第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

フリーターや事務から「未経験の正社員管理職」を目指すことも出来る面接の極意

ペーパーテストによる学力が重視される入学試験とは異なり、企業で働くために最も重要なことと言えば面接です。これは新卒・既卒・フリーター・未経験者を問わず、誰にも共通して言えることとなります。なぜなら、少しでも自分を良く見せようと履歴書の内容にこだわり資格やスキルアップを目指すことも大切ですが、紙に記載してある内容だけで企業は人を判断するわけではないからです。私たち第二新卒エージェントneoでは、就職や転職を成功させるためには有利な面接対策を十分に行っておくことが大切であると考えています。

人は見た目で判断される

私たち第二新卒エージェントneoが面接対策をするときにまず伝えることは「人は見た目で判断される」ということです。本当の人柄というのは、長い付き合いの中でこそわかるものですが、求人での出会いは時間との勝負です。面接官は限られた時間で、人柄や実力を判断しなければなりません。そのため、面接官は人を見た目で判断します。

例えば服装や髪型などは確実にチェックされる重要な対象です。スーツを着用していてもシャツがしわだらけだったり、袖口にシミがついていたりすることはだらしない印象を与えてしまいマイナスな印象となります。また爪を切っていなかったり靴が汚れていたりという細かい点も、面接中にさりげなくチェックされています。私たちはなにも面接だからといって、高級スーツに身を包んで新品の靴を準備してくださいと言っているわけではありません。伝えたいのは「社会人としての基本的なマナー」を身に着けて面接に挑んで欲しいという事なのです。

単純に考えて、一般的な企業において髪の毛に寝癖がついたまま大切な商談に出ることはまずないでしょう。汚れたものを身に着けていると、普段からだらしがなく仕事にも責任を持てないのではないかと面接官が考えるのは当然のことです。人は高級なものを身に着けていなくても清潔感のある格好をしていれば、それだけで相手に誠実そうな印象を与えることが出来ます。結論として面接という短時間で人を判断される場では、「人は見た目で判断される」という事は覚えておくといいでしょう。

▶必読!フリーターから正社員に就職したい人がするべき事とは?

面接で好印象を与える話し方

面接というのは誰でも緊張するものです。けれども第二新卒エージェントneoでは無理に緊張をほぐそうとしたり、上手く話そうとしたりする必要はないと伝えています。なぜなら、面接で大切なのは「自分の意見をきちんと伝えることが出来ること」と、「会話のキャッチボールが出来ること」だからです。

もともと話し上手で面接の時も自己アピールをしっかりできるという人はいます。私たちはそういった人こそ相手の話を最後まで聞くことが大事だと考えます。頭の回転が速く相手の言おうとしていることを察知できるタイプの人は、面接官が最後まで質問し終わらないうちに答えがちです。会話としては成り立つかもしれませんが、自分の話を最後まで聞いてもらえなかったという印象を面接官に与えてしまいます。
冷静になって少し考えてみましょう。仕事で大切なのは「人とのコミュニケーション」ではないでしょうか。いくら会話が上手でも、人の話を最後まで聞けない人はコミュニケーションが取れない人だと判断されてしまう可能性があります。せっかく上手く話すことが出来る能力を持っているのですから、聞き上手になることでさらに安心して面接に挑むことが出来るようになると思うのです。

逆に話すことが苦手だという人でも、上手くいく面接のポイントというものはあります。それは、聞かれた質問に対して的確に答えられるという事です。話すことが苦手な人は一生懸命に話そうとして、話のスタートとゴールがずれてしまうという事がよく起こります。そこで私たちが提案するのは、「まずゴールである結論を最初に話す」というポイントです。

例えば、「学生時代に頑張ったことは何ですか」という質問に対して、「テニス部の活動です」という結論を先に答えます。その後で「試合で実績を残しました」「年に一回のイベントでは企画から進行まで運営の中心となりました」など、頑張った内容を付け加えていくという順序にするのです。すると面接官も結論が先に出ているので話を聞きやすいというメリットが生まれます。話し手である自分も、頭の中で整理をしながら話が出来るようになります。私たち第二新卒エージェントneoは、それぞれの性格にあった面接対策をすることで、人の印象は大きく変えることが出来ると考えているのです。

長所と短所の重要性

面接でよく聞かれる質問は、長所・短所ではないでしょうか。第二新卒エージェントneoに登録している人でも、完璧な人間などほとんどいません。誰でも短所が存在するのが当たり前で、それが逆に人間らしいと考えています。しかし、自分の短所はたくさん言えるけれど長所の方は見つけることが出来ないという人は少なくありません。そこでポイントとなるのが、短所を長所に変えるということなのです。
ごく単純な「あなたの長所と短所を教えてください」という質問であれば、それほど答えに窮することはないかもしれません。いくら自分に自信がなくても、ひとつくらいは長所を見つけることが出来るからです。しかし「長所と短所を3つずつ、それぞれの理由も合わせてお答えください」という質問をされたら、途端に答えに詰まってしまうのではないでしょうか。

企業側が面接の時に長所・短所を聞く理由は大きく分けて2つあります。ひとつは企業にとっての適性を図るためです。仕事には人それぞれ向き不向きがあるので、その適性を判断するのに長所・短所が役に立ちます。企業としても採用してすぐにやめられてしまっては人材の損失だけでなく、採用までにかかったコストが無駄になってしまいます。企業と採用される側のミスマッチを防ぐうえでの重要事項が長所・短所なのです。

もうひとつの理由は、長所・短所をきちんと答えられる人には「自己分析がしっかりできる人」という判断を下せるということです。長所・短所をしっかりと自分で理解している人は、たとえ短所があってもその解決策を講じることが出来、長所はさらに伸ばすことが可能となります。
私たちは長所・短所の質問には、適性を見極めるということと、社会人として成長できる人間であるかという判断が含まれていて、とても重要な質問であると考えているのです。

長所と短所は結びつけて考えるといい

第二新卒エージェントneoの面接対策では面接を成功させるのに有効な手段として、自分の長所と短所をセットでいくつか言えるようになっておくことが大切だとアドバイスしています。実は、面接官が長所と短所の両方を聞くのには、一貫性があるかどうかを見ているという理由もあります。それぞれ単独で聞かれることはさほど難しくはありませんが、両方を聞かれることで時には矛盾が生じてしまうこともあるでしょう。つまり、きちんと自己分析できていないと、面接官を満足させる答えをすることは難しいという事です。そこで私たちは、長所と短所は結びつけて考えるといいのではないかと考えます。

例えば「人の意見を聞くことが出来る」という長所がある場合、「人の意見を聞きすぎて自分ひとりで決められなくなってしまう」という短所を結びつける事が可能です。ということは、長所も短所も最終的にはプラスの方向に持っていけばいいのです。具体的には、「人の意見をしっかり聞くことが長所ですが、たくさんの意見を聞きすぎて決定できなくなってしまうこともあります。そこで人の意見を取り入れながら、しっかりと自分の意見も反映できる人間になれるよう努力しています。」という自己アピールが出来ると、面接官に与える印象はよくなるのではないでしょうか。
面接官は、長所・短所をただ聞きたいだけではないのです。自己分析をした先のことまで、質問には含まれていると考えられるのです。

▶ニート・フリーター期間がある人が就職するための履歴書及び職務経歴書の書き方

面接対策はひとりで悩まない

第二新卒エージェントneoでは、就職活動で最も大切なことは履歴書の内容でも資格やスキルでもないと考えています。「人と人とのコミュニケーションをはかることが出来る面接」こそが、最も重要だと思っているのです。しかし面接で求められているのは面接官に与える印象や話し方、そして長所・短所によるきちんとした自己分析が出来ているかなど多岐に渡ります。これらをきちんと対策することで、内定への道がぐんと近くなると考えられますが、自分ひとりではなかなか面接対策は難しいものです。そこで、もし面接対策で悩んでしまったのなら求人サイトに登録してみることもひとつの方法です。

第二新卒エージェントneoでは、就職・転職を支援する様々なサービスがあり、プロによるカウンセリングやアドバイス、面接対策を受けることが出来ます。ひとりで悩むよりもこうしたサイトを利用する事で、就職や転職の近道になるのではないでしょうか。

▶フリーターが就職するための志望動機はどうやって作る?ポイントまとめ

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ