就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒が大阪環状線の沿線で転職するコツとは?おすすめ職種&就職方法も!

働きやすさを考えたら自宅の近くで仕事を探したいと考えるのはもっともなことでしょう。しかし、大阪在住で駅から遠くない場所に住んでいるのなら、大阪環状線の沿線で仕事先がないかと探してみるのが得策です。

中卒の人にとってこの選択は転職の成功の可否を分けることになる可能性もあるので、どのような理由が挙げられるのかを知っておきましょう。

企業選びの失敗はしたくない就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

中卒ってまともな職場に転職できるの?

中卒が企業から懸念されていること

中卒者はしばしば転職に不利であるといわれています。確かに大卒者や高卒者に比較すると、他の学歴の人に仕事をとられてしまう頻度は高いでしょう。

ところで、どうして中卒者は他の学歴の人よりも企業に採用してもらいにくいのでしょうか?これは「学歴が低いから!」ということではなく、なぜ学歴が低いと採用してもらいにくくなるのかということです。

では、中卒者は企業から「頭が悪い」と思われているのでしょうか?実はそうではないのです。

実際のところ、企業に勤め出すと学歴なんてさほど関係がなくなります。学歴が高いからといって必ず仕事ができるわけではないし、学歴が低いからといって仕事ができないわけではありません。

ではなぜ企業は中卒者を避ける傾向にあるのか。それは最低限の社会人としての野力が備わっているかを図る際に、学歴が高い人ほど信用しやすいからです。

当たり前ですが、採用側はその人を社員として受け入れるまでその人がどの程度の能力を備えているかを目で直接判断することができません。だからこそその人の経歴などの情報から判断するしか方法がない。

そのための判断材料のひとつとして学歴を見ているだけなのです。実際に学歴が高くてもその企業の方向性にそぐわない、またはコミュニケーション能力が著しく低いなどと判断された人材は内定をもらえません。

したがって中卒者は企業から、他の学歴の人に比べると最低限の能力値の保証が高くないと考えられているのです。

また、中卒となった理由は人によってさまざまだと思いますが、採用側はしばしば「勉強がいやだったのではないか」「不良だったのではないか」「だらしないのではないか」などのネガティブなイメージを持っています。

そこで中卒者はそのようなネガティブな印象をはじけ飛ばせるようなアピールをする必要があるのです。

内定獲得率90.1%

中卒が企業にアピールすると有利になる秘訣とは?

では中卒者は転職でどのようなアピールをすればよいのでしょうか。まずは、中卒となった経緯を伝えるようにしましょう。履歴書の自己PR欄や面接で聞かれたときでもOKです。

家庭の事情など、やむをない理由については堂々と伝えましょう。企業側も理解してくれるはずです。しかしだらしない理由だった場合には、正直に伝えた上で反省している旨とその改善策を具体的に提示しましょう。

この時、嘘をつくことは絶対にNGです。せっかく入社できてもあとから発覚するととんでもないことになってしまいます。

そして、自分にはどんな長所があってどんな能力があるのかをアピールしましょう。学歴に関わらずいい仕事をしていける人材であるということを伝えるのです。

ただ自分のいいところなんて到底わからないという方については自己分析を試してみてください。これによって自分の良さはもちろん、仕事選びを行なう際の指標にもなります。

自己分析の最もわかりやすい方法は紙にペンで「好きなこと」「嫌いなこと」「得意なこと」「やってみたいこと」を思いつく限り書き出す方法です。そして書き出せたらそれらに共通する要素を自分なりに抽出してみましょう。


会員が受けられるサービス

とはいえ一人ではよくわからなくて不安だという方もいらっしゃるでしょう。そんな時には就職・転職エージェントの利用が非常に便利です。

転職エージェントとは、求職者に対して提携している企業の求人を紹介することを主なサービスとして展開している民間の就職支援サポートです。

例えば私たち第二新卒エージェントneoでは第二新卒者をはじめとした若者を対象にサービスを展開しております。

お一人お一人をプロの転職アドバイザーが担当させていただき、個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介いたします。またその他履歴書の添削やアドバイス、本番さながらの面接対策も行っています。

加えて面接後のフィードバック入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントNEOではすべて代行しており、就活が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

なお、第二新卒エージェントneoの強みはなんと言ってもアドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさ。「人見知りで対人が苦手・・・」という方にも高評価をいただいております。

ご相談からでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、一人での仕事探しでお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。

中卒の大阪環状線沿いでの転職活動のコツ

とはいえ中卒の転職や就職には不安がつきもので、そもそも何から始めたらよいのかわからないという方がとても多いです。

私たちのサービスを利用されている方の多くも、仕事選びに苦戦していてほぼノープランの状態で相談にいらっしゃいます。

そこでまずは、大阪環状線沿いで働くにあたって何から着手すべきなのか、どんなことに注意すべきなのかをお伝えして参ります。一緒に見ていきましょう。

まずは大阪環状線沿いの求人の傾向を知ろう

大阪環状線沿いで仕事を探すにあたり、まず最初に把握しておくべきなのがそのエリアの中でもどこが狙い目なのかを知ることです。

もちろん「だいたいこの駅とかの周辺がいいな~」などと求人をランダムに探していく方法も有効でないわけではありませんが、無数にある求人数をすべて調べつくすのは、ひとりではとても骨が折れます。

そこで今回は大阪環状線沿いの求人を紹介している大手求人サイト2社を対象に、学歴不問の求人が多く存在している駅について調査しました。以下にランキング形式でお伝えしますのでご覧ください。

【大阪環状線 学歴不問求人数ランキング】

1位:弁天町駅 22%
2位:天王寺駅 15%
3位:大阪駅、福島駅、寺田町駅 8%
その他:西九条駅、京橋駅、京橋駅、野田駅、大阪城公園駅

※2020年1月現在、当サイト調べ

これを見てみると、弁天町駅がトップで22%、次いで天王寺駅(15%)、大阪・福島・寺田町(8%)と続きました。

弁天町駅について更に詳しく見てみたところ、事務、介護、警備員、施工管理、飲食店スタッフ、資材搬入系現場仕事など、多種多様な職種がまんべんなく募集されていました。そして中でも多く目についたのは事務職や介護職。

中卒は基本的にデスクワークに就くことができないというイメージをお持ちの方は多いかもしれませんが、天王寺駅には事務職の募集が比較的多いという、そういった仕事を探している方には嬉しい結果となりました。

また、就職や転職に人気な大阪駅周辺の求人にはシステムエンジニア、各種販売スタッフ、飲食店スタッフ、営業職などこれもまた多種多様なラインナップが。

特に営業職の求人の中には、学歴不問にも関わらずマネージャー候補として働ける求人があったりと、学歴を重視しない採用を積極的に行う職場が増えているという嬉しい現状が垣間見えました。

エリアを広げると候補が広がる

中卒の人にとって転職は自分が思っている以上にハードルが高くなってしまいがちです。大学や短大あるいは専門学校を卒業している人が増えている影響で、学歴的に見るとかなり不利な立場になるからです。

現実的には学歴重視の企業もあれば、実力志向の企業もあるのは確かですが、自宅の近くだけで仕事を探しているとなかなか後者を見つけられないこともあります。

基本的には仕事を探すエリアを広げれば広げるほど、学歴を気にせずに採用を検討してくれる企業の候補を増やせるでしょう。

大阪の広い範囲をカバーしている環状線の沿線で探すようにすればきっと魅力的な候補を見つけられます。

エリアを広げることによってカバーされる企業の種類も飛躍的に増えるのは大きなメリットです。

ただし学歴よりも実力を重視する企業だったとしても、大手企業やスタートアップのベンチャー企業ではあまり低学歴の人を採用しない傾向があります。

高学歴の方が学力的な基礎はしっかりとしているので、採用して失敗が少ないと考えることができるからです。大阪では大手のビルばかりが集まっているエリアもあれば、スタートアップベンチャーが多いエリアもあります。

一方で、中小企業や成功を遂げている段階のベンチャー企業などの数も少なくありません。規模のバリエーションを増やせることにより、採用してくれる可能性がある企業を大きく増やせるでしょう。

そうすれば業種についても幅を広げることができます。同じ業種の企業が近くにオフィスを構えていることはしばしばありますが、隣駅に行ってみると別の業種の企業が見つかるでしょう。

企業は業務効率を考えてオフィスの立地を決めている傾向があり、関連する業種の企業同士は近くにある場合が多いのが実態です。

その影響でエリアを広く取らないと多様な業種を候補にあげられなくなってしまいます。

特に大阪環状線の場合には沿線全体を考えるとカバーできる業種が多く、働きたいと思える業界を見つけやすいのがメリットです。

就職先への希望に優先順位をつける

大阪環状線全体を候補にして転職先を探せば仕事の候補が多く、やりたいものがいくつも見つかる可能性は十分にあります。

中卒の人も歓迎してくれそうなものも複数見つかって、どれも候補にしたいと思うかもしれません。ただ、どこから応募していくのかはよく考える必要があります。

二つの企業に同時に応募したとして、一つはすぐに決まって内定が出てしまったものの、実は別の企業の方がベターだと思っていたというケースも少なくありません。

入社を待ってもらえれば他の企業の選考を進めることもできますが、すぐにでも入社しなければ内定を取り消されてしまう場合もあります。

このような悩みを持たないためには優先順位を付けやすくしておくのが大切です。

業務内容や給与などをまず比較するのが大切ですが、それでも甲乙つけ難い場合もあるでしょう。

その際に今一度考えてみた方が良いのがそのエリアに関する情報です。電車の時間だけ考えれば何駅か離れていても十分くらいしか変わらないかもしれません。

しかし、駅から離れているとかなり時間がかかるようになってしまうため、通勤の負担が大きくなるリスクがあります。

特に求人サイトなどで検索をかけていると駅からのアクセスについて考慮するのを忘れてしまいがちなので注意しましょう。

「自分に合った仕事は?」おまかせで仕事のプロに無料相談!

その企業のニーズを把握しておく

大阪環状線の沿線全体を対象として求人を探せば、魅力的な仕事をいくつも見つけられる可能性は十分にあります。ただ、求人があったからといって採用してもらえるかどうかはまた別問題です。

学歴をあまり気にせず、実力重視で採用する方針を立てている企業をまずは選び出す必要があります。

そして、それに成功したとしても自分がいかに企業に貢献できる人材かということを適切にアピールできるようになっておかなければなりません。

仕事の候補を増やせたからといって転職そのものが簡単になるとは限らないということは心しておきましょう。

心構えとして持っておきたいのは、企業は「この人を採用したら企業が成長するかもしれない」、あるいは「想定していたように業務が進むかもしれない」と思わないと採用しないということです。

そのためにはなぜこの求人を出しているのかを分析し、企業が求めている業務を自分がしっかりとこなせるかを考えなければなりません。

企業研究をして何が必要とされているかを推察する必要があります。そして、自分の能力を客観的に分析して、企業側に何をアピールできるのかを考えましょう。

このような準備を整えてから応募すれば中卒であっても魅力的な人材としても認めてもらえるようになるでしょう。

エージェントを活用すると選びやすくなる

広いエリアを対象として求人の比較検討をするのは骨が折れます。数が多いほど読みこなさなければならない情報量が多くなってしまうからです。

苦労を伴うという覚悟はあったとしても、実際にやってみると本当に大変でくじけてしまう人もいます

そうならないためには自分一人で進めようと思わず、プロによるサポートを受けていくという考え方も大切です。

このようなときに役に立つのがエージェントです。これから他の仕事を探そうと思ったときには気軽に登録してみましょう。私たちもそのようなエージェントとしてサービスを提供しています。

私たちはエージェントの中でも若手に特化しているのが特徴です。

主には第二新卒の人を対象とする人材紹介サービスを行っていて、強みがあるのは10代から20代の求職者への仕事の紹介となっています。

中卒の場合には私たちの守備範囲に入る場合が多いでしょう。若さを生かして従事できる仕事が豊富にあるので、まずは候補を見てみるのがおすすめです。

希望に応じた仕事内容の求人を紹介するのを原則としているので、まずはどんな仕事をしたいのかをヒアリングします。その過程でやりたい仕事を見出せる人もいるので気軽に相談して下さい。

また私たちは企業と直接やり取りをしており、現場にも行ったことがあるケースが多くなっています。

駅からオフィスまでどのくらいの時間がかかるのかなどといった情報も経験に基づいて提供できるので、信頼できる情報がたくさん集まるでしょう。

この駅周辺で仕事を探したいけれど、だめだったら少しずつ遠くも検討していきたいといった要望にも応えて求人を紹介しています。

働く場所にこだわりがある人も私たちと綿密に打ち合わせをした上で探せばきっと良い場所で働けるようになるでしょう。

あなたの就活を二人三脚で助ける無料サポート

中卒が大阪環状線沿線で転職しやすい仕事一覧

接客業・飲食業

アパレルやホテル、旅館といった「接客業」は中卒社員も比較的受け入れてくれる業種です。また、レストランや居酒屋などの「飲食業」も学歴をあまり気にしない傾向があります。

大阪環状線沿線に存在する求人の中でも最も狙いやすい仕事ではないでしょうか。そしてこれらの業種が学歴差別を行わないのは「仕事に求められる知識が特殊」だからです。

たとえば、アパレルで働くなら「服の知識」「コーディネートのセンス」「お客とのコミュニケーション能力」などが大切です。

そして、これらの能力はいずれも高校や大学で教えてくれることではありません。服飾の専門学校で勉強してきた人はさすがに有利ですが、それ以外なら大卒でも中卒でも同じ立場から仕事を始められます。

飲食業の厨房で習う技術は普通の高校や大学で学べるものではありません。どんなに学歴が高い人でも、飲食業に就職した時点でイチから仕事を教えてもらいます。

場合によっては、余計な知識がそなわっていない若い年代のほうが、飲み込みが早い可能性も出てきます。特殊な業界でノウハウを磨きたいなら、学歴を気にする必要はないでしょう。

営業職

マーケティングや市場分析などで高度な知識を要求される「営業職」は、学歴が重要な職種だと思っている人も多いでしょう。

しかし、営業職では往々にして「考えるよりも行動」が優先される場面が出てきます。

そして、中卒や高卒であっても積極的に行動を起こせる人材を求めている会社は少なくありません。

募集要項で「学歴不問」「未経験者歓迎」などの記載がある会社は、中卒を歓迎してくれる可能性が含まれています。営業職に興味がある人は応募してみましょう。

営業職はどの業界にも必ず存在します。営業能力のない会社は生き残ることができません。

だからこそ大阪環状線沿線で転職したい方はこの仕事に転職することによって高収入を稼ぎながら将来転職するときに使える経験と知識を養うことができ、まさに一石二鳥です。

さて、中卒が差別を受けにくい営業職としては「訪問販売」「ルートセールス」「不動産業界」などが挙げられます。

訪問販売やルートセールスでは、決められた地域でどれだけノルマを達成できるかが鍵です。資格や学歴よりも体力とトークスキルが勝負なので、中卒でも適性がある人はたくさんいるでしょう。

また、不動産業界は転職者や未経験者を積極的に採用する特徴があるため、学歴も大きなハンデにはなりません。経歴ではなく現在の実力を見てもらえる業界なのでやりがいが生まれるでしょう。

仕事えらびに迷ったら仕事のプロへの無料相談がおすすめ!

介護職

中卒女性におすすめの職種としては介護職も代表例として挙げられます。現在介護職は全国的に人材不足となっています。

この介護職員の人材不足の主な原因のひとつに少子高齢化が挙げられます。内閣府が発表している平成30年版の「高齢社会白書」によると、現在日本国内における65歳以上の高齢者の数は3515万人であるとされています。

なんとこれは日本国民全体の約28%にあたる数値です。10人に2,3人は高齢者であるということになります。しかも4人に1人が75歳以上の高齢者であるというデータも出ています。

これによって元々いた介護職員の人数に対して高齢者が何倍もいる形となってしまい、介護職員の深刻な人材不足に繋がっており、現在介護施設の約66%が人材不足であるといわれているのです。

中でも最も人材不足に悩まされているのが訪問介護員だそうで、ある調査によると調査を受けた介護施設のうち約82%の施設が人材不足を実感していたそうです。

したがってその分介護の仕事をしてくれる人材を少しでも多く確保しようと、あらゆる施設からの求人が多数存在しています。中には未経験者を歓迎している求人も多いため挑戦しやすいのがメリットです。

また介護職は基本的に資格を必要としないことも未経験者に都合のよい要素のひとつで、もし資格を取得したいと感じる場合には、資格の取得を働きながら行えるよう制度を整えている職場も多くあるため調べてみることをおすすめします。

ただし、介護の仕事は想像以上に体力を必要とする現場であると言われています。

女性でも十分働ける環境ではあるようですが、特別体力に自信のない方は少し慎重に就職を検討したほうが失敗が少ないでしょう。

「自分に合った仕事は?」おまかせで仕事のプロに無料相談!_2

【おすすめ】中卒でも働けるのはどんな仕事?就職事情と有利に進める資格や方法を紹介

現代は学歴社会といわれる一方で、さまざまな事情から中学卒業後すぐに働かざるを得ない人たちもいます。その場合、果たしてどのような就職先があるのかは非常に気になるところです。

厚生労働省の「平成25年若年者雇用実態調査の概況」によると、正社員割合は中卒が37.5%であるのに対して高卒で57.1%、大卒で79.6%となっており、大学卒者と比べると半分以下であることがわかります。

ではなぜ中卒者の正社員の割合がこんなにも低いのか。それは企業側の抱いてしまっている懸念が主な要因です。

もはや最終学歴が高卒であることが当たり前になってきている現代において、中卒という学歴は「学ぶ意欲がないのではないか」「継続して努力をすることが苦手なのではないか」「問題が生じた場合にすぐに投げ出してしまうのではないか」などと捉えられてしまいがちなのです。

しかし、だからこそ学ぶ意欲があり継続した努力をすることのできる人間であることなどをアピールできたならば、就職成功はグッと近づきます

さて、このコラムでは中卒者の就職事情就職を有利に進めるためのポイントや資格などについて解説をしていきます。もっと読みたい方はこちらをCheck!

【おすすめ】学歴や職歴の差は消せる!中卒転職で企業に採用される方法を徹底リサーチ!

転職活動を行う際にまず真っ先に気になってしまうのが学歴のことです。

近年では学歴社会が終わりを告げ即戦力が求められるようになってきていると言われていますが、実際のところ学歴重視の会社が多いのは事実です。

そのような中で中卒者が学歴によって生まれる差を埋めて転職活動を成功させるには、具体的に何をすれば良いのでしょうか?

まず皆さんは中卒と高卒での生涯賃金の差をご存知でしょうか。なんと近年では男女共に約2000万円もの差があると言われています。

この原因として挙げられるのは、同じ職場でも学歴によってスタート時の給料が異なってくることがあることと、学歴が上がるにつれていわゆる一流企業の中でも給料が良い、あるいは給料が上がりやすい仕事に就きやすいという点の二つになります。

他にも学歴によって就職や転職が可能な業界や職種が変わってくることも中卒者が知っておくべきポイントです。この点が不明瞭なまま転職活動を続けていると、採用で落とされ続けることになりかねません。

さて、このコラムでは他の学歴に比べたら決して有利ではない中卒者の転職を成功させるためのコツをご紹介しています。もっと読みたい方はこちらをCheck!

【体験談】中卒から転職を成功させた人はこんなにいます!

実はこんなにたくさんのフ方が正社員転職に成功しているのです。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!


企業選びの失敗はしたくない就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div