就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

ニート(NEAT)が就職しやすい仕事5選!就職方法と自己PRの考え方もリサーチ

現在ニート(NEAT)として生活している方の中には、漠然と就職すべきかどうかについてお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ニートは通常無職として扱われられる存在であり、その分どのような企業においても初期の教育に時間を要してしまうだろうと考えたり、入社してもすぐに辞めてしまうのではないかと懸念してなかなか就職することが難しくなりがちです。

しかし、ニートだからといって就職ができないわけではありません。仕事選びを行なう段階でニートでも就職できる仕事にターゲットを絞って就活を行なえば、比較的短期間で内定を獲得することが可能となります。

また就職方法そのものにもコツがあり、履歴書に記入したり面接で話す必要のある自己PRの作り方ひとつで内定の可能性が高まります。

ここではニートの方の就活が最大限有利になるようなコツをすべてご紹介したいと思います。正社員になりたい就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

ニートは就職すべき?ニートのままだとどうなるのか

ニートの皆さんはこれまで就職するべきか否かを考えたことがあるでしょうか?おそらくたいていの方が漠然と考えたことがあるのではないでしょうか。

就職活動に失敗してそのままニートとなった方、学校や職場でいじめや極度のストレスを感じるようになってニートになった方、なんとなくやりたいことがなくてニートを続けている方など、ニートとなった理由は実にさまざまかと思います。

現在ニートとして生活を送っている方は、今の生活に危機感を覚えていますか?このままでは本当にマズイと実感したことがあるでしょうか?おそらく、本気でマズイ、ヤバイと感じたことのある方は少数派かもしれません。

ニートを続けていくとどうなるのか、皆さんはどれくらい想像がつくでしょうか。なんとなく根拠もないまま「しばらくニートでも大丈夫でしょ」と思ってはいませんか?

もし親御さんやご家族の収入に頼っている方は、そのご家族が病に臥してしまったり、大きな怪我をされて働けなくなったときのことを考えたことがありますか?

ご家族のリアルな貯金額を把握していますか?自分が月々いくらくらいのお金を消費しているか詳細に把握していますか?

少し怖い書き方になってしまったかもしれませんが、ニートの方は一生ニートを続けることなんて通常無理です。よっぽどの資産があるか、ご自宅でネオニートとして収入を得ていない限りは不可能でしょう。

また、もし「お金が少なくなってきたら就職すればいい」と考えている方も非常に危険です。企業は通常、中途採用で社員を受け入れる際、その人の就業経験を注意して確認します。

その人の就業年数が何年くらいで、それぞれどのくらいの年数続けていて、どんな仕事をしてきたのかを各にしています。

しかし、ニートは通常就業経験がありません。あったとしても数年でしょう。しかも就業経験にアルバイト経験は含まれません。

さて、就職活動において就業経験のない人は未経験者として扱われることになるのですが、通常こういった未経験者は30歳をボーダーラインとして一気に採用されにくくなります。

だからもし現在ギリギリ20代で「困ったときに就職すれば・・・」などと漠然と考えている方にはぜひ、就職について短期的な視野でお考えいただくことをおすすめします。

30歳を過ぎたニートはアルバイト雇用だとしても雇われにくくなり、雇ってもらえたとしてもたいていは体力仕事しか残らないようになります。

そうなると高齢となったときに仕事を続けることが難しくなり、極度の貧困状態に陥ることも想定されます。ぜひ、今一度ニート生活を続けることにメリットとデメリットについて考えて見てください。

ニートから就職はできる?

さて、中にはニートから就職することがほとんど不可能であると考えている方も少なくないようですが、実は仕事の選び方や就職活動の方法をきちんと選べばニートの方でも就職が可能になります。

ニートの方にもアピールできる部分はあります。ニートの方でもいきいきと働くことのできる仕事も存在するのです。次の章ではニートでも正社員に就職しやすい仕事についてご紹介していきます。


正社員になりたい就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

ニートでも正社員に就職しやすい仕事5選

ここからはニートの方でも就職しやすい仕事5つについてご紹介します!ぜひ自分に合っていそうな仕事がないか、自分の性格と照らし合わせてみてください。

内職系

さて、ニートの方は圧倒的に体力が低下していると考えられます。ニートを長く続ければ続けるほど、引きこもりガチになればなるほど、体力は想像以上に低下していることでしょう。

そこでまず働き始めにおすすめなのが内職系の仕事です。内職系の仕事であればたくさん体を動かすことなく業務を進めることができます。

また頭を使うこともないので、コツコツと同じ作業を繰り返すことに苦痛を感じない方や得意だという方にんはおすすめの仕事です。

水道メーターの検針工場での部品のチェック・仕分けなどの仕事が主な例として挙げられます。正社員として働きたいけど、最初はハードルの低いものから始めたいという方にはぜひおすすめです。

プログラマー

プログラマーといえば高学歴でエキスパートな人材でないとなれないなどというイメージが強いですよね。しかし、プログラマーは近年未経験者でも学歴に関係なく狙うことができる仕事として注目されています。

というのも、プログラマーだけに限りませんがIT業界は近年の急速なインターネット技術の進歩に伴い、需要が急増しており、その分供給が間に合っていない関係で深刻な人材不足に陥っているのです。

そのため人材を確保することが先決となり、たとえ経験者ではなくとも有能な人材に成長するだろうと見込まれればどんな経験や経緯を持っていても基本的には採用してもらうことができます。

そして採用後はイチからIT技術の教育を受けることができる企業が増えており、IT業界は未経験からでも十分プロフェッショナルを目指すことができる業界となっているのです。

しかもニートの方の中には人と不必要に接したくないという方も少なくないとい思いますが、プログラマーは作業に入ると基本自分ひとりで仕事を進めることになりますので、そういった面でのストレスは少ないでしょう。

ちなみに、IT業界といえばプログラマーの他にエンジニアも代表例として思いつくかと考えられますが、エンジニアはプログラマーの知識と技術がなければ成しえない職種です。

そのため未経験者はまずプログラマーから狙うのがおすすめです。

ただし、プログラマーなら完全未経験でも採用してもらえるとはいえ、実際に全く知識がない状態で履歴書を送付したり面接に出向いたりしてしまっては、他の未経験者のライバルに枠を奪われてしまうかもしれません。

学歴を重要視していないとはいえ、やはり同じような人間性で同じようなスキルを持つ二人が候補として上がれば、学歴の高い方を優先して採ろうとしてしまうのが現代日本の企業の性。

ニートの方であれば、よっぽどの才能や適性が感じられない限り、他のライバルに枠を奪われてしまう可能性が決して低くはないといえます。

だからこそ、完全ノーマークで就活を進めるのはリスキーであると考えられます。そこでニートの方がプログラマーを目指す上で取得しておくと有利なのがITパスポートの資格です。

ITパスポートはIT業界で必要な基礎的な知識を把握することができます。ITパスポートの資格を持っているとアピールすれば、他の未経験者の中でもひとつ抜きに出ることができるでしょう。

ちなみに、プログラマーの仕事はPCに向かってキーボードをひたすら打つということでそこまでしんどくないように見えるかもしれませんが、実際は非常に精神力を伴う仕事です。

同じような作業を繰り返すことに苦痛を感じなかったり、むしろ得意であるという方には向いていますが、ずっと同じような作業は辛い感じてしまう方であれば、PCが好きでない限り不向きであるといえるでしょう。

「自分に合った仕事は?」おまかせで仕事のプロに無料相談!

介護関係

さて、介護関係の仕事は現在深刻な人材不足に陥っています。2025年には段階の世代の全員が75歳となり、後期高齢者の急増が見込まれ、介護業界の人材不足はより深刻化する見込みです。

そこで介護業界の人材不足を鑑みて、資格を持っていなくとも介護助手の仕事から始めることができます。内訳としてはアルバイトやパートでの雇用形態も多いですが、中には正社員の求人もあります。

介護士の近くで働くことによってその仕事内容を把握したり、自分でも目指せそうかを図りながら介護士になるための資格取得の勉強を行なうことも可能です。

ちなみに介護業界の仕事は想像以上に体力を必要とする仕事です。そのため、ひきこもりがちで体力が大幅に低下しているニートの方には正直おすすめできません。

中でも体力に自信があったり、お年寄りの手助けをすることによってやりがいを感じられそうな方は介護業界を十分に目指せと考えられます。

ドライバー

さて、次にニートの方におすすめしたいのがドライバーの仕事です。ドライバーには主にタクシー運転手トラック運転手、バスの運転手などがあります。

中でも、他の人とのコミュニケーションを最低限におさえたいという方にはトラック運転手が向いています。

トラックの運転手は基本的に運転中はずっと自分ひとりですので、運転が好きで一人でいた方が気が楽だという方におすすめです。

トラック運転手の仕事内容は長距離の運送やルート配送の他、引越しや宅急便など、どのような業務形態に配属されるかによって業務内容が変わり、トラックの大きさも業務内容によって小型・中型・大型と分かれます。

トラックドライバーは仕事が多く存在しているにも関わらず従業員数が圧倒的に泰里程内ため、これもまたプログラマーや介護士と同様人材不足に陥っています。

だからこそニート出身の方でも就職したいと考えた場合に有利に進めることができる仕事なのです。

しかも、トラックドライバーだけでなくタクシードライバーについても、労働環境は近年非常に良くなってきており、ブラックさを回避することも可能です。

後述しますが、エージェントなど信用できる仲介者から得られる求人であれば入社後も問題ないでしょう。

ちなみに、タクシー運転手については意外に休みが多いという事実も知っておくといいかもしれません。

タクシー会社は法律によって、隔日勤務の場合には一回の出番あたりの最長拘束時間が21時間以内と決められており、それ以上の勤務は法律違反として罰則規定が設けられているためそれ以上働くkとはありません。

また、一回の出番が終われば最低でも20時間以上の休みを取ることがルールとして存在しています。最初は慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、慣れれば休みが多く、私生活も謳歌しやすいといえるでしょう。

デザイナー

さて、最後にご紹介するニートの方が就活を有利に進められる仕事がデザイナーです。

デザイナーもまたプロフェッショナルとして専門学校に通うなど大掛かりな準備が必要になるというイメージがあるかもしれませんが、その限りではありません。

デザイナーの仕事で必要なのは決して平凡ではない独創的なアイディアと、自由発想のクリエイティブさです。だからこそデザイナーを目指すにあたって資格などは必要ありません。

ただし現代ではPCを使用してデザインを進めていく方法が主流ですので、どの現場においてもPhotoshopIllustratorなどのデザイン用のPCソフトを扱えることが必須となります。

これらのソフトはPC好きの方であれば独学でスキルを身につけることが可能です。ただし、そもそもそれらのソフトを購入するために多額の費用がかかります。

それだけの予算をさくことのできる方で、デザインに興味のあるニートの方にはぜひ目指していただきたい仕事ではありますが、そうでない場合にはそぐわない仕事でしょう。

仕事えらびに迷ったら仕事のプロへの無料相談がおすすめ!

ニートがより有利に就職できる方法とは?

さて、ここまででニートが比較的就職しやすい職種についてご紹介してきましたが、ニートの就職活動を有利に進めるためには仕事の幅を絞るだけではまだ不十分です。

仕事のターゲットを絞った上で、どのような就職活動の方法を選ぶかで、内定を獲得することができるまでの円滑さや期間の長さが変わってきます。

ここからはニートの方がどのような就職活動の方法をとるのが最も効率的なのかをお伝えするために、「友人知人の紹介」「ハローワーク」「求人サイト」「エージェント」の4つの方法についてメリットやデメリットを比較、検討していきます!

友人・知人の紹介

ニートの方が就職活動を始めるにあたって最もとっつきやすいのが友人や知人の紹介による方法でしょう。

友人や知人の勤める会社やよく知っている職場に自分を紹介してもらえることによって、採用する企業側はニートである自分の経歴よりも、紹介してくれているその友人や知人からの情報に耳を傾けます。

紹介してくれるという状況であれば通常自分の良い側面を全面に押し出してくれることになりますので、より有利に就職活動を行なうことが出来ます。

もちろん面接は行なわれると思いますが、それは本人が本当にその紹介者の話している内容通りの人なのかを確認する程度にすぎません。通常の就活の面接よりは幾分雰囲気がやわらかいでしょう。

他にも、友人や知人を介して就職をすることによってその企業のリアルな内情をより把握しやすくなるというメリットがあります。

通常就職活動を行なう際には、その企業のホームページや口込みサイト、求人サイトなどの情報を頼りにその企業の内情を憶測するしかありません。

実際のところは就職してしまうまでその企業の本当の姿を見ることが非常に難しいものです。人によっては就職や転職を一種の博打であると言い切る人もいるほどです。

しかし、中でもその企業に実際に勤めている友人や知人の紹介であれば、通常よりも深くその企業の
内情を聞きだすことが可能となり、不安が少ないでしょう。

しかし、その反面デメリットもあります。それは友人や知人の紹介だからこそ危険が潜んでいるというパターンです。

あまり考えたくありませんが、もしその企業が人材不足で一人あたりの仕事量があまりにも多い場合に社員が考えることといえば、いち早く人材を増やすことでしょう。

企業によっては、組織を挙げて紹介で新しい社員を連れてくるとお金がもらえるというシステムを導入しているところもあります。

その場合、聞いていなかったような仕事量の多さが待っていたり、就職した途端にその仕事を紹介してくれた友人が退職してしまうなどということも往々にしてあります。

かなり親しいと考えていた友人が相手でもそういったケースは意外に多いようです。友人や知人の紹介による就職活動にはメリットもありますが、その分絶対に遭遇したくない大きなデメリットも潜んでいるのです。

ちなみに、友人や知人の紹介よる就職を行なった場合には、入社後、紹介してくれた人の手前退職や転職がしづらくなってしまうというデメリットもあります。

求人サイト

さて、次にご紹介するのは求人サイトを利用した就職活動の方法。求人サイトを利用することによって無数に存在する求人を検索、調べることができます。

求人サイトにはさまざまな形態のものが存在しますが、基本的には自分の最終学歴や希望の職種などを各サイトの検索欄に入力して検索すると、自分が応募可能な求人をたくさん閲覧することができます。

求人サイトのメリットはなんといっても、いつどこにいてもスマートフォンさえ持っていれば調べたいことをすぐに調べることができるという点です。

就職したい!という気持ちになったら自分で希望の職種を検索することができ、調べたいときに調べられなかったり時間がかかって面倒くさいなどという側面がありません。

しかし、その分求人サイトを利用して就職活動を行なう場合、求人数があまりに多すぎでなかなか絞りこめないという弊害があります。たくさん選べるのは嬉しいことですが、その分選びきれないのはよくある話です。

また求人サイトを利用した就活の場合、履歴書の作成から面接対策、自己PRや志望動機の作成、就職先との面接日程や給与の交渉など就職活動のすべてを自分で行なわなくてはなりません。

現在ニートとして生活してらっしゃる方の多くが就業経験のない方かと思いますが、そのような境遇で就職活動を一人でイチから進めていくのはとてもではありませんが非常に骨が折れます。

また自力での就活は大変なだけでなく、十分な対策を理解していないまま就職活動を進めていくことにもつながり、その場合十分な対策をしていたら就職できていたかもしれない就職先でも落ちてしまう可能性があります。

そのため、求人サイトを利用して仕事探しを行なうのであれば就職活動の経験が豊富であったり、数回目の転職であるという方などにおすすめです。


会員が受けられるサービス

ハローワーク

さて、ハローワークは皆さん聞いたことがあるかと思います。ハローワークは正式名称「公共職業安定所」のことで、職業紹介事業を行なっている国の施設です。

ハローワークでは主に求職者に対して仕事を紹介してくれます。人材を求めている企業が事前にハローワークに伝えている求人の中から、担当者がその人の希望に合った求人を絞り込んで紹介してくれるのです。

このあと紹介する民間企業が運営しているエージェントと同じく利用料金は無料であり、できるだけお金をかけずに就活を進めたいという方にはぴったりのサービスです。

他にもハローワークでは自己分析のサポート職業訓練関係の相談、企業への紹介状の発行などを行なってくれます。

またハローワークは全国各地に設置されており、最寄のハローワークに行けばそのハローワークがある地域の求人をメインに探すことが出来ます。

自宅からさほど離れていないところで働きたいといったニートの方にはおすすめであるといえます。

しかし、こんなに便利なハローワークにもデメリットはあります。まずひとつ目はハローワークに存在する求人の中にはブラック企業からのものが多くまぎれている可能性があるということです。

ハローワークは求職者も無料で利用できますが、企業側「も無料で求人を出すことができるようになっています。

だからこそハローワークサイドで一つ一つの企業について事細かに事内容や働き方について調べることができているという信憑性に乏しく、信用しきってしまうのは少々リスキーかと考えられます。

また、ハローワークは国の施設であるため、ハローワークの従業員は仕事を紹介することによる給与は発生していません。

職業を紹介してその求職者がその会社に入社しようがしまいがその担当者の給与に影響がないのです。

だからこそ、担当者によっては適当に仕事を紹介されてしまうケースもあり、その場合は理想からはほど遠い就職活動となってしまうかもしれません。

内定獲得率90.1%

エージェント

さて、先ほども少しだけ触れましたが、国が運営しているハローワークに対して民間企業が運営している就職支援事業を行なっているのがエージェントです。

エージェントではハローワークと同様、無料で求職者に求人を紹介しています。

担当のキャリアアドバイザーがプロの観点から求職者本人の自己分析をサポートし、その人の適性や性格、希望に合った求人を紹介しています。

他にも自己PRや志望動機の作成のアドバイス履歴書作成のサポート・添削、面接対策もバックアップ。就職活動について不安な部分はすべて取り除いてくれるのがエージェントのスタイルです。

しかし、ここまで読む限りではハローワークとさほど違いを感じませんよね?しかし、エージェントとハローワークには決定的な違いがあります。それは、エージェントでは提携している企業から金銭を得ている点です。

エージェントは民間の就職支援サポートですから、やはり賃金が発生しなければ運営していくことができません。

エージェントでは提携している企業から賃金を受け取ることによってより質の高いサービスを紹介することができています。

またエージェントでは担当者が一社一社直接赴いて目で見て従業員の話を聞くことにより、その企業の社風や目指している方向性などを具体的に把握することができています。

だからこそ入社後の理想とのギャップが生じにくいところもまたエージェントを利用する嬉しいポイントといえるでしょう。

また、エージェントでは面接後のフィードバック(どんな部分が良くてどんな部分が足りなかったのかなどの確認)はもちろん、面接の日程や給与額の交渉など本人一人では進めにくい部分も代行。

一人では就職活動が不安であろうニートの方に一番適切であるといえる就職方法ではないでしょうか。

ただし、基本的にエージェントでは直接エージェントの企業内の特設ブースで面談を行なうシステムになっています。人と直接会って話すのが怖いという方もいらっしゃるかもしれません。

例えば私たち第二新卒エージェントneoでは、「まずは電話面談で空気を探りたい」というご要望にも最大限お応えいたします。

就職したい、でも怖いという方はぜひ一度ご相談ください。第二新卒エージェントneoに所属するキャリアアドバイザーの強みはなんといっても人あたりのやわらかさと話しやすい明るさ。

「ニートとして生活していた事実を知られたらバカにされるかもしれない・・・」などと萎縮する必要はまったくございません。

アドバイザーとしては勇気を出してご相談いただけたその事実が何より嬉しいものです。少しでも勇気を出してみようと考えてくださった方はぜひ無料会員登録から一歩踏み出していただけたらと思います。

「自分に合った仕事は?」おまかせで仕事のプロに無料相談!_2

ニートの自己PRはどうすればいい?コツと注意点

さて、ニートの方がそれまでのブランクを押しのけて企業に「採用したい!」と感じいてもらえるような自己PRはどのようにすれば作ることができるのでしょうか?

ここではそのコツと注意点についてご紹介します。

空白期間については嘘をつかない!大きな経験は不要。

ニートの方は他の就業経験者と比べて圧倒的に経験がないといえます。しかし、通常企業の採用担当者が反応するのは「困難を経験→努力をした経験→成功しました!」というストーリーです。

たとえば学生時代にこんな失敗をして、一度は深く落ち込んだけどそんな自分を変えるためにこんな努力をして、結果今ではこんな仕事を進めていけるまでになりました!といった流れですね。

しかし、ニートの方には苦労した経験はあっても成功した過去がないかもしれません。

たとえ成功した経験があってその話をしても、現在ニートして生活を送っているその状況そのものを失敗の経験として捉えられ、「それを克服できていないのに何言ってるんですか」といった反応をされる可能性があります。

だからこそ、ニートの方は無理に大きなエピソードを語る必要はありません。「ニート=怠け者」というイメージを崩そうとしない採用担当者が少なくないため、その人たちに無理をして背伸びしてみせる必要はありません。

しかし、中にはニートであることをつつかれるのを恐れて、ニートとして生活していた空白期間について質問を投げかけれられた時に嘘をついてしまう方が少なくありません。

しかし、これは非常によくありません。絶対に嘘をつくのはやめましょう。

せっかく就職することができても、あとあと空白期間についての虚偽が発覚した場合には最悪解雇される可能性もあります。そして解雇された過去がまたその後の転職を難しくしてしまいます。

仕事えらびに迷ったら仕事のプロへの無料相談がおすすめ!_2

当たり前のことでも堂々と話せばそれなりにアピールできる!

ニートの自己PRで大切なのは自分を大きく見せることではなく、自分を普通に見せることです。上記でも触れましたが、ニートの方には少なからず苦労や挫折の経験があることと思います。

その経験や今までの反省点を具体的に取り上げ、それを克服するためにどんな努力をしているのかをアピールするのです。

通常、人からしてみれば当たり前のことであっても、その当たり前のために努力をしたのですということを堂々と伝えれば、それが企業の採用担当者の心を動かす一因になることが考えられます。

そして伝える際にはぜひ自分が小さな目標であってもコツコツと取り組むことができ、一度挫折を経験したからこそ心が強くなっていることをアピールしましょう。

ニートにはニートなりのアピールの仕方があるのです。ぜひ参考にしていただけたらと思います。

過去の反省は必ずしよう

ニートという形態になったことについてはさまざまな理由があると思います。多くの方が不可抗力でニートになったことでしょう。

しかし、社会においてはそれもまた自分の責任として処理されます。基本的に厳しい態度で向き合われてしまいます。

だからこそ、自己PRの中でも今までの空白期間について反省している旨を記載し、これからはどのように改善していくかを具体的に明記しましょう。

そうすることによって、書類選考に通って面接まで進むことができた際に改めて自分の反省の気持ちとこれからへのやる気を具体的に伝えれば、きっと気持ちは面接官に届くことでしょう。

不慣れな就職ならエージェント!

さて、ここまででニートの方が最大限就職活動を有利に進めていくことができるような方法やコツをお伝えして来ましたが、いかがでしたでしょうか?

ニートを続けていくとどんな弊害があるのか、ニートを脱却するには最低でもどのタイミングが理想的なのかなど、現実的な話もありましたが、皆さんは一体どのような気持ちになったでしょうか。

もし少しでも就職に挑戦してみようと考えていて、一人では不安だというニートの方はぜひ、エージェントの利用を検討してみてください。

私たちはご相談からでも受け付けております。自分が今一体どうすればいいのか、どんな選択が一番自分のためになるのかをぜひ一度一緒に考えてみませんか?

あなたの就活を二人三脚で助ける無料サポート

ニートで仕事探し中の方に人気のコラム一覧

20代のニートが就職すべき理由は?ニート脱却方法、仕事選びについてもリサーチ!

必ずしも就職しなければいけないなどといったルールはありません。就職しようがしまいが完全に個人の自由です。

ただし、就職するべきかしないべきかについては、一度双方のメリットとデメリットを比較して、就職しないままニートとして過ごしていくとどうなるのかを知ってから検討すべきであるといえます。

現在ニートとして生活を送っている方の中の多くが、そこまで生活に危機感を感じていないことと思います。最低限の経済力があれば今はなんとかなるでしょう。

しかし、その生活がなんとかなるのは今だけかもしれません。このコラムではなぜニートは就職すべきであると頻繁に言われるのか、そしてなぜ20代のニートは特にその傾向が強いのかについてお伝えしていきます。

ネオニートとは?メリット&デメリット、収入を得る方法やニートとの違いを検証

ビジネスシーンが進化して働き方が多様化する中で「ネオニート」というキーワードを目にする機会が増えました。

一般的な会社員とも従来のニートとも違うネオニートは、現代社会の生活スタイルとして注目を集めています。

今回はそんなネオニートについてメリット・デメリットや従来のニートとの違い、収入を得るための方法などを検証していきましょう。

ニートから就職できる?NEET脱出の方法と就職支援を受けられる機関とは?

ニート(NEET)である状態から抜け出し、正社員就職をしようとしても、就職活動が上手くいかず、一人で悩んでしまう人もいるでしょう。

そのような人には、就職をサポートする団体や民間企業に相談するのがおすすめです。今回の記事では、ニートが正社員就職を始める際に知っておきたいことや、就職支援をおこなっているサービスについて説明します。

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div