就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

既卒でも大人気の広告業界に就職できる3つのコツとは?

就活生たちの間で広告業界はかなり人気の業界です。特に有名な大手広告代理店などは、新卒者でも入社することが難しいと言われています。

しかし、広告業界は何も大手だけが活躍しているわけではなく、たとえば小さな代理店でも大きな仕事を請け負っているところはたくさんあります。広告の仕事をしたいと考えている人は多くいますが、この業界への就職希望者は新卒者だけなのかと言えば決してそうではありません。

既卒者でもそうした希望を持っている人はたくさんいらっしゃるはずです。そこで本記事では、既卒者が広告業界へ就職するために必要なことなどを考えていきます。少しでも仕事選びのお役に立てたら幸いです。

広告業界の人気の理由はいったい何か

広告業界の人気は何も今始まったものではなく、かなり昔から就職希望者が多いのが特徴です。

まず広告業界について説明するにあたり、単純に広告業界と言ってもこれには様々な仕事があります。

基本的に広告業界は大手の広告代理店を始めとして、そこから仕事を請け負う企画会社制作会社などがあり、その他にもフリーランサーのプランナーやクリエイターが存在し、一つの仕事をこうした流れでこなしているわけです。

もちろん、規模の大きな広告代理店などでは企画部や制作部などを自社で持っており、そこで一貫して行うこともあります。

クリエイターの中にも、グラフィックデザイナーコピーライターイラストレーターなどの職業があるわけです。

そしてこの業界の人気の理由は、やはりやりがいがあるということではないでしょうか。

たとえば広告というものは企業の商品やサービスを販売するために行うということは誰でも理解していますから、クライアントから仕事を直接受ける営業職も大切です。

そして、その広告を実際に創り出すクリエイターが不可欠な存在になります。しかしそれだけではありません。

特に大手の広告代理店などではこうした広告の他にもイベントやキャンペーンなどの企画運営も行い、そこにはプロのプランナーがいます。

どの職種もやりがいのあるものですから、そこに大きな魅力を感じてこの業界を希望する人が多くなるのでしょう。

大手広告代理店への就職は新卒者でも難しい

就職を控えた大学生たちの中では、こうした広告代理店は昔から人気の的となっています。ここにはとても華やかなイメージがあり、自分もその舞台で活躍したいという思いがあるのでしょう。

現在、大手の広告代理店では様々な方面に手を伸ばしていますから、そこに自分の理想とする仕事を見出す人も多くいます。やはり志願者が多いのは誰でも知っているような有名広告代理店です。

しかし、そのような規模の大きな広告代理店は新卒者でも入社すること自体が大変に難しく、ましてや既卒者にはハードルが高いと言えます。

また比較的に高学歴の人が入りやすい環境になっているのが現状です。

基本的に既卒者が広告業界への就職を希望するときは、広告の仕事に関しては未経験の状態になりますから、採用する側からすればとても難しいと考えるのが普通です。

これはどの業界にも言えることですが、新しい仕事にチャレンジしてくる転職者ではすぐに実務を任せることができません。

転職者に企業が求めているのは即戦力というものです。特にこの業界ではスキルが重要視されます。

プランナーにしてもクリエイターにしても、単なる事務職ではありませんから、ある程度の経験は必要です。しかし営業職に関しては、他の業界で営業をしていたという経験は十分に役立つ場合があります。

既卒が広告業界に就職する3つのコツとは?

では、そんな人気の広告業界へ既卒が就職することなんて可能なのでしょうか?結論から申し上げれば可能です。

しかし、そのためには下記の3つのコツを知っておくことが重要になります。ここではそれぞれ簡単にご紹介いたしますので、ぜひチェックしてみてください。

その1.大手にこだわらない

大手広告代理店への就職は新卒者でも難しいのは事実ですが、既卒者は絶対に広告業界へ入ることができないのかと言えば、そんなことはありません。

有名な大手は難しいとしてもこの業界は大手だけで動いているわけではなく、中堅の代理店を始め、企画会社や制作会社など実に様々な会社が存在しているわけです。

どんなに小さな会社でも、大手に引けを取らないような仕事をしているケースも多く見られます。そういうところに狙いを定めて就活をするのも一つの方法ではないでしょうか。

事実、今は有名なクリエイターとして日本を代表するような人も、このような小さな会社で仕事をしていたという例はたくさんあります。

その2.アルバイトで実務経験を積む

また既卒者が広告業界で働くためのもう一つの手段としては、経験を積むという方法があります。

たとえば、企画会社や広告制作会社などに正社員という雇用形態ではなく、契約社員やアルバイトとして仕事をさせてもらうことです。

クリエイターとして業界に入るためには、やはりそれなりのスキルが必要になります。これは未経験では難しいでしょう。だからこそ、雇用されやすい形態で仕事に就くわけです。

ただし、この現代ではフリーアルバイターと言われる人たちが多く存在しているようにアルバイトが長く続いてしまう恐れもあります。この点は十分に注意したいところです。

その3.地方にも目を向ける

広告業界を希望している人が何かと陥りやすい点は、前述したような有力大手広告代理店を視野に入れている場合や、大都市に本社を構えているような広告代理店だけを目指しているというものです。

確かに大きな仕事を抱えている代理店というのは、この東京には多いというのは事実です。大手でなくても中堅の代理店や企画会社、制作会社もたくさんあります。

しかし、実は地方でも広告代理店は多く存在するのです。自分が通勤可能な、あるいはその地方に住むなどの考えも必要なのではないでしょうか。

さらに言えば、広告業界の中にはいわゆる一般広告の他にも、建築や工業、産業などに特化した広告代理店もあります。

一般広告は誰でも目にしたり耳にしたりすることができるのに対して、建築、工業、産業などの広告は、その多くは企業をターゲットにしていますから、一般の方の目には触れることはありません。

こうした広告分野はもっとも可能性を秘めた広告と言えます。

そのような広告を専門に扱う広告会社で仕事をするのはなかなか難しいという問題はありますが、比較的に入りやすいというメリットもあるのです。


仕事選び

私たち第二新卒エージェントneoが広告業界への就職をサポート

既卒者でも広告業界へ就職できるのか、そういった不安を抱えている方は多いことでしょう。しかし本記事を通してお分かりいただけたように、既卒者でも広告業界への就職は可能なのです。

これは決して簡単なことではありませんが、ノウハウやポイント、そして豊富な求人情報があれば既卒者でも十分に就活はできます。

しかし、これらは自分一人ではなかなか得られるものではありません。細かい対策を行わないまま就職活動を行っても、既卒者は新卒者と比較されやすいため、なかなか書類選考や面接をパスすることはできません。

そこでぜひ知っておいていただきたいのが就・転職エージェントの存在です。

就・転職エージェントとは、求職者に対して提携している企業の求人を紹介することを主なサービスとして展開している民間の転職支援サポートです。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは、第二新卒者をはじめとした若者を対象に、プロの転職アドバイザーがマンツーマンでご対応。個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介いたします。

加えて面接後のフィードバックや入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントneoではすべて代行。

アドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさもあいまって、就活が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

ご相談だけでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、仕事探しについて一人でお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。


内定獲得率

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div