就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

フリーター女性のニーズが高い仕事5つ&業界4選!おすすめの就職方法も!

フリーターの女性が正社員になって働きたいと考えたときに敷居が高いと感じることもあるでしょう。特に学歴に強みのない女性や一度ブラック企業に勤めた経験がある方は、就職活動そのものに対して恐怖心や強い不安があるようです。

では、一体どんな仕事を選んだら就職しやすく、働きやすいのでしょうか。今後の働き方についても考慮した合理的な選び方についてご紹介します。

就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

フリーターの現状を把握しよう

フリーターが今後の働き方を考えるにあたり、まずはフリーターの現状の大枠を把握することから始めるとわかりやすいでしょう。

2009年から約3年ほどフリーターの人口は増加傾向にありましたが、これは”派遣叩き”によって非正規雇用者のうち派遣社員の受け皿うが減少したことによるものでした。

もともとフリーター(パート・アルバイト)にはカウントされない派遣社員の一部が、上記の影響によりパート・アルバイトへシフトしたことがその直接的な理由と考えられます。

しかし、2013年以降は景気の変化を受け労働市場における大幅な改善と非正規社員へのシフトが継続し、契約社員・パート・アルバイトの需要が増加しています。

ただし失業者もその分減少していることから、結果として2018年現在で全体のフリーター人口は減少傾向にあります。

なおフリーター内の男性と女性の割合については2002年から2018年まで、継続して圧倒的に女性が多い形となっています。主婦をしながらパートとして働く方が多い日本だからこその傾向かもしれません。

そして中でも現在問題視されているのはフリーターの高齢化であり、日本のキャリアやスキルといった経験値に伴うものだけでなく、”若さ””やる気”も雇用の軸として意識が広がっている現在の労働市場。

そこにおいて、若さにも知識にも、スキルにも経験にも乏しい「高齢フリーター」「中高年フリーター」が増加していくことは、今後の日本経済の根幹を揺るがす恐れのあることは言うまでもありません。

フリーター女性は早めに行動すれば就職できる!

正社員になりたいと考えていてもなかなか就職に踏み切れない女性は大勢います。気づいたらフリーター歴が長くなってしまい、そのまま結婚して就職しないまま専業主婦になる方も決しても少なくありません。

正社員になるのは敷居が高いと考えてしまう理由として、フリーターは就職が難しいと言われている点が挙げられます。

さらに女性の場合には男性に比べると就職に不利と考えられているため、必死に就職活動をしてもやりたい仕事ができないどころか、就職すら難しいのではないかと思ってしまいがちなのです。

それについて確かに半分は事実ですが、早めに就職に踏み切れば問題がないと考えられる時代になりました。

高卒や大卒の新卒社員を獲得することができず、若手社員が不足している企業が多くなっているからです。

少子化の影響で新卒の絶対数が減っていることに加えて、内定をもらったにもかかわらず辞退するというケースも増えています。

必要数を満たさない人数しか集まらなくて困ってしまっている企業が多くなり、第二新卒の獲得が進められるようになりました。

それでもなお不足が続いているため、既卒も積極的に採用する企業が目立ち始めています。

フリーターも候補の中に含まれているので、新卒との年齢差が生まれないうちに就職活動をするのが重要な時代になっていると考えましょう。

現在フリーターとして働いている女性の中には、一度就職した経験のある方もいらっしゃることでしょう。

しかし、そこでブラックな働き方を強要されるなど辛い経験をした方ほど、フリーターから正社員を目指すことに踏み切れないでいるようです。

家族を安心させたい、彼氏の親御さんに認められたいなどさまざまな思いから就職活動について考え始めますが、過去のトラウマを想起してしまい恐怖心が強くなってしまうのですね。

しかし、フリーター歴が長くなるほど不利になるのは確かです。正社員になるのを躊躇っているうちにチャンスを逃してしまうかもしれないため、悩むくらいならすぐにでも就職活動を始めましょう。

「またブラック企業に入ってしまうのでは・・・」「思う通りの働き方ができないのでは・・・」そのような不安を抱いている方に安心して就活を行っていただけるよう、本記事では情報をお伝えしていきます。


満足のいく転職を

結婚したい女性フリーターは超キケン!?就職しないと後悔する理由

「将来結婚、出産して仕事をやめたりパートを始めることを考えたら、正社員になるよりフリーターのままでいいかも」こんな風にお考えの女性フリーターの方はいらっしゃいませんか?

確かに正社員になってそんなに日が経たないうちに企業を退職するのも、周りに迷惑がかかるかもしれないし気が引けるものでしょう。しかし、実は結婚したり出産したい女性こそフリーターを脱却して正社員に就職をするべきなのです。

フリーターと正社員ではさまざまな差が存在し、そのひとつにはまず「生涯賃金」が挙げられます。

一般的にフリーターの生涯賃金が約9千万円であるのに対し、正社員の場合は約2~3億円であると言われています。

また「将来結婚して旦那さんに養ってもらうから大丈夫!」とお考えの女性フリーターの方も意外と多いでしょう。

しかし一般的な若い20代男性の月収はだいたい20万円~30万円ほどで、実は女性を養う余裕があまりないケースが多いのです。

したがって結婚したてのタイミングは夫婦共働きで生活をしていく方が、はるかに安定して幸せな新婚生活を営みやすいと考えられます。

さて、このコラムでは結婚したい女性フリーターの方がなぜ正社員に就職すると得なのか、なぜフリーターのままだとキケンなのかをお伝えしています。もっと読みたい方はコチラ!

女性のニーズが高い業界とは?

フリーターから本当に就職できるのかと悩む理由は、やはり女性は就職が難しい傾向があるのではないかと懸念しているからだという場合もあります。

確かに出産や育児などライフイベントの多い女性は男性に比べると不利になりがちですが、女性こそ必要と考えている現場も増えてきました

なんと男性がかえって不利になるような業界もあるのです。女性のニーズが高い業界を選ぶのは就職を有利にする上で重要でしょう。

まずは女性を求めている業界にどんな仕事があるのかを確認し、その中に興味関心のあるものが見つかったら求人を探して応募するのが賢明です。

女性が求められている仕事の中にはあまり魅力的なものがないと感じたら、その周辺の業界から探していくと良いでしょう。

美容・アパレル業界

女性が必要とされている業界として代表的なのが化粧品業界、アパレル業界といった美容に関するところです。

ユーザーが女性だからこそ、企画や開発、広告や宣伝、さらには営業なども女性の考え方や実働スタッフが求められています。ほとんどの従業員が女性という現場もあるので、人によっては働きやすい職場環境が整っていると言えるでしょう。

医療・介護・保育系業界

また、医療介護、保育の現場でも女性が求められています。女性は男性に比べて人当たりが良くて受け入れられやすいという面があり、患者や高齢者、小さな子供のケアをするには適性があるのです。

看護師薬剤師、ホームヘルパー、保育士などが代表的な職種でしょう。

ただし看護師や薬剤師、保育士になるためには資格が必要です。看護師であれば専門学校で3年間の勉強をすれば資格を取得できます。

実際にフリーターから専門学校に通って看護師になっている人もいるので、医療に興味がある人は候補にしてみると良いでしょう。

ただし、看護師の仕事は想像以上に体力と精神力を必要とします。行動力のある方が特に向いているといえるでしょう。

女性向け商品の開発関連

この他にも主婦や女子学生などをターゲットにした商品やサービスの開発を行っている企業などでは女性を求めています。できるだけ広い視野で女性社員のニーズを探してみましょう。

福利厚生が充実している企業は女性のニーズが高い

女性がフリーターから正社員になるときにはワークライフバランスも考慮して仕事を選ぶことが重要になります。アルバイトと違って正社員は勤務時間の拘束が長く、残業や休日出勤も必要になることもあるからです。

女性の場合に特に問題になるのが育児や介護との両立で、アルバイトなら辞めてしまったりシフトを減らしたりして対応できますが、正社員の場合にはどちらを優先すべきかで悩んでしまうでしょう。

福利厚生が充実していて女性が働きやすい環境を整えている企業を選んで就職するのは賢い方法です。

特に女性が重宝されている現場では手厚い福利厚生を用意しているケースが増えています。

例えば、病院や介護施設で働く看護師やホームヘルパーなどには院内託児所を用意したり、近くの保育園に優先して子供を預けられたりする福利厚生がある場合が多くなりました。

アパレル業界などでも育児をしているときに短時間勤務を認めるなど、女性に配慮した待遇を整えている企業が増えています。

男性ばかりの現場での仕事を選ぶとまだこのような配慮がなされていないことも多く、出産してから仕事を辞めざるを得ないという結論に達してしまうリスクも高いでしょう。

今後の生活のことも考えて仕事を選ぶのは女性にとっては欠かせないことなのです。

フリーター女性におすすめの仕事5つ!

さて、次にフリーターの就職活動に特に向いている仕事5つをご紹介します!フリーターは通常未経験からの挑戦になりますが、未経験歓迎の求人が多い仕事のため安心です。

この中に自分に合いそうな仕事がないかぜひチェックしてみてください。

「事務職」の仕事

「事務職」とは書類の作成・処理、ファイリングなどの整理、電話応対・来客応対、その他データ入力などの業務全般を担う、その組織にとって必要不可欠な仕事を指します。

そして事務職は扱う内容によってさまざまな種類が存在し、一般事務、営業事務、経理事務、人事事務・労務事務、総務事務、医療事務、学校事務などが存在します。

事務職は基本的に資格が不必要な場合が多いため、未経験のフリーターで特に学歴に強みがなくても転職することが可能です。

ただし事務職は他の正社員の方のサポートをすることが主な仕事です。したがって回りに気を配ることができる能力が必要です。

また、事務職の場合は複数の業務を同時にこなす必要がありますので、物事を並行して同時進行させることができる人はかなり向いていると考えられます。

「接客・販売職」の仕事

「接客・販売業」についてはある程度イメージがつきやすいかと思いますが、単純に言ってしまえばお客様にものを売る仕事です。

ただ「ものを売る」という点で営業と似た印象をお持ちの方もおられるかと思いますが、販売は店舗などで購入意思のあるお客様に対して購入を促すのが主な仕事ですので営業職に比べて少々ハードルが低いと考えられます。

接客・販売系統の業界や職種も未経験歓迎の求人が多く、学歴も重視しない求人が多いです。

また接客・販売職も明るくやわらかい印象の方に向いており、基本的なコミュニケーション能力やわかりやすい説明をするスキルが求められますが、これらは練習すればできるようになりますので心配は無用です。

「営業職」の仕事

生活の中でもよく耳にする「営業職」。これはお客様へ自社商品やサービスなどの購入を促進して契約を取りつける仕事のことを指します。

営業では、比較的その商品やサービスを購入したいという意志の低いお客様に対してもその商品やサービスの内容や利点を解説し、最終的にご購入いただけるように進めていきます。

また営業職の中でも扱う商品やサービスによって仕事の種類は多岐に渡りますが、どの営業職も人と接する仕事であるため、それぞれに向き不向きがあると考えられます。

営業職は接客・販売職と並んで未経験者歓迎の求人が多く必要な資格もない上に、学歴よりも実力を大きく重視する傾向にあるため、その時点で営業のスキルがなくてもやる気とガッツがあれば問題なく転職できます。

そしてやる気の高いフリーターには嬉しい要素として、営業職は努力次第で多く収入を得ることも十分に可能です。

営業職に向いている人物像はやわらかい雰囲気のある方や明るい方で、コミュニケーション能力や相手の話を聞く能力、負けん気を持って突き進む行動力が求められます。

営業職を視野に入れている高卒者の方はぜひ、この職種が自分の性格に合っているかどうかを今一度確認してみましょう。

営業職は単に商品やサービスを売り込む仕事ではなく、お客様に「価値」を提供することのできる素敵な仕事です。興味がある人はぜひ就職を考えてみましょう。

「プログラマー」の仕事

フリーター未経験の方へおすすめの職業の代表格といっても過言ではない「プログラマー」です。プログラマーと聞くと男性が多いイメージがおありかと思いますが、最近では女性の社員も増えています。

この職業の主な仕事は、プログラム設計、プログラミング、単体試験になります。

詳細設計の内容を確認して、指定のプログラミング言語のどの関数を使用してどのライブラリを使用して、どのようにロジックを組み立てていくのかといったプログラム構成を設計します。

そしてその後、実際にコーディングを行い完成したモジュールを単体で動作させ、試験を繰り返してバグを潰していくのがメインの仕事です。

つまりプログラマーとは、そのプロジェクトにおいて一番最後の工程を担う、非常にやりがいのある仕事なのです。

ちなみに上記の「コーディング」「モジュール」といった用語の意味がわからず、「プログラマーなんてややこしそうでとっつきにくい!」と感じた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、このような感覚はIT業界に入った新人全員が感じるものだそうで、最初はちんぷんかんぷんでも次第に慣れてきて内容をしっかり掴んでいけるようになるのだそうです。

またプログラマーをはじめとしたIT業界の仕事は基本的に学歴よりも実力を重視する実力主義の世界。

したがって学歴を気にする人はIT業界にはおらず、努力した分だけ評価される業界なのです。フリーター・未経験で興味のある方はぜひ飛び込んでみましょう。

「施工管理職」の仕事

「施工管理」とは、建設工事現場の監督としてその時行っている工事の全体に関する管理を行う仕事を指します。

「管理」と聞くと経験が必要なのではないかと感じるかもしれませんが、施工管理は基本的に図面通りに建物や設備を作る仕事であり、ルールを少しずつ覚えていけば決して難しい内容ではないため、未経験の方も十分転職が可能です。

施工管理と聞くと男性が多いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では女性も多く目指している業種ですので女性でも踏み込みやすい業界となっておりおすすめです。

また未経験でも施工管理でキャリアアップを目指して年収を増やすことは可能ですので、その場合はぜひ資格を取得しましょう。

中でも年収の高い仕事を目指したい方は、1級または2級施工管理技士の資格を取得することを目指すのが確実です。

施工管理の仕事はビルや大規模なマンションの建設現場、そして公共事業などに多く必要とされるため、高待遇で迎えられるケースが多いのが魅力です。

フリーター・未経験でキャリアアップまたは高収入を目指している方には狙い目の職業です。

よりお得な仕事を探すならエージェントも利用しよう

仕事の内容も福利厚生も魅力的な就職先となると人気が高いのは確かです。働きやすい環境が整っている現場ほど離職者も少なく、新卒も獲得できていることが多いでしょう。

フリーターを受け入れてくれる企業がなかなか見つからずに苦労することもあります。やはり理想的な就職は難しいのかと思って諦めてしまう前に、まずは私たちに相談してみて下さい。

私たちは若手の人たちを中心として、仕事を探している人たちのためのエージェントサービスを行っています。

フリーターで働いてきた人や女性には仕事が見つからないという悩みが多いのは重々承知していますが、それでも納得して働ける仕事を見つけられるように精一杯のサポートをしているのが私たちのサービスです。

どんな仕事をしたいのか、どのような福利厚生が整っていれば良いか、待遇はどの程度を求めているのかといった様々な角度からヒアリングをします。

そして、一人一人の意思に基づいて魅力がある求人を探して紹介するため満足できる仕事を見つけられるでしょう。どうしても見つからないというときにも色々な可能性を考えて提案しています。

例えばフリーターの女性の場合にはライフステージごとに考えて転職するのも候補として挙げられるでしょう。

今は就職しやすいことを優先し、キャリアができたら福利厚生が整っている企業に転職するというキャリアパスも考えられます。どういう道がベストかは人によって異なるので、まずは私たちに本音をお話しいただけたらと思います。


仕事選び

フリーター女性の仕事選びの注意点

さて、フリーター女性が本格的に就職について検討した際に注意しておいていただきたいポイントがあります。ぜひ参考にしてみてください。

やりたいことだけを軸にして考えない

これはフリーター女性に限らず言えることですが、やりたいことだけを軸に仕事選びをして就職活動を進めていくのは避けた方が無難です。

これはなにも、やりたいことを仕事にしてはいけないと申し上げているのではありません。やりたいことを全面的に押し出した仕事選びを行なうと、たいていの場合やると決めた仕事が続かないのです。

というのも、やりたいことに対する理想像というのはかなりきらびやかなもののはずです。もちろん苦労がたくさん伴うことはわかっていても、人間は憧れているものに対してメリットを多く想起してしまうものです。

憧れの先輩に対して良いところばかりが目に入ってきてしまうのと近いですね。

しかし、やりたい仕事をただ「やりたい」という気持ちだけで選んでしまうと、その理想と現実とのギャップに耐え切れなくなりやすいのです。

憧れの先輩と晴れて付き合えることになったけれど、その性格を知れば知るほど嫌なところばかりが気にかかるようになり最終的に嫌いになってしまった、というケースと似たような感情ではないでしょうか。

やりたい仕事で働きたいと考えた場合にはまず、その仕事に対してどんなメリットを自分が抱いているかを冷静に分析してみましょう。実は「楽しそう」などという漠然とした印象だけで選んでいたという可能性もあります。

やりたいことを仕事にしたいのであれば、金銭面のメリットや将来性なども見据えましょう。そしてメリットだけでなくデメリットも調査して比較することで、やっぱりこの仕事は合わないかも、と感じることもあります。

自己分析を必ず行なおう

さて、上記の内容にも少しリンクしますが、フリーター女性の多くが自分に合った仕事や業界をまだ把握できていないことと思います。

しかし、少しでも自分に適性のある仕事や業界で仕事をした方が成長するスピードも速く、よりストレスフリーに楽しんで働けることにつながります。

そこでぜひ実践していただきたいのが自己分析です。自己分析とは仕事選びの際に自分の適性や傾向、性格や希望していることを客観的に把握することができる作業のことです。

自己分析を行なうことにnよって、自分が本当はどんな部分に適性があるのか、そしてどんな部分が苦手なのか、そしてどんなことを重要視しているのかを把握することができます。

自己分析にはさまざまなやり方がありWeb上にも複数の自己分析ツールが用意されていますが、ここでは最も王道の方法をご紹介します。

紙にペンで「好きなこと」「やりたいこと」「嫌いなこと」「得意なこと」の4要素を思いつく限り書いてみましょう。そして書き終ったらそれぞれで共通している部分をまとめ、それがある程度当てはまる仕事や企業を探せばよいのです。

そうすれば自分に適性のない仕事や業界で苦しむような自体を避けることができるでしょう。

職場・仕事に求める条件は3つに絞ろう

さて、仕事選びを進めていく上で「なかなか自分の希望する条件が当てはまる仕事がないな~」とお悩みの方もいらっしゃると思いますが、これにはひとつ原因が考えられます。

それは就職先に求める条件が多すぎる場合です。

たとえば「給与は額面26万円以上で自宅から電車で20分圏内のWebマーケティング職で就業経験なし(フリーターは通常これにあたります)の未経験者OKで・・・」などと絞っていては到底求人は見つかるはずがありません。

求人は沢山あるといえどその数には限りがあります。自分の要求ばかりをお押し付けてしまってはずっとフリーターのまま就職できる日はやってきません。

ぜひ仕事を探す際には求める条件をまず3つ以内に絞り、それでもなかなか仕事が見つからない場合には条件を少しずつ緩くして探すようにしましょう。

ここで大切なのは、求める条件を緩めすぎても自分にとって最終的に良くないという点です。求める条件を緩めればその分応募できる企業は増えますが、緩めすぎてしまうと入社後に「やっぱり違う!」となりかねません。

そうなってしまっては企業に迷惑をかけてしまう他、早期に企業を退社したという経歴が残ってしまい、その後の転職活動に影響を与えてしまいます。ぜひ注意しましょう。

女性の就活における「セクハラ問題」の便利な回避方法

昨今、主に新卒生の就活で物議をかもしているセクハラ問題について、フリーター女性の皆さんはご存知でしょうか?

具体的な事例で言えば、面接の際に面接官から「彼氏いないの?」と質問されてやたらと深堀りされたり、内定が決定する前に行なわれる企業外部での食事会の席で「彼氏とかいるの?入社した後に結婚とかして辞められたら困るからやめてよね」などと言われたケースが少なくないそうです。

日本労働組合総連合会(連合)が発表した「仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019」によれば、就活中にセクハラを受けた人の割合はなんと全体の10.5%にものぼるとのこと。

他にも性体験に関しての質問や冗談、からかいもあるそうで、就活においては面接の場以外にも志望する企業の関係者と関わる場は複数存在し、企業の目の届かないところでも被害が起きているとのことです。

ただ真剣働きたいと思っているだけなのにこういった事態に巻き込まれるのは避けたいところですよね。しかい就活生の10人に1人がセクハラを受けている事実があります。これはどうすることもできないのでしょうか?

そこで私たちがご提案するのは就職エージェントを通じた就活を行なうという方法です。本来エージェントは提携している企業からの求人をご紹介するのが主な業務内容。

そのために取引先の各企業に直接担当者が赴き、社内の空気や社風、求めている人材などの情報を直接得ています。

だからこそ、エージェントでは社員の管理が行き届いている企業様のみご紹介差し上げることが可能となっています。私たち第二新卒エージェントneoももちろんその中のひとつです。

またエージェントという仲介業者を通すことで企業の横暴な動きを封じ込める効果もあり、求職者の皆さんは安心して就職活動を進めていくことが可能です。

もしも就職活動を始めていく上で不安なことがあったり、そもそも仕事をどのように選べばいいかがわからないといった方はご相談だけでも結構ですので、ぜひ一度利用を検討してみてください。


内定獲得率

フリーターの女性だからこそ考えたい。仕事のやり方とメリット・デメリット

フリーターから脱却して正社員になると大まかには三つのメリットがあります。一つ目は給料が大幅に向上することです。アルバイトに比べると正社員の年収はかなり高くなります。

二倍以上の年収になる人も多く、職種を変えてたくさん稼げる仕事を選べばもっと差が出るでしょう。年金や退職金ももらえる待遇が普通なので老後の対策もできます。

二つ目は充実した福利厚生が手に入ることです。年金や手当なども福利厚生のうちですが、それ以外にも多様な福利厚生を準備している会社があります。

託児施設を利用できたり保養所などを安く使用させてもらえたりするなど、家庭生活を豊かにするために重要な福利厚生を活用できるでしょう。

三つ目は仕事の内容も充実することです。フリーターとして働いているとサポート的な仕事ばかりになってしまいがちですが、正社員になると責任の求められる重要な仕事にチャレンジできます。

成果を上げるほど社内での評価も高くなり、もっと重要な仕事に従事できるようになっていきます。それに応じて昇給や昇進が認められるのも正社員の魅力的なところです。

さて、このコラムでは女性の仕事の仕方について言及しています。もっと読みたい方はコチラ!

今と将来を両方同時に考えて仕事を選ぼう

フリーターをやめて就職するからには今も将来も満足できる仕事を選ぶことが大切です。フリーターの女性はフリーター歴が長くなって年齢を重ねてしまわないうちに就職活動を始めましょう。

仕事の内容でも福利厚生でも納得できる求人を見つけ出すのは大変ですが、私たちが全力を持ってサポートします。

どのような条件が揃っていれば良いか、どんなキャリアパスがベストかをカウンセリングを通して決め、最良の仕事を見つけて就職しましょう。


「自分に合った仕事は?」

【体験談】フリーターから就職を成功させた人はこんなにいます!

「今までずっとフリーターだったからまともな職歴もないし、正社員に就職できずに失敗するんじゃないか・・・」と不安な気持ちでいっぱいの方も少なくないと思います。

しかし、実はこんなにたくさんのフリーター出身の方が正社員就職に成功しているのです。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div