第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

接客・販売職の志望動機まとめ

接客・販売職とは、消費者である顧客と直接接して、商品を販売する仕事です。ファッションや化粧品、家電など商品ジャンルは様々であり、百貨店やスーパー、量販店、専門店などで働きます。接客・販売職では何が求められ、どのような志望動機としたらよいのか考えていきます。

求められるのは洞察力があり、気配りできる人材

接客・販売職では、明るい笑顔でお客様の意見を汲んで気配りができる、洞察力のある人材が求められています。接客において、顧客満足度を高めるためには、お客様とのコミュニケーションを通じて、望まれていることを読み取るとともに、真のニーズを引き出すためのヒアリング力も大切です。

具体的には、話し上手なだけではなく、聞き役に徹する、聞き上手な一面を持ち合わせていると望ましいでしょう。お客様の細かな要望に気づく緻密さが求められる反面、万が一クレームなどのトラブルの際には、冷静に対応できるタフさも必要な仕事です。

数字を背負う社員とアルバイトの違い

学生時代の接客・販売のアルバイト経験を志望動機に挙げる人がいますが、単に接客が好きというだけでは、接客・販売職の社員は務まりません。社員では、売上に貢献できることが求められます。また、給与制度は固定給だけのところもあれば、基本給+インセンティブの給与形態であるケースもあります。

しかし、どちらの給与形態であったとしても、社員は自らが売上の数字を伸ばすか、アルバイトスタッフが数字を伸ばせるようにサポートを行う役割を担っています。既卒の志望動機は、単に人と接するのが好きなだけではなく、売り上げへの貢献を意識し、目標達成能力をアピールできるものとしましょう。

業界研究で、商品や企業の強みを把握

志望動機には、接客・販売の仕事に就きたいという熱意だけではなく、応募先の企業を志望する理由も入れるようにします。たとえばファッションブランドであれば、ブランドイメージから、ブランドに惹かれる理由をもとに、志望動機として派生させると、考えやすいでしょう。

百貨店やスーパーでの場合は、企業の経営方針やイメージなどから、共感できるものを探し、志望する理由につなげていきます。「○○な△△会社で、○○のような接客・販売職を目指したい」といったように、理想とする接客・販売職像と企業のカラーを絡めて、アピールする方法もあります。また、接するお客様の年齢層や性別の違いで対応の仕方も大きく変わってきます。接するお客様の事まで意識して志望動機として話せると良いでしょう。

まとめ

接客・販売職の志望動機では、人と接することが好きなだけではなく、もう一歩踏み込んだ内容とするとよいでしょう。企業研究を通し、個々の企業に即した理由を考えるとともに、目標達成における実行能力をアピールしていきましょう!

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ