第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

中卒や高校中退でも仕事が見つかる!まずは一歩踏み出す勇気を!

中卒や高校中退の人のなかには、納得できるような仕事に就くのを、初めから諦めている人もいるかもしれません。けれども、労働者不足が深刻になるなか、若いパワーに期待を寄せる動きが高まってきています。大学の新卒に限定しない求人も目につくようになりました。チャンスは確実に広がりつつあります。そのチャンスをつかむためには、どんなことに注意すればよいのでしょうか。

そもそも中卒と高校中退に違いはあるの?

中卒と高校中退に違いはあるのでしょうか。最終学歴という点で考えると、高校中退も中卒扱いとなるため、両者に変わりはありません。しかし、履歴書の学歴欄には、中退の事実を書くことができます。高校を中退したときの履歴書の書き方は、以下のようになります。

  • ×年×月○○中学校卒業
  • ×年×月○○高等学校入学
  • ×年×月○○高等学校中途退学進路志望変更のため中途退学

「中退」ではなく「中途退学」と書くと印象が良くなることが多いでしょう。中卒と高校中退のどちらが有利なのかについては、一概に言えません。高校中退では、入学試験に合格したことを意味し、一定の学力があるととらえられます。学力を問題視する企業なら、中卒より有利になる場合もあるでしょう。一方、高校中退は「続けることができなかった」ことを意味するので、これをどう見るかで判断が別れます。中退の理由が留学や就職などといった前向きなものであれば、マイナスポイントにはなりにくいでしょう。

中卒や高校中退を対象とした求人の特徴とは?

中卒や高校中退の問題点は、基本的な学力が身についていないと思われることです。そのため、学力を必要とする仕事に就くことは難しいでしょう。しかし、学力がさほど求められない肉体労働系の仕事なら、何も問題ありません。体力がないと厳しい建設業や製造業、運送業や漁業・農業、警備業務や工場勤務などであれば、求人を見つけやすいでしょう。また、サービス業や接待業務なども、求められる能力が学力ではないため就職するのが比較的容易です。

ただし、こうした業種では正社員ではなく、パートやアルバイト、派遣社員といった雇用形態が多いため、安定した収入を得るのが難しいのがネックです。一方、意外なことにIT関係の仕事で、学歴不問の求人が目につくようになっています。IT業界の仕事は非常に幅広いため、通常の学力が求められる仕事もありますが、特定のスキルさえあれば問題なくこなせる仕事も少なくありません。机に向かって仕事をしたい人や安定した収入を得たい人には、うってつけではないでしょうか。

▶中卒でIT業界に転職したい!どんなことに注意すればいいの?

中卒で挑戦できる資格にはどんなものがあるの?

資格には国家資格と民間資格の2種類がありますが、受験資格に制限があるものも多く見られます。また、民間の資格のなかには、ごく狭い範囲だけでしか効力を持たないものも珍しくなく、資格があっても収入につながらなくてはあまり意味がないため、国家資格を狙うほうが外れはないと言えるでしょう。中卒でもチャレンジできる国家資格としては、「宅地建物取引士」「調理師」「クリーニング師」「貴金属装身具製作技能士 」「製菓衛生師」などといったものがあります。また、工場や建築現場で重宝される「フォークリフト運転者」や「玉掛作業者」も国家資格です。IT業界への就職を考えているなら「ITパスポート試験」や「基本情報者技術者試験」が狙い目です。今後、IT業界と並んで人手不足が懸念されているのが介護業界です。介護関係の資格を取っておくと、全国どこに行っても就職口を見つけやすくなります。「介護職員初任者研修」は、かつてホームヘルパー2級といわれたもので、訪問介護やデイサービスなどの仕事に就くのに役立つでしょう。

▶最終学歴が中卒の免許なし、就職に有利な資格とは?

高等学校卒業程度認定試験を受けよう!

高校卒業と同程度の学力があることを認める高等学校卒業程度認定試験(高認)に合格すれば、就職はかなり有利になります。履歴書の学歴欄に「高等学校卒業程度認定試験合格」と書くことができるからです。ただし、最終学歴は中卒のままとなります。高等学校卒業程度認定資格があれば大学受験もできるようになります。

高等学校卒業程度認定試験は一度で合格する必要はありません。一度合格した分については有効期限がないため、じっくり取り組むことができます。中卒で受験資格を満たす国家資格は限られていますが、高等学校卒業程度認定試験に合格すれば、チャレンジできる資格が一気に増えます。国家公務員採用一般職試験をはじめとして、保育士試験や幼稚園教諭認定試験、小学校教員資格認定試験や気象大学校学生採用試験などが受験可能になります。つまり、公務員や幼稚園、気象士などになることも夢ではないのです。

▶高卒・中卒、転職活動で生まれる学歴差を克服するためには?

一人で悩まず就職転職のエージェントに相談を!

中卒や高校中退だからといって、最初から希望の仕事に就くのを諦めてしまうのはもったいないことです。一人では考えもつかない進路や資格の取り方があるかもしれないからです。自分でも気づいていない可能性に気づくのは、自分自身や身近な人には難しいことであり、第三者の助けを借りるのが一番です。

第二新卒エージェント」では、新卒以外の20代の方を対象に、就職や転職のお手伝いをしています。新卒を対象とした就職エージェントは珍しくありませんが「第二新卒エージェント」は中卒から既卒まで幅広くカバーしています。専任の就活アドバイザーが丁寧にお話を伺いながら、キャリアプランニングをサポートいたします。レクチャーや書類添削、模擬面接などを経たあと、本当におすすめできる企業のみをご紹介いたします。アフターフォローも万全で、内定後研修もあるため社会人デビューの方も安心です。「第二新卒エージェント」を利用するのにお金はかかりません。ぜひ私たちと優良企業への就職を目指しましょう。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ