就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒が尼崎で転職させるコツを公開!歓迎してくれる企業を探し出すためには

中卒として就職して働いてきた人はまだ若いうちに転職したいと考えるようになると学歴がネックにならないかと懸念してしまいがちです。尼崎で転職をしようと思い立ったときにはどのような方策を考えたら転職を遂げられるのでしょうか。学歴が本当に問題になるのかどうかをよく理解した上で転職活動に挑むようにしましょう。

学歴は問題になってしまうのか

中卒の人が学歴がネックになると考えるのはもっともなことで、日本では特に学歴を重視する企業がたくさんあります。

だんだんと学歴よりも実力がどうかという視点で人材採用を進める企業も増えてきていますが、現実的には学力が高い方が戦力になる可能性が高いと考える傾向が強いのは確かです。

特に若い人をポテンシャル採用するときには学歴があった方が失敗が少ないという視点で大卒以上の人が選ばれやすくなっています。

このような観点から考えると学歴が問題になってしまい、求人に応募してもなかなか採用してもらえないという結論に達するでしょう。

しかし、必ずしも大きな問題ではないと捉えることも可能なので前向きに考えるのが大切です。

学歴を重視する企業もありますが、尼崎には学歴を参考にする程度でそこまで重視していない企業もたくさんあります。募集要項を見ても学歴について一切触れていなくて気兼ねなく応募できるものが多いのが実態です。

学歴制限があって応募できない求人もあるのは確かで、仕事の候補がある程度は限られてしまうことは否めません。しかし、あまりに候補が少なくなってしまい、自分に合っているものを選べないという状況に陥る心配はないのです。

尼崎にはそれだけ多くの求人があるので、どんな仕事をしたいかをよく考えて職場探しをしましょう。

何が代わりに重視されているのかを知ろう

学歴が重視されない場合に企業はどのようなイメージを持って採用する人物を決めているのでしょうか。中途採用では一般的に実力を重視する傾向が強いのは確かです。

20代後半くらいになると実力重視で採用の可否を決定しているケースが多くなり、30代となるとほとんど実力しか見られていないでしょう。

実力は過去の職歴から主に判断され、その上で実際に面接で話をして確かに戦力になるかどうかを吟味されるのが一般的です

職種や業種の経験年数で線引きが行われることも多く、同じ仕事を長く続けてきた人が有利になる傾向があります。このような実力重視の求人も尼崎にはたくさんあるので、今までのキャリアを棚卸ししてアピールポイントを探してみましょう。

一方、企業が求めているのは新卒のような若さであるというケースも多々あります。中途採用でポテンシャルがある若手の人材を手に入れるという方針を立てている企業も増えてきているのが現状です。

第二新卒の募集がよく行われていますが、このケースの代表例と言えるでしょう。社会人として少し働いた経験を持っているので基礎が身についているのが魅力です。

新人教育にあまり長い期間をかける必要がなく、そのための人件費などもほとんど使わずに済みます。即戦力になるような実力がなくても意欲と体力があればきっとすぐに成長してくれるだろうと期待されているのです。

このような立場で転職できれば様々な職種や業種を候補にすることができ、今までとはまるで違う仕事にチャレンジできるでしょう。

このように実力か若さをアピールできれば中卒であっても魅力的だと感じてくれる企業が見つかります。長く働いてきた人は実力を、まだ働き始めて間もない人は若さを強みとして求人に応募するのが大切です。

中卒で働ける仕事は?中卒者の就職事情とそれを有利に進めるポイント

現代は学歴社会といわれる一方で、さまざまな事情から中学卒業後すぐに働かざるを得ない人たちもいます。
そういう場合、果たしてどのような就職先があるのかは非常に気になるところです。

男女別で見てみると、男性で多いのが飲食業のホールスタッフ、とび職、運転手といった、どちらかといえば体力勝負の仕事が目立ちます。また、学歴よりも実力が重視される営業畑の道へ進む人も多くいます。

それに対して高い技術や専門的な知識を要する仕事、あるいはデスクワークや管理を中心とする職に就ける人はごく少数のようです。

一方、女性の場合は飲食店のサービススタッフ、アパレルや携帯電話などの販売員、工場でのライン作業、コールセンターのオペレーターといった職が主な選択肢です。

体力勝負の男性に対して女性はサービス業が中心という印象があります。また厚生労働省の調査によると、中卒者の正社員の割合は大学を卒業した者と比べると半分以下の割合であることがわかります。この正社員の割合の低さにも理由があります。

さて、このコラムでは中卒者の就職事情就職を有利に進めるためのポイントなどについて解説をしていきます。もっと読みたい方はこちらをCheck!

歓迎してくれる企業を選び出すには

応募先を決めようと考えた際には中途採用の求人の中から実力重視のものや若さ重視のものを選び出さなければなりません

求人の詳細を確認して応募条件を見てみると、どのようなスタンスで募集しているのかを判断することができるでしょう。仕事の内容や勤務地も考慮し、この仕事なら良いというものを見つけ出していくことになります。

そして、リストアップされた中から希望のものを選んで応募していくというのが基本的な流れです。特にこの求人の情報調査にはかなりの時間がかかることがあるので、できるだけ早めに探し始めるようにしましょう。

ただ、気をつけなければならないのは企業が中卒も募集対象としているだけなのか、歓迎しようとしているかは求人を見ただけでは判然としないということです。

魅力的な人材がいるかもしれないから学歴で制限を設けないでおこうという程度の企業もあれば、中学や高校を卒業して就職したような人は社会で働くのに意欲的だろうと前向きに採用を検討してくれる企業もあるのです。

その取捨選択もできるのが理想的で、本気で歓迎してくれる企業からの求人に応募できれば採用してもらえる可能性も高まるでしょう。

歓迎してくれるような企業を本気で探し出したいと思ったら、私たちのエージェントサービスを利用するのも良い方法です。

私たちは若い人たちの転職をサポートしているエージェントで、特に第二新卒の人たちのサポートを重視しています。企業と密接なやり取りをしているので、企業側がどのような学歴の人を募集対象としているか、実力や年齢についてどのように考えているかも詳しくお伝えすることができます

そのため、仕事を探している人の実力や年齢に応じてどの企業からの求人ならマッチするかを説明することが可能です。具体的にこの求人なら大丈夫という形で紹介できるので、探す手間も省いて応募することができるでしょう。

中卒でも差別されない!学歴より実力重視の職場4選

学歴社会といわれる現代において、悔しいことに中卒者が他の学歴の人に比べてハンデを被りやすいことは事実です。

しかし現代では人材不足が顕著な業界も多く、さまざまな分野において若いパワーを必要としている企業や職場がひしめいています。

そういった現場では学歴よりも「実力」や「やる気」、「明るさ」や「エネルギッシュ」さに加え、これからの可能性を秘めている人材を求めています

中卒が区別を受けやすい理由は「社会人としての常識が危うい」「今まで勉強の努力をしてこなかった」などの誤解があるためであり、デスクワーク中心の仕事は中卒に対して採用率が厳しくなる傾向が見られます。

中卒でものびのびと働きたいなら、体力勝負の職場に就職するのがおすすめです。例えば工事現場や建設現場では「いかに動ける人材であるか」を重要視しており、極端な話、たとえ東大生でもしっかりと動ける人材でない限り有能とはいえないのです。

他にも接客業や飲食業なども中卒者に向いている業界・職種だと言われているため、狙い目の仕事です。

さて、このコラムでは中卒者がのびのびと働ける職場を4つに絞ってお伝えしていきます。もっと読みたい方はこちらをCheck!

エージェントサービスなら安心して転職できる

私たちが提供しているエージェントサービスは基本的にオーダーメイドのサービスをする仕組みになっているので上手に活用しましょう。

どんな仕事を選んだら良いかわからないという人にはキャリアコンサルティングをして、これからどのようにして仕事と付き合っていったら良いか、適性のある仕事は何かをじっくりと話し合っています。

学歴の問題があるのではないかと心配している人には、どうすれば企業が学歴を気にせずに人物そのものに興味を持ってくれるようになるかのノウハウを伝授しています。

実際に応募する時にも書類の書き方や面接での答え方を詳しく教えているので安心して選考に挑めるでしょう。

また、アフターフォローもしっかりと行っているのも私たちのサービスの特色です。入社してからやはりやりたい仕事ではなかったと思うケースもごくまれにあります。

想定したような待遇を受けられなくて苦しい思いをしてしまう人もいる可能性があります。そのような際には私たちが相談に乗り、場合によっては企業側に交渉して待遇の改善を図ってもらいます。

このような安心の体制が整っているので、転職するときの有力なサポートとして使ってみましょう。求職者のみなさんは無料のサービスとして利用できるので、まずは相談だけでもしてみるのが賢明です。

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div