第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

フリーターの女性だからこそ考えたい。仕事のやり方とメリット・デメリット

女性には家庭の事情があって正社員で働くのを諦め、フリーターとして仕事をしていることがよくあります。フリーターという働き方が好きで選んでいる人もいますが、本当にその働き方で良いのでしょうか。女性の仕事の仕方を少し考えてみましょう。

家庭の事情を考えると魅力的なアルバイト

女性にはフリーターとして働いている人が若い年齢の人を中心として大勢います。これから結婚生活を送ると考えた場合、あえて正社員として働かなくても結婚までの間に生活資金を確保できれば良いと考えているのが主な理由でしょう。正社員に比べるとアルバイトは辞めやすいのでそちらを選ぶという人もいます。結婚してからは専業主婦になりたいと考えている場合には、すぐに辞められる働き方の方が好ましいからです。
また、結婚をした後の家庭の事情を考えてもアルバイトには魅力があります。引っ越さなければならないとなるとすぐに辞めて新しい仕事を探しやすいアルバイトの方が楽でしょう。加えてアルバイトの採用の時にはアルバイトの経歴を加味してくれるので、今までと同じ仕事を選べば採用してもらえる可能性が高くなります。全国展開しているようなチェーン店でアルバイトをしていると家庭の都合を話せば転勤にしてくれることもあるので便利なのです。またアルバイトの場合にはシフト制で働けるケースが多いのも良いところで、結婚してから家事をしたり子育てをしたりするときにも両立させやすい働き方です。このような観点からフリーターでいることを望む女性は多いものの、ひょっとすると別の仕事の仕方をよく考えてみたら「こっちの方が良かった」と思うかもしれません。実は正社員になって働いた方が色々なメリットがあるとも考えられるのです。

▶フリーターから抜け出して正社員として働くための仕事選びのコツ

女性が家庭と仕事を両立させやすい待遇が増えている

女性がフリーターになり、結婚してからも仕事をする場合にはアルバイトやパートをするのを選ぶのはやはり家庭と仕事の両立が難しいからというのが主な理由です。ところが、昔は家庭を支える女性に働きやすい環境を与えている会社は少なかったものの現代では考え方が変化してきました。国も働き方改革を推進するようになり、誰もが働きやすい職場を作り上げるように改革することを求めています。女性の働きやすさを追求する動きは特に強くなってきていて、育児休暇を取得しやすくするだけでなく短時間勤務制度を整えて子供がある程度育ってしまってからも家事をしやすくする工夫などを行っているのです。社内保育園を用意して安く利用できるような福利厚生を充実させている企業も増えています。制度化されていなくても、現場の裁量で育児をしている女性などには残業をさせないように配慮するケースもよくみられるようになっているのが現状<です。そのため、結婚してからも働き続けようと考えている場合には正社員になって働くことも難しくはありません。むしろ良い待遇を受けられる可能性があるので前向きに検討してみましょう

フリーターから脱却するメリットとは

フリーターから脱却して正社員になると大まかには三つのメリットがあります。
一つ目は給料が大幅に向上することです。アルバイトに比べると正社員の年収はかなり高くなります。二倍以上の年収になる人も多く、職種を変えてたくさん稼げる仕事を選べばもっと差が出るでしょう。年金や退職金ももらえる待遇が普通なので老後の対策もできます。アルバイトの場合には通勤手当くらいしか出ない会社がほとんどですが正社員になると状況は一転し、会社によっては残業手当や住宅手当、勤勉手当などの様々な手当ももらえます。収入に関しては正社員の方が圧倒的に魅力があるのです。

二つ目は充実した福利厚生が手に入ることです。年金や手当なども福利厚生のうちですが、それ以外にも多様な福利厚生を準備している会社があります。託児施設を利用できたり保養所などを安く使用させてもらえたりするなど、家庭生活を豊かにするために重要な福利厚生を活用できるでしょう。

三つ目は仕事の内容も充実することです。フリーターとして働いているとサポート的な仕事ばかりになってしまいがちですが、正社員になると責任の求められる重要な仕事にチャレンジできます。成果を上げるほど社内での評価も高くなり、もっと重要な仕事に従事できるようになっていきます。それに応じて昇給や昇進が認められるのも正社員の魅力的なところです。成果を上げていけば仕事に対するモチベーションを上げられるので、仕事に本気になりたいという人には特に向いているでしょう。

就職するなら少しでも早く決断しよう

やはりフリーターでいるよりも正社員の方が魅力的だと感じたら就職活動をすぐにでも始めましょう。女性の人材を求めている会社は増えていますが、若い人でないと未経験者はなかなか雇ってもらえなくなります。会社としては新卒は若くてこれから成長させればずっと戦力になってくれると期待できるからこそ採用しています。それ以降に中途採用をする時には、たった今すぐに戦力となる人が欲しいから募集するというケースが多いのです。
しかし、それでは若手が不足してしまう会社が多くなりました。新卒の獲得競争が著しくなっている影響で、全く新卒が取れないということすらあるのが現状です。そのため、第二新卒やフリーターの雇用を検討する会社が増加し、フリーターにもチャンスが生まれてきています。しかし、あくまで新卒の人と同じように若くてこれからずっと会社のために働いてくれるだろうと期待して採用するのが一般的です。少しでも若い方が有利なので、就職したいと思ったらすぐに活動を開始するのが重要なのです。

▶フリーターが就職するための志望動機はどうやって作る?ポイントまとめ

就職支援を受けるのが成功のコツ

フリーターの女性を募集している求人はそんなにあるのかと疑問に思う人もいるでしょう。その際にはぜひ私たち『第二新卒エージェントNEO』が抱えている求人リストを見てみて下さい。女性を歓迎する求人や、フリーターでも応募可能な求人が豊富にあります。このような求人を扱っているところはたくさんありますが、私たちは第二新卒やフリーターのような若い人向けの求人に特化して仕事の紹介をしています。私たちは就職支援も積極的に行っているので、就職したいと思ったらまずは相談に来て下さい。これからどのようにして就職活動を進めていったら良いかを提案します。もう希望する仕事が決まっているという人にはすぐにでも応募できる求人を探し出して紹介します。応募の際にもフリーターという経歴がデメリットにならないように上手な書類の整え方や、面接の仕方を伝授するので安心して下さい。初めて就職活動をする人の場合にはどのような書類を準備したら良いのかもわからずに途方に暮れてしまうこともあります。一から丁寧に説明してサポートしていきますので、就職するなら私たちと一緒に就職活動に取り組みましょう。

女性も正社員になって働こう

日本では昔から男性が正社員として働き女性は家庭を守るといった考え方が強かったため、同じようにして仕事との付き合い方を考えてしまう女性もいます。しかし、正社員でも家庭との両立は可能な時代になっているのでフリーターからの脱却を考えるのが大切です。メリットは多いので、仕事をしていきたいと考えているなら若いうちに正社員を目指しましょう。私たちの就職支援を受ければきっと就職先を見つけられるので、思い立ったときには相談に来て下さい。

▶フリーターをしてきた女性が就職するときにはどんな仕事の選び方が良いのか

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ