就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒の就職・転職を有利にできる!高卒認定などおすすめ資格を徹底リサーチ!

一般的にどの求人も高卒が前提となっていて、中卒で応募することが出来る求人は限られてしまいます。そこで、中卒の人が有利に就職・転職活動をするにはどのようにすれば良いのでしょうか。少しでも有利になる資格などを紹介します。

高卒認定試験は受けるべき?

日本の場合、基本的には高卒であることが就職の前提となっている企業が多いです。中卒か高卒かというだけで選べる職業の選択肢の幅が大きく異なります。

それに加えて給与待遇でも高卒と中卒ではかなり金額に差があるため、中卒の人は高卒を目指すことをおすすめします。

高卒の資格を取る方法に関しては色々あり、一番無理なく資格を取る方法としては通信制高校高校の夜間部へ通うという方法が挙げられます。

高校に通うとなると同世代の人がいるか心配と思う方も多いでしょうが、通信制高校や夜間部は高校を中退して改めて高卒資格を取りたいと思って通っている人も多く、年齢の幅もかなり広いのでその心配は必要ありません。

それに、通信制を選んでいればスクーリングの日数が少ないことから仕事とも両立しやすいというメリットもあります。

しっかりと先生が勉強を教えてくれてわからないところをその場で解決出来るので、通信制高校や高校の夜間部はかなりおすすめです

また学校に通わずに高卒資格を狙うのであれば、高卒認定を取るという選択肢もあります。

高卒認定はあくまで「認定」なので高卒資格ではありませんが、高卒と同じ程度の学力があるとみなされる資格であり、一部では認められませんが大半の企業の高卒以上の求人は高卒認定でも問題なく受けられます

ただ、こちらの場合高校レベルの勉強を独学でしなければいけないため、勉強が苦手という人にはあまりおすすめしません。自分のペースで勉強が出来ますが、その分勉強しなくなってしまう可能性もあります。

このような理由から高卒認定を狙うのであれば、ある程度中学までの基礎が出来たうえで受験するのがおすすめです。高卒資格を持っていれば、大学や専門学校でより専門的な勉強がしたいと思った時の選択肢もかなり広がります。

そのため、中卒でよりお金を稼ぎたい、もっとスキルを習得したいと思っているのであれば、高卒資格の取得を目指して損はないと言えるでしょう。

履歴書にはどう記入する?資格欄?学歴欄?

なお、高卒認定試験に合格して資格を得ることができた場合によくある疑問が履歴書に記載する際に資格として資格欄に記入するか学歴欄に記入するかというものです。

結論としては学歴の欄に記入するのが最も良いとされています。

というのもそもそも高卒認定は資格のひとつなので資格欄に記入して全く問題はありませんが、企業側に学歴関係を把握してもらいやすくするために学歴欄への記入が推奨されているのです。

たとえば高校を中退したあとに高卒に音程資格を取得した場合には、以下の記入例を参考してみましょう。

【記入例】
平成29年3月**中学校卒業
平成29年4月**高等学校入学
平成29年6月**高等学校中退
平成29年10月 高等学校卒業程度認定試験合格

高校中退や中卒でも就職できる!知っておきたい3つの注意点と資格の話

中卒や高校中退の問題点は、基本的な学力が身についていないと思われることです。そのため、学力を必要とする仕事に就くことは難しいでしょう。

しかし、学力がさほど求められない肉体労働系の仕事なら、何も問題ありません。体力がないと厳しい建設業や製造業、運送業や漁業・農業、警備業務工場勤務などであれば、求人を見つけやすいでしょう。

また、サービス業接待業務なども、求められる能力が学力ではないため就職するのが比較的容易です。そして意外なことにIT関係の仕事において学歴不問の求人が目につくようになっています。

IT業界の仕事は非常に幅広いため通常の学力が求められる仕事もありますが、特定のスキルさえあれば問題なくこなせる仕事も少なくありません。机に向かって仕事をしたい人や安定した収入を得たい人にはうってつけではないでしょうか。

また、中卒でもチャレンジできる国家資格としては、「宅地建物取引士」「調理師」「クリーニング師」「貴金属装身具製作技能士 」「製菓衛生師」などといったものがあります。

他にも工場や建築現場で重宝される「フォークリフト運転者」「玉掛作業者」も国家資格です。IT業界への就職を考えているなら「ITパスポート試験」「基本情報者技術者試験」が狙い目です。

さて、このコラムでは中卒者が転職に成功するための注意点やコツを紹介しています。もっと読みたい方はコチラ!

専門的なスキルに関する資格を取得する!

特に転職の場合、企業は即戦力となる人材を欲していることが多いです。中卒であると転職は不利と思っている人も多いでしょうが、中卒の人は他の人よりも社会人経験が長いということもあり、高卒・大卒の人よりも仕事に関する知識は豊富であるとも言えます。

そのため、仕事に関する知識を豊富に持っているというアピールをすることが出来れば、転職活動を有利に進めることが出来ます。そこでおすすめなのが、仕事に関する資格を取得するという方法です。

資格の取得を推奨し、支援してくれる企業も増えているので、気になっている資格があるのであれば、上司に相談して資格を取得してみましょう。もし取得することが出来なくても資格取得のために学んだ知識はかなり仕事に役立てることが出来ます。

資格を取るならまずは国家資格

資格には民間資格公的資格国家資格の3種類があります。その中でも私がおすすめするのが国家資格です。

国家資格は国に認定された機関によって運営されている資格であり、難易度も他の2つと比べると高めとなっています。

例としては調理師介護福祉士などといった資格が挙げられ、仕事にも直結する資格なのでかなり就職や今までやってきた仕事と別の職業に転職したいと思った時に便利です。

そして次に紹介するのが公的資格で、これは民間企業が運営しているものの各省庁の大臣などが認定している資格のことを指します。

例としては漢字検定秘書検定などが挙げられ、こちらは国家資格には多少劣れどスキル・学力を証明するのによい資格であり、持っていて損はありません。

そして最後に紹介するのが民間資格です。民間資格は民間企業が運営しているので、社会的な信頼性は国家資格・公的資格に劣りますが、かなり狭い範囲に絞った資格であることが多いです。

そのため民間資格は一つの分野において専門的な知識を持っていることをアピールするのに持っておくと良い資格と言えるでしょう。

取得する優先度に関しては、国家資格>公的資格>民間資格となっており、自分の就きたい仕事に関連した国家資格があるのであれば、まず一度勉強してみてはいかがでしょうか。

職場によっては持っている資格によって給与待遇が変わることも多いので、より生活を豊かにするためにもこれら資格の取得をおすすめします。

中卒でも差別されない!学歴より実力重視の職場4選

学歴社会といわれる現代において、悔しいことに中卒者が他の学歴の人に比べてハンデを被りやすいことは事実です。

しかし現代では人材不足が顕著な業界も多く、さまざまな分野において若いパワーを必要としている企業や職場がひしめいています。

そういった現場では学歴よりも「実力」や「やる気」、「明るさ」や「エネルギッシュ」さに加え、これからの可能性を秘めている人材を求めています

中卒が区別を受けやすい理由は「社会人としての常識が危うい」「今まで勉強の努力をしてこなかった」などの誤解があるためであり、デスクワーク中心の仕事は中卒に対して採用率が厳しくなる傾向が見られます。

中卒でものびのびと働きたいなら、体力勝負の職場に就職するのがおすすめです。例えば工事現場や建設現場では「いかに動ける人材であるか」を重要視しており、極端な話、たとえ東大生でもしっかりと動ける人材でない限り有能とはいえないのです。

他にも接客業や飲食業なども中卒者に向いている業界・職種だと言われているため、狙い目の仕事です。

さて、このコラムでは中卒者がのびのびと働ける職場を4つに絞ってお伝えしていきます。もっと読みたい方はこちらをCheck!

資格・スキルをアピールすることが大事!

中卒の場合、他の人よりも学力面で劣っているというイメージを持たれることは多いです。しかし中卒者は社会経験が豊富なことも多いので、その分仕事に関する知識や経験は他の人よりも高く仕事に慣れているという強みもあります

だからこそ仕事に関する専門的な知識を持っていることをアピールすることで、中卒でもかなり良い転職をすることが出来ます

やはり待遇を良くするには自分で勉強することが大切です。この機会に色々な資格の勉強をしてみてはいかがでしょうか?

【体験談】中卒から転職を成功させた人はこんなにいます!

実はこんなにたくさんの方が正社員転職に成功しています。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ