就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

Webライターの仕事内容とは?平均年収や活かせる資格、向いている人を調査!

在宅ワークやリモートワークが注目されている近年、人気が高まってきているWebライターの仕事。

Webライターといえば場所や時間に縛られず、自分の裁量で働くことができるなど自由なイメージがあるかと思いますが、実際には一体どのような業務を行っているのでしょうか?

そこで本記事では、Webライターの詳しい仕事内容や平均年収、やりがいや活かせる資格、向いている人の特徴などをリサーチしました。仕事選びなどのお役に立てましたら幸いです。

Webライターの仕事内容

Webライターは、Webサイト上の記事を執筆するライターを指します。主に企業が運営するWebサイト上のコラムや、Web広告や通販サイトの商品の解説文などの執筆を担当します。

Webライターが受注できる仕事には、専門知識がない方でもWeb上で情報収集をすることで執筆できる記事(いわゆる「コタツ記事」)から、専門知識や知見を駆使しないと執筆することができない記事まで幅広くあり、言うまでもなく後者の方が高収入を得ることができます。

中には取材やインタビューから執筆までをまとめて行うこともあり、そういった場合にはより高い報酬を得ることができます。

Webライターには正社員として企業に勤めるパターンと、在宅で働くパターンがあります。

在宅で働く場合にはクラウドソーシングを利用して案件を受注して、依頼主の指示に従って執筆を進めていきます。

また正社員として働く場合にはライティングを請け負っている企業に勤めるケースがありますが、Webライターとして企業に勤める場合には派遣社員やアルバイトとして雇用されることが一般的です。

正社員として働くことができるWebライターに知己職種には、コピーライターテクニカルライターなどがあります。ここではコピーライターやテクニカルライターについて簡単にご紹介しておきましょう。

コピーライター

コピーライターは広告やポスター、チラシに掲載するセールスを目的とした短文を作成する仕事です。Webサイトやバナー広告に乗せる文章を作成することもあるため、Webライターと近い側面もあります。

本来なら長い文章を使ってアピールしたいところを、限られた文字数で人の心に届くような表現を目指さなければならないため、担当する業界や商品に関する知見や文章力、想像力を問われます。

テクニカルライター

テクニカルライターとは、専門分野に関するライティングを行う仕事で、主に製品の取扱説明書を作成する”マニュアルライティング”と、海外で作られた取扱説明書などの翻訳を行う”技術翻訳”があります。

テクニカルライターの仕事では文章力はもちろんのこと、技術的な知見が必要とされます。また、その文章を読んだユーザーが正しく製品を取り扱えるように、ユーザーの視点に立って考えることができる能力も必要です。

特に専門知識を持っている方が、まったく専門知識を持っていないユーザーの立場や視点に立って物事を考えることは非常に難しいことであるといえます。

Webライターの平均年収

次に、気になるWebライターの平均年収についてですが、上記でも軽く触れた通りWebライターとしての経歴や、月あたりの受注数、勤務形態によってバラつきがあります。

たとえば、企業に勤めるような形を取らないフリーのWebライターとして働く場合、その実績や経歴のよって記事あたりの報酬額に差が出てきます。

通常、Webライターはクラウドソーシングなどで依頼主から案件を受注して執筆を進める場合が多いですが、最初はライターとして記事を執筆したり、案件を受注したりという実績がないため、単価が安めの案件を受けることになります。

特に、実績がないうちはいわゆるコタツ記事(取材やインタビュー、撮影などを必要とせず、Web上で調べるだけで執筆可能な、コタツに入りながら書けるような記事という意味)の執筆から受注していくことになるため、1文字0.8~1円くらいの案件を受注します。

もし3000文字の記事なら2400円~3000円、5000字なら4000円から5000円という計算になります。

基本的に、実績がないうちは単価が安く、文字数も少ないものから案件を受注することになるため、作業時間に対する報酬が比較的低くなり、年収もその分低くなる傾向にあるのです。

ただし、経験を積んでいくうちに実績が増えたり、専門的な知見がある分野が発生してくると、より単価が高く、文字数の多い記事を受注することもできるようになります。

取材やインタビューを行うことを前提とした案件も受注できるようになっていくため、その場合にはより高い報酬を得ることができます。

なお、クラウドソーシングでは報酬について取引先と交渉することもできるため、「掲載用の写真やグラフの作成などもこちらで引き受けるので〇〇円でいかがでしょうか?」などとという提案をすることも可能です。

参考までに、pro writersのライターの年収・相場をライターの種類ごとにご紹介 | 高収入ライターの特徴とは?によれば、ライターの平均年収は約259万円~553万円とのこと。

国税庁の民間給与実態統計調査によれば2019年の日本の平均給与は約441万円となっており、先ほどお伝えしたように、経歴の長い実績のあるWebライターや、正社員として働いているコピーライターやテクニカルライターでなければこれを越えることは難しいでしょう。

Webライターのやりがいは?

では、次にWebライターのやりがいについて見ていきましょう。

次第に報酬が上がっていく

Webライターのやりがいは、何と言っても自分の頑張り次第で少しずつ報酬が上がっていくことです。

フリーのWebライターとして働く場合、最初は単価の安い案件しか受注することができませんが、それでもコツコツ丁寧に仕事をしていけば自分の評価が上がります。

クラウドソーシングサイトなどでは取引をした人同士で評価をし合ったり、コメントを記入したりするコーナーが設けられているため、日頃から丁寧に仕事をしていれば、案件を複数受注していく過程で高評価をつけてもらうことができるのです。

そうなると、それを見た別の依頼主からより高単価の新規の案件を受けることもできるため、次第に収入が上がっていくのです。

日々文章力が上達していく

また、Webライターとして日々執筆活動を続けていると、情報収集のために他人の文章をたくさん読み、自分の伝えたいことをわかりやすく書くための工夫を行うようになっていくため、知らず知らずのうちに文章力がUPしていきます。

毎日少しずつ上達していくため普段は気がつきませんが、ある日、昔の自分が書いた文章を読んだ時などに気がつくことになります。自分の成長を感じることができる点もまた、Webライターのやりがいになります。


仕事選び

Webライターのメリット&デメリット

やりがいの大きいWebライターの仕事ですが、その他にもメリットがあります。ここではデメリットと並行して簡単にご紹介いたします。

Webライターに就くメリット

フリーの場合は特にですが、Webライターの仕事は時間や場所に縛られません。自分の気分に合わせて無理なく働くことができるため、ストレスを感じにくいよう調整することができます。

また、一人で作業を進められるため人間関係に悩む心配もなく、自分の裁量で働くことができます。

Webライターの仕事は”何時間で〇〇円”ではなく、”何記事で〇〇円”という考え方になるため、集中力を持って取り組めば、自分の自由時間を確保することにも繋がります。

そして、好きなことを仕事にできるという観点でもWebライターは魅力的な仕事です。稼ぐ手段というよりも面白みややりがいをもって取り組める職種のため、ストレスフリーな働き方を目指せます。

Webライターに就くデメリット

一方、Webライターの仕事にはデメリットもあります。まず一つ目は、収入にバラつきがあることです。

正社員として企業に雇われている場合は別ですが、もしフリーのWebライターとして働く場合には、継続的に受注できる案件もあれば、単発で受けるものもあります。

月々の収入にバラつきが出るため、安定した仕事にしていくまでは時間がかかりますし、そうすることができるかどうかは自分の頑張り次第です。

また、フリーのWebライターとして働く場合には、企業勤めの場合と違って税金の納入などの手続きを自分で行わなければなりません。

確定申告などの面倒な手続きも全て自分で行う必要が出てくるため、その点はデメリットであるといえます。

Webライターに向いている人ってどんな人?

中には、Webライターを仕事選びの選択肢に入れようとお考えの方もいらっしゃることと思いますが、どのような仕事にも向き不向きがあります。

就・転職に失敗しないためにも、その仕事が本当に自分に合っているのかどうかを事前にチェックしておくことが大切です。

そこで、ここからはWebライターに向いている人とそうでない人の特徴をご紹介いたします。まずは向いている人についてです。

スケジュール管理ができる人

Webライターは時間や場所に縛られないという魅力があります。しかし、それは逆に言えば誰も自分の管理をしてくれないということと同義になります。

通常、営業や事務などの一般的な企業勤めの職種の場合には、最初のうちはある程度業務量を指示されたり、追う目標数値を指定されます。

従業員はそれに従って日々の業務を粛々とこなし、定期的に上司へ業務進捗の報告・連絡・相談を行います。

そこで自分の業務の方向性にズレが生じていたような場合には軌道修正をしてもらえたり、目標を達成できなさそうな場合には、どのように工夫すればいいかを指示してもらうことができます。

しかし、Webライターの仕事は基本的に一人で進めていくことになるため、そのような助けをもらうことができません。

すべて自分ひとりで管理しなければならないため、自分の力量に合わせたスケジュール管理を行える方が向いています。

積極的に学ぶ意欲がある人

また、Webライターはただ情報を発信する記事を書くだけでは成立しません。

社会に存在する情報をもとに、それをするにはどのような工夫が必要か、どのようなメリットがあるのかなど、指定されたテーマの中でユーザーが必要だと感じるであろう内容を積極的に盛り込む必要があります。

しかし、それはその時情報を収集した内容から広げていくには限界があります。

だからこそ、日々さまざまな分野の情報を取り入れて準備しておくことで、まったく関係ないような分野からの観点を少し添えられるようになると、より広がりのあるオリジナリティのある文章を書くことができるのです。

そのため、日々情報収集に励んだり、積極的に物事を学ぶ意欲のある方がWebライターの仕事に向いています。

Webライターを選ばない方がいい人ってどんな人?

一方で、Webライターに向いていない方もいらっしゃいます。ここでも簡単にその特徴をお伝えしていきましょう。

スケジュール管理が苦手な人

先ほどもお伝えしたように、Webライターは”何時間で〇〇円”ではなく、”何記事で〇〇円”という考え方になるため、作業量がものを言う仕事でもあります。

もちろん質の高い情報、文章を書くことが前提となりますが、記事が1本も仕上がっていないのであれば、8時間デスクの前で真剣に文章を考えていたとしても、それはただちに報酬には繋がりません。

決められた納期までに決められた記事数を、質を担保した状態で提出することができなければ仕事にならないため、スケジュール管理を自分でしっかりと行えない人はWebライターの仕事に向いていません。

情報収集が苦手な人

なお、Webライターの仕事は情報収集が何よりの要です。ただ自分がこう思うという内容を書いてしまっては、ユーザーの真に求める記事を提供することができません。

できるだけ信憑性のある一次情報をキャッチしたり、必要があれば取材に赴くなど、情報収集をおろそかにしないことが何より重要です。

そのため、情報収集が苦手な方や、そこでついサボってしまいたくなるような性格の方には向いていないといえるでしょう。

Webライターに活かせる資格・スキル・経験

さて、ここからはWebライターに必要な資格や活かせる能力、スキルについてお伝えいたします。ぜひチェックしてみてください。

Webライターに必要な資格

Webライターに必要とされる資格は基本的にありません。ただし、持っておくと便利な資格は存在するため、ここではそれらについて簡単に概要をお伝えいたします。

Webライティング技能検定

Webライティング技能検定ではライティングスキルの向上や、Webライターとしてのスキルを証明することが可能となります。

試験に合格すると、クラウドソーシングでの収入のUPやより良い案件を紹介してもらうことができるなど、クラウドソーシングでの活動を後押ししてもらえる特典も用意されています。

未経験からWebライターを目指すという場合には、ぜひ受けておきたい試験です。

Webライティング技能検定は月に1回、90分間のWeb上で受験可能な試験となります。

受験資格はWEBライティング技能検定講座を購入した方に与えられ、この検定の合格証や認定には本試験の受験料6,000円に加えて3,000円が必要となります。

SEO検定

SEOという言葉を皆さんは聞いたことがおありでしょうか?SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化を意味します。

SEOに関するスキルの説明は次にご紹介する「Webライターに活かせるスキル・経験」の部分で詳しくお伝えいたしますが、簡単に言えば検索エンジンにおいて狙ったキーワードで狙った記事を上位に表示させ、ユーザーに起こして欲しい行動を起こさせるための技術を指します。

SEOに関するスキルはWebライターとして活動していくにあたって必ず必要になってきます。SEO検定を活用して学習することもできますし、案件を受注する際の自分のスキルの証明にも使えるため便利です。

SEO検定は、SEOに関する知識を持っているかを確認してもらうことができる試験です。決められた試験会場で60分間の試験を受けることになります。

受験料は5,000円。受験資格の定めはなく、認定証は無料で発行してもらうことができます。

基本的にはWebサイト運営を行っていく方向けの試験ですが、公式テキストや動画も発行されているため、初心者でも安心してSEOの知識を得ることができます。

SEO検定では4級~1級までが用意されており、4級では検索エンジンの仕組みやGoogleの特徴、SEOの意義などSEOに関する基礎知識を問われるため、Webライターを目指す場合には一旦4級を取得しておけば十分でしょう。

Webライターに活かせるスキル・経験

Webライターに活かせるスキルとしてはまず、先ほどもご紹介したSEOスキルが挙げられます。

Web上で発表される記事の多くは、各検索エンジンでユーザーが調べたいと考えるキーワードを入力し、それをもとにユーザーのデバイスに表示されます。

ただ、多くのユーザーは最初に表示された1ページ目の中でも、上位3位くらいまでに表示された記事しか閲覧しない傾向にあります。

せっかく、そのキーワードで検索したユーザーのニーズを網羅しているわかりやすい記事を作成したとしても、人に読んでもらうことができなければ何の意味もありません。

だからこそ、WebライティングにはSEOに精通したスキルが必要なのです。

検索エンジンに最適化するということは、狙ったキーワードでユーザーが検索した時に、ユーザーの目に触れる上位部分に狙った記事を表示させるような工夫を行うということなのです。

また、各記事の最終目的は的確な情報をユーザーに届けるだけではなく、商品の購入や店の知名度UP、会員登録数の向上などが考えられるため、ユーザーにそれぞれで求める行動を促すような文章を書くこともまた必要です。

そのため、Webライターとして活躍していきたい場合には、SEOに関する知見が必ず必要になります。最初はさほど詳しくなくとも、少しずつ学んでいくべきであるといえるでしょう。

次に、Webライターに活かせるスキルとしては情報収集能力も挙げられます。上記でもお伝えしたように、情報収集は執筆活動の要です。

限られた時間で的確な情報収集を行えるような、検索エンジンへ入力する検索キーワード選びのコツを身につけたり、各分野に精通している専門家の存在などを日々リサーチしておくと良いでしょう。

また、読み手の視点に立って考える力も重要です。

Webライターの仕事はWeb上で情報を知りたいと考えているユーザーに的確にわかりやすく情報を届けることですから、自分が言いたいことをただ書くのではなく、ユーザーが欲するであろう情報は何かを考えて、文章にする必要があります。

依頼されるものの中には、記事の内容をより細かく指定するために「おおよそこの内容で書いてください」と目次を並べたような骨格を提示される場合もありますが、そういった時でも同様です。

それぞれの目次の中でユーザーが求めるであろう情報は何かを予測して、執筆していくことが大切です。

理想の転職を実現させたいなら

さて、本記事ではWebライターの仕事についてお伝えして参りましたが、いかがでしたか?少しでも仕事選びのお役に立てていましたら幸いです。

しかし、中にはWebライターの仕事が自分に合わないかもと感じた方や、もっと他の仕事について知りたいという方もいらっしゃるでしょう。そこでぜひ知っておいていただきたいのが転職エージェントの存在です。

転職エージェントとは、求職者に対して提携している企業の求人を紹介することを主なサービスとして展開している民間の転職支援サポートです。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは、第二新卒者をはじめとした若者を対象に、プロの転職アドバイザーがマンツーマンでご対応。個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介いたします。

加えて面接後のフィードバックや入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントneoではすべて代行。

アドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさもあいまって、就活が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

ご相談だけでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、仕事探しについて一人でお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。


内定獲得率

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div