就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

ホテルマンの志望動機・例文!アピールポイントや書き方、面接での伝え方とは?

ホテルマンは、究極のサービス業といわれる仕事です。なりたいと考えている方や憧れている方もいるでしょう。

そこで本記事では、ホテルマンの志望動機でアピールすべき内容や書き方について、例文を交えながらご紹介いたします。

ホテルマンの仕事内容や1日のスケジュール例などもお伝えいたしますので、少しでもお役に立てれば幸いです。

ホテルマンの仕事内容とは?

ホテルマンとは、ホテルでさまざまなサービスを提供している従業員の総称のことです。ホテルマンといっても職種や部署はたくさんあり、その仕事内容は多岐にわたります。

たとえば、ホテルマンとして一般的にイメージされやすいのが、フロントクラークです。フロントクラークはホテルのフロントにいて、宿泊客のチェックイン、チェックアウト業務を行う従業員です。

また宿泊の予約受付や会計、ホテル内の案内なども行います。さらに、客から要望されたグッズを部屋まで届けたり客室からの電話に対応したりする業務もあります。

客と接する機会が非常に多いため、ホテルの印象や評価に影響するとても重要な仕事です。

他にもベルボーイという仕事があります。ベルボーイの仕事は、宿泊客の荷物を預かりフロントや客室まで運ぶことです。

荷物の受け渡しはミスできないため責任重大です。特に混雑時や団体客に対応する場合には、能力が問われるでしょう。

また、荷物を運んでいる最中に客からの質問や要望などに対応することもあります。

さらに、ホテルコンシェルジュという仕事もあります。この仕事は誰でもできるものではありません。

なぜなら、宿泊客からのありとあらゆる要望に対応しなければならず、臨機応変に仕事を行う必要があるためです。

豊富な経験と語学能力を持った人だけができる仕事です。いわば総合的なお世話係といえるでしょう。

その他にも、宿泊客を迎えるドアスタッフ業務、客室の清掃や点検などを行うハウスキーピング業務、ウエイターとして料理の説明や配膳などを行うレストラン業務などが存在します。

ちなみに、ホテルマンの平均年収ややりがいなど、もっと詳しい情報を知りたいという方は下記の記事にまとめてありますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

1日のスケジュール例

ホテルは24時間365日営業しており業務があるため、ホテルマンは一般的にシフト制で勤務しています。早番、遅番、夜勤の3交代制であることが多いです。

たとえば早番のフロントクラークは朝から勤務して引き継ぎを行い、予約状況などをチェックします。そして昼休憩まで受付業務や会計業務などを行います。

勤務は夕方までです。遅番であれば昼に出勤し、夜まで業務を行います。そして夜勤の場合は夜に出勤して朝まで業務があります。

なお、基本的に夜勤は早番や遅番よりも勤務時間が長いです。そのためホテルによっては休憩時間が長く取られていたり、仮眠できる時間があったりします。

ただし宿泊客の対応などがある場合は、決められた時間に休憩が取れないこともあるでしょう。一方で、夜勤であれば残業手当などの手当がつくことが多いというメリットもあります。

また、ホテルマンは一般的に残業が多いといわれています。なぜなら、宿泊客の数によって仕事量が左右されるからです。

特に観光地や繁華街などにあるホテルは宿泊客が多いため忙しく、残業も多くなる傾向にあります。夏期休暇や年末年始などの繁忙期も残業時間が増えるでしょう。

しかし働き方改革に伴って、スタッフ数を増やすなどの工夫を行って労働環境の改善に取り組んでいるホテルも多いです。

ホテルマンの志望動機のアピールポイント

ホテルマンにはコミュニケーション能力や語学力、状況判断能力などのスキルが求められます。そこで、ホテルマンの志望動機としてアピールするべきポイントを紹介します。

接客が好きであること

ホテルマンの仕事の基本は接客です。宿泊客とコミュニケーションをとることが仕事であるといっても過言ではありません。

そのため、接客が好きであることを積極的にアピールしましょう。人とのコミュニケーションが苦手だとできない仕事なので、人と会話することが好きなこともアピールしてください。

ただし、サービス業はホテルマン以外にもたくさんあります。サービス業の中でもなぜホテルマンを志望するのかを強調しましょう。

自分が過去に訪れたホテルのサービスで感動した出来事や思い出など、具体的なエピソードを織り交ぜることがおすすめです。

語学力を活かしたいこと

ホテルには日本人だけでなく多くの外国人も宿泊します。よって、語学力が求められることが多いです。特に外資系のホテルであれば資格などが必要なケースもあります。

それゆえ、志望動機に自分の語学力について織り交ぜてアピールしましょう。英語だけでなく、中国語や韓国語などが堪能なことも大きなアピールポイントになります。

そして、外国語が話せることだけでなく、具体的に業務でどのように活かしたいのかも伝えましょう。

人を喜ばせたいこと

ホテルにはさまざまな宿泊客が訪れます。なかには障がいを持った人や、病気を抱えている人もいるでしょう。

そのような場合は特に、状況をしっかりと判断して適切に対応する必要があります。そして適切に対応するためには、人を喜ばせたい、人の役に立ちたいという気持ちが大切です。

ホテルマンとして働くことを志望する根底にはそのような気持ちがあるということを、しっかりとアピールしてください。サービス業のアルバイト経験などがあれば、志望動機に含ませましょう。


仕事選び

【例文】ホテルマンの志望動機の書き方

ここからは、履歴書の志望動機の書き方をご紹介いたします。3つのパターンに分けて解説するので、当てはまるものについて参考にしてください。

同業界・同職種からの転職の場合

同業界・同職種から転職する場合、スキルアップを目指した転職であることが多いでしょう。よって、以下のような例文が考えられます。

「私はこれまでの3年間、○○ホテルでフロントクラークとして勤務してまいりました。さまざまなお客様に対応する上で困難なこともありましたが、やはり接客が好きであることを改めて感じています。

しかし、自身の語学力をさらに活用してお客様の役に立ちたいと考え、転職を決意いたしました。

貴社のホテルは多くが観光地にあり、海外からのお客様も多くいらっしゃるため、今よりも語学力を活かせると考えています。

英語だけでなく中国語と韓国語も話せるため、外国人のお客様からのご要望にも広く応えられると思います。」

まずは何年間、どのような業務を行っていたのか伝えることが重要です。また、なぜ同じ職種に転職したいのかを明確にする必要もあります。なるべく具体的に伝えましょう。

同業界・異職種からの転職の場合

同業界・異職種から転職する場合の多くが、業界は変えたくないが他の内容の仕事もしてみたいという動機でしょう。そのため、以下のような例文が考えられます。

ここではハウスキーピング業務からフロントクラークへの転職を例に挙げます。

「私はこれまで5年間、○○ホテルでハウスキーピング業務を行ってきました。この業務はホテルにとって必要不可欠で、お客様を喜ばせることに繋がる仕事です。

しかし私は、接客が好きでこの業界を志しました。そのため、直接お客様とコミュニケーションがとれるフロントクラークへの転職を決意いたしました。

お客様1人1人に喜んでいただけるように、臨機応変な対応をしたいと考えております。また、自分が持つ語学力も活かしながら努力して参ります。」

この場合も同じく、まずは何年間、どのような業務を行っていたのかを伝えましょう。そして、なぜ業界を変えずに職種だけを変えたいのかを説明することが重要です。

場合によっては、転職前の職種で得たスキルなどを織り交ぜてもよいでしょう。

異業界・異職種からの就・転職の場合

異業界・異職種から就職・転職する場合は、未経験であることがネックになります。面接で志望動機について深く尋ねられることもあるのでしっかりと準備しましょう。たとえば、このような例文があります。

「私はこれまで3年間、飲食店で接客業に携わってきました。その中で、自分は接客が好きであること、もっと多くの人を喜ばせたいと考えていることに気がつきました。

そこで、あらゆる年代、出身地のお客様の接客ができるホテル業界への就職(転職)を決意いたしました。

ホテル業界で勤務したことはありませんが、臨機応変な対応には自信を持っています。また留学経験を活かして、海外からのお客様とも積極的にお話ししたいと考えております。」

異業界・異職種からの就職や転職では、未経験の仕事にチャレンジしようと思ったきっかけについて詳しく記入しましょう。これまでの経験で活かせるものがあれば積極的にアピールしてください。

ちなみに、「志望動機の基本的な考え方を確認しておきたい」という方は、下記の記事に基礎的な部分から細かくご紹介しておりますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

ホテルマンのNG志望動機・例文

「前職は携帯ショップで販売員として働いておりました。困っているお客様の役に立てることにやりがいを感じながら働いておりました。

その経験を受け、今後は同じ人の役に立てる仕事の中でも、「モノ」ではなく「空間」を提供するサービスを仕事にしたいと考えるようになり、ホテル業界への就職を志望するようになりました。

中でも特に、私はフロントマンとして働きたいと考えております。

昔親身に対応してくださったフロントマンの方への憧れも理由のひとつですが、前職で培ったコミュニケーションスキルと接客スキルを最大限活かすことができると考えております。

一流のホテルマンとして隙のない業務を遂行できるよう努めて参ります。」

上記の志望動機は一見問題ないように見えますが、NGポイントが2つあります。一点目は、同じホテル業界の中でも「なぜそのホテルを志望したのか」という理由が明記されていない点です。

なぜわざわざその職場を選んだのかの理由が明確に記載されていない志望動機は、他の職場に対しても使い回しができてしまうため、採用サイドから「とりあえず応募してきたのではないか」と受け取られてしまいかねません。

そのため、ここではそのホテルならではの強みや魅力を提示しながら、なぜそのホテルに応募したのかを追加できるとよいでしょう。

また、フロントマンとして働くためには接客スキルやコミュニケーションスキルはもちろん、それ以外にも語学力や礼儀作法を身に着けておく必要があります。

そのため、英語に自信がある場合にはその旨を明記しましょう。

また今はアピールできるものがないという場合には、英会話を勉強中であることや、マナー教室に通っていることなど、やる気と今後の成長を感じさせるアピールを追加で行うことができれば、より説得力の増す志望動機になります。

志望動機で困ったら・・・

ホテルマンの志望動機を書こうとしても自分ならではのアピールポイントが見つからなくて書けないという人もいるでしょう。

「本当にこれでいいのかなぁ・・・」と不安を抱いたまま応募するのは、内定の可能性を狭めてしまうようで気が引けますよね。

そこでぜひ知っておいていただきたいのが就・転職エージェントの存在です。

就・転職エージェントとは、求職者に対して提携している企業の求人を紹介することを主なサービスとして展開している民間の転職支援サポートです。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは、第二新卒者をはじめとした若者を対象に、プロの転職アドバイザーがマンツーマンでご対応。

個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介する他、志望動機をはじめとした応募先の企業に効果的な履歴書対策や面接対策を行わせていただきます。

加えて面接後のフィードバックや入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントneoではすべて代行。

アドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさもあいまって、就・転職が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

ご相談だけでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、志望動機について一人でお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。


面接対策ならプロがサポート!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div