっかり売上を上げているのになかなか役職に就けない」と不満に感じている方は、職場が年齢や勤続年数に重点を置いていたり、売上だけでなく新しい企画や意見を積極的に出し続けることを求めている可能性があります。

もしそういった職場の考え方や方針に納得できる部分があるのであれば、働き方を職場に合わせてシフトしてみることでその職場での正当な評価を受けられるようになるでしょう。

しかしそういった職場の方針に賛同できないという場合には、自分が「何を評価基準にして何に評価を反映してほしいのか」を明確にしたうえで、それに該当する企業への転職を検討しましょう。

もしできるだけ広い選択肢から企業を選びたいという方や、その企業のリアルな職場環境を知りたいという方は、上記でも軽く触れた転職エージェントを利用するのが得策です。

【転職エージェントとは?】

専属のキャリアアドバイザーが転職活動の準備~入社までをサポートしてくれるサービスです。

カウンセリングを通じて自分に合った仕事を紹介してもらうことができ、履歴書・面接対策や面接日程の調整などを代行してもらえます。

転職エージェントに相談すれば専属のキャリアアドバイザーが本当に自分に合った企業や職種をカウンセリングしてくれる他、企業との入社条件の交渉などを代行してくれます。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは若年層に特化してサポートを行っている他、このようなメリットがあります。

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

「転職の進め方がよくわからない」「企業のリアルを知ってから応募したい」「短期間で就職したい」という方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


非公開求人訴求

仕事を辞める際の注意点

上記までをご覧になって「やっぱり仕事辞めたい!」と考えた方もいらっしゃることと思いますので、ここからは仕事を辞める際の注意点をお伝えします。

仕事を辞めた際のリスクを把握しよう

まずは、仕事を辞めた際のリスクを把握しておきましょう。退職するにあたっては基本的に下記のようなリスクが挙げられます。

・収入が減る可能性
・新たな環境に馴染めない可能性
・新たな人間関係に苦労する可能性

まず、転職先を決めてから退職した場合であっても一時収入が減る可能性があります。

よっぽど即戦力となり得るようなスキルや実績がない場合には、転職先の給与のスタートは前職の給与と同程度、あるいは少し低い額から始まることになります。

大きな理由としては未経験業界や未経験職種にチャレンジする方が多いことが挙げられます。この場合は即戦力とはならないため、少し収入が下がる可能性があるのです。

もちろんその後しっかりと実績を積み重ねていけば少しずつ給与をUPさせていくことができますが、転職すると一時収入が減る可能性があることを念頭に置いておきましょう。

また、新たな環境に馴染めず余計にストレスや疲れを感じるリスクや、新たな人間関係の構築に苦労する可能性もあります。

仕事を辞める際にはこれらをしっかりと把握しておかないと後悔することに繋がりますので、頭の片隅に入れておきましょう。

転職先を決めてから辞めよう

次に、仕事を辞める際には転職先を決めてからの方が圧倒的にメリットが大きいです。

転職先を決めていない状態で仕事を辞めた場合、じっくり時間と手間をかけて転職活動に専念することができますが、その分収入が完全に途絶えてしまいます。

経済的に余裕がなくなることで焦りを感じやすく、なかなか転職先が決まらなかった場合には「どこでもいいからとにかく入社したい」と考えるようになってしまいます。

そうなると冷静に企業分析を行うこともできなくなるため、結果として自分に合っていない企業に入社してしまう可能性があります。

そのため、できるだけ転職先を決めてから退職することをおすすめします。

もし「退職希望日までにきちんと転職先を決められるかが不安」という場合には先ほどもご紹介した転職エージェントが便利です。

最短一ヶ月で内定をもらえることも多いため、短期間で転職先を決めたいという方はぜひチェックしてみてください。


内定獲得率

ボーナスをもらってから辞めた方がお得

なお、退職時期によっては「あと少し働けばボーナスがもらえたのに・・・」ということになりかねません。

もらえるものはもらっておいた方がお得ですので、ボーナスが用意されている職場にお勤めの方は退職希望時期を決める際にボーナスをもらえる時期の後に設定することをおすすめします。

円満退職するためのコツ

最後に、円満退職するためのコツをご紹介いたします。

(1)ポジティブな転職理由を用意する
(2)退職希望日の3ヶ月前に伝える
(3)繁忙期直後が狙い目
(4)相談ベースで切り出す
(5)仕事や職場の批判はしない

ポジティブな転職理由を用意する

まずはポジティブな転職理由を用意するようにしましょう。

「残業が多い」「今の仕事は合っていない気がする」などのネガティブな理由を上司に伝えても、引き止めに遭うか悲しい言葉をぶつけられる可能性があります。

円満退職できるポジティブな転職理由は下記の記事にまとめてありますので、ぜひこちらを参考にしてみてください。

退職希望日の3ヶ月前に伝える

次に、退職希望日の3ヶ月前に退職の意思を伝えることで周りに不安や負担をかけずに退職することができます。

退職にあたっては後任の選定や業務の引継ぎが発生するため、職場としてはそこが問題なく片付くかが気になるところです。

そこで3ヶ月前に伝えることで、それらを問題なく片付けることができるとアピールできます。

繁忙期直後が狙い目

また、退職を伝える最適なタイミングとしては繁忙期直後も挙げられます。繁忙期の間に伝えてしまうと「この忙しい時になんて身勝手で無責任な人なんだ」と悪い印象を与えかねません。

しかし繁忙期が明けた後であれば上司も冷静に話を聞きやすくなっているため、繁忙期の間真面目に働いている姿をアピールできていれば、より一層真摯に耳を傾けてもらいやすくなるでしょう。

相談ベースで切り出す

なお、上司に退職の意思を伝える際にはいきなり「会社辞めます!」と伝えるのではなく、あくまで相談ベースという姿勢を見せましょう。

というのも絶対に会社を辞めるという強固な態度を見せてしまうと、退職を切り出された側としては素直に耳を傾けづらくなってしまうからです。

あくまで相談という形を取ることで話を聞き入れてもらいやすくしましょう。

具体的には事前に「相談したいことがあるので〇日の〇時、少々お時間よろしいでしょうか?」とアポを取っておくと、仕事を邪魔された感を与えることもありません。

仕事や職場の批判はしない

そして、退職理由を伝える際には絶対に仕事や職場の批判をしないように注意しましょう。

中には飲みの席に誘って引き止めようとする上司もいますが、飲みの席ではつい勢いで仕事や職場に対する不平不満がこぼれてしまいやすいです。

そうなると余計に上司から「わかるよ~俺もそういうことあったよ~、でもさぁ・・・」などと引き止められる可能性がありますので、飲みの席に誘われた際には丁重に断るようにしましょう。

働きながらでもストレスフリーに転職できる方法

いかがでしたか?仕事の疲れを対処できる方法とは出会えたでしょうか。少しでもお役に立てていれば幸いです。

ちなみに仕事を辞める場合には転職先を決めてからが得策だとお伝えしましたが、「ただでさえ仕事で疲れているのにさらに転職活動なんて両立できないよ・・・」と感じている方もいらっしゃることと思います。

そこで先ほども触れた転職エージェントを利用して、転職活動を前面的にサポートしてもらいながら本当に自分に合った職場を紹介してもらう方法が便利です。

【転職エージェントとは?】

専属のキャリアアドバイザーが転職活動の準備~入社までをサポートしてくれるサービスです。

カウンセリングを通じて自分に合った仕事を紹介してもらうことができ、履歴書・面接対策や面接日程の調整などを代行してもらえます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談すれば適職紹介の他、書類・面接対策や面接日程の交渉などのわずらわしいやり取りを代行してもらうことができます。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは若年層に特化してサポートを行っている他、このようなメリットがあります。

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

本当に自分に合ったストレスフリーな環境に転職したい、短期間で転職したいという方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


満足のいく転職を

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div