第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

総務職の志望動機まとめ

みなさんは、総務職というとどのような仕事内容を思い浮かべますか?実は業務幅が多い総務職。書類の作成や、社内の環境整備計画や、防災計画、備品の管理や株主総会の運営など、会社により異なるもののその業務範囲は多岐にわたります。

多くの部署と関われる総務職

他の職種は多くの場合、(直接やりとりがない限り、)ほかの部署同士の関わりがないものですが、総務職はそういった仕事の特性上、社内の様々な部署との関わりが持てる職種でもあります。企業の根幹をなす総務職は、志望動機の内容も非常に重要になりますので、今回は志望動機を考える上で大切な2つのポイントをお伝えします。

総務職こそコミュニケーション能力が必要!

総務職は、社内の多くの人間と関わる特性上、人一倍のコミュニケーション能力があることも重要となってきます。総務にとってコミュニケーション能力は、相手の要求を的確に読み取らなければならないときや、社員間の問題を解決するときなどに役立ってきます。

また、仕事を頼まれた時に頼まれた分だけでなく、能動的に必要な仕事を察知して動く気配りも大切です。そのためには普段から社員とコミュニケーションをとったり、相手部署への関心を持って仕事をすることが重要になります。

気配りエピソードで人事にアピール!

総務職に重要なのはコミュニケーションだけではなく、気配りする事も非常に重要になっていきます。企業の発展をサポートする様は、部活のマネージャーに近い役割を感じます。既卒や第二新卒の方がこれまで活動してきた部活やサークル、アルバイトなどで、近い経験をした覚えはありませんか?

もしあるのであれば、積極的に志望動機に取り入れてみましょう。細やかな気配りができる人物であることをアピールするには、やはり実体験によるエピソードが効果的だと言えます。こうした経験談を用いて、より人事担当者の心に響く志望動機を作成していきましょう!

まとめ

活動的なイメージを持たれにくい総務職ですが、意外にも多くの社員とコミュニケーションがある部署です。企業をサポートする立場で活躍を望んでいるのでしたら、その熱意を効果的にアピールし、既卒・第二新卒ならではの志望動機を完成させるといいでしょう。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ