第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

【学歴・男女別】高卒3年目の平均年収はいくら?給料を上げる2つの方法とは

高卒者は大卒者や高専卒者に比べて年収が低いというイメージがありますが、具体的にどれくらいの金額差があるかは、業種によって大きく異なります。そこで、厚生労働省の調査結果を参考に、平均的な年収の目安と年収を上げるために有効な方法を紹介します。

高卒3年目の年収は大学新卒者の年収より低い?

年齢と実務経験で給料の金額が決まると考えるなら、高卒3年目の年収は高専新卒者の年収より高く、大学新卒者の年収とほぼ同じ金額が妥当だと思うかもしれません。

しかし、給料算定の目安はそれほど単純ではありません。高専や大学では高校では習得できない専門的な知識を習得しているという考えから、高卒者より大卒者のほうが基本給が高くなっています

同じ理由から、大卒者のほうが昇給率が高い会社もあれば、大卒者のほうがより給料が高い責任の重いポストに優先的に配置される会社も少なくありません

▶高卒の平均収入はいくら?上げることは可能なのか?

このため、高卒3年目の年収は、同じ会社における大学新卒者の年収とほぼ同じどころか、むしろ低いケースが多くなっています。

平成29年の厚生労働省の賃金構造基本統計調査では、20~24歳の学歴別の賃金は次のようになっています。

  • 大学・大学院卒男性の平均月収は22万7000円
  • 高卒男性の平均月収は20万1000円
  • 大学・大学院卒女性の平均月収は22万400円
  • 高卒女性の平均月収は18万3300円

高卒3年目も大卒新卒者もこの年齢粋にあたりますが、単純に比較しても、高卒者の方が大卒者より男性では2万6000円、女性では3万7100円も低い金額です。

年齢が上がるにつれてこの差が狭まるということはなく、逆にどんどん差額は大きくなっています。

▶高卒でも稼げる3つの仕事!大卒にも負けない高給取りになる方法

会社の規模と業種によって年収は大きく異なる

高卒者の年収は大卒者や高専卒者の年収に比べて低いのはどんな業種にも共通して言えることですが、具体的な金額は企業の規模や業種によって大きく異なります

高卒3年目の年齢にあたる20~24歳の年齢粋で企業別と業種別の月収を比較すると、次のようになっています。

男性の企業の規模別の平均月収は大企業では22万100円、中企業では20万5800円、小企業では20万3600円です。

また、女性の企業の規模別の平均月収は、大企業では21万5900円、中企業では20万100円、小企業では18万8400円です。

男性の場合大企業と中企業では大きな差がありますが、中企業と小企業ではあまり差はありません。そして、男性と女性の金額差は、大企業と中企業ではあまり大きくありませんが、小企業ではかなり大きくなっています。

次に業種別の差額を見ると、男性の月収がもっとも高い業種は情報通信業で、平均月収は23万3100円です。同じく、女性の月収がもっとも高い業種もやはり情報通信業で、平均月収は23万1000円です。

逆にもっとも月収が低い業種は男女とも宿泊業・飲食サービス業で、男性の平均月収は18万8300円、女性の平均月収は18万4000円です。

ただし、女性の場合は2番目に月収が低い製造業とほとんど金額に差はなく、製造業の平均月収は18万4100円です。ちなみに、20~24歳男性の製造業の平均月収は20万3700円です。

高卒の平均収入はいくら?上げることは可能なのか?

現在、中学校を卒業して高校に進学する子供達は97%を超えておりそのほとんどが高校に進学しています。

そして高校を卒業後に大学に進学する人は54%と、約半分の人が進学を選択し残りの約半分は就職かその他の道を選んでいるということになります。

そしてここで気になるのが、高卒で就職した場合の収入です。一般的に高卒は大卒よりも収入が低く設定されており、生涯賃金も大卒に劣るといわれています。

皆さんは、高卒で就職した場合の初任給はだいたいいくらくらいかをご存知でしょうか?厚生労働省の資料によると、平成28年度の高卒の初任給の平均は男性で約16万3千円、女性で15万7千円

男女で差があるのが気になりますが、それよりも気になるのが大卒の平均的な初任給との差です。大卒の平均初任給は男性で約20万5千円、女性で約20万円と、高卒の初任給よりもはるかに高く設定されています

初任給の時点でこれだけの差があるため、その後年数を経るにつれてその賃金の差はより大きなものになっていきます。
では、高卒者はその収入をUPさせることなんて可能なのでしょうか?

このコラムではその方法などを解説していきます。もっと読みたい方はコチラ!

転職は年収を上げるのに効果的な選択肢のひとつ

業種や企業の規模で月収が数万円も変わるので、転職することで月収が上がる可能性は十分にあります

特に今の業種にあまり執着がなく新しい仕事をすることに抵抗がないようなら、できるだけ早い時点で転職も視野に入れておくほうがいいかもしれません。

なぜなら、年齢が上がるほど転職希望者に会社が求めるスキルも上がるからです。

誰の目にも分かりやすい大きな実績を持っているか、難しい国家資格を保有しているなど、特別な売り込みポイントがない限り高卒者に限らず大卒者でも転職に不利な場合が少なくありません。

このため、高卒者が転職を考えるときは高卒3年目くらいまでに決断した方がいいでしょう。高卒3年目は大卒新卒者より年齢的に若いので、企業側も受け入れやすいからです。

スキルアップで年収アップを目指すという方法も

ただし、就職してまだ3年目くらいで単純に年収の金額だけを比較して転職すると、せっかく転職できたとしても、またすぐもっと年収が高い別の仕事が気になり出すかもしれません。

新卒のときから育ててくれた今の職場でもっと年収アップを交渉できないか検討することも大切です。

例えば、会社が資格手当を支給しているようならその資格を取得することで月収と年収は上がります。また、資格を取得したことで仕事の幅も広がりより責任のある仕事を任されるようになり、その結果年収があがる可能性もあります。

学歴や経験に関係なく誰でも受験できる資格や、高卒者でも実務経験の年数によっては受験出来る国家資格もあります。あなたが働いている会社が資格手当を支給していないかまずは調べてみるのもいいでしょう。

高卒で給料の良い仕事は?稼げる職種や業種、有利な資格を紹介

学歴における強みを持っていないという意味で高卒は中卒と同じく難しい就職活動を強いられています。「高卒だから給料の良い会社に就職できない」「稼ぐことなんてできない」と諦めていないでしょうか?

たしかに、中卒や高卒よりも大卒の方が社会的に優遇されていることは明確な事実です。しかし、実際に社会に出てからお金を稼げるかどうかは「学歴」よりも「本人の努力次第」です。

現代は人材不足に嘆く業界が多く存在し、そんな業界には若いパワーを求めている企業が多くあります。ではどんな業界なら就職の可能性があるのでしょうか。

例えばコミュニケーション能力に秀でている方は「営業職」がぴったりでしょう。営業の業界は結果を出すことが何よりも大切なシビアな世界ですが、学歴に関係なく努力次第では大卒をもしのぐ高収入を得ることができます。

また体力仕事の現場では学歴などは一切関係なくいかに動けるかで評価が変わってくるため、やる気のある中卒者や高卒者には最適です。

さて、このコラムでは学歴に強みがなくても高収入を得られる業界・業種や、そういった仕事を探す際に必要なことなどをお伝えしています。もっと読みたい方はこちらをCheck!

転職すべきか悩むときは専門家に相談するのがおすすめ

就職して3年目は、仕事にも慣れ、いろんな不満や不安を感じ始める時期でもあります。高校時代の友人と給料の話になり、自分の方が金額が低いと、やる気をなくすかもしれません。

そんなときに心機一転に転職を考えるのは決して悪いことではなく、むしろ良い結果につながることもあります。

しかし、転職はそれほど簡単なものではありません。まして、現状より好条件を引き出したい場合、なんの対策もせずにやみくもに転職先を探すと、下手をしたら今より条件の悪い会社や、あなたにとって働きにくい会社に転職する羽目になる可能性もあります。

そんな不安やリスクを伴うものだからこそ、転職を視野に入れたなら転職すると確実に決めてから動くより早い段階から転職エージェントなどの専門家に相談するのがおすすめです。

ぜひ私たちと一緒に理想の転職活動を成功させましょう。

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ